「メンタリスト」シーズン5 第22話(最終話)「レッド・ジョンのルール」感想♪

「メンタリスト」シーズン5 第22話(最終話)「レッド・ジョンのルール(Red John's Rules)」感想です♪


シーズン5の最終話は、さすがにレッド・ジョンエピソード!
タイトルにもバッチリ、あんにゃろ~の名前がっ

ジェーンさん(サイモン・ベイカー)はレッド・ジョン候補を絞り込めたのか?
そして、レッド・ジョンは姿を現すのか?

さらには、ジェーンさんとリズボン(ロビン・タニー)の関係に進展はっ?

最終話の展開や、いかに~~~っ!


※「メンタリスト」シーズン5、感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>










ジョンさん、姿は見せなかったものの、悪魔行事はお済ませになりまして、ローレライ以来のスマイルマークでございましたねぇ

この時点では、“久々に出たなぁっ!”っつう感じでしたが、被害者はジェーンさんが知っている女性・アイリーンだという事が次第に判明し、恐怖がクレッシェンド!

ゆかりのある土地は調べれば分かりそうですけど、ジェーンさんの幸せな思い出の中に、幼いアイリーンが存在しているのを知っているだなんて!

ゾゾォ~~~((;゚Д゚))


ジョンさんよぉ~、ストーカーみたいな事するの、やめてもらっていいですかぁ~???

んもぉ~、めちゃめちゃ気持ち悪いんですけどぉ~

ジェーンさんの頭の中を覗いたとしか思えんっ!

それか、強烈なおっちゃん・ショーン(マイケル・ホーガン)が言っていたように、まさかのサイキック?!

いやいや、それはないかっ。

「からくりがあるはずだ」と、ジェーンさんは言っていましたし、現実的な方法でレッド・ジョンは知ったんでしょうかねぇ。


そして、極めつけは、ラストっ


アイリーンを殺害したゴットリーブ(ローラ・サン・ジャコモ)から手渡されたDVDには、レッド・ジョンからの伝言を読むローレライ(エマニュエル・シュリーキー)の姿がっ!

しかも、そのメッセージは、ジェーンさんの行動を完全に把握したもので、、、

気持ち悪さ、最高潮っ!
悪寒の嵐~~~っ
キモキモキモ~~~っ

萌えぇ~を3連発で書くことはありましたが、まさか、キモ~を3連発する日が来るとはっ。

あぁ、ここに、萌え萌え教・ジェーン神と敵対する、キモキモ教・ジョン神が、誕生いたしました。

すでに信者はいっぱいいるだろうけど、あたしゃ~絶対なびきませんからねっ!

しっかし、キモキモ教のやり方には、度肝を抜かれました。

ジェーンさんが、握手した人物をリストアップして何人かに絞り込んだ事を指摘しつつ、幸せな思い出を消し、その捜査過程で映像を渡してみせると予言。

それを見事達成するや、ジェーンさんが絞り込んだレッド・ジョン候補7人を、全て言い当てたぁーーーっ!

ぬおぉぉぉぉぉぉ~~~~~っ

萌、、、、あ、違った、、、

キモキモキモ~~~~っ


レッド・ジョンったら、ローレライを殺害する前の時点で、すでにジェーンさんの動きを把握しちゃってたってことぉ?!

これまでのエピソードからして、レッド・ジョンも相当なメンタリズムの使い手の可能性がありますが、となると、ジェーンさんは、7人の候補者をレッド・ジョンに選ばされてしまったのかもしれませんよねぇ。

んで、もしそうであっても、普段のジェーンさんなら気づきそうなもんだけど…。

レッド・ジョンとなると、暴走スイッチが入ってしまうので、見えなくなってしまったのかなぁ

皮肉ですね、、、見つけようとすると、見えなくなるだなんて


あー、しっかし、「自分は賢いと思ってるだろうけど、まぐれだ」とか言っちゃって、あんにゃろ~毎度ホントにム~カ~ツ~ク~っ

見込んだジェーンさんがなかなか迫ってこないもんだから、自分から仕掛けて、どんだけ俺様が凄いかをアピールした、みたいなねー。

おっ。

なんだ。

あんにゃろ~も、案外子供っぽいんっすね!

バ~カバ~カ!
(そういうワタクシも小学生レベル)


と、悪態をついたところで、ジェーンさんがリストアップした(させられちゃった?)7人をおさらいします

非常に興味深い7人でして、以前、ジェーンさんの手帳がアップになった時に記されていた名前からだいぶ変化していました。
(手帳に書かれていた人たちは、第9話の感想終盤に書いております)

ま、あくまでも手帳の方は、ジェーンさんが沢山リストアップした中の1ページで、アップになったから怪しいと思っただけなので、参考程度のものですがっ。


そして、厳選された7人は、、、

ブレット・スタイルズ
ヴィジュアライズのボス。教団所有の納屋にスマイルマークがあった事もあり。

ゲイル・バートラム
CBI局長。過去にウィリアム・ブレイクの詩を口にするなど「虎よ、虎~(ブレイクの詩)」との共通点がチラリ。

レイ・ハフナー
CBI捜査官。独立を画策。ヴィジュアライズ信者。

リード・スミス
FBI捜査官。ちょっとぽっちゃりで短気。

ボブ・カークランド
当ブログでは、通称・ブキミ君。国家安全保障省なのに、レッド・ジョンに興味津々。

マカリスター保安官
シーズン1・第2話で登場し、疑われていた保安官。まさかのリスト入りっ ( ̄▽ ̄)

ブレット・パートリッジ
出ました、調子に乗りすぎちゃう鑑識マン!レッド・ジョンが大好物!今回のエピソードにも登場。


あのぉ、この前もそうでしたけど、“え?誰だっけ?”っつう人をちょこちょこ入れてくるよね ( ̄▽ ̄)

スミスと保安官はパッと思いつかなかったもの〜。

小者感がすごいので、今後、またフィーチャーされて存在感を出してくるのかどうか…。


そして、7人の中で、以前の手帳アップシーンから残っていたのは、ただ一人!


ブレット・パートリッジ!
(ジャック・プロトニック)

オマエがレッド・ジョンかぁ~~~っ!
ぬおぉぉぉぉぉぉ~~~~~っ!
逮捕だ、逮捕だぁ~~~っ!


というのは、早計でしょうが、ワタクシの中では、バートラム局長を抜いて、俄然トップの座に躍り出ました ( ̄▽ ̄)

ちなみに、レッド・ジョン候補だからか、やっとこさ、ジェーンさんの口から、「パートリッジ」と名前が発せられておりましたねっ。

今回、アイリーンの殺害現場で鉢合わせしましたけど、仮にパートリッジがレッド・ジョンだとすると、なかなかの説得力があるというか…。

「模倣犯だろー」っていう発言が、ジェーンさんを試すかのようであり、嘲笑っているかのようでもあり、、、しかも自分が犯した犯罪現場で鑑識してるとなると、相当サイコパス度高いですよねぇ。

んで、そんな様子と、ローレライに読ませた「自分で賢いと思ってるだろうけど、まぐれだ」というメッセージを発した人物像とが、重なる気がするのです。

なんつうか、ナルシスト全開な感じですし、小洒落た演出が大好きなあんにゃろ~っぽいといいますか。


メンタリストs5_22_7
自分に酔いしれちゃう系


あ、今、写真見て気づきましたが、後ろにスマイルマークが映るように撮ってたんですねっ。

まさか、レッド・ジョンであることを示唆…???

ますます怪しすぎるっ

ただね、コヤツからは、人たらしな雰囲気がまるでしないのよぉ~。
大勢の信奉者がいるような器には、とても見えんっ!
って、それも、作戦だったりしてね ( ̄▽ ̄)


あと、他の候補者では、、、ん~、スタイルズとか局長とかブキミ君あたりも有力ですけど、すでにだいぶ怪しいから、逆に違うかな~。
ブキミ君なんて、ジェーンさんの秘密基地を物色しまくったり、レノンを抹殺したり、怪しさにも程がある行動を見せちゃってるもんね。

っつうか、このエピソードでブキミ度をさらに増してご登場になるかと思ってたんですけど、、、シーズン6まで引っ張るキャラに昇格のようで、ブキミ君おめでとうございます。


話を戻しまして、、、そもそも、このリストにレッド・ジョンが入ってるとは限らないですし、もしかすると、レッド・ジョンは自分をリストから外すようにジェーンさんをコントロールした可能性もありますよね。

その可能性を汲むと、ミネッリさんが今回リスト外という事で、もしや?という思いも捨てきれず、複雑な心境です ( ̄▽ ̄)

んー、でも、ナルシスト君だから、自分を外すとは考えにくいかなぁ…。


いやはや、今回のは末恐ろしさを見せつけるような内容でしたし、ジェーンさんは解決に近づくどころか、レッド・ジョンの手の平の上で転がされてしまったよねぇ

しかも、“大勢殺します宣言”までされちゃって、なんという屈辱っ

憎しみや怒りが、ディスクを破壊した手に表れておりましたよねぇ

あそこまでレッド・ジョンにキレ者っぷりを見せられちゃうと、“もう降参しようよぉ~”って、思ってしまう~。

しかも、大切な家族に続いて、ジェーンさんの幸せな思い出まで消されちゃったわけだし、今後、リズボンとか、CBIメンバーにも危険が及ぶんじゃないかと、とてもとても心配です


そして、ラストの方で流れていたのは、ジーン・ピットニー(Gene Pitney)の『Something's Gotten Hold of My Heart』という曲だそうですが、ジェーンさんがレッド・ジョンに振り回されてる様子が重なるような歌詞になっておりました。

よくこれだけハマる曲があったなぁ!というぐらい、めちゃくちゃリンクしていまして、、、

“僕の人生に何かが入り込んできたんだ。夢の中にまで、ナイフで切り裂くように…”、とか、

“平和だったのに、お前が現れて未知の感覚が僕を揺さぶったけど、昼も夜も、お前と付き合っていたい”、とか、、、

ちょっと、重なりすぎてて、コワイぐらいです。
なんだったら、この曲からインスパイアされたんじゃ?ぐらいな勢い!

んで、ラストがとても意味深で、、、

“何かが僕の夜に侵入して、とっても明るい色で僕の眠りを彩るんだ。グレーや青が、僕とお前の為に、深紅(scarlet)に変わっていくよ。”

って、、、なんか、相討ちのような表現じゃないですかっ?!

もしくは、ジェーンさんがレッド・ジョン傘下にっ?!

パンザーが出てきた時の、フクロウの絵を思い出してしまう…。

いやいやいやいや、絶対そんな事になるはずがないっ!

ジェーンさんがレッド・ジョンに染められてしまわないよう、そして、一刻も早く逮捕できるよう、切に切に祈るばかりです




さて、ちょいとドンヨリしてしまいましたので、話題を変えます。


レッド・ジョンと同じぐらい、いや、なんだったら、個人的にはこっちの方が気になっちゃってる、ジェーンさんとリズボンの恋路~っ

ドンドンドンっ
パフパフパフ~っ

このシーズン5、シャーロットちゃん登場回で思わせぶりな感じだったので、進展への期待を大いにしておりました。

そしたらっ!

なんとっ!


見事にスルー ( ̄▽ ̄)



ドンドンパフパフじゃなくて、チ~ンの方だったーっ


いや、相変わらずジェーンさんがレッド・ジョンに夢中だし、そういう状況じゃないのは分かってるつもりなの。

でもさー、“大切に想ってるし、愛してるよ、テレサ。でも今はまだごめんね。”みたいな、それぐらいの事をジェーンさんに言ってほしかったのよぉ~っ。

んでもって、テレサをギュッと抱きしめて欲しかったのよぉ~っ。

要するに、シーズン4ラストで、ジェーン作戦中にしてた事を、素の状態で見たかったのぉ~。

そんな、ワタクシの願望は、いつになったら成就されるのでしょう。
ラララ~♪


ただ、何もなかったわけではなくて、ショーンに話を聞きに行ったシーンで、リズボンが心を読まれて、ジェーンさんに好意を抱いている事を指摘される、というシーンはありましたよね~。

リズボンは、言い当てられた風のモジモジを見せてましたが、ジェーンさんの方は、“うん、それはもう知ってる。”ってな感じで、スルー!

いちいち反応しないところが、逆に、本物の恋っぽいですな!

と、そういう解釈をして、なんとか気を紛らわせるしかないっ ( ̄▽ ̄)


あとですね、2人のシーンでいうと、ラストでリズボンにDVDを見せるべく、ジェーンさんが椅子にエスコートしていた場面が、なにげにツボでございました。

リズボンの背中にそっと手を添えているジェーンさんったら!

萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_22_4
あはぁ~ん


レディファーストな仕草は日常的ですし、これまでもあったシーンなんですけど、なんつったって、この時のジェーンさんは打ちのめされちゃってる状況なわけで、辛い心境の中でのレディファーストに、胸キュンでございました

しかも、背中に添える前に、一瞬ですが、腰に手を回しちゃいそうな手の動きを見せちゃってるジェーンさんったら!

萌えぇ~~~っ

本当は、グッと引き寄せたかったのかしら。
ぐふっ。

案外そうかもしれないですよねぇ…。
レッド・ジョンにやり込められてしまったから、さすがのジェーンさんも、リズボンのぬくもりを感じて、少しでも心を落ち着かせたかったのかも~。

と、妄想が膨らみまくるシーンでございました。


リズボンもようやくレッド・ジョン候補を知る事が出来ましたよねぇ。

納屋にスマイルマークが書いてあったお話(第13話)のラストでは、結局レッドジョン候補は教えてもらえなかったって事ですね( *´艸`)

あの時からずっとジラされていたのかと思うと、、、フフフ。
そりゃあいい加減教えて欲しくて、しつこく聞いちゃうよね~。


あ、そうそう、海外サイトを見ていたら、ラストで秘密基地をリズボンが訪ねるシーンで、“ドアをノックする際、7回ノックしていて、7人の容疑者とリンクさせている”、というトリビアが載っていました。

観てる時はまったく気づきませんでしたが、改めて観直すと、確かに7回!
こういう細かい演出、ニクいですなー。



さぁ、では、その他気になったシーンをっ


まずは、サーカス時代の仲間、アゲイン!

サムさん(タンジー・アンブローズ)はすぐ分かったんですけど、ピートさん(M.C.ゲイニー) が短髪からロン毛になっとったーっ。

“あれ?前にジェーンさんが女子力全開で足を曲げながら抱きついたあの人?”ってな感じで、同一人物だと把握するのにちょっとタイムラグが発生してしまいました ( ̄▽ ̄)

前回登場時は(シーズン3・第2話)、めっちゃ久々の再会だったからジェーンさんもすごく嬉しそうでしたけど、今回は事態が事態だけに、なかなかドライな対応でしたよねぇ


メンタリストs5_22_8
まるっとお見通しされちゃってるお2人




続きまして、あの名コンビ

こちらもお見通し系でして、ヴァンちゃん(アマンダ・リゲッッティ)とよろしくやってる事を報告しようとしたリグさん(オーウェン・イオマン)に対して、チョウさん(ティム・カン)が切れ味鋭い切り返し!

リグさんがまだトークの助走段階なのに、「知ってる(with 無表情)」と、ぶった切っておりましたね( *´艸`)


メンタリストs5_22_10
リ「チョウもメンタリストなのかも…」


そもそも、チョウさんがリグさんのお尻を叩いたからこその復縁だと思いますが、そうは思ってなさそうなリグさんがプププでございます。

知らない間に術中にハマっているという、、、ある意味、今回のレッド・ジョンとジェーンさんとの関係のようであります ( ̄▽ ̄)

まだ秘密の交際になってますけど、シーズン6ではどうなるんだろう、、、なんせ職場恋愛禁止なので、気になるところです。



そして、ここからは、ジェーンさんで萌えぇ~3連発いきまぁす

赤ちゃんのケイトリンがいるお家に突撃するシーンより

安定のひょっこり芸を見せていたジェーンさんっ!
しかも、後ろ姿ひょっこり!
萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_22_2
僕はいつもの定位置で参加だよ~


ジェーンさんがひょっこりしつつ、リズボンだけが訪問するのかと思ったら、突撃隊の皆さんがわんさかいるのが判明するという、ニクイね~なカメラワークでございました。


メンタリストs5_22_3
正面ver.も♪



ジェーン作戦中にスマホを濡らすシーンより

何食わぬ顔、いや、むしろ、絶賛イタズラ中ともとれる表情のジェーンさんったら!
萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_22_6
♪ふ~んふふ~ん♪


ゴッドリーブに返す時、ちょちょいと脇で拭いただけでしたけど、スーツは吸水力抜群じゃないと思うので、ちょっと濡れてたと思うんですよね。

なので、もしかすると、手汗がすんごい人かと思われたかもしれません ( ̄▽ ̄)


爆睡、そしてリズボンに起こされたシーンより

こちらが、今回のMOST萌えでございました。


メンタリストs5_22_1
THE・横分け


寝起きなので、お目目もトロン!
萌え萌え萌えぇ~~~っ

分け目はいつもと一緒なんですけど、前髪がおでこにかかっているから、印象が全然違う~( *´艸`)

是非一度、きっちりした七三分けなどにも挑戦して頂きたいものです。


あと、秘密基地にもベッドはあるのに、皆がいるフロアに降りてきて、ソファで寝ちゃうあたりもカワユスすぎましたっ!

一週間も籠ってたから気分転換したかったのか、はたまた、寂しかったのかっ

しかも、以前も見せていた、足の間に手を挟んで寝ちゃうスタイル!

萌え萌え萌えぇ~~~っ

この確信犯っぷりが、さすが萌え萌え教神でございますっ!

そんなジェーン神を、シーズン6でも崇めまくっていきたいと思いますっ


.........................................................................................


シーズン5は、何も進展せず、むしろ、レッド・ジョンを本気にさせて終了してしまいました

恋路も含めて、気になる事は全てシーズン6に持ち越しだなんて、いけずぅ~ ( ̄▽ ̄)

でも、シーズン4でサイコパス寄りだったジェーンさんが、少し正気に戻ってきた感じはあったでしょうか。

とはいえ、レッド・ジョンと向き合いすぎて、疲れもピークに来ている気がするんですよねぇ

そんなところに、レッド・ジョンが新たに宣戦布告してきて、、、この長い戦い、シーズン6で終止符を打つことが出来るのかどうか?

シーズン6も、ドライアイなんのその、まばたきなしのガン見で鑑賞してまいりますっ


.........................................................................................


というわけで、シーズン5感想は、これにて終了っ

ここまでお読み頂いた方、本当にありがとうございました

残り2シーズンとなって、、、えぇ~ん、終わりが見えてきてもうたぁ~(T△T)

すでに寂しさが時折こみ上げるようになっていますが、それを吹き飛ばすぐらいのジェーンさんの萌えモード、さらにはリズボンとのお熱いモードを期待しまくりながら、引き続き楽しみたいと思いますっ






ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント

たみー様
ラストの方の曲も相まって、キモキモ教の恐ろしさをまざまざと見せつけられた回でしたねぇ(T△T)

車中の会話、改めて観てみたら、特に吹替版の方は意味深な訳なんですねっ( *´艸`)
「I can't work like this...」は、「こんなのうまくいかないわ」がどうやら直訳のようですが、
萌え萌え教のマスタークラスレベルでは、たみー様のような解釈がふさわしいかと思います ( ̄▽ ̄)
せっかくリズボンが好意持ってるっつうネタが出てきたのに、
何も触れないだなんて、そりゃあないぜぇ~ですもんねぇ。

しっかし、ジェーンさん、つれないのぉ~ ( ̄▽ ̄)
キモキモ教の影響がここにも出ていて恐るべしです。


たみー様、こちらこそ、シーズン5も毎回コメントくださり、本当にありがとうございました(≧▽≦)
コメントくださる際、ネタバレしないようにお気遣い頂いていると思うので、
そのお気持ちにも、いつもいつも感謝しております♡
たみー様は、すでにメンタリストも萌え萌え教もマスタークラスですので、
また何かお気づきの点がございましたら、コメント残して頂けたらと思います♪
シーズン6も引き続きよろしくお願いいたします(*^▽^*)
マルコ様
レッドジョン、めちゃめちゃブキミでキモイですぅ~~(@_@)
キモキモ教、恐るべし!!

ラストの方で流れていた曲も、メンタリストにはあまりなかったすごく物悲しい感じの曲で、
この回の雰囲気にピッタリと思いましたが、そんな意味の曲だったんですね。
ぞわぞわぞわ~~(.;゚д゚;.)

今回私が気になったのは、やはりショーンがリズボンに「パトリックに恋してる」と言ったこと。

その後その話が全然出てこなかったですけど、
車の中で、ジェーンとリズボンがお互いに考えたことを言おうとして、
リズボンが「仕事するうえでどうしても…(I can't work...)」と言いかけたのを
ジェーンが遮って7人のリストの話をしはじめましたよね。

リズボンも7人のリストのことを話してくれないと仕事できないと
言いたかっただけなのかもですが、私には、
リズボンがショーンに言われた「恋してる」件について何か言いかけたのを、
ジェーンがその話題を避けようと思って遮ったように感じました。

まあ私がその話題に言及して欲しかったから、そう思っちゃったのかもしれませんが。。

シーズン5もずっと素晴らしい感想をありがとうございました。
レッドジョンの不気味さがますますパワーアップしてきて、
クライマックスが近づいて来た感がありますが、
シーズン6も引き続きマルコ様の感想楽しみにしています♪
10/7鍵コメ、K様
K様、コメントありがとうございます!
返信も鍵をかけてしまうと、K様にご覧頂けない仕様なので、公開コメントで返信失礼いたします。

こちらこそ、記事をお読みいただき、本当にありがとうございます♪
嬉しいお言葉を頂戴し、大変励みになります!

今回のシーズン5を書くのに、4か月もかかっておりますので(爆)、
個人的には、たま~に覗きに来て頂くぐらいのペースを推奨させて頂こうかと思います(笑)。

今後も、K様ならびに他読者様のメンタリストライフを少しでも彩れるような感想記事を書いていく所存でございますので、
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします(*^▽^*)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示