「メンタリスト」シーズン5 第16話「そこにはやはり血が」感想♪

「メンタリスト」シーズン5 第16話「そこにはやはり血が(There Will Be Blood)」感想です♪


待ってたような待ってなかったような、、、ローレライ(エマニュエル・シュリーキー)再々登場!

ジェーンさん(サイモン・ベイカー)は、レッド・ジョンの核心に迫れるのかっ!?

んあぁ~、結構重たいエピソードでした…


※「メンタリスト」シーズン5、感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>










前回のローレライ登場時は、ジェーンさんをボコってたものの、あんまりサマになってなかったので、そういうのに慣れてないのかと思ってたんですね。

そしたら、まぁ、とんだ暴れん坊だったわいっ

ジェーンさんの時はちょっとホの字なのもあって、手加減しちゃったのかもねぇ( *´艸`)

今回は結構行き当たりばったりな感じで、妹のミランダを殺害したと思われる人物を見つけては、爪痕を残しまくり!

妹の死にレッド・ジョンが関わっていたという事実がだんだんと浮き彫りになって、信じたくない気持ちと突き止めたいという気持ちがぶつかり合って、暴走状態になってしまったように見えました。

ローレライはローレライで、過酷な人生を強いられてしまったよね…。


メンタリストs5_16_3
久々に巨乳感を出してきたローレライさん


ジェーンさんの方も、暴走仲間となったローレライを基本的に泳がしておりまして、そんな中で、ついに、好意を少し持っている事をリズボン(ロビン・タニー)にポロリ。

あぁ、認めてもうた ( ̄▽ ̄)

ジェーンさんはだいぶ控えめに言ってたけど、実のところ、結構入れ込んじゃってたんじゃないのぉ?!

黙って行動しちゃうのに加えて、好意まで持ってただなんて聞かされて、こんなんリズボン、たまったもんじゃないよねぇ

ワタクシですら、日本海並の荒波が心に打ちつけ、BGMには♪寒い、こころ、寒い~♪と、森昌子『哀しみ本線日本海』が流れたぐらいだもの~。
(お若い読者様は、ググッて頂ければと思います。ワンオクTakaさんのお母様の名曲☆)

深入りしすぎてるジェーンさんに、リズボンも思わず嫉妬心が露わになっちゃったよねぇ。
何の感情もないよ~とシラを切る旦那に、“女の勘で分かるもん!”ってな妻リズボンったら(≧▽≦)
こんな状況だけど、萌えぇ~~~っ

なんて萌えつつも、リズボンの心中に思いを馳せていたら、今度は“♪彼を返して~、悲しみがぁ~と~ま~ら~なぁ~いぃ~♪”と、杏里『悲しみがとまらない』が流れてまいりました(本日は昭和歌謡ショー)。

一生懸命感情を抑えてて、、、あんなに高ぶってしまっているのはリズボンにしては珍しかったですよねぇ。


メンタリストs5_16_5
“アタイの気持ち、分かってるくせにっ!”


そんな、悲しみが止まらないリズボンや、哀しみ本線日本海なワタクシといった、かなしみWOMENの思いとは裏腹に、ローレライとのキスシーンはもはや恒例行事に ( ̄▽ ̄)

乳くり合ったモーテルにて、取調室にて、山小屋にて、、、ときまして、4回目となった今回は、拷問した他人の家で、犯罪者と汚職警官のイケない関係風でお済ませになっておりました。

あははははははははははは…。
(乾いた笑いで、“ぎゃぁ~!”を相殺しようとしているワタクシ)。

もうさー、お互いに好意を持っている感じがチラリズム、いや、ダダ漏れしているようにしか見えなかったんですけどー!

特にジェーンさんっ!

あ~た(デヴィ夫人風で)、レッド・ジョンぶっ殺す!な意を決したローレライに向かって、なんて切ない顏をしてらっしゃるのぉっ!

復讐を決意する者同士にもなって、レッド・ジョン捜査の為の演技を超えちゃった感じもしたなー。


そしてローレライは、拷問したレノン(クリストファー・カズンズ)を撃ち、最後にはレッド・ジョンをぶっ殺すべく立ち去ってしまいました…。

いやいやいや、ローレライさん!

レッド・ジョンの名前を~~~っ!

脱獄して、ミランダの死の真相を突き止められたのは、ジェーンさんのおかげだというのにっ

でも、これはローレライなりのお礼の仕方で、“自分が成敗するから、パトリックはこれ以上手を汚さないで!”という捉え方も出来るのかな?
ジュリア(エリース・ロバートソン)の別宅で会った時も、「道連れにしたくない」って言ってましたもんね。

あと、これは深読みですが、ローレライが裏切るパターンもレッド・ジョンは想定の範囲内で、たとえそうなったとしても、自分の名前は絶対に言わないだろうという確信があったかもしれません(もしくは、ガッツリ洗脳したか)。

じゃないと、危なっかしくて、ジェーンさんのところになんて送り込めないと思うんですよねぇ。



そして、ローレライを待ち受けていたのは、、、


メンタリストs5_16_4
あぁ…


危険因子でしかなくなってしまったローレライを、レッド・ジョンが生かしておくわけがないよね

ジェーンさんはローレライの遺体に謝りつつも、リズボンには「自業自得だ」とバッサリ。

ちなみに、吹替版では「覚悟してたはずだ」と、ちょっとやんわりした表現になっていましたが、オリジナルの台詞は、「She had it coming.」だったので、字幕版の訳の方がしっくりくる表現のようです。

謝ったのが本心で、「自業自得だ」は、リズボンに対してのポーズだったり、自分の気持ちにけじめをつけるようなものだったかもしれませんね。

ん~、残念な結末はなんとなく予想出来たものの、いざこうなってみると、やはりショックです。

巨乳女狐だったローレライが、だんだんとジェーンさんの協力で自分を取り戻していくかのように見えましたが、行きついたのは“復讐”だったわけで、レッド・ジョンと関わる者の運命は、死と隣り合わせであることを改めて突きつけたかのようでした。

ローレライはレッド・ジョンにかなり近い人物だったから、核心に迫れるのかと思ってたんですけどねぇ。

レッド・ジョンの正体は結局分からずじまいっ

んもぉ~、引っ張るねぇ~っ ( ̄▽ ̄)

その引っ張る意味もあったのかもだけど、ジェーンさんがなんでローレライを行かせてしまったのかが、ちょっとハテナでした。

どんな形にせよ、こうなってしまう事もジェーンさんだって予想出来ただろうに、、、。

なので、なんとなく、今回はジェーンさんのサイコパスモードが発動した気もしちゃったんですよね

心配で引き止めるまではしてみたものの、約束を破って立ち去ったローレライにはもう用がないから、レッド・ジョンが自分の手下を葬るみたいに、ジェーンさんも見捨てかのようで、、、と、サイコパスに見ようと思えば見えたかな?!


はて、次なる手掛かりは、どんな風に登場するのでしょう~。

拷問されたレノンは延命されている状態のようだけど、、、たとえ意識が戻っても、レッド・ジョンに始末されてしまう可能性大だよねぇ。

ちなみに、レノンを演じたカズンズさんは、『ブレイキングバッド』はじめ、色んなドラマでお見かけする重宝役者さんでございますねっ。
何回か出てきてもおかしくない役者さんですが、このままフェイドアウトしてしまうのかどうか…。


捜査権も、国土安全保障省に移っちゃいましたしねぇ

いやはや、ブキミ君(カークランド)は期待を裏切らない不気味さを出してきますなっ ( ̄▽ ̄)

シーズン5は登場回数が激増で存在感をアピールしているバートラム局長(マイケル・ガストン)と何やらつるんでるし、、、でも、以前書いたように、ジェーンさん達を守る味方のパターンもあり得ると思ってるので、カークランド(ケヴィン・コリガン)の本当の正体も気になるところです。



さて、重たいエピソードだったので萌えが控えめでしたが、リズボン嫉妬萌えの他にもちょびっとございました。

まずはジェーンさん。

いつもはリズボンの部屋でも堂々とふんぞり返ってるのに、今回は状況的にシュンとしちゃってるジェーンさんったら!

萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_16_6
赤点取ってママに呼び出されたジェーン君


ママが局長に何も言わないでいてくれたから、ちょっと照れくさそうにお礼を言っておりましたねっ( *´艸`)
かわえぇ~~~っ

そういう素直さをたまに出してくる絶妙なサジ加減がたまらんよねぇ。

ママをヤキモキさせまくっちゃったから、埋め合わせはたっぷりどこかでして頂きたいものです ( ̄▽ ̄)


そして、リグさん(オーウェン・イオマン)&チョウさん(ティム・カン)は、またもやナイスコンビっぷりを披露っ

ヴァンちゃんの事が気になっちゃって、張り込み中にも関わらずチョウさんに無線入れちゃうリグさんったら!
萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_16_2
「チョウ、俺の歌、聞かせてやるよ!」


おっと、リグ男で2話連続で萌えるというミラクル!

チョウさんもニヤニヤしながら答えちゃってて、萌えぇ~~~っ

いやぁ~、ヴァンちゃんが研修から戻ってくるのが楽しみだなぁ~。
リグ男とヴァン子に何かが巻き起こる伏線としか思えんっ( *´艸`)

あ、最後になりましたが、リグさん、追突されたのにほったらかしにされちゃって、ご愁傷様でした。







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


↓実は、拍手ポチっも大歓迎です ( ̄▽ ̄)

関連記事

コメント

理子様
理子様、お久しぶりです〜(o^^o)
こちらこそ、いつもご訪問頂きありがとうございます!

かなしみシリーズに乗っかって頂いて嬉しいですっ☆
安全地帯、サイコー(≧∀≦)
ナイス選曲、ありがとうございます❣️
これで、悲しみともさよならできそうですっ(笑)!
No title
マルコさん、こんにちは~♪
コメントはちょっとお久しぶりですが、いつも楽しく拝読してます!

かなしみWOMENのくだりがサイコーすぎて、思わずコメントしちゃいましたv-238
そんなマルコさんには、安全地帯の「悲しみにさよなら」をプレゼントしたいと思います!

いつも楽しい感想、本当にありがとうございますv-238
usarabiko様
ursarabiko様、お久しぶりです~(≧▽≦)
いつもご訪問頂き、ありがとうございますっ!

ワタクシからも、 猛暑お見舞い申し上げます☆
ホント、脳ミソ沸騰状態になっちゃって、集中力が落ちますよねぇ(;^ω^)
こちらは関東なので、昨日などは快適に過ごせたのでまだ良かったのですが、
集中力および思考能力は低下したままで(更新出来ていない言い訳とも言いますが、笑)、
猛暑の影響をヒシヒシと感じております。

usarabiko様も、どうぞご自愛くださいませ。
早く涼しくなぁ~れぇ~っ☆彡
No title
マルコ様
猛暑お見舞い申し上げます!
コメントは書き込んでおりませんが、いつも楽しく拝見をさせて頂いていります。
暑すぎると、脳ミソが沸騰状態になる感じで、集中力は低下しっぱなしで御座います。どうぞ脳ミソの温度は下がるまで、ゆっくりと休息なさって下さいね。
いつも楽しいお話を有難う御座います。どうぞお身体を大切に!
たみー様
ローレライが出てくると、もれなくヤキモキしますよねー(エリカ様もかっ)。
名前は聞き出せないし、ブキミ君に好きなようにされちゃうしで、ジェーンさんまたもや辛い局面でした(T△T)


> 私もなんでジェーンはあそこでローレライを追わなかったんだ!と思ったのですが、
> 後になって考えると、きっと引き留めても無駄だとわかっていたからじゃないかなと。
> 銃を持ってる人にはかなわないから。

ローレライから“覚悟”を感じたのかもしれませんねぇ。
んで、もしかしたら成功するんじゃ?という期待も少しあったかも?!


> ジェーンの気があるかも発言は…わわわ、やっぱりそうなのかぁーーΣ(゚д゚lll)
> でも好きなわけじゃないとも断言してたし、リズボンが嫉妬するのも分かるし、
> 言い訳するジェーンとやきもちリズボンに萌えつつも、これまたやきもきする会話でした~(;'∀')

リズボンの気持ちが、もうハッキリクッキリ分かってしまうような会話でしたねっ。
相当ジェーンさんは気を遣ってたんじゃないかと思うのですが、
嫉妬しちゃってるリズボンに、あえて「ちょっと気になってる」発言をした方が、
納得してくれると思ったのかもしれないですねっ(;^_^A

マルコ様
いやーー、何ともやきもきするお話でした(-""-);
レッドジョンまであとほんのちょっとだったのに…。
しかも大事な証人をブキミ君にとられて、ジェーンの胸の内を思うと…( ノД`)

ローレライもここまできて名前言わないなんてひどい!と思ったけれど、
確かにマルコ様が言う通り、ジェーンを道連れにしたくない気持ちがあったのかも。
そう思えば納得です!

私もなんでジェーンはあそこでローレライを追わなかったんだ!と思ったのですが、
後になって考えると、きっと引き留めても無駄だとわかっていたからじゃないかなと。
銃を持ってる人にはかなわないから。

ジェーンの気があるかも発言は…わわわ、やっぱりそうなのかぁーーΣ(゚д゚lll)
でも好きなわけじゃないとも断言してたし、リズボンが嫉妬するのも分かるし、
言い訳するジェーンとやきもちリズボンに萌えつつも、これまたやきもきする会話でした~(;'∀')

管理者のみに表示