「メンタリスト」シーズン5 第15話「豪邸に燃える炎」感想♪

「メンタリスト」シーズン5、第15話「豪邸に燃える炎(Red Lacquer Nail Polish)」感想です♪


今、“豪邸に~”という邦題を打ったら、「豪邸に萌える炎」になっちゃって、一人でニヤニヤしてしまいました。

“燃え”、よりも、“萌え”、を圧倒的に使っている自分のパソコンがなんとも愛しい( *´艸`)

“ジェーンさんに萌える炎”は、毎回メラメラさせたいものですっ(≧▽≦)キャッキャッ


と、余談はこの辺にしまして、感想をっ。

今回は大豪邸で起きた不審死の真相を解明していくエピソードですっ


※「メンタリスト」シーズン5、感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>










現場はホーンテッドマンション的なお屋敷でございましたねぇ。

手入れしてあれば、気味悪さも醸し出されなかったんだろうけど、やっぱりお家も可愛がってあげないとダメですな。

そして、豪邸の主だったのは、大富豪のエリース・ヴォーゲルソング(マリエット・ハートレイ)。

居間の暖炉の前で、灰だけになって発見っ!

あんなになるまで、萌えて、、、あ、まただ 、、、燃えてしまう事もあるのだなぁ。

んで、この奇妙な現場に居たのが、出ました!調子に乗り過ぎちゃう鑑識マン(ジャック・プロトニック)!

まぁ~た名乗ってなかったけど、たぶんパートリッジさん ( ̄▽ ̄)
以前どアップになったジェーンさんの手帳に、握手した人物として名前があった人でございますねぇ。

ふと思いましたが、あんな不愉快な人なのに、ジェーンさん握手したのだなぁ。

鑑識マン過去2回の登場時には握手をしてないので、もしかすると、初回登場時のシーズン1・第1話より前に、すでに会ってたのかもしれません。

前回の登場時(シーズン2・第23話)は、こやつにしては控えめでしたけど、今回はまぁペラペラと独演会状態でしたねっ

しかも、楽し気に話すのが、ホント気味悪い~。


メンタリストs5_15_1
「僕、犯罪大好きなんですよ~。天職です」


ジェーンさんは当然、不快感MAXでして、腹立たしいを通り越して呆れてるような様子を見せてからの、ピシャリ

事故死を主張する鑑識マンに対して、ジェーンさんは殺人を主張しておりました!

鑑識マンよ、出直してきなさい ( ̄▽ ̄)


メンタリストs5_15_2
ジェーンさんにこんな顔をさせるとは!
鑑識マン、恐るべし


毎度鑑識マンの出番は少ないですけど、今回はジェーンさんの手帳に名前があったエピソードからあまり経ってないのと、今までと違ってレッド・ジョン事件関連以外での登場だったのを見るに、もしかすると今後どこかでフィーチャーされる可能性もあるかな?

そのおしゃべり機能のスイッチをオフにすべく、ジェーンさんにはとどめを刺してもらいたいもんだねぇ。


さて、鑑識マンを黙らせた後は、殺人事件として捜査が進みまして、被害者が大富豪だっただけに、財産目当ての線も濃厚でした。

ワタクシはですね、牧師さん(レックス・メドリン)が怪しいと思ってたんですけどねー。
善人が悪党だったというパターン!

でも、そんな単純な話じゃなくて、真実は意表を突いてきましたっ


なんとなんと、ヴォーゲルソングは生きていたっ!


最初に遺体として確認出来なかった時点で、ピンときた方いらっしゃるかもねぇ。

遺体がなかった時は、被害者本人も疑うべきですなっ。

しっかし、我の強い、欲にまみれたオバサンだったねー。
なんか、KGBの女性スパイみたいな風貌で、コワかったーっ ( ̄▽ ̄)

そしてその正体は、財産を使い果たし、施設の金を横領していたという泥棒オバサンっ!


メンタリストs5_15_4
「ちょっとネコババしただけよっ!」


財産を誰にも渡したくなかったのと、横領を隠すがゆえの犯行だったんでしょうが、取り調べ中も、「私の!私の!」ってうるさかったよねー(;'∀')

こういうの聞いちゃうと、チャリティーやってるって言われても、その心根を疑ってしまうなぁ。

周りの人も皆振り回されたり、人生を狂わされたり…。

本当の被害者だったのは、退役軍人施設で知り合ったリシー(タシー・アダムス)で、、、まさかこんな最後になるとは思わなかっただろうに。

あと、ケーシー(ヴァネッサ・レイ)ですよねぇ

母親がおらず、ヴォーゲルソングの事を慕っていたので、彼女を守るために行動してしまって…。

リシーのカードをラスベガスで使う際も、他人のカードを使うなんて疑問に思う点だろうけど、上手い事そそのかされたのかもねぇ。


んで、ちょっと分かりにくかったのは、多量の薬の使いどころでして。

睡眠薬は確実にリシーだと思うのですが、他の薬は自分用?

でも、犯行を行う為に、前科がある医師のラインハルト(エリック・アヴァリ)に目を付けたっぽいから、以前からリシーに薬を盛ってたのかなぁ…。

リシーのアパートの管理人は、精神的に不安定だったような話をしてたから、それが副作用だった可能性もありますよねぇ。

いや、待てよ、、、偽装工作の為ですかね?

“ラインハルトから大量に薬を処方されて、その副作用によって危険な状態になり、事故死が起きた”、というストーリーにしたかったんでしょうか?

施設でカーティス(マイケル・グラディス)やラインハルトと口論になったという話が出てきたのも、トラブルがあると周りに思わせる為のものだったのかな?

ん~、なんだかピンときませんが、犯罪小説好きだったから、偽装工作の線が濃厚でしょうか。


そして、このヴォーゲルソングは生きている!という真実を、一人で明らかにしちゃったジェーンさん( *´艸`)

あ、ちゃっかり捜査官も連れて行ってたか ( ̄▽ ̄)

ヴォーゲルソングが犯罪小説のファンだったので怪しいと感じ、さらに横領の件も聞いた事で、ジェーンさんの頭の中で繋がったっぽいですね。

でもさ、リズボン(ロビン・タニー)に、犯人はカーティスじゃないっつう可能性をもうちょっと匂わせてあげても良かったと思うの~。

出し抜くまではいかないけど、それに近いものを感じてしまったなぁ

んで、こういう描き方になると、リズボンのキレのなさが強調されちゃうよねぇ。

この前のヴォルカーの時もそうだったし、、、意図的なもので、何か今後の展開に向けての布石ならいいのだけど…


メンタリストs5_15_5
息子に一本取られちゃったママ。



と、ちょっとモヤっとしてきたので、その他の気になったシーンにまいりますっ

前回、恐竜バトルをしていたお2人さんはいつも通りな感じになってましたが、リグさん(オーウェン・イオマン)はチョウさん(ティム・カン)に指摘された通り、ヴァンちゃんへの未練がダダ漏れ状態 ( ̄▽ ̄)

引きずってねぇ~よ!っつう態度だったのにねっ( *´艸`)

絵葉書の名前ぐらいで傷ついちゃって、、、女々しいのぉ!

そんなリグさんに、チョウさんは、女を見つけろと直球のアドバイス

それを受けて、出会い系サイトに登録するリグさんったら ( ̄▽ ̄)!
どんだけ素直なんだかっ!
萌えぇ~~~っ
(めったに出ない、リグさんでの萌え)

こういう真っ直ぐな所が、リグさんの魅力ですよねー。

そして、前回チョウさんに言われた通り、“腰抜け”っぷりも露呈( *´艸`)

職場にまでデートサイトの女性が、しかも5人も来てるって、異常なんですけど~ ( ̄▽ ̄)

その状況を知らせてくれたチョウさんがナイスだったなー。
明らかに事情は分かってるだろうに、“どういう事だろうなぁ”ってな雰囲気で伝えるチョウさんったら!
萌えぇ~~~っ


メンタリストs5_15_6
リグ男の事は、まるっとお見通し!


この2人の距離感、絶妙ですよね~
普段はあまり踏み込まないけど、言うべき時はグイッといくよねー。

ま、リグさんは、無理して前に進もうとすることで、よりヴァンちゃんへの想いが募ってしまいそうな気がするので、その調子でお願いしまぁ~すっ。


さぁ、そして、最後はジェーンさんで。

冒頭で書いた、“ジェーンさんに萌える炎”をメラメラさせたかったんですけど、そんな思いとは裏腹に、今回は萌えが少なかったぁ~(その分、チョウさんリグさんで萌えさせて頂きましたがっ)。

でも、診療所の待合室でのシーンには萌えアンテナ反応!

雑誌にあった、“女性をその気にさせる5つの方法”が、気になっちゃうジェーンさんったら!
きゃ~っ
萌えぇ~~~っ

しかも、わざわざ口に出して言いますぅ?!

これは、もちのろんで、リズボンちゃんをその気にさせたいという事ですよね~!?
そう思わせてぇ~~~っ


メンタリストs5_15_3
真剣に読んじゃってるジェーンさん!


ジェーンさんのメンタリズムでも十分イケるだろうに、雑誌の特集に食いつくだなんて、もはや潜在意識がリズボンを求めてるレベルなんじゃないのぉ ( ̄▽ ̄)?

絆はとっくに出来上がってるから、テクニック云々で落とすというより、グイッと抱き寄せて熱いキスっつう強引な感じがいいと思うの~(勝手な希望)。

あ~、妄想ばかりが膨らんでいく~。




人体の自然発火も出てくるディケンズの『荒涼館』
なんと4巻もある大作 ( ̄▽ ̄)




ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント

かりん様
かりん様、はじめまして(*^▽^*)
返信不要とお気遣い頂いたのに返信してしまうウザさ120%の管理人・マルコでございます。
この度はコメント頂き、ありがとうございます♡

恋路応援し隊は、おそらく同じところで反応してますよね( *´艸`)
シーズン5まできますと、いい加減どうにかならんものかと、歯をギリギリ言わせながら観ております(笑)。


> 今回の話では、リグスビーがデート相手に選んだ女性達がヘアスタイルは様々なものの、皆赤毛のロングに見えたので、全くヴァンペルトへの気持ちが吹っ切れてないように感じました笑

そうですよね~(≧▽≦)
ありゃあ思いっきり引きずってるのがバレバレでございましたねっ( *´艸`)
ついつい赤毛ロングの女性に目がいってしまうのでしょうねぇ。


当ブログはのんびり更新のため、そのうちかりん様に追い越されてしまうのが目に見えておりますが(笑)、
そうなった際には、たま~に覗きに来ていただけたら幸いです。
今後とも当ブログをよろしくお願いいたします(*^▽^*)
マルコ様
初めまして、かりんと申します。
いつもマルコ様のブログを楽しく読ませて頂いております😊
現在シーズン5を駆け抜けているところでして、1話見てはこちらの感想を読んで、という楽しみ方が大分定着してきました☺

私もジェーンとリズボン、リグスビーとヴァンペルトの恋路を応援し隊(?)なので、劇中で反応した箇所がマルコ様と同じ時が多々あり、とっても面白いです。
今回の話では、リグスビーがデート相手に選んだ女性達がヘアスタイルは様々なものの、皆赤毛のロングに見えたので、全くヴァンペルトへの気持ちが吹っ切れてないように感じました笑

ジェーンとリズボンの関係が変わりそうな予感のするシーズン5ですが、早くくっついて欲しいようなもう少し焦らして欲しいような……と複雑な心境で見進めております😏
今後もマルコ様の感想と共にシーズン5を見ていこうと思います!
(Upから時間もたっていますので、返信は不要です〜)
たみー様
なんと!たみー様のパソコンも萌えていましたかっ!
いやぁ~、ホント、萌え萌え教の影響力恐るべしですね ( ̄▽ ̄)!


> リズボンに何も言わずジェーン一人で解決…私もなーんとなくモヤっとしてました。
> なんでしょうねぇ、レッドジョンに近づいてきて、リズボンとの距離をあまり
> 近くしておきたくない心理とか…!?
> くっつきそうでくっつかない、この距離感がたまらないんですけどね(*´▽`*)

イイ感じになってきたな~と思ってると、こういうモヤモヤが投入されてきて、
焦らされてる感がハンパないです(笑)。
確かにレッド・ジョンの事があるから、リズボンとなるべく距離を置きたいっていうのはあるかもですね!
そう捉えれば、このモヤモヤも耐えられそうです~ ( ̄▽ ̄)


> チョウとリグスビーはホントいいコンビですね。
> この2人が揃うと見ていて飽きません(* ´艸`)
> リグスビーとヴァンペルト、はやいとこくっついちゃえー。

ジェーン&リズボン同様、安定のコンビニなりましたよねぇ( *´艸`)
リグさんのマイペースさと、チョウさんの絶妙なツッコミがたまりません(笑)。
リグさんヴァンちゃん早くくっついて欲しいです~。
だいぶリグさんがヴァンちゃんを意識しちゃってる雰囲気なので、期待大ですねっ(≧▽≦)

マルコ様
私のパソコンでも「豪邸に萌える炎」になってしまいましたー!(笑)
萌え萌え教恐るべし!

リズボンに何も言わずジェーン一人で解決…私もなーんとなくモヤっとしてました。
なんでしょうねぇ、レッドジョンに近づいてきて、リズボンとの距離をあまり
近くしておきたくない心理とか…!?
くっつきそうでくっつかない、この距離感がたまらないんですけどね(*´▽`*)

チョウとリグスビーはホントいいコンビですね。
この2人が揃うと見ていて飽きません(* ´艸`)
リグスビーとヴァンペルト、はやいとこくっついちゃえー。

管理者のみに表示