「メンタリスト」シーズン4 第2話「赤い手帳」感想♪

「メンタリスト」シーズン4、第2話「赤い手帳(Little Red Book)」感想です♪


無罪となったジェーンさん(サイモン・ベイカー)はCBIコンサルタントに復帰するものの、リズボン(ロビン・タニー)はジェーンさんの行動の責任を問われ停職処分になってしまって…。

そこで立ち上がったのは、もちのろんでジェーンさん!
殺人捜査を利用しながら、リズボンを復帰させるべく張り切りまくりますっ

前回はチームの皆がジェーンさんの為にコツコツ動きましたが、その恩返し的な雰囲気もあるエピソードです。


以下、ネタバレあります>










リズボン停職中で、チームも解体状態っ

そしてジェーンさんは、FBI出身で監視技術に長けているハフナー捜査官(リード・ダイアモンド)のチームに放り込まれまして、せっせとお仕事、、、

って、んなわけないわなー( ̄▽ ̄)

被害者・クズメンコ(エディー・ダベンポート)が発見された殺人現場では、軽くジャブをかましたジェーンさんでして、何を考えてるんだか全く分からない変わり者風オーラを出して、ハーフナー達を煙に巻いておりましたねっ( *´艸`)


メンタリストs4_2_1
ジェーンさんの洗礼を受けた皆さん


“リズボンじゃなきゃ、ぼく仕事しない!”と言わんばかり!

リズボン愛がダダ漏れじゃないのぉ~

このこのぉ~っ( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン

その後ジェーンさんはリズボンの家を訪ね、ハーフナー捜査官の事を聞いたりなんかしてましたけど、ホントは心配で行っちゃったんでしょ?

そういうことなんでしょーーーっ?

えぇっと、このシーンでは、言わずもがなですが、即座にツーツー(鼻血音)の準備をしたワタクシ ( ̄▽ ̄)

あんなんさー、ピンク妄想をせずにはいられないよねー。

きゃぁ~~~っ

ソファでの二人の距離感が結構離れてる感じが、逆にエロス~(アホ)。

なんつうの?
意識しちゃうがゆえに、離れて座っちゃうみたいなっ?

CBI内のソファだったら、接近して座ってるもんねぇ。


メンタリストs4_2_2
妄想を全開にさせるシチュエーション!


こりゃあもう、カップを渡すときに指が触れちゃってアッ!ぐらいのベタ感でもいいから、お願いぃ~~~!と、恋の炎の点火を見守っていたのですが、、、

結局ツーツーはございませんでした ( ̄▽ ̄)

ちっ。

ゴソゴソ、、、。
(ツーツーの準備で出していたティッシュをしまうの図)


ちなみに、リズボンの部屋が、以前出てきた時より(シーズン2・第3話)片付いてスッキリしてましたね~。

ザッと見比べてみましたら、片付いてるプラス、三人掛けソファの横にあった段ボールがなくなって、そこにランプや一人用ソファが配置されておりました。


さて、ハーフナー情報をリズボンから得たジェーンさんは、本気スイッチONになりまして、ハーフナーより先に事件を解決し、リズボンを復帰させようと、あの手この手で大奮闘っ

リズボン愛も、ダダ漏れから丸出しにっ( *´艸`)


【リズボンは僕が助けるよ~・その1】

ジェーンさんに早速目を付けられちゃったのは、小柄なのがコンプレックスと思われるトーク捜査官(ジョシュア・ビトン)。

ニスキン捜査官(オマー・J・ドージー)との関係性を巧みに利用して、ついには喧嘩騒動を勃発させておりましたねっ( *´艸`)

ジェーンさんの嬉しそうな顔ったら!
相変わらず、ワルよのぉ~( ̄▽ ̄)

「特別な品を探してる」って電話してたのって、あの白い厚底ブーツだったのかな?

これで、ハーフナーチームに空きが出来まして、カウンセリング生活で意気消沈中だったヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)が復帰


【リズボンは僕が助けるよ~・その2】

チョウさん(ティム・カン)はジェーンさんのお目付け役をハーフナーから依頼されておりましたが、それを逆に利用しちゃったジェーンさん

お次のターゲットはマスターソン捜査官(リック・ピータース)で、、、出ました、催眠術!

あんな自然に語りかけられちゃったら、たまらんわなー。

この間に、ジェーンさんはお得意のニセ手帳作戦の仕込みを済ませ、チョウさんにわざとチクらせて、ハーフナーが証拠品として押収するよう誘導しておりました。

って、思いっきり、“えっ!チョウさん!?”と思ってしまいましたけどもー ( ̄▽ ̄)

あぁ、自分の単細胞に乾杯っ

チョウさん、疑っちゃってごめんなさぁ~いっ


【リズボンは僕が助けるよ~・その3】

仕上げの前に、ジェーンさんはリズボンに計画を話しましたが、「殺してやりたい」と言われちゃってましたねっ

ただ、もはや挨拶代わりな言葉でして、リズボンから全く殺意を感じられなぁ~い ( ̄▽ ̄)

あと、チームの皆を守ろうと、「ジェーンのせいだって言うのよっ!」と、雑な扱い発言もっ( *´艸`)

これぐらいではジェーンさんがへこたれないのを分かってるからこその発言ですよね~。

さすがっ

んで、部下を巻き込まない代わりに、リズボン自らが逮捕劇の現場へ赴きまして(停職中だけど)、ジェーンさんとのおしどりコンビ復活っ


メンタリストs4_2_7
よっ!待ってましたっ!


やっぱり、この2人が現場にいると、めちゃんこしっくりくるぅ~

ジェーンさんがハーフナーチームと一緒にいるシーンは、もう違和感しかなかったものぉ~


んで、ちゃっちゃか仕事を済ませまして、ハーフナーよりも先に犯人を逮捕!

クズメンコが勤務していたジムのオーナー・ジョスリン(アリソン・マカティ―)が犯人でございました。

さらに、ニセ手帳の件でメンツを潰されちゃったバートラム局長(マイケル・ガストン)は、ハーフナーを現場から外し、ジェーンさんが思い描いていたであろう展開に~っ


【リズボンは僕が助けるよ~・その4】

最終段階を迎えまして、リズボン復帰をかけ、バートラムと対峙したジェーンさんっ。

実績主義な局長だから、解決率の高い自分をクビにするわけがないと読んでいたっぽいですね

バートラムもさ、ニセ手帳はハーフナーを外す為にジェーンさんが仕込んだものだと分かってましたよねぇ。

それでも悩むって事は、ジェーンさんを残したいのが本心でしょうなぁ。

そんなバートラムに、「僕の手綱を握れるのはリズボンだけ」と主張!

ハッキリ言い放ったーーー
きゃぁ~~~っ

もはや、愛の告白にしか聞こえませんでしたけどもー
(萌え病の症状の一つ)

ちゃんと言葉で聞けて、超うれすぃ~っ

リズボンがいない所だと、案外素直に話すのだなっ( ̄▽ ̄)


自分を残すだけでは、今回のハーフナーみたいな事になってストレスはなくならないと、合理的に対話、、、っつうか、ある意味脅して、バートラムを揺さぶったジェーンさんっ( *´艸`)

ほっといたら、どんどんエスカレートしそうだもんねぇ。

結局、今回だけでも相当キリキリさせられたであろうバートラムは、リズボン復帰を決定!

ジェーンさんのリズボン愛がもたらした、完全勝利でございました


【リズボンは僕が助けるよ~・エピローグ】

無事復帰後は、おなじみの微笑ましいお2人さんが炸裂しておりましたね~

ジェーンさんったら、お礼を要求しちゃったりしてぇ~。
リズボンがあまのじゃく発言するのを分かってるでしょうに~。

んでもって、そういうリズボンを見て、密かに萌えぇ~なんじゃ ( ̄▽ ̄)?

このこのぉ~っ( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン

あっ、お礼の言葉じゃなくて、本当に欲しがってたのは、お礼のキスだったりしてっ?!

きゃぁ~、やだぁ~、んもぉ~、ジェーンさんったらぁ~
(勝手な妄想で楽しんでおります)

いい加減、具体的な進展を実際にみたいところです


.................................................................

あっ、事件にほぼ触れなかったですけど、シンプルな流れだったから、今回はいいかっ ( ̄▽ ̄)
事件メインじゃなくて、リズボン復帰劇の為の事件という印象でしたしねっ

なにしろ、ジェーンさんがいかにリズボンを大切に想っているかが伝わる、素敵なエピソードでしたっ

チョウさん達にとっても、リズボンの存在が必要なのをジェーンさんは分かっているでしょうから、リズボンの為の作戦でありながら、チームの皆、さらにはジェーンさん自身の為の計画だった気がします。


メンタリストs4_2_5
リズボンの為に、お得意の秘密会議も炸裂


あと、改めて、リズボンの求心力の凄さを感じたな~

仕事が出来るのはもちろんですけど、思いやりがあるから慕われるんだろうねぇ。
ボスでありながら、時に友人として部下に歩み寄る姿が素敵だなぁと思いながら、いつも見てますっ。
そして、ジェーンさんに振り回されちゃうのはご愛嬌っ( *´艸`)


.................................................................

さて、リズボン復帰劇をボリューミーに書いてしまいましたが、、、

まだあったー!
レッド・ジョン絡み~っ

第2話にして、テンコ盛りなエピソードだわねっ


【ティモシーは本当に雇われレッド・ジョン?】

レッドジョンはまだ生きている、というジェーンさんを説得しようと、リズボンはティモシーの妻・サリーと面会し、話を聞くことに。

んがぁっ!!!

独房で、死亡していたぁ~~~っ!

ぬおぉぉぉ~~~っ!


スプーンの柄を尖らせて、自分を切りつけたようですが、、、いやいや、レッド・ジョンか手先の仕業にしか見えないんですけどー!

しかも、ご丁寧に、ティモシーがレッド・ジョンである事を示すような遺書を残しちゃってさー。

ジェーンさんが「美文調だね」と言ってましたけど、小洒落た演出が大好物なあんにゃろ~の仕業にますます見えてしまう~。

前回、ティモシーとサリーの間には隠し事がなかった、とジェーンさんは思ったわけで、、、となると、ティモシーがレッド・ジョンの手先であったことも、サリーは知っていた可能性が高いですよねぇ。

ジェーンさんが釈放された今、サリーがちょっとでも心を許してしまったらマズいので、レッド・ジョン十八番の“真実を喋りそうになるとすぐ始末”の刑をくだしたように見えます。


この一件で、ジェーンさんは自分の見立てが正しいかどうかを改めて判断するために、あの人をお呼び出しっ!

盲目の女性、ロザリンドさん(アリシア・ウィット)

シーズン1・第23話以来ですね~。

レッド・ジョン(ロザリンドにとってはロイ・タリアフェロ)と5カ月間恋人関係だったという過去がありながら、悪に手を染めずに生きている奇跡的な存在!

そんな彼女に、ティモシーの遺体を触ってロイかどうかを確かめてもらったところ、

や~は~りっ!

違う人物でございましたっ。


メンタリストs4_2_9
さすがのジェーンさんも緊張っ?!


ちょっと気になったのは、シーズン1では、ロイがレッド・ジョンだとは信じていなかったロザリンドでして、ジェーンさんもその思いを汲んで、レッド・ジョンがロイを名乗った、という事にして話を聞いてましたよねぇ。

でも、今回は、レッド・ジョンとロイは同一人物だとハッキリ告げていて、、、

シーズン1の時点でロイと別れて半年でしたので、そこから数年経ち、ロザリンドに心境の変化があったと見抜いての発言?

もしくは、“ロイはレッド・ジョンじゃない!”というロザリンドの思いを刺激したとかねっ( ̄▽ ̄)

そうした心理状態になった上で触ってもらった方が、ティモシーを全くの別人であると判断しやすいというか、誘導しやすいというか、、、

いや、ジェーンさんが知りたいのは真実だから、それはないかっ。

とにもかくにも、これで振り出しに戻るのが確定したかな?
はて、リズボンも信じるでしょうかっ( ̄▽ ̄)?


.................................................................

さて、今回ちょこちょこ登場していたのが、ラローシュ(プルイット・テイラー・ヴィンス)!

ヴァンちゃんの復帰やリズボンのお願いに手を貸しておりましたね~。

でも~、内部調査室に戻っちゃうってよー!

えぇ~~~っ

あ、ジェーンさんにタッパーの秘密を本当に知られちゃう前に、退散しといた方がいいとは思いますが ( ̄▽ ̄)

にしても、徐々に好感度を上げてきたぬ~ぼ~(ラローシュ)がいなくなるのは、やっぱり寂しいのぉ~

ぬ~ぼ~の方も、トーク捜査官を刺激しちゃったジェーン作戦を見逃したり、リズボンに親愛のハグをしたりと、すっかりジェーンさん達の虜になってたのにねぇ。

レッド・ジョンの手先かどうかちょっと怪しい雰囲気はありましたけど、リズボンへのハグを見たら、その線はないような気がする…。

これからも、たまには出てきて欲しいっすね~

で、ぬ~ぼ~はそもそもハイタワー先生の代打だったので、先生が復帰してくるんかな?

でも、レッド・ジョンがまだ生きてるとなると、安易に復帰できないよねぇ。

ハイタワー先生の動向がまだ出てこないので、早いところ知りたいものですっ


メンタリストs4_2_6
内部調査室に戻ってもお元気で~!



.................................................................


さぁ、では、最後になりましたが、、、シメに萌えコーナーをちょちょいとっ


まずは、ヴァンちゃんっ

犯人だったジョスリンが、「ダイエットで血糖値が下がったのがいけなかったのね!」とか言っちゃった時の表情ったら!


メンタリストs4_2_8
“はぁ?何言ってるかよく分かんな~い”


ヴァン子ったら、あからさますぎるぅ~
萌えぇ~~~っ

クズメンコが自分との交際を覚えていなかったのが犯行の引き金だったにも関わらず、血糖値ってねぇ ( ̄▽ ̄)

やむを得ずオラーフリンを射殺した今のヴァンちゃんにとって、余計にカチンときたかもしれません。


さぁ、そして、萌えのご本尊・ジェーンさん
シーズン4第1話から萌えも絶好調でしたが、第2話でもやってくれました!

なんといっても、ジムでのジェーンさんですよね~っ( *´艸`)

シーズン4ともなりますと、なんとなくジェーンさんの動きが読めてくるわけで、あれだけマシンがあったらなんかするだろーと思っておりましたら、案の定、、、


メンタリストs4_2_3
キーコーキーコーするジェーンさん


溶け込み方が、もはや神レベル
萌えぇ~~~っ

好奇心旺盛っ!ド無邪気さも健在っすねっ!


んで、ここまでは、シーンにお遊びジェーンさんが紛れ込んでいる通常の萌えでしたが、さらに今回は、思いっきりフィーチャーされまして、、、


メンタリストs4_2_4
コントな扱いのジェーンさん


下からひょっこり出現するパトリック・ジェーンっ
萌え萌え萌えぇ~~~っ

しかも、ひょっこりを3回もやってくれちゃって、出血大サービス!

ジェーンさんが筋肉痛になってやしないか、ちと気になります ( ̄▽ ̄)

いつものリズボンチームだったら、ここまでの演出はしなかったかもなぁ。

珍しいカットで楽しめた、貴重な萌えシーンでございましたっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


関連記事

コメント

たみー様
たみー様、お知らせ頂いてありがとうございますっ^^
2つ目に頂いたコメントは、ワタクシの方で第3話の方に移しました♪

さてさて、、、

たみー様も、ソファの距離感チェックされていたのですね!
ああいうの気になっちゃいますよね~( *´艸`)フフフ
リアルにこの積もり積もった思いを解消してくれるようなシーンを期待したいですぅ~(≧▽≦)

手綱を握れるのがリズボンだけ、という自覚症状がジェーンさんにあって、なんだかホッとした感じもありました( ̄▽ ̄)
分かっていながら、毎度のようにリズボンを振り回しちゃってぇ~。
どんだけ信頼してんのぉ~!と思ってしまいますねっ( *´艸`)
マルコ様
ジェーンのリズボン愛をたっぷり感じさせてくれましたねー。
ほんと、素敵なエピソードでした♪

ソファでの二人の距離感、私もチェックしてました!!
絶対意識してるがゆえに、わざと離れて座った感じですよね!
もうめっちゃ可愛いんですけどーこの二人( *´艸`)。
私もせっかくなんだから少しくらいイチャイチャして欲しかった!
しょうがないので、妄想の世界で楽しむことにします(*´∀`*)。

チームのメンバーのリズボン愛もすばらしかったですね。
やっぱりリズボンは優しく頼れる存在なんだなあ。
僕の手綱を握れるのはリズボンだけ…自分で言うジェーンに萌え~~~v-343でした。

管理者のみに表示