「メンタリスト」シーズン4 第1話「緋色のリボン」感想♪

「メンタリスト」シーズン4、第1話「緋色のリボン(Scarlet Ribbons)」感想です♪


シーズン3の感想終了から、しばしリフレッシュ休暇をとり、“禁メンタリスト”“禁ジェーンさん”を経まして、シーズン4に突入でございまぁ~すっ

ドンドンドン、パフパフ~っ

あぁ、どれだけジェーンさんが恋しかったことかっ!

なんて言いつつ、禁欲しすぎたからか、夢の中でジェーンさんと何度も会ってしまいまして

萌えを通り越して、あんな事やこんな事をジェーンさんにして頂いて、あはぁ~んな日々を送っておりました
(どんな夢見てんだかっ!)

こりゃあ“禁ジェーンさん”もたまにはアリですなっ ( ̄▽ ̄)デヘヘ


というわけで、あまり禁欲した感はないですが、シーズン4も張り切って萌えながら感想を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします



さて、シーズン3は、ジェーンさん(サイモン・ベイカー)がレッド・ジョン(仮)を射殺してしまうという、衝撃にも程があるエンディングでございました。

ジェーンさんは一生塀の中かっ?!
はたまたっ?!

射殺事件において新たに明かされた事実を元に、ジェーンさんとCBIの面々が奮闘いたしますっ



以下、ネタバレあります>










当然のことながら、あの後逮捕されてしまったジェーンさんでして、拘置所行きにっ

警察関係者でありながら、囚人服を2度も着ちゃう人いないよねー( ̄▽ ̄)

ただ、シーズン2・第6話で盗聴器を仕掛けた罪でお縄になっちゃった時とは訳が違うわけでして、殺人だもんなぁ…。

今思い返しても、あの衝撃がよみがえります

んで、ジェーンさんは、レッド・ジョンを復讐のために射殺した、という正義の権利を主張し、それだと情状酌量で5年程の刑期で済みそうだったのが、新たな事実発覚で一生ムショ暮らしになりそうな展開にっ


メンタリストs4_1_1
やり切った感を出してる場合じゃなかったよぉ


殺したレッド・ジョンの本名はティモシー・カーターで、妻子もいるビジネスマン。
しかも、ケータイに残っているはずのオラーフリンの着信履歴や、ティモシーが持っていた銃もないってよ!

ちょっとちょっとー!

ワタシ、ミタヨーーー!
アノオトコ、ピストルーーー!

明らかにジェーンさん、ハメられてもうたよねぇ
無実の人を射殺しちゃった極悪人に仕立て上げられてしまうなんて…

レッド・ジョンは、ジェーンさんが射殺するのも想定の範囲内だったって事ですかねぇ。

先をよく読んでるし、リスクマネジメントすげ~のなー。

以前はリスクマネジメントがイマイチだったから、遺体に残しちゃったかもしれないDNAを回収するのに、ボスコのアシスタント・レベッカを使いましたけど(シーズン2・第8話)、そういうミスは二度とするまい!というレッド・ジョンの恐ろしい気概を感じてしまいます。

今回も、銃やケータイを警備員に回収させ、その後殺害という相変わらずの手口も炸裂しておりましたよねぇ(まだ確定ではないですが)

先手を取るのにいつも必死なジェーンさんに対して、なんか余裕~。

ホント、ムカつくーーーっ


んで、途中までは、ティモシーがレッド・ジョンである証拠を探そうとしていたジェーンさんでして、殺害された場合の事を考えていたレッド・ジョンが、ジェーンさんも道連れ的に刑務所にぶち込む計画を立てていた、みたいな想定だったのかな。

それが、ティモシーの妻・サリー(ケイト・ノービー)の行動で、覆されましたよねぇ。

隙がないサリーを落とす為に、鍵が一つ多い鍵束を渡してのジェーン作戦でしたが、そもそも開く物はないので、ティモシーではなく、サリーの隠し事を探ろうとした作戦でございました。

そして判明した、サイコパス夫婦っぷり!

サリーが隠し部屋にいる監禁少女・デビー(キャサリン・クームス)を発見して、てっきり「きゃぁ~!」とか言っちゃうのかと思ったら、思いっきり共犯だったというねっ

ま、今思えば、隠し部屋の鍵は迷わずチャチャっと開けてたもんなー。
そこで気づくべきだったー ( ̄▽ ̄)

いかにもな監禁部屋じゃなくて、普通の内装の部屋に監禁してるあたりが、逆に怖かったですっ


この作戦で、夫婦揃ってサイコパスだったのを明らかにし、監禁されていたデビーも救出され、保釈中の身でも絶好調なジェーンさんでしたけど、ティモシーがレッド・ジョンではない、と判断した決定打にもなっていたでしょうか。

“ティモシーはサリーに何も隠し事をしていなかった”、と感じたのは、夫婦でサイコパスっぷりをさらけ出してたからかな?

ま、あれ以上の秘密はないわなー ( ̄▽ ̄)


さぁ、そして!

レッド・ジョンではない、雇われレッド・ジョンを射殺しちゃった事を確信したであろうジェーンさんは、法廷の場へ

ティモシーがレッド・ジョンだという証拠もなく、完全に不利な状況でしたが、


なんとなんと、、、


陪審員全員一致で、


無罪っ!


マジっすかーーーっ!


ま、さすがに、塀の中から毎回ジェーン作戦!っつう流れはムリがあるから、2話ぐらい引っ張りつつ、リズボン(ロビン・タニー)やハイタワー先生の協力なんかもあって釈放されるんじゃないかと思ってたんですが、、、

まさか、一話で、しかも無罪で自由の身とはっ!

アッパレ、ジェーンさんっ

陪審員の皆さんのハートを鷲掴みっ

殺人を犯しても無罪になる事があるのだなぁ。

全員一致が原則だそうで、陪審員の心を動かせるかどうかが、ホントに重要なようですね。


デビーの証言から、ティモシーがケダモノな異常犯罪者であった事が陪審員にインプットされている状況を、ジェーンさんは巧みに利用したように見えました。

その上で、ティモシーは5年前からの記録しかない作られた存在であり、自分が見聞きした事からレッド・ジョンであるという絶対的な確信のもとに射殺した事を改めて認めておりました。
そこから、レッド・ジョンの残虐性や自らの身に起きた悲劇を話し、家族を殺した男を殺す権利があると主張。

ティモシーという異常犯罪者に、うまくレッドジョンの異常さをリンクさせ、ティモシーがレッド・ジョンである可能性が極めて高い、と信じ込ませたように思います。

そして、極めつけの、「あなただったら?」という問いかけで、陪審員それぞれに、ジェーンさんの身に起きた悲劇的経験をイメージさせたのも、効果的だったのではないでしょうか。

で、中には、ティモシーはレッド・ジョンではないかもしれない、と思う陪審員がいたとしても、異常犯罪者というインプットはすでにされているので、同一人物でなくとも、レッド・ジョン相当の悪党だと捉えてしまう心理が働いて、その裏でどれだけ多くの家族が悲しみや憎しみ、怒りに耐えているかを想像したかもしれません。

本物レッド・ジョンが出てきた場合に備えて、ティモシーがレッド・ジョンじゃなかったとしても、あの判決で良かったのだと納得させる為もあったのかな…。
その辺が今後どうなるのか、気になるところです。


メンタリストs4_1_8
人心掌握お手の物!


今回の法廷劇は、映画「評決のとき」を思い出したなぁ。

報復殺人を扱った作品で、最終弁論ではマシュー・マコノヒー演じる弁護士が、陪審員の心に訴えかけ、状況をイメージしやすいような話し方をして、、、結構似ていたかもっ。

ま、ジェーンさんの場合は、自分で自分の弁護をしちゃうわけで、しかも、“ティモシーはレッド・ジョンじゃないけどぉ~”、と思いながらやってたのかと想像すると、、、 ( ̄▽ ̄)
レッド・ジョンを捕らえる為だったら、なんだってしちゃう復讐心を、シーズン4でも早速見せられた気がいたします。


あと、今回は、“隠し事”がちょとしたテーマにもなってたのかな?

ティモシー&サリーがサイコパスだったという隠し事が明るみになった事で、結果ジェーンさんは救われ、そのジェーンさんは、ティモシーはレッド・ジョンではない、という隠し事をして自らの身を救ったわけで、隠し事の表裏を描いていたように思います。


そうそう、ジェーンさんの弁論を聞いていてビックリしたんですけど、レッド・ジョンって、もう28人も殺害してるんですね

えらい増えたなー。

ボスコ事件の時に、確か15件と言っていたはずですが、、、。

ま、ボスコ達含め、その後もクリスティーナが出演したTV番組の司会者とか、マネッ子殺人の学生たちとか、、、さらにはトッドとか手先の人達も含めたら、それぐらいになるのかな…。

んもー、あんにゃろー、調子に乗りすぎだろーっ

でも、ジェーンさんがシャバに戻ってきたからには、レッド・ジョンもまた何かやらかしそほ

シーズン3はスマイルマークが出てこなかったですけど、シーズン4は新たな事件が勃発するのでしょうかっ?!



さて、今回のジェーンさんを支えたのは、やはりCBIの面々でございましたねっ

特に~、やっぱり~、ジェーンLOVEのリズボンっ( *´艸`)

傷がまだ痛いのに、ジェーンさんに会いに行ってたもんね~

バートラム局長(マイケル・ガストン)が「無実の男を撃った!チームも停職処分だ!」とか言うから、居ても立っても居られなくなっちゃったんでしょうねぇ。

うぅ、なんという使命感っ!

ちなみに、会いに行く前から、ペアルック的な感じにもなってましたけどもー。


メンタリストs4_1_10
離れていても以心伝心


やだぁ~、んもぉ~、ごちそうさまぁ~


でさ、会いに行ったら行ったで、「なんであんな事したの!」とは一切言わなかったリズボン。

うぅ、なんという、ジェーン愛っ!

リズボン、その調子よぉ~~~っ
そのままイケイケGOGO~っ(死語)
なんだったら、ジェーンさんを押し倒してしまえぇ~っ!

きゃぁ~~~~っ
(妄想で盛り上がっちゃった人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)

シーズン3でのリズボンの様子からして、もはやジェーンさんの暴走を黙認するような流れも予測させる言動が出てきていたので、こちらもシレ~っと流して観ちゃいましたけど、復讐の件を全く怒らないだなんて、やっぱりすごい変化ですよねぇ。

んで、ボスがこの調子ですので、停職処分中の皆さんもジェーン救出のために奔走っ

チョウさん(ティム・カン)とリグスビー(オーウェン・イオマン)は、警備員のロンが怪しい事を突き止めておりましたねっ。

そして、ヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)は、、、心に傷を負いながらも、それを仕事で紛らわしてる感じで、観ていて辛かったです

ヘアスタイルからして、いつもキチッと結んでるヴァンちゃんなのに、ゆるふわ風で、それがなんだか、お疲れ風に見えちゃって


メンタリストs4_1_5
「旦那が家にお金入れてくれないんです…」


逆に、リグさんのヘアスタイルは、えらいキマってたなぁ。
アイビーカットぽかったですよね~。
あれでシーズン4はいくのかしら( ̄▽ ̄)?


メンタリストs4_1_3
「俺、経理に異動になりました」


チームの皆は射殺現場にいなかったにも関わらず、ジェーンさんを信じて動き、仲間を救おうとする姿に感動いたしました

シーズン1の頃なんて、たまぁ~にジェーンさんがミソッカスっぽくなっちゃったりしてたもんね( ̄▽ ̄)

やっぱり、リズボンの対応が変わったのが一番大きいでしょうか。

ラストで、ジェーンさんを待っててあげて、姿が見えた時の嬉しそうな表情も印象的だったな~

ジェーンさんに対してああいう表情はなかなかしないですけど、もう自然と喜びが出ちゃってましたよねぇ。

シーズン4では、是非ともツーツー(鼻血音)を期待したいところですっ!



さぁ、では、ここからは萌えコーナー


まずはですね、チョウさんなんですけど、何気ない仕草にツボってしまったシーンがありまして、、、

カフェのウエイトレスさん(カレン・レビン)に話を聞きに行った際、最初は腕組みしてたのに、情報を聞くなり、「じゃあまだ生きていた?」って言いながら腰に手を当てるタイミングが絶妙すぎたんですよねぇ( *´艸`)

クールなのに、“そりゃあ聞き捨てならねぇ!”みたいな気迫がニョロっと出ちゃった感じが、萌えぇ~でございました。

字幕版の時は感じなかったので、吹替版ならではのツボだったかもっ。


メンタリストs4_1_7
チョ「怒ってません。こういう顔です」



そんなチョウさん、ヴァンちゃんに直球で調子を聞いちゃう一幕もっ ( ̄▽ ̄)
アイスマンったら、後輩にも容赦ないよね~。

すかさず「デリカシーないぞ!」と、人の事言えないリグさんがツッコんじゃってて、萌えぇ~っ

ナイスコンビ健在でございますっ



続きましては、我が萌え萌え教神!

保釈金100万ドルをゲットするために、ポーカーにいそしんだジェーンさん。

ま、勝つのは予想できましたが( *´艸`)、とびきりのジェーンスマイル、キターーーっ!

萌えぇ~~~っ

メンタリストs4_1_6
あはぁ~ん


ここが拘置所だと忘れてしまうような、キラキラ感っ
囚人の皆さんの悪も浄化されそうな勢いですっ!

しっかし、負けたフィルさん(リチャード・ポートナウ)、すぐに100万ドル用意しちゃって、、、相当な悪党っぽいっすね ( ̄▽ ̄)

あ、そうそう!
同じテーブルにいた人さ、シーズン3・第11話でチラッと登場した野口健、もとい!フランク(ヴァレンテ・ロドリゲス)ですよねっ。

あの後、フランクは何かやらかしたんでしょうか ( ̄▽ ̄)

フランクと会ったのはチョウさん&リグさんだから、ジェーンさんは顔を見てもスルーだったのだなぁ。



拘置所内では他にも、面会に来たリズボンに、すかさずブルーベリーマフィンを要求するジェーンさんの姿も見られましたねっ( *´艸`)

囚人服着ると、ブルーベリーマフィン食べたくなっちゃうのかな ( ̄▽ ̄)?
んもぉ~、かわえぇのぉ~

前回はリズボンがちゃんと買ってきましたが(でもクランベリー)、今回は手ぶら

手ぶらだけど、手ブラはどう?みたいなノリを、リズボンに今後期待したいところです(絶対やらねぇ~)。


そして、保釈後には、サリーの家に侵入する一連のシーンで、ジェーンさんの萌えコンボが炸裂っ!


メンタリストs4_1_11
庭先に、小動物現る!


ぴょんぴょんジェーンさんっ
萌えぇ~~~っ

さらに、室内に侵入すると、クローゼット内で、なぜかコーヒーメーカーを抱いて瞑想状態のジェーンさんったら!

萌えぇ~~~っ

ちょっとぐらい暴走してる方が、萌えは出やすいよね ( ̄▽ ̄)

いやはや、第1話から、かなり萌えさせて頂きましたっ

ジェーンさんが逮捕されちゃうだろうから、しばらく萌えはお預けかなぁ~なんて思ってたんですけど、ストーリーとしてはシリアスさがあったものの、萌えへの影響はほとんどなし!

当ブログ「メンタリスト」感想の肝の部分なので ( ̄▽ ̄)、萌えられて本当に安心しております

.
.....................................................................

今回ジェーンさんの釈放以外のところで特に気になったのが、バートラムね!

怪しんだ目で観ているのもあるんですけど、リズボンチームを停職処分にしたり、ジェーンさんがなるべくシャバに出ないよう検事のオズヴァルド(デヴィッド・ノローナ)に要望したり、どうもいけ好かないわー。

ちなみに、オズヴァルドも腰巾着オーラが出てて、信用できんっ。

シーズン4はバートラムの動きもチラ見しながら、どんな展開になっていくのか楽しみたいと思いますっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント

izumi様
izumi様~、シーズン4もコメントありがとうございます~(^o^)ノ

まさか夢への登場回数が増えるとは思わず、自分でも驚いてしまいましたっ(≧▽≦)
そんなワタクシにも萌え萌えして頂きまして、恐縮ですぅ~。

囚人服のフィット感、なかなかのもんでしたよねっ( *´艸`)
一気に場に溶け込んでしまうテクニックも、さすがでございましたっ♪

シーズン3ラストの衝撃からして、今回はシリアス路線が続くんじゃ?と思っていたら、いきなりまさかの無罪で(笑)、ホッといたしました。
姫が出所しないと、お話にならないですもんねぇ( *´艸`)

シーズン4はどんなジェーンさんが見られるのか?
チームの皆の様子とともに、ガン見していきたいと思いますので、再びよろしくお願いいたします~☆彡
マルコ様
おかえりなさいませ~~~~~~~v-352v-352v-352

更にパワーアップの楽しい記事でうれしいですv-238

マルコ様、夢にまで見ちゃったんですねぇw

そんなマルコ様に萌え萌えですっv-352

ジェーン様ったら、囚人服が板についちゃって、なかなか素敵でその姿にもニヤニヤしちゃいました。
ポーカーのシーンはやっぱり最高に萌え萌えですよっ!

みなさんと同じシーンにきゅんきゅんできて幸せです☆

シーズン3のラストが衝撃的すぎて、魂抜けちゃったので、無事に(?)出所できて良かったです~。

裁判のシーンは、無理やりな感じは否めませんですが、でも、主役だし!ジェーン様だし!みんなの姫(?)だし!

シーズン4も素敵なジェーン様を堪能したいですね☆

また楽しい記事をよろしくお願いしますv-343
たみー様
たみー様~、お久しぶりでございます~(^o^)ノ
シーズン4もマイペースな更新になるかもですが、よろしくお願いいたします~♪

禁ジェーンさん、案外オススメですよ ( ̄▽ ̄)?
萌え萌え教信者には軽い拷問ですけどもー(笑)。

レッド・ジョンはだんだんパワーアップしてきてますよねぇ(;´・ω・)
ティモシーはもちろん、奥さんのサイコパスっぷりも知ってたのかなぁ…?
ジェーンさんが手こずったぐらいの女性ですもんねぇ。

無罪にはビックリしましたけど、ま、こうでないとねっ( ̄▽ ̄)
ある意味集会芸だった法廷劇でのジェーン劇場は、お見事でございました♪

萌えも沢山あって、内容テンコ盛りでしたよね~(≧▽≦)
ジェーンスマイルの破壊力たるや!
あれは何度も観てしまいますよね~~~!
色んな仕草をしながら渋い表情でフィルを騙そうとしているジェーンさんも、なにげに萌えでございました ( ̄▽ ̄)
マルコ様
待ってました、マルコ様、おかえりなさいませ~♪ヽ(*´∀`)ノ
夢でジェーンに会ってたなんて羨ましい!!
私は夢に出てきてほしいのに一度も出てきてくれません(;_;)。
あーんな事やこーんな事をしてもらいたいのにぃぃ~( *´艸`)。

さて、とうとうシーズン4。
いきなりこんな展開になるとはびっくりでした!Σ(゚д゚lll)
レッド・ジョンのやり口が汚すぎる…。どんどん巧妙になっていく…。

最初ティモシーの奥さんが嘘をついているように思えなくて、
これはもしかして本当にレッド・ジョンに騙されて
無関係の人を殺させられちゃった?と疑ってしまいました(@_@)。

でもティモシーが極悪非道な奴で良かった~。
そしてジェーンが無罪になって良かった~。
アメリカの陪審員制度だとそんなこともあるのですねー。
陪審員の心をしっかりつかむとは、さすがジェーン。

あんなことがあってもリズボンとの関係も健在で嬉しかったです。
ジェーンを一切責めないリズボンのジェーン愛に萌え~v-345
ブルーベリーマフィンを要求するジェーンに萌え~v-345
チームのみんなの一致団結ぶりにも萌え~v-345

そして今回最大の萌えポイントはやっぱりあのポーカーですよね!!
あのスマイルたまんなーーい。萌え~~~。(*´∀`*)
何度も再生して見ちゃいました( *´艸`)。

のっけから萌え全開で今後も期待したいと思います~♪

管理者のみに表示