「ホワイトカラー」シーズン6 第1話「残された時間」感想♪

「ホワイトカラー」ファイナルシーズン、第1話「残された時間(Borrowed Time)」感想です♪


あら、やだ。

シーズン5最終話の感想から、約1年も空いてもうたっ

何やってたんでしょう、ワタクシ…。
(「メンタリスト」できゃぁきゃぁしてた浮気者)

うぅ、マット王子ごめんなさい。

でもね、ずっと、好きでしたーーーっ
きゃぁ~~~っ

ツーツーツー(鼻血音)。

あぁ、久々に書いて、この出だしとは、、、不毛すぎて自分でびっくり( ̄▽ ̄)


さて、「ホワイトカラー」、いよいよファイナルシーズンですねっ

終わってしまう~~~っ
マット王子とお別れぇ~~~(っつうか、ニール)

しかも、全6話だってよっ!

ちょっ、ちょっ、ちょっ、、、

どえらい短いやないかぁ~~~いっ!

いつもの半分以下じゃないのぉ~

余計に寂しさがこみ上げてまいります…。

でも、きっと「ホワイトカラー」の魅力が凝縮された内容になっているはずっ!
そうよ、そうよ、ファイナルシーズンですものっ!

ワタクシも、思い残す事なく、マット王子でツーツーをしていきたいと思っております(どうでもいい話)。


さて、シーズン5最終話では、ホープダイヤ事件は解決も、ニール(マット・ボマー)が自由の身にはなれず、やさぐれ気味なところを拉致されちゃった!という所で終了しておりました。

拉致した男は何者なのか?何の目的で?

ピーター(ティム・ディケイ)は、“ニールが逃げたのでは?”と疑いながらも、モジー(ウィリー・ガースン)の絶妙なアシストで、ニールを追っていく第1話ですっ


※「ホワイトカラー」シーズン6、エピソード感想目次はコチラです。


以下、ネタバレあります>










えぇっと、では、シーズン5第1話の時と同様、お久しぶりの「ホワイトカラー」感想更新という事で、まずはマット王子の見目麗しいお姿の健在ぶりから確認いたします。


ホワイトカラーs6_1_1
あはぁ~ん


ツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツー(鼻血音)。


賊に捕らわれようと、この王子然とした佇まいっ!

そこに、ちょいとワイルドさも加わって、セクシー度アップ

しかも、後ろ髪はボッサボサというねっ( ̄▽ ̄)!

マット王子ですと、最先端ヘアアレンジのように見えますけどもー。

きゃぁ~きゃぁ~っ


と、一連のきゃぁきゃぁツーツー儀式を終えたところで、本題っ

冒頭から、例の拉致した男の正体や目的が早速判明しておりましたねぇ。

まったくの新キャラで、闇商売のボスみたいな人が絡んでる?なんて思ってたんですけど、、、

シーズン5最終話でレベッカをヘリで迎えに来るも、見事な裏切りを見せた男でございました。

そういう男だからか、、、なんだか小者オーラが出てないかい ( ̄▽ ̄)?

んで、この小者くんが、、、あ、名前はブースか、、、このブース(トビー・レナード・ムーア)は、大物窃盗集団であるピンクパンサーズの入団テストの為に、例のホープダイヤを手に入れたくて、ニールを拉致

アンタ、勝手にやれよぉ~!
ニールを拉致してまで手伝ってもらおうっつう、その性根がやっぱり小者くんっ!



さて、その頃ピーターは、、、

ニールが逃げたと疑うも、どこかニールを信じたい自分と戦っておりましたねぇ

その揺れる思いに刺激を与えたのは、モジ子!

ニールの足かせが外された時間は、会って話した直後だし、逃げるのだったら綿密な準備を自分と一緒にするだろうけど、そうではなかったと、ピーターに熱弁っ

その後、帰ってもいいのに、FBIに居座り続けるモジ子の姿を見て、ピーターはニールを信じる方に大きく傾いた様子でしたね。

モジ子ったら、グッジョブすぎるっ

昔は、FBIが大嫌いなモジ子だったのに、FBIのデスクに座っちゃって、、、なんだか感慨深いものがございました( ̄▽ ̄)
ちゃっかり遊んどったけどもー。


ホワイトカラーs6_1_2
遊んでたらピーターに怒られたモジ子


やっぱり、ピーターの人徳がすごいなぁ。
ニールをFBIに協力させ、モジ子まで手懐けちゃったもんねぇ。
ま、モジ子に関しては、エリザベス(ティファニー・ティーセン)の存在も大きいですけども( *´艸`)


んで、さらにここへ協力者が現れまして、、、


なんとなんと、

レベッカ―っ!
(ブリジット・リーガン)

出た―――っ!

まだ出てくるんかーーーっ!


でも、レベッカったら、小憎たらしい感じは漂わせつつも、結構大人しくなっておりまして。

ピーターがレベッカの中にあるニール愛を刺激したら、あっさりブースの名前を吐露した模様。

悪党な部分を取っ払ったら、一途で健気な乙女なのだなー。


ホワイトカラーs6_1_3
ニールを想い、涙も浮かべて…



んで、ここからニール奪還作戦がスタートしながら、ニールはニールでブースをたぶらかしてお仕事っ

最初は、手錠を外して逃げる機会を伺おうとした様子でしたけど、小者くんがピンクパンサーズのウッドフォード(ギャヴィン・リー)の話をした途端に、作戦変更!
さすがだわなー。頭の回転が速すぎるっ!

しかも、ピーターがやって来ることも想定して、盗みに入るケスマンビルの名前を掘っておき、ピーターもちゃんとそれに気づいて、、、どんだけツーカーの仲なのよーっ

そんな愛し合うお2人さんは、闇の道具屋でご対面~

ここでも、ツーカーっぷりを披露しておりましたねっ


ホワイトカラーs6_1_7
ニールと再会できて、ピーター熱視線っ!


んで、小者くんとはツーカーではないニールでして、以前ケスマンビルに入った事がある小者くんの代わりに盗みの実行役をするハメに ( ̄▽ ̄)

盗みに入ろうっつう段階にきて、それ言われてもねーみたいな空気も漂っておりましたが、逆境を利用してしまうのがニール!

パスポートのすり替えを成功させて、ウッドフォードに入団を申し出ておったー!

さらには、ピンクパンサーズが検挙できたら、今度こそ自由の身にして欲しいとピーターと取引!


ホワイトカラーs6_1_6
ニールくんったら、ぬかりなぁ~ぃっ


こういう所が、ニールの賢さだし、恐いところでもあるよねー( ̄▽ ̄)

はて、いつから、この取引を考えていたんだろ?

もしや、小者くんが盗みに入れない事も、分かってたっ?!
となると、ウッドフォードの名を小者くんが口にしたあたりから、計画がブワ~ッと浮かんだ可能性もあるわなー。

あ、ちなみに、ブースはしっかり逮捕。
今度はニールを裏切ろうとしやがってぇ~!
やはり小者っ


さぁ、そして、ラストは思いもよらない展開になりまして、、、


レベッカが亡くなった~っ!

マジかーーーっ!


愛するニールの為だったから、ピーターに言われた正しい道を選ぶことが出来て、レベッカの中ではけじめをつけた形になったのかな…。

そしてニールは、そのレベッカによって救われ、どう感じとったのか。

「欲しいものは自由だけじゃない…」と、最後には何か胸に秘めたものがあることを匂わせておりましたよねぇ。

なんだろ、なんだろー。

シーズン5を観終わってから気になっているのが、ニールが選ぶのは犯罪者のラベル付きの人生か?、それとも、きっぱり足を洗った人生か?という部分なんですけど、もしかすると、その辺かしら。

完全に足を洗った未来を、思い描いてくれていたらいいなぁ…。


と、意味深なエンディングを見せた第1話でしたが、おめでたい話題もございました!


エリザベス、ご懐妊~っ

なんとぉっ!!!
そこは予想外だったーーーっ。

ピーターも良かったねぇ~~~っ
シーズン5で、ダイアナ(マーシャ・トマソン)の息子・セオ君を抱いた時のぎこちなさが思い出されて、ちと心配になりますが( *´艸`)、ピーターなら絶対良いパパになるよねっ

そして、モジ子が入り浸りそほっ ( ̄▽ ̄)

..........................................................

シーズン6は、ピンクパンサーズの検挙が大きな軸として展開していきそうですねっ。
これまでは、主軸のネタがありながら他の捜査も描かれましたが、今回は全6話ですし、どうなるのかな…。

そして、ニールの人生がどうなっていくのかも、気になるぅ~っ


マット・ボマー主演、Amazonオリジナル作品
↓『ラスト・タイクーン』も配信中です↓


30日間無料体験できます♪



ブログランキング参加中です(*^^*)
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント


管理者のみに表示