「メンタリスト」シーズン3 第18話「レッド・マイル」感想♪

「メンタリスト」シーズン3、第18話「レッド・マイル(The Red Mile)」感想です♪


冒頭はお馴染みの雰囲気でスタートしますが、事件の担当検視官は、あの先生!

なにげに、3度目のご登場でございますっ( *´艸`)

ただ、今回は意外な方向へとストーリーは進んで、、、とても切ないエピソードに仕上がっております


※「メンタリスト」S3
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>









ってなわけで、3度目のご登場となったのは、

検視官のシュタイナー先生~(ジョージ・ワイナー)


担当が先生だと知った時の、ジェーンさん(サイモン・ベイカー)の嬉しそうな顔ったらっ

鼻持ちならない人へのイタズラとは違って、真面目な先生の“なんなんだ君は!”みたいな反応を見るのが楽しくてしょうがないみたいですねっ

シュタイナー先生だと報告したチョウさん(ティム・カン)も、わずかに、ほぉ~んとにわずかにニヤついておりまして、ジェーンさんの先生イジりにちょっと期待しちゃってるご様子っ?!

チョウさんは結構ジェーン劇場も好きだし(勝手な印象)、“お戯れジェーン君”の隠れファンかもですねっ( *´艸`)
そう考えると、前回、正式にボスにならなくて良かったよねー( ̄▽ ̄)

んで、さすがにリズボン(ロビン・タニー)はボスとして、ジェーン君のママとして、「人をからかって遊ばないで!」と釘を刺しておりましたが、、、もはや手遅れっ( *´艸`)

まさか、保安官代理を丸め込んでいたとはねっ!
用意周到すぎるっ!

ジェーンさんの恰好の遊び相手になってしまったシュタイナー先生、、、ご愁傷様~

今回は、遺体の情報を特盛バージョンで披露され、口を挟んだら揚げ足を取られ、シメは遺体に仕込まれたメモ書きでドッキリさせられちゃうという、またもや、やられっぱなしな先生でございました


メンタリストs3_18_1
ジェーン君にご立腹の校長先生


ちなみに、これまでのシュタイナー先生の災難を振り返りますと、、、

初登場となったシーズン2・第2話では、初対面のジェーンさんに、ヨコシマな心をまるっと読まれ、2度目のシーズン2・第15話では、検視前に死因が毒殺であるとジェーンさんにまるっと指摘され、惨敗

会えば必ずイジられるわけで、そりゃあ遺体が盗まれたのもジェーンさんを疑うわなっ ( ̄▽ ̄)
リズボンまで疑ちゃって( *´艸`)、、、日頃の行いってコワいよねー

でも、不思議なのが、シュタイナー先生も、イヤよイヤよも好きのうちってな感じでして

先生ぐらいのベテランになると、自分の仕事にチャチャ入れてくるような人とか、ましてやイジってくる人もいないでしょうから、なぜか惹かれてしまうのかもしれないですねぇ。

あぁ、魔性の男、パトリック・ジェーンっ

さすが、萌え萌え教神っ
シニアのハートも鷲掴みっ


と、冒頭から見応えある再会シーンだったのですが、実は先生に異変が起きておりまして、なんと、余命わずか…

いつものイジられ具合で終了かと思いきや、先生大フィーチャーの様相を呈してきて、ジェーン&シュタイナーがホームズ&ワトソンばりに解決していくユニークな内容かと思って途中まで観ちゃってたよぉ~

それだけに、病の告白にはだいぶショックを受けてしまいました…


ジェーンさんは、シュタイナー先生の状態を見抜いていて、捜査協力したいという先生の願いを叶えてあげておりましたね。

ま、そういう権限ないと思うんですけど( ̄▽ ̄)、リズボンに有無を言わさない勢いで「先生が捜査に加わるよ!」って告げたのを見ると、やはり先生に会った時から異変に気付き、残りの時間を望む事に費やしてもらいたいという気持ちがあったかもしれません。


メンタリストs3_18_2
上司風にご登場も、安定の紅茶姿



先生が余命を告白した時には、(被害者の家の)高級スコッチと葉巻でおもてなしっ


メンタリストs3_18_5
貢物にご満悦な校長先生


んでもって、極めつけは、ジェーン劇場での主演でして、犯人をおびき出す重要な役目に、シュタイナー先生を大抜擢っ

こんなスリリングな思い出作り、なかなかないよねぇ~。

ジェーンさんも、いつにも増して気合いが、、、というより、一緒に遊べるのもこれで最後という思いからか、この表情っ↓


メンタリストs3_18_9
珍しくギラついてるジェーンさん


この企み顔ったらっ

思惑通りに犯人から電話が来た時には、ピョンピョン跳ねちゃって、、、萌えぇ~~~っ

子供かっ!( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

ま、いつものド無邪気とも取れますが、シュタイナー先生の緊張をほぐす為のピョンピョンだったかもしれないですねっ( *´艸`)

それでも、緊張がなかなか解けなくて、何度もマイクチェックしてしまう先生の姿にも、萌えぇ~でございました。


そして、イタズラファンタジスタ・ジェーン&名探偵シュタイナーの作戦に引っ掛かったのは、、、

被害者・ハートリーの義母、エルスペス!(フランセス・コンロイ)

宇宙人に拉致され、被害者の会を設立しようとしていたハートリー(イアン・ヴォグト)。
それを妻の実家で資産家一族であるクック家の名前で強行しようとしていた為、猛反対だったエルスぺスはハートリーを射殺。
宇宙人騒ぎから家の名誉を守る為にしてしまった犯行でございました。

現場に2種類のDNAがあった事で、犯人も手に傷を負っている可能性に気づいたシュタイナー先生のお手柄と、クック家で狩りの写真を見たジェーンさんの閃きのコンビネーションが事件解決へと導きましたねっ


ただ、事件解決も、この時点であと7分ぐらい放送時間が残っていて、、、やって来てしまった、別れの時

病状、進行具合を把握している先生は、安らかに逝くために、自ら命を絶つ事を決断。
さらに、その際、警察官が立ち会っていれば検視されないので、立会人としてジェーンさんを指名。

数回しか会っていないジェーンさんに頼むとは(しかも、あくまでもコンサルタント)、、、今回の件で、かなり信頼度が上がったのでしょうかっ。

ただ、さすがのジェーンさんも、困惑っ
荷が重たすぎるよねぇ。

結局は最期を見届ける事を決めておりましたがっ。

心変わりしたきっかけは何だったんだろう…。

レッド・ジョン事件以降、ひとりぼっちで生きてきた自分を頼ってくれて、しかも、死を見届けるという重大な役割を任せようとしてくれた事に、心を動かされたのかなぁ…。

先生も、なんとなく、ひとりぼっちオーラを発していたので、共鳴する部分があったのかもしれません。

そう思うと、余計に切ないのぉ~


と、切なくなったのと同時に、ふと、“先生、結構ワガママ?”と思ったりもしてっ( ̄▽ ̄)

ただのワガママか、、、いや、もしかすると、検視官という仕事に相当ジレンマを感じていて、亡くなった方への尊厳や遺族の想いが、常に先生を悩ましていたかもしれませんねぇ。

死を間近で見届けたジェーンさんは、何を思ったのだろう…。
復讐心にも影響しているかどうか…。


とにもかくにも、シュタイナー先生はイジられキャラとしてちょこちょこ登場するもんだと思ってたので、ホントに残念でした

捜査協力して濃密な時間を過ごせたのは良かったですけど、、、リズボンの事を気に入ってたみたいだから(側室にしたかったのはリズボンの方だった?)、最期を迎える前に、デートの一つや二つ、させてあげたかったなぁ~。

シュタイナー先生、どうか安らかにっ




さて、切ないながらも、宇宙人が飛び出すユニークさもあったエピソードだったわけでして、これがきっかけで様々な萌えが生まれておりました。

特に、チョウさん( *´艸`)

ハートリーの共同経営者の取り調べ中、「緑色の宇宙人に拉致されて…」と発言したのに対し、チョウさんったら、「灰色」って ( ̄▽ ̄)

萌えぇ~~~っ

そこ、訂正する必要あるぅ?( ̄▽ ̄)ゲラゲラ
こだわるねぇ~

こだわったからでしょうか、、、UFOマニア・カーク(イーサン・フィリップス)に会いに行った際には、「宇宙人に拉致られた経験あるでしょ?」と言われてしまう始末( *´艸`)

んで、カークにしつこく言われる度に、「違いますからね!」と言わんばかりに、いちいちリズボンの方をチラ見しちゃって、、、萌えぇ~~~っ

否定してたけど、チョウさん、ホントはおありなんじゃ ( ̄▽ ̄)?

あー、チョウさんのアイスマンっぷりは、宇宙人にチップを埋め込まれちゃったからかもなー( *´艸`)

そういえば、随分前の黒魔術エピソードの時(シーズン1・第12話)、殺しの呪いをかけられちゃって、やけに怖がってましたけど、あれは宇宙人拉致経験が元でトラウマになってたりとか?(飛躍しすぎ?)


メンタリストs3_18_8
しつこいカークを逮捕っ!


こういう話題の時は、信じてる派と信じてない派が描かれますが、オカルト擁護派のヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)は、今回も安定の擁護っぷりでしたねっ。
毎度思うのですが、ヴァンちゃんには現実的なイメージをワタクシ持ってるので、オカルトネタでのヴァンちゃんには密かにギャップを感じていて、プチ萌えっしておりますっ( *´艸`)

そして、ジェーンさんは、相変わらずまったく信じていないご様子でして、馬鹿にしてるぐらいの勢いっ


メンタリストs3_18_4
宇宙人いたら催眠術かけちゃおうっと♪


ま、ジェーンさんの場合は、ご本人が宇宙人みたいなところありますけどねっ( *´艸`)



さてさて、殺人事件と同時に発生したのが遺体の盗難。
シュタイナー先生が責任感じちゃって、捜査にゲスト参加するきっかけになっておりましたね。

こちらは医療機関に骨や組織を違法に売る目的で盗まれたようでして、葬儀屋の従兄弟らが関与。


んで、この件を捜査中に問題発生~っ

なんと、銃撃戦でオラーフリン(エリック・ウィンター)が危機一髪なヴァンちゃんを援護しなかったぁーーーっ

うぉいうぉいうぉ~~~いっ!
目を疑ったわいっ!

愛する婚約者・ヴァンちゃんを守ろうとしないだなんて、、、どういうことよぉ~
ただのヘタレでは済まされんぞぉっ

でも、オラーフリンがヘタレなおかげで、リグさん(オーウェン・イオマン)のスーパーショットが拝めたぁ~っ


メンタリストs3_18_7
ひゅ~ひゅ~っ


きゃぁ~きゃぁ~っ

リグさんできゃぁきゃぁ出来るのも珍しいので(失礼)、もうちょっと言っとこうかしらっ。

きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~っ

やっぱり、ヴァンちゃんにはリグさんでしょ~よぉ~っ

ヴァンちゃんの幸せを想って、オラーフリンのヘタレ報告はあえてしませんでしたけど、のちのちの事を考えたら、やっぱり知らせてあげた方が良かったんじゃ?

あ、そういえばリグさんって、大事な事はなかなか言い出せないタイプだったっか ( ̄▽ ̄)

いやぁ~しっかし、このカップルには何かしら起こるんじゃ?と思ってはいましたが、まさかのヘタレとは、、、

でも、これだけで破局に持っていくにはちょっと強引な気もするので(もう破局させる気マンマンなワタクシ)、まだ何かありそうだなぁ。

ヴァンちゃんが負傷する事でどんなメリットがあったのか見当もつきませんが、あのヘタレはなんだか怪しいっ

こりゃあ、リグさんが、ホントにぶっ殺す勢いでオラーフリンをぎゃふんと言わせる時が来るかもしれんなー。

きゃっきゃっ

リグさん、頑張れぇ~~~っ


...............................................................

【最後におまけ萌え】

ハートリーが通院していた病院へ行った時の一コマより。

到着早々、捜査にゲストを呼んじゃったジェーン君に、お小言なリズボンママっ

もっともらしい言い訳をジャンジャン繰り出してくるジェーンさんに対して、リズボンの「はいはい」な感じがツボでございましたっ。

プチ夫婦喧嘩、萌えぇ~~~っ

んでもって、病院ではお馴染みのジェーン行動も炸裂いたしまして、今回は非常ベル ( ̄▽ ̄)


メンタリストs3_18_3
視聴者全員がボタンを押すと思ったであろう瞬間


またコント並みの佇まいになっとるっ!
萌えぇ~~~っ

ジェーンさんの無声映画とか作って欲しいな~。
無声でも十分萌えられそほっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント

No title
v-238v-238v-238
マルコ様・みな様
こんにちは!
萌え萌えコメント祭りですねっ!
マルコ様を始めとしてみな様が言いたいことはぜーんぶ言ってくださっているので、もう、コメントすることはございませんwww

ジェーン様への愛を共有できる方がこんなにたくさんいらっしゃることに感激しています☆

マルコ様のおかげでこんなに楽しいみな様と出会えた事、本当に感謝です☆
マルコ様の記事と、みな様の楽しいコメントを日々楽しみにしております☆

ジェーン様、日本にこんなにたくさんの信者がいるとは思っていらっしゃらないでしょうねえw
みなさま♪
嬉しいお言葉の数々に、マルコは大大大感激しておりますっ(≧▽≦)
ありがとうございます!

やはり字幕と吹替、それぞれに魅力がありますよね~♪
ワタクシも別段英語好きではないのですが、萌えな題材があるとこうも違うものかと驚いております ( ̄▽ ̄)エヘッ

ほづみん(相変わらず馴れ馴れしいw)の声はホントに素敵で、、、YouTubeで拝見したら、声を作らずとも普段からあのお声で萌えました(笑)(≧▽≦)

たみー様はサイモン様の作品網羅してらっしゃるのですねっ!
さすが、ジェーン's DNAコレクター(爆)!心意気が違いますなー!

皆さまに「メンタリスト」記事を盛り上げて頂いて、本当に日々心から感謝しております☆彡ありがとうございます!
皆さまとのご縁を大切にしながら、今後も書き進めてまいりますので、よろしくお願いいたします~(^^)/
No title
マルコ様!たみー様!miw様!

私もマルコ様のブログのお蔭で、皆様とメンタリストの事が何倍も楽しめて、嬉しいです。
あ~これって私が言いたかった事!を、マルコ様が書いて下さり、たみー様が楽しくノリノリして下さり、2度見を繰り返しています。
それとマルコ様が字幕で、ちょっとおかしいと思ったら英字幕を見て…を私も見習って、学校の時は、英語が落ちこぼれだったのに、楽しく調べて訳していたりして!ドラマで皆さんと楽しく出来て本当に嬉しいです。
有難う御座います。
マルコ様、miw様、usarabiko様
ここで皆様とメンタリスト語り合えて、ホント嬉しいです♪
これも毎回とても楽しい&的を射た感想をUPしてくださるマルコ様のおかげと感謝しておりますv

郷田さんの声、あのコミカルな感じ、ジェーンにぴったりですよね!
それでいてちょっと色気もあって…。萌えまする~。
もちろんサイモン様のお声も素敵ですv-343(特にシリアスなシーン)
字幕と吹替は訳がけっこう違うので、やっぱりどちらも知りたいですね。

私のサイモン萌えはとどまるところを知らず、サイモン様が出ている映画は(日本で手に入るものは)全部見てしまい、ヒューマニストも全部見てしまいました。
若いころのサイモン様も超可愛えええ(゚∀゚)♪

あぁ、でもやっぱりジェーン(とリズボン)が一番です(*´▽`*)。
miw様
ホント、女子会ノリですよねっ( *´艸`)

miw様の中で眠っている萌えモードのスイッチがもしかするとあるかもしれませんので、
気づいたら萌え病を患っていた!なんてことにならないようにお気をつけください(笑)!
患いますと、冷静に「メンタリスト」が見られなってしまいますのでっ( *´艸`)


あー、短い記事ありましたねぇ( ̄▽ ̄)テヘッ
だいぶ前に、サイモン・ベイカー様のリアル妻・レベッカさんが出てきた時なんぞ、
ほぉんとに短かくなってしまって、自分でも素直すぎる筆の進み具合に苦笑でございました( ̄▽ ̄)


字幕と吹替、両方魅力ありますよね~♪
ワタクシは先に字幕版で、あとから吹替なんですけど(シーズン1の頃は字幕のみでした)、
情報量はやっぱり吹替の方がしっかり入っていて、
そんな事も言ってたんかっ!と思う事もしばしばです( *´艸`)
微妙なニュアンスの違いがあると、そのシーンの印象が変わりますよねっ♪

本当は、オリジナルがすぐに聞き取れるのが理想なのですが、、、
あれもこれも確認していると、感想書くのにとても時間かかってしまうので、
ほどほどにしております ( ̄▽ ̄)

吹き替えはやはりジェーンさん役のほづみん(馴れ馴れしいw)が、
絶妙にジェーンさんらしさを出してくれていて、超お気に入りです(≧▽≦)


ノロノロ更新でも楽しみにしてくださって、ありがとうございます!
ノロノロ頑張りますねっ(#^^#)
usarabiko様
このエピソード人気ですねっ(≧▽≦)
シュタイナー先生のキャラも相まって、印象にも残るお話でした♪

コインマジックは、とてもジェーンさんらしい見送り方だったように思います。
ホント、お優しい~(*^^*)
なにかこう、命のともしびがずっと灯っていたのが、点滅していくような、、、コインが現れたり隠れたりする描写でそれを表現しているようにも感じました。

usarabiko様も、どうぞ体調崩さないよう、お過ごしくださいませ♪
レスありがとうございます
萌え派ではない私ですが、マルコ様とたみー様とのやりとりも
女子会のようで楽しく・・・

いつしか私も、萌え派の方なら、ここで萌えるのかも~?
のような目線も、少しですがそなわってきたかもしれません(´∀`*)

けっこう過去の記事で、ジェーンと女性キャラとのほんのりラブモードに
気分を損なわれ、いつになく記事が短く終わったのにも
素直な女性の心理を垣間見たような気がして萌えでした。


あと、字幕版だとサラッと流されているセリフも
巻き戻して英語ではこう言ってるー!!吹き替えでは…というのも
気になる・こだわりを感じて好きです。

私もときどき、えっと今のナニ?と見返してしまいます。
字幕だと「そうだね」が言語だと「It's charming」だったり
けっこうニュアンス違いますよね。

とは言え、言語で楽しめるほど語学力ないので、
理想は吹き替えで見てから、字幕版を垂れ流しで
「ああ、ここはこう言ってたんだ・・・」と二度楽しめればいいのですが。

オリジナルの俳優さんのセリフは、もちろんいいし、
吹き替えの方のセンスもいいしで、悩ましいです。

そんなこんなの突込みがとても魅力的です。
ノロノロ更新、楽しみにしていますね。

No title
たみー様と同じように大好きなストーリーです。

楽しい事満載でしたが、

コインマジックの時には、ジェーン様の本当の優しさを見たようで、一人しみじみモードになっていました。

天候不順の夏ですので、萌え萌え教の皆様、どうぞお身体を大切に!
miw様
miw様、はじめましてっ(*^^*)
素敵な温かいコメント、ありがとうございますっ♪
とっても嬉しいですっ(≧▽≦)

“「メンタリスト」サイクル” に当ブログも入れて頂き、大変光栄ですっ(≧▽≦)
軽快に、時に行き過ぎておバカ具合が出てしまっていますが(;'∀')、
ワタクシ自身も楽しみながら感想を書かせて頂いております♪


> 今回のストーリー終盤でのジェーンの心変わりは、ふと、自分ならどうされたいか、を自問したからかもですね。
なるほどっ!
いつもは相手をまるっとお見通しなジェーンさんが、自分の心に目を移したのが、あのドア前での瞬間だったかもしれませんねっ!
ホントにサイモン様はお上手ですよねぇ、、、パトリック・ジェーンの多面的な魅力にはいつも惚れ惚れしております。


miw様は、あまり萌え派ではないのですねっ!
いや、そういう方もいらっしゃるかと思って、
「萌え萌えうるせぇ~!」と思われているんじゃないかと心配がよぎる事があるのですが(苦笑)、
萌えコメントに萌えて頂けて、ホッといたしました( ̄▽ ̄)
シーン写真のコメントにもご注目頂いて、嬉しいですっ☆


今後もノロノロ更新ではありますが、頑張って書いてまいりますので、
当ブログを引き続きよろしくお願いいたします(*^^*)
No title
最近、huluでメンタリストを見始めまして、でも語り合える人が身近におらず。
検索でこのサイトにたどり着きました。

軽快な女子ノリのコメントが楽しくて、いつしか、ドラマを見てはここを確認し、のサイクルに。
コメントなどしなくても、同じようなスタンスの方はたくさんおられるかと思います。

今回のストーリー終盤でのジェーンの心変わりは、ふと、自分ならどうされたいか、を自問したからかもですね。いろいろと目線や仕草で想像させる、キュートで奥深い、ほんと上手い役者さんだなあと思います。

私は「萌え」とかあまりないのですが、萌えるコメントに萌えたりしております。シーン写真の吹き出しやコメントにもウケたり・・・

大変とは思いますが、無理のない範囲で
楽しいブログ、これからも頑張ってくださいね。

たみー様
萌えもありつつ、しっぽり切なくて、非常に印象に残るエピソードでしたねぇ。

ジェーンさんのピョンピョンとか「執事だ執事だ~」etc...ちょっとテンション高めで、
シュタイナー先生の気分を盛り上げようとしているようにも見えました。
コインマジック含め、ホント優しいですよね~♪
あんなに先生をイジっといて、この優しさっ!
萌えぇ~~~っ(≧▽≦)

今回とってもイイ感じで絡んでいただけに、シュタイナー先生の旅立ちは本当に残念です…(T△T)

マルコ様
このお話大好きです!

シュタイナー先生が担当と知った時のジェーンの嬉しそうな顔。萌え~(´∀`*)
先生をからかいつつも、親しみを持ってる感じが伝わってきました。

オカルト話に対する反応もみんなそれっぽくてウケましたw。
チョウてば、上に連れて行かれた経験あるでしょとか言われてるしー( *´艸`)

いつものりズボンとの掛け合い漫才もジェーンの寝姿も萌えますが、
ぴょんぴょんジェーンが、カワエエ~~v-345v-345v-345
犯人を見つけた時のジェーンのはしゃぎっぷりもe-266
ほーんと子供ですね。
非常ベル、あると押しちゃう3歳児。
萌え萌え~ヽ(*´∀`)ノ

そして何より最後のシーンは心にジーンと来ました。
いったん断ったあと心変わりした理由はわかりませんが、
内容が内容だけに、即答できなかったということでしょうか。
コインのマジックを目の前で何度もやってみせて、コインを見ててって言うの、
すごくジェーンの優しさを感じました。
シュタイナー先生可愛くて好きだったので本当に残念。
でもいい最期だったと思います。

管理者のみに表示