「スキャンダル」シーズン3 第18話「愛の終止符」(最終話)感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3、第18話「愛の終止符(The Price of Free and Fair Elections)」感想です♪


大統領選もいよいよ佳境に入る中、マヤ(カンディ・アレキサンダー)が教会に仕掛けた爆弾が今にも爆発しそうで、、、
サイラス(ジェフ・ペリー)の思惑通り、サリー(ケイト・バートン)は巻き込まれてしまうのか?はたまた?

また、刺されたローワン(ジョー・モートン)の方は、最終話でも相変わらずな行動を見せまして、面白い展開になっていきます。


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










えぇっと、最終話を鑑賞しまして、率直な感想は、、、


あれ?
そんなもんで終わりなの?


でした ( ̄▽ ̄)

勝手に期待値上げてもうたなー。
反省…。

いやさ、シーズン2の終盤が抜群に面白かったので、今回も期待しちゃったんですよねぇ。

ここのところ書いてきた、ローワンとマヤ共犯説なんぞ、あっさり却下ですよっ( ̄▽ ̄)
(レミントン作戦も再度絡む?なんつう予想もハズれました)

と、個人的には拍子抜けだった最終話は、見出しつきで綴ってまいります。



【すべてはローワンの思惑通り】

ローワンが刺されたのは自作自演ぐらいな勢いだと思ってたんですけどねぇ、、、やっぱりマヤの仕業だった模様。

ただ、結局はローワンの手の平の上で皆がコロコロされていた、という展開になりまして、B613の復活&司令官への復職を叶えておりました。

ホントにそれだけなのぉっ ( ̄▽ ̄)?

あのおとっつぁんが復職を願っているのは当然でしょうから別段驚きもなくて、、、
その裏にさらに企みがあるんじゃないかと思ってたんですけどねぇ


あ、でも、ビックリしたのは、フィッツの息子・ジェリー(ディラン・ミネット)まで殺害しちゃった事かなぁ…。

この一件で事態が激変したわけでして、おとっつぁんにとっては、ここぞ!という一手だったかもしれません。

ジェリー殺害はマヤの犯行に仕立て上げ、フィッツ(トニー・ゴールドウィン)の復讐心をMAXにしたところで手を差し伸べ、おとっつぁんB613の復活成功!


スキャンダルs3_18_3
堂々と大統領を丸め込むおとっつぁん


リヴ(ケリー・ワシントン)の夢だったフィッツの再選は果たさせるも、娘を奪ったフィッツには当然の対価!という主張でジェリーを殺してしまうとは、、、どこまでも冷酷ですなぁ

んでもって、マヤの犯行だとフィッツから聞かされたリヴは大ダメージで、これが新しい生活へと踏み出す大きなきっかけとなったのは間違いないですよねぇ。

これぐらい事がうまく運ぶと、おとっつぁんも気持ち良いでしょうなぁ(嫌味)。

あ、でもさ、当初はフィッツ再選には反対だったから、そこは途中で妥協したんかな?
司令官を解雇されちゃって、それ以降に作戦を練り直したのかもしれないですね。


そうそう、驚いたのがもう一つありました。

ジェリー殺害を実行したのは、なんとトム(ブライアン・レッシャー)!
おまけにサリフ(ナザニン・ボニアディ)まで始末っ!

マジかーーーっ

すっかりB613の飼い犬状態になっておるっ

トムがB613に手を貸してるのはいつからなんですかね?
ジェイク(スコット・フォーリー)もトムを使ってましたけど、トムは元々そういう動きをしてたのかなぁ。
なんか、結構ショックなんですけどー(T△T) (※1)

ラストではハリソン(コロンバス・ショート)にも銃を向けたトム、、、まさかこれでハリソン降板とかじゃないでしょうねぇ( ̄▽ ̄)?
やめてやめてぇ~

ハリソンの安否が心配なのと同時に、シーズン4でもローワンに色々仕事を振られそうなトムの行く末も心配です

※1 追記(2018,2,8)
・シーズン3・第12話の終盤で、“トムはB613である事が明かされている!”と、後日読者様より教えて頂きました。
(第12話、司令官室でトムがジェイクに官邸内を録画したUSBを渡すシーンにて暴露!)
B613の飼い犬なんてもんじゃなく、トムはB613そのものだったなんてぇ~!
ならば、今回の件含めまして、色々動いていたのも納得です。
あぁ、ますますショック…(T△T)



【マヤはローワンに利用されるのか?】

教会での爆破テロは起こしたものの、フィッツはサイラスに足止めされたままで巻き込まれず。
ついでにサリーやレオ(ポール・アデルスタイン)、アンドリュー(ジョン・テニー)も無事でございました。

この件では、お役御免キャラがまったく出ないというミラクルっ
いやぁ~、安心いたしました。
ちなみに、サイラスおじたんの悪魔計画を阻止したのはジェイクでしたねっ。

んで、フィッツの暗殺は出来なかったのに報酬はもらえたようで(?)、大金を持っていたところをB613に捕らえられたマヤ。

ローワンは「マヤは死んだ」とフィッツに報告するも、実際は穴倉住まいにさせて、、、はて、マヤをどうするつもりなんでしょうか?

過去のレミントン作戦時にも殺されずに監禁されてたしなぁ、、、ここぞ!という場面で利用する駒ということなのかなぁ。

案外、ローワンがマヤにベタ惚れだったりしてね( ̄▽ ̄)

マヤもちょっとやそっとじゃビクともしないおっかさんなので、前回の脱獄みたいに、虎視眈々と機会を狙っている気もっ。

いやぁ~、ポープ夫婦は謎だらけだわなー。


【ハッピー指数が一番高く終わったのはジェイク?!】

B613司令官になって、一時はオラオラ系になってましたけど、やっぱり真っ当に生きたいっていうのが本心で、街を去る決意をしたリヴにお願いし、一緒に日の当たる場所へっ

ったく、うまい事やったのぉ~!
どんだけリヴを愛してるんだかっ!
散々リヴに拒否られてもめげない、ドM男!

ま、そんなところがジェイクの魅力なんですけどね~( *´艸`)

んで、デイヴィッド(ジョシュア・マリーナ)には、B613の資料をごっそり送りつけ、解体をアシスト!
あの資料でローワンを追いつめられるのか、シーズン4の見どころにもなりそうですねっ。


【それぞれに巻き起こった家族の問題】

まずはメリー(ベラミー・ヤング)とフィッツ(トニー・ゴールドウィン)ですが、ついにビッグジェリーに強姦された事をメリーが告白しておりましたね!

って、リヴがフィッツに言っちゃった形でしたけどもっ( ̄▽ ̄)

ああいうリヴさんのお節介がどうもねぇ、、、ま、ええわっ!
もうアメリカにいないしねっ( ̄▽ ̄)!

父子鑑定の結果の方は、ジェリーがフィッツの実子という事でしたけど、鑑定書がどういうルートでメリーに渡ったのかが前回イマイチ理解できなかったので、やっぱり真相は分からずじまいで終了なのかな。

はて、実の父が妻を強姦したという忌々しい事実を知ったフィッツは、どういう態度に出るのかっ?

メリーに拒絶反応を示す可能性も考えられましたが、、、ちゃんと、寄り添ってあげてた~

あんだよぉ~、フィッツ君、やれば出来るじゃないのぉ~ ( ̄▽ ̄)

それよ、それ~!

さらには、ジェリーを亡くした後も、メリーを気遣う姿も見られまして、これで今度こそ、今度こそ、今度こそ―!ちょっとは夫婦らしい関係になっていくかもしれません…。

と思ったら、相変わらずリヴさんをご所望だったフィッツ!

自分の不甲斐なさに絶望感を漂わせながら、メリーに電話をかけさせておったよぉ~


スキャンダルs3_18_2
坊や状態のフィッツ君


リヴがジェイクと一緒だなんて知ったら、この世の終わりみたいな状態になってしまうかもなぁ。
2期目は大丈夫かしら ( ̄▽ ̄)?


そしてもう一人、家族関連で変化があったのが、ハック(ギレルモ・ディアス)!

クイン(ケイティ・ロウズ)にフラれちゃったチャーリー(ジョージ・ニューバーン)が置き土産を残していきまして、そこにはハックの妻子情報がっ。

たしか、ハックがB613のメンバーであるがゆえに、引き裂かれてしまった家族でしたよねぇ

情報を知ってしまっても、“絶対に会わない!”という姿勢でしたが、ラストでは会いに行ったハック。

どういう想いで行ったのだろう…。
家族の元に戻ろうではなくて、けじめとして会いに行ったように見えたのですが…。

今ではクインもいるしねっ( ̄▽ ̄)

家族の存在がハックの心をどう揺さぶるのか、こちらもシーズン4のお楽しみの一つでございます。


...............................................

というわけで、、、


あ、、、

そろそろシメようかと思ったところで気づきましたが、、、


リヴについてほとんど書いていない( ̄▽ ̄)

ん~、あ~、特に興味深い内容がなかったのですよねぇ

B613の破壊に終盤は力を注いでましたけど、結局はおとっつぁんのコントロールからは逃れられない、という流れは予想も出来たしなぁ。

新生活を選んだのも、知らない間にローワンに誘導されていたわけで、おとっつぁんが生きてる間はコントロールされっぱなしかもしれんよねぇ。

それを打開できるような流れにシーズン4はなるのかどうか?
あんまり興味ないんですけど( ̄▽ ̄)、一応その辺も気にしときます。


しっかし、シーズン3はローワン&マヤのポープ夫妻が、かなり引っ掻き回してくれましたっ
特にローワンは主役級の存在感だった気がいたします。

終盤の驚きはシーズン2には及びませんでしたが、そこはローワンの悪魔王っぷりでカバー!

ただ、個人的には、ジェームズが亡くなったあたりがピークだったかなぁ…。


さて、シーズン3はケリー・ワシントンさんが妊娠中につき、話数がカットされてのオンエアでしたが、シーズン4は通常営業に戻りまして、全22話!

シーズン2の全22話は、中だるみを感じてしまったので、そうなっていない事を祈りますっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント


管理者のみに表示