「スキャンダル」シーズン3 第15話「子供たちの反乱」感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3、第15話「子供たちの反乱(Mama Said Knock You Out)」感想です♪


選挙戦に向けて、フィッツ陣営は家族揃ってのインタビューを受ける事に。
お父さんが好きではない子供たちは、ちゃんと話してくれるのかっ?

という点もフィーチャーされておりましたが、全体的にはあっちゃこっちゃゴタゴタしておりまして、賑やかなエピソードでございます ( ̄▽ ̄)


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










ついにグラント家の子供たちが登場いたしましたね~

長男・ジェリーくん(ディラン・ミネット)と長女・カレンちゃん(マデリン・キャロル)。

以前から子供たちがフィッツ(トニー・ゴールドウィン)と距離を置いてる話はちょこっと出てきてましたけど、ジェリーくんは匿名ツイッターでフィッツを散々こきおろしたり、レストン支持のTシャツを着てインタビューを受けようとしていたり、もはや反逆心バリバリな状態でございました。

フィッツの子供たちへの関心のなさが、こうしてしまったのでしょうかねぇ

カレンちゃんの方も、両親と一緒の場はぎこちない様子でしたが、そこへ大ショックな事件勃発っ!


メリーとアンドリューの不倫現場を目撃してもうたよぉ~


こりゃあないわー

おとっつぁんのみならず、おっかさんもだったなんて、、、カレンちゃんの精神状態が心配~っ

バレちゃう展開も予想してはいたものの、世間じゃなくて、娘とはなぁ

ちなみに、リヴさん(ケリー・ワシントン)はその前に勘付きましたけどもっ( ̄▽ ̄)
(さすが、不倫してるだけございます)


なぜに官邸内で乳くり合っちゃうかなー。

しかも、同じ日に2度ありましたよね?

お互いに気持ちを抑えながらここまで来たとはいえ、立場もなにも忘れてしまうほど燃え上ってしまうとはっ!


んで、この状況に、“オマエさんが言うかぁっ!?”と視聴者全員がツッコんだのでは?というシーンが2発ございましたねっ( ̄▽ ̄)


まずは、アンドリュー(ジョン・テニー)がリヴにたしなめられるの図。


スキャンダルs3_15_4
「はいっ?」


そして、メリー(ベラミー・ヤング)はフィッツに責められるの図。


スキャンダルs3_15_3
「はぁっ?」
(怒れる背後霊・フィッツ付き)


それぞれ、先輩不倫カップルから攻撃されるという、なんとも不条理な状況っ

特にフィッツは、目も耳も疑うような言動連発だったんですけど~!

リヴとの不倫は、夫婦関係を拒んだメリーのせいで、ぼくちゃん不倫するつもりなんて、なかったんだって~ ( ̄▽ ̄)

うぉいうぉいうぉ~~~いっ!
(のけ反ってツッコむの図)

まさか、ここまでお子ちゃまだとは思いませんでしたよっ!
アンドリューの事もブン殴ってたしなーっ

メリーが払ってきた犠牲についても、フィッツは問いただしておりましたが、、、結局言わなかったよねぇ。

んもぉ~、言っちゃえば良かったのにっ

あそこまで責められて言わなかったって事は、さらに状況が悪化することを恐れたんでしょうか?

なにしろ、フィッツは父親への嫌悪感がハンパないですから、その父親に妻が襲われただなんて知ったら、メリーを気遣うよりも、メリーさえも汚らわしいと思ってしまうかもなぁ。

あと、ジェリーくんが、もしかしたらフィッツの息子じゃなくて、弟の可能性があるというのも、言えなかった理由の一つかもしれません。


と、家族インタビューどころじゃない大騒動だったわけですが、一応大黒柱のフィッツが家族を再びまとめまして、ギリギリセーフっ。


スキャンダルs3_15_1
テディ―君も一緒♪


メリーはともかく、子供たちをどう説得したんだか…。
なんか、取引でもしたんかな ( ̄▽ ̄)?

ま、今回は凌ぎましたけど、まだ尾を引きそうですねぇ



さて、グラント家のネタだけでホームドラマが出来そうな内容でしたが、その他の皆さんもなかなかお盛んでございました。


まずは、クイン(ケイティ・ロウズ)!

これまではハック(ギレルモ・ディアス)優勢な印象もありましたが、ついにクインが形勢逆転っ?!


スキャンダルs3_15_5
恍惚とした表情のハック師匠!


いやぁ~、クインは成長著しいですなぁ~

ハック師匠の顔舐め芸を、あっさり習得っ!
言葉攻めもお手の物っ!

ただ、クインはまだ迷いがあるのかな?
チャーリー(ジョージ・ニューバーン)には、ハックに壁ドンされた時の事を詳しく言わなかったですしねぇ。

本当の本当はグラディエーターに戻りたいけど、ここまで来ちゃったから後戻りできないのかもしれません。

チャーリーの圧も凄いしなー。
なんか、クインへの執着がだんだんエスカレートしてますよね?
勝手に家に転がり込んでくるのとか、恐いんですけどぉ~っ((;゚Д゚))

そのうち、チャーリーとハックの師弟対決もあるかもしれんっ



そして、クイン達がヨゴレ仕事で携わっているのが、リヴママ案件!

クイン達がディミトリ(イリア・ヴォロック)という悪党を拷問し、ボスであるアイヴァン(カルロ・ロタ)の居所をB613が掴んでおりましたねっ。
そこには、マヤ(カンディ・アレクサンダー)とサリフ(ナザニン・ボニアディ)もいて、密談中っ

サリフも、やはり相当なタマですなー( ̄▽ ̄)

ハニートラップ的にハリソン(コロンバス・ショート)を騙し、リヴのPCから大統領関連の警備情報などをゲット!

ハリソンに“助けて欲しい”と駐車場で接触をした時から、データを盗むつもりだったのか?
それとも、あの時は本当に助けて欲しかったけど、マヤの恐ろしさに歯向かえず、作戦を変更したのか?

いずれにしても、結構頭キレそう~。

っつうか、ハリソンさ、サリフの怖さを知ってるだろうに、コロッと色仕掛けで引っ掛かるとは、、、んもぉ~、しっかり~~~っ!


はて、マヤたちは何をしでかすつもりなのでしょう。

またフィッツ君狙われちゃうのかなっ( ̄▽ ̄)?

それか、多くの犠牲者が出るような策なのかっ?

まだまだこちらは不明な点がありますねぇ


あと、今回マヤの動きを掴んだのはCIAでもFBIでもなく、B613だったわけでして、リヴやデイヴィッド(ジョシュア・マリーナ)がB613を潰そうとする一方で、組織の必要性も示すような流れだった気がいたします。

ジェイク(スコット・フォーリー)も司令官としての職務を全うすべく、フィッツに盾突いたりしながら張り切っとるしねっ!

フィッツは飼い犬に手を噛まれちゃったわなー( ̄▽ ̄)


この流れの中で、元司令官のローワン(ジョー・モートン)はどうするんだろ?

リヴにB613の資金源を聞かれて拒んだものの、最後には各省庁から得ていると電話しておりましたよねぇ。
なんか、いつになく、しょんぼりムードで様子で話していたような…。

しかも、「家族は家族。協力しないと。」なんて言っちゃってさー。
何か覚悟を決めたのでしょうかっ?

なんせローワンだから、油断ならんよねっ

リヴに歩み寄ったと見せかけておいて~の、ドンガラガッシャンな勢いで驚愕の行動に出そほっ ( ̄▽ ̄)


というわけで、今回は処理案件がなかなかヘヴィーで、リヴさんもさすがにお疲れなご様子でした。

サイラスはジェームズを亡くしたばかりで元気ないから、余計に負担がかかったよねぇ


スキャンダルs3_15_2
“もう勘弁して~っ”


今後、マヤの動きも活発化してくるでしょうから、リヴさんまだまだ気を抜けないわなー。
フィッツとイチャイチャしてる場合じゃないでぇ~っ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

関連記事

コメント


管理者のみに表示