「メンタリスト」シーズン3 第12話「ブラッドハウンド」感想♪

「メンタリスト」シーズン3、第12話「ブラッドハウンド(Bloodhounds)」感想です♪


たまに対決ものが挟まれる「メンタリスト」ですが、今回はメンタリスト vs 女性プロファイラー!

スクラップ置き場で女性の遺体が発見された事件で、勝負が繰り広げられますっ

冴えまくる勘と観察眼を駆使するジェーンさん(サイモン・ベイカー)と、データの鬼・モンタギュー博士(リンダ・パーク)。

軍配はどちらにっ?!


※「メンタリスト」S3
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>










これまでの代表的なジェーンさんの対決は、霊感セラピスト・クリスティーナや、カルト集団教祖・スタイルズ、さらには最近出てきた内部調査室のラローシュもその一人かと思いますが、個性的なお3人さんに比べまして、モンタギュー博士はいたってマジメちゃんな理系女子っ。

意思決定科学の専門家である博士は、データを駆使して犯人を追い詰めていくタイプで、ジェーンさんとは相容れない捜査方法でございましたねぇ。

やりたいように捜査が進まないと、拗ね拗ねジェーン君になりかねませんが、今回は嫌味モードがちょこっと炸裂していたものの、それほど嫌ってる印象は受けなかったかな?


メンタリストs3_12_3
ぶらり路線バスの旅は一緒に♪


モンタギューさん、性格は良さそうだったしね~(弱点は対人スキル)。

ジェーンさんに茶化されて、思わず「そうやって人を茶化すのは、うつ状態の表れ」と言ってしまうものの、すぐにその発言を謝っていたりして、常識人な振舞いに好感が持てました

って、、、ジェーンさん、精神状態大丈夫なのかしら?
あくまでもデータ上の話でしょうけど、ちょっと心配~っ


んで、2人の相違が顕著だったのが、“連続殺人犯であるケイブマンの犯行か、否か”だったように思いますが、ケイブマンではないと主張するジェーンさんは、お戯れスイッチがONにっ

ケイブマンの犯行であるかのように、動物の内臓や手紙をCBIに送り付けておりましたねっ( *´艸`)

これ、単なるお戯れだったのかなぁ…。
面白くしようと思って~とは言ってましたけども、最後のジェーン劇場に利用する形になっていたようにも見えたので、、、後付けかしら( ̄▽ ̄)?


その最後のジェーン劇場は被害者の通夜の場で催されまして、ケイブマンの犯行だと思っている皆に、そうではないと話したジェーンさん。

でも、言ったそばから、動物の内臓と手紙が発見されて、“やっぱりケイブマンだった!”という流れにしておりましたねっ。

警察への不信感で、一人ぐらい文句言う人がいるかと思ったら、皆ビビっててそれどころじゃなかったなぁっ( ̄▽ ̄)

特に、モンタギュー博士のブローチが入っていたので、事件に関係した人物が狙われると犯人は思って、震え上がるような恐怖を味わったに違いありません。

その恐怖に耐え切れず、怪しい動きをしちゃったのは、、、


飲料工場のエスター(パトリシア・レイ)とニルダ(リーラ・ローレン)でございました。


無添加ソーダのはずが、実は味を保つために安定剤を入れていて、不良品を大量に飲んでしまうと身体に影響が出るレベル…。

って、ジェーンさん、ソーダ飲んじゃってましたけどねっ( ̄▽ ̄)

んで、不良品の存在に気づいた工場勤務のフェルナンダが通報すると言い出したので、エスター達は殺害。
さらに、フェルナンダがバス通勤中に知り合い、ソーダの話を聞いたであろうヴァレリーも殺害!

ま、犯行がケイブマンのものに似てたっつうのが、エスター&ニルダにとってはアンラッキーだったわなー。
すかさずそこを突っついたジェーンさん、さすがですっ

ただですね、犯人の追い込み方が、“チープにマネされちゃうと怒っちゃうレッド・ジョン”を彷彿とさせる感じだったわけでして、まさかジェーンさん、レッド・ジョンからヒント得ちゃった?と思ったりもしたのですよねぇ。

実際にマネッ子犯罪制裁の場にジェーンさんはいましたし、強烈なインパクトが心に残っていて、その影響が出ている可能性もあったりするのか、、、

なんて思っていたら、ラストでモンタギュー博士の口からレッド・ジョンの名がっ!

あながち、ワタクシの考えすぎな説も間違いではないかもしれません ( ̄▽ ̄)、、、なんちって。


メンタリストs3_12_8
一旦はプライドが邪魔しちゃったジェーンさん


博士がデータ化してくれた資料が、何かヒントをもたらしてくれると良いんですけどねぇ


ってなわけで、事件の勝負は、ケイブマンの犯行ではないと主張していたジェーンさんの勝利っ

負けちゃった博士は、ペテンじみた手法と言いながらもジェーンさんの捜査スキルを認め、仕事の面白味が増したと前向きコメントでしたねっ。

なによぉ~、スポーツマンシップみたい~。

やっぱり博士ったら、良い人っ!


あ、そうそう、、、気になった点があって、博士の「よかったら…」の後の間が、微妙じゃなかったですかっ?

プライドがあるゆえに、「犯人がなぜ分かったの?」と聞くのを躊躇した、ともとれますが、、、

本当は、「食事でも?」だったんじゃ?!
もしや、ジェーンさんに惚れちゃった?

いやぁ~、博士!分かりますよっ!
大概の女性はそうなりますからぁ~~~っ
(少なくともここに一人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)

別れ際に頬へキスもしてましたしね~。
食事デートもしたリグさん(オーウェン・イオマン)にはしなかったのにっ ( ̄▽ ̄)

うむ、今書きながら確信しました。
明らかに恋しちゃったわなっ


でも、博士、、、残念っ!
ジェーンさんはリズボン(ロビン・タニー)のものなのですよぉ
(勝手にそういう事にしております)

未だそうなる気配は微塵もありませんがっ ( ̄▽ ̄)


今回も、リズボンのご立腹メーターをジェーンさんはかなり刺激してましたよね~。

まずは、リズボン's ルームのソファを勝手に新調しちゃったジェーンさん。


メンタリストs3_12_2
「お値段以上の座り心地だよぉ~♪」


リズボンの部屋でくつろぐ気マンマン!
しかも、ドヤ顔っ!
萌えぇ~~~っ

人の部屋のソファ変えちゃうだなんて、一般的な神経では出来んわなっ( ̄▽ ̄)

ヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)に元々あったソファを探すようにリズボンが指示してましたけど、今回は結局出てこずで、、、ソファネタ引っ張る気かな ( ̄▽ ̄)?


んで、ソファの件に追い打ちをかけるかのように、ケイブマンがジェーンさんによる“なりすまし”だった事が判明しまして、当然ママはご立腹っ


メンタリストs3_12_5
「また殴ったろかー!あぁん?


捜査の方向性にも影響するだろうに、またもやリズボンに黙っているとは、、、相変わらずですなぁ ( ̄▽ ̄)


あと、飲料工場では、また置いてけぼりにされちゃったりもしてましたよねぇ

ちょっとジェーンさん!
リズボンママの扱いが雑じゃないのぉ ( ̄▽ ̄)?

サーカス団訪問の時よりはマシで、車は置いたままだったから良かったですけど、、、って、そういう問題じゃないよねー。

ま、ジェーンさんはママに相当甘えているのでしょう~。
ママの方も、結局はジェーン君を許してしまうしねっ( *´艸`)



さて、気になる仲がもう一組、、、リグスビーとチョウさん(ティム・カン)

偽証の件からギクシャクモードで、再度謝ったリグさんに対して、チョウさんったら、

「OK」って!
(書くまでもありませんが、もちろん無表情な顔&声で( ̄▽ ̄))

リグさんならずとも、“へっ?”ってなってもうたがなっ。

アイスマンっぷり、ブレないのぉ~

本当に許してくれたんだか、リグさんも不安だったでしょうけど、最後にはチョウさんからのダイエットソーダの差し入れで仲直り確定~っ


メンタリストs3_12_7
すっごい勢いで吸ってそうなチョウさん


このチョウさんの表情、だいぶツボですっ( ̄▽ ̄)

なんだったら、萌えぇ~っ


博士にはフラれてしまうも、チョウさんとの仲は復縁して良かったよねっ

にしても、リグさんは新しい恋がなかなか上手くいかないのぉ。
前回出てきたパンチ大好き女子とも、即別れちゃったっぽいしなぁ。

博士に指摘されちゃった好きな女性とは、やはりヴァンちゃんの事でしょうけど、こちらの復縁も待っておりますっ!








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


関連記事

コメント

BWY様
こちらこそありがとうございます!
今年もよろしくお願いいたいします(*^▽^*)


あ、ワタクシ気づいておりませんでした。
ホントだー、ソファがロッカーにかぶってるーっ ( ̄▽ ̄)
ジェーンさんは座り心地&寝心地重視だから、ああなっちゃったのかもしれませんね( *´艸`)
大事な書類は入れておけませんなっ(いや、むしろ開けにくいから良いのかも?)。

それでも座っちゃうリズボンもリズボンですよね(笑)。
たしかにポーズの可能性もありますね!
案外気に入ってたりしてっ( *´艸`)フフフ


あー、名前で挨拶って海外ドラマ観てるとしょっちゅうですよね~。
友達関係ならありそうですが(あ、ワタクシ名前で結構呼んでるかも、笑)、
仕事上の付き合いで、名前呼び合うってないですもんねぇ。
ワタクシも、これは良い文化だと思います♪
変にへりくだる訳でもなく、対等に関わり合う感じがして印象が良いですっ(*^^*)
No title
今年もマルコさんの記事で楽しませてもらっています。
ありがとうございます。

「お値段以上の座り心地だよぉ~♪」の画像を見て気づいたんですが、あのソファーだと後ろの収納ロッカー的なやつの下の方が開けられませんね笑

でもリズボンも「どれどれ」みたいな感じでソファでくつろごうとしてたので、古いソファ見つけて!っていうのはポーズかもしれないですね。


あとリグスビーとモンタギューのオフィスでのシーン(チャプター4)で、一言目の挨拶が「ドクターモンタギュー」「エージェントリグスビー」だったんですけど、英語圏はお互いの名前を呼び合うのが挨拶にもなるみたいですね。
いい文化だなーと思いました。
たみー様
たみー様、いつもコメントありがとうございますっ(≧▽≦)

今回も真逆なタイプだっただけに、ジェーンさんも意識していたでしょうねっ( *´艸`)
特に前半はつっかかってましたが、バス旅あたりからジェーンさんが本気出しちゃって、博士もトーンダウンしていったでしょうかっ。
クリスティーナのしたたかさに比べたら、今回の博士はカワイイもんだったかもしれませんっ( ̄▽ ̄)


確かにジェーンさん、微妙な顔してましたねっ( *´艸`)
リグさんを利用しつつ、なにげにブローチをプレゼントしたような形になったかと思うのですが、博士が押してたら食事ぐらいは行ったかもしれませんね、、、20%ぐらいの可能性で(笑)。
と、ワタクシも妄想~ ( ̄▽ ̄)


「よし!」は、ワタクシも“イヌかいっ!”とツッコミましたぁ~(≧▽≦)
普通は「許す!」とか、「分かった!」とかですよねぇ、、、。
なので、あの吹替は意図的にイヌっぽくしたのかもっ?と思ったりして( *´艸`)
冒頭でワンちゃん出てきましたしねっ☆


ジェーン&リズボンは、安定の絡み具合ですなっ!
まさかリズボンのソファを買い替えてしまうとは、、、どんだけゴロゴロしたいんだかっ( ̄▽ ̄)
そんなソファで、誰もいない深夜に2人でムフッ、、、なんつう妄想もしてしまいましたっ(≧▽≦)
マルコ様
いつも楽しい感想ありがとう♪

ジェーンはモンタギュー博士のこと相当意識してるっぽかったですねー。
やたらとつっかかって対抗意識?
ジェーンって自分と対等以上にしたたかな女性のことは意識しまくり?
クリスティーナとか。

博士の「よかったら…」の後は私も「食事でも?」と言いたかったんだと思いました!!でもジェーンの表情が微妙でひっこめたような。。
ジェーンの方は意識はしてたけど、その気はなかったということかな?
なんて勝手に妄想~( *´艸`)。博士が押してたらどうなってたんでしょうか。

そしてチョウとリグスビーの「OK」のシーン。吹き替え版だと
「謝るから許してくれ」
「よし」
ってなってて、チョウの「よし」にめっちゃ吹きました。イヌか(笑)??

そして今回もジェーンとリズボンとの絡みは萌え萌えでしたーー♪
勝手にソファを買い替えてドヤ顔するのも、
ケイブマンが自作自演と告白してリズボンを怒らせるのも、
いつも通り文句を言いつつもジェーンに甘いリズボンもほんと可愛い♪

管理者のみに表示