「メンタリスト」シーズン3 第11話「血まみれのファイト」感想♪

「メンタリスト」シーズン3、第11話「血まみれのファイト(Bloodsport)」感想です♪


格闘技の試合会場で発生した事件の捜査が進行しながら、ラローシュ(プルイット・テイラー・ヴィンス)によるトッド焼死事件の調査の様子も描かれるエピソード。

前回はジェーンさん(サイモン・ベイカー)がラローシュにロックオンされておりましたが、今回は、あの人が疑われておりますっ


※「メンタリスト」S3
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>











トッドの事件以来、どうもモヤっと感が抜けない印象でして、今回も鑑賞後に“ふぅ~ん。”みたいな空気がワタクシの中で流れてしまって… ( ̄▽ ̄)

「メンタリスト」で気分が乗らない感じを味わうの久々~

こんなの、イヤぁ~~~っ(T△T)

ジェーンさんも結構大人しかったしねぇ
(これが最大の要因かと思われます ( ̄▽ ̄))

序盤からして、いつもと様子がちょっと違ったわけでして、試合のプロモーターであるアータッシュ(ワシリー・ボガジアノス)をジェーンさんがガン見してるシーンでは、いつものニヤっと感が滲み出ることもなく、真顔っ!


メンタリストs3_11_3
THE・観察眼!と思わせておいて…?


これはこれで、、、

萌えぇ~~~っ

ハートを射抜かれるぅ~~~っ

ぐふっ。

気分が乗らないとか書いておきながら、この矛盾っ!

感想書いてるとアガってくるパターンもたまにあるんですよね~(言い訳)。


その後も、選手達に話を聞くのもサクッと済ませておりまして、、、比較的長く話を聞いてたのは、マニー(レイ・ヴァレンティン)の元トレーナーのベントン(リチャード・ラウンドトゥリー)の時ぐらいだったでしょうか…。

ジェーンさんが100%の意気込みで捜査をするほどの事件じゃなかったのかもしれませんけど、どうも気持ちが入っていないような印象を受けてしまいました。

アータッシュをガン見した時も、「考え事してて~」と言っていて、、、取り繕ったのかと思ったんですが、観終わってみると、本当に考え事をしてたようにも思えます。

レッド・ジョンが出した“虎よ虎よ~”のナゾナゾを解くのに加えて、トッド焼死事件の容疑者リストの精査もしなきゃでしょうから、お茶目モードになってる場合じゃないのかもしれんっ

やだぁ~、困るんですけどぉ~っ
萌えられなぁ~いっ

なんつって、さっき軽く萌えてましたがっ( ̄▽ ̄)


んで、サクサク具合はジェーン劇場でも炸裂しまして、被害者・シャーロット(ジェイミー・ペイジ)の手帳にイタズラ書きしての炙り出し作戦で、あっさり逮捕っ!

サクサク捕まっちゃったのは、マニーの現トレーナーであるリマ(シャーマン・オーガスタス)でございました。

さらに、最初からジェーンさんにガン見されていた、羨ましすぎるプロモーターのアータッシュが黒幕!


マニーは試合が出来る健康状態ではなかったのに、知らずに試合してたって、、、何かあったらどうすんのよぉ

鬼嫁が黙ってないでぇ~っ


アータッシュはファイトマネーの為にマニーの試合を続行したかったのだと思いますが、血液がすり替えられていた事を嗅ぎつけちゃったのがライターのシャーロット。

自分は手を汚さず、リマを使って殺害って、、、ったく、真っ黒クロスケなおじさんでございましたねぇ。

んで、よく分からなかったのが、銃の出所の流れでして…。
アータッシュが経営していた店で盗まれたのって、偶然なんですかね?
それとも意図的?

模範囚だったレイエス達を絡ませてストーリーに複雑さを持たせようとしたのかもしれませんが、ちょっと強引さを感じてしまったかな…。



おっと。

やっぱり気分が乗らない感じになってきてしまいましたので ( ̄▽ ̄)、内山くんの方に話題を移します

(相変わらずワタクシの頭の中では、ラローシュ=内山くん。
ちなみに、銃をなくしちゃったフランクは野口健。)


今回、内山くんがロックオンしたのは、、、リグさん(オーウェン・イオマン)!
ま、前回しょっぱなから名前をメモられちゃってたから、目は付けられていたかもですよねぇ。

内山くんは容赦なくリグさんを揺さぶりまして、それによってリグさんのお父さんネタが露わにっ


メンタリストs3_11_4
ラ「自白の前に、カツ丼でも食べるかね?」


リグパパは、スティーヴン・ロバート・リグスビーという名で、暴走族“アイアン・ゴッズ”のメンバー。
前科が強烈で、強盗、麻薬所持、暴行、過失致死と、犯罪のデパートのような方でございました。

父親が暴走族だったから、リグさんはバイカーが嫌いなのかな…(シーズン2・第4話より)。


んで、内山くんはリグさんが放火捜査班にいた事に加え、犯罪性の遺伝の話を持ち出しまして、リグさんを犯人扱いっ

おいっ!内山っ!
そりゃあ~ねぇ~よぉ~


こういうやり方すんのかぁ~、キツイのぉ~。

ジェーンさんと違って、リグさんはさすがにちょっと感情的になってたでしょうかねぇ

そりゃあ、普通なるわなっ(;'∀')


あ、ならない人がジェーンさんの他にもうお一人おりました…。


チョウさぁ~んっ
(ティム・カン)

リグパパが保護観察中に犯罪者と会っていたのを誤魔化す為、リグさんはチョウさんの名前も出して偽証。

知らない間に巻き込まれちゃってたチョウさんはご立腹ながらも、内山くんとの対決へっ


メンタリストs3_11_6
無表情対決、実現!


軍にいた経験もあるチョウさんの“名誉”をくすぐり、真実を話させようとした内山くんでしたが、チョウさんはリグさんを選んだぁ~~~っ

あんなにご立腹だったのにっ!
ウソはお断りだったのにっ!

よくぞ口裏を合わせてくれましたっ

こりゃあリグさん、大きな借りが出来ちゃったんでないのぉ?


その後、なんとなく顔を合わせづらいのか、チョウさんは珍しく休憩スペースでデスクワークしておりましたねっ( *´艸`)

普段のイメージだと、シレっと普通にしていそうなのに、、、かなり葛藤した末にウソをついたのがチラリズムしているようでもありました。

ジェーンさんも2人の空気には気づいていた様子でしたし、ぎこちなさが拭えないようだったらジェーンさんがなんとかしてくれるでしょうっ( ̄▽ ̄)!


..................................................

あぁ。久々にサクっとした感想を書いた気がいたします…。

ラウディ(ジェイク・マクラフリン)を挑発したジェーンさんの逃げ足の速さとかも萌えだったんですけど、どうも今回は萌えを書くモードではございませんでした。

ま、最近、萌え萌え病が持病になっちゃって、うるさい感想ばっかりでしたので、クールダウンで丁度良かったかもしれませんっ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


関連記事

コメント

たみー様
レッド・ジョンより先手を打てるチャンスで、ジェーンさんも気合入ってるでしょうねぇ。
あんなに真顔になってしまうとは、、、頭から離れないのかもしれませんっ(;'∀')

ラウディのシーン、ホント可愛かったです~☆
挑発した後の反応も分かってるだろうにねぇ( *´艸`)


無表情対決、見応えありました♪
チョウさんもラローシュも全くブレずで、、、ラローシュはチョウさんの証言に疑問を持ったままかもしれませんけど、チョウさんの無表情で抑え込んだ感じだったでしょうかね(笑)。
マルコ様
そうですねー、今回あっさりしてましたねー。

「考え事してて~」はトッド・ジョンソン殺しの犯人が気になってるのかな~と思いました。
レッド・ジョンにつながる手がかりですものね。
やっぱりお茶目モードになれないのかも。。

でもジェーンが最初にラウディを挑発して逃げるシーンは可愛いかったーヽ(*´∀`)ノ
よっぽどラウディのことが気に入らなかったんですねv

今回の見所は、ラローシュとチョウの無表情対決!ですね。
いやー、この2人いい勝負してる!
チョウがリグスビーをかばってくれて本当に良かった!

管理者のみに表示