「スキャンダル」シーズン3 第12話「神聖なるファーストレディ」感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3、第12話「神聖なるファーストレディ(We Do Not Touch the First Ladies)」感想です♪


大統領選に向けて資金集めに奔走する中、フィッツ陣営には新たな疑惑が持ち上がって…。

今回は大きなネタで盛り上げるというより、細かくガヤガヤしておりまして、久々にあのおっさんも登場ですっ!


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










ここまで結構テンションアゲアゲで観てたんですけど、個人的には小休止だったエピソードでした。

これといって、驚きのネタもなく、、、冒頭からお馴染みのお2人さんが騒いでおりましたしねっ( ̄▽ ̄)

いつもはお2人さんをイジりたい気分になるのですが、今回はちょっとなー、、、さすがにシークレットサービスの皆さんが気の毒に思えちゃって

大統領の情事にも付き合わされちゃうってねぇ。

トム(ブライアン・レッシャー)なんて、悟った域に到達してる感じで、もはや不感症になっちゃってるんじゃ?
いや、勤務を終えたら、部屋で一人クダ巻いてるかもしれんっ( *´艸`)

んでもって、もう一人、相変わらずご愁傷様なジェイク(スコット・フォーリー)まで付き合われておりまして、それによってフィッツ君(トニー・ゴールドウィン)はご機嫌斜めというねっ( ̄▽ ̄)

はいはい(-。-)y-゜゜゜


あれさ、廊下にまで痴話喧嘩が響き渡ってましたけど、ってことはですよ?
営みのお声も結構漏れていたんじゃ…?

ひぃ~~~っ((;゚Д゚))

フィッツはそういうの全然気にしなさそうだもんなぁ

こんなのにまで付き合わされてたら、ジェイクもだんだんトム化していくかもー ( ̄▽ ̄)


ただ、ジェイクはB613の司令官として、最高機密情報も閲覧できるようになって、だいぶご満悦な様子でしたねっ。

責任ある職に就いてる者としてのプライドも芽生えてきたようでして、散々振り回されてきたリヴ(ケリー・ワシントン)に対しても、イニシアチブを取るような態度を見せておりました。

って、調子に乗ってたら、お邪魔攻撃が炸裂っ

官邸内の情報として、リヴがジェイクへの想いを「分からない」と答えている映像が渡されるというねっ!

トムが持ってきたっつう事は、フィッツの考えだと思われますが、、、

どんだけ嫉妬BOYなのよぉ~~~っ
んもぉ~、こわいぃ~~~っ

あぁ、このどうでもいい展開はまだまだ続きそうです( ̄▽ ̄)



さて、愛人に無我夢中な旦那を持ってしまったメリー(ベラミー・ヤング)の方は、新たな展開がございました。

ワタクシ、アンドリュー(ジョン・テニー)は元カレかと思ってたんですけど、メリーが結婚してから出会った人なんですねっ。

しかも、すでに色々お済ませになっている仲ではなく、惹かれ合っていた、というだけでございました。

前回、“フィッツの弟、いや、兄?”とか言っちゃってすみませんでした(;'∀')

メリーが義父に襲われたっつう秘密は、アンドリューだけが知っているのかなぁ…。
だとしたら、その秘密で繋がっている見えない絆もありそうですよねぇ。


スキャンダルs3_12_3
メリーの秘密を知ったアンドリュー



あんな忌々しい事があっても、翌朝には毅然と交渉していたメリーだったわけで、とても強い人だと思いましたが、本当はとっても苦しんでいて、自殺未遂までしていたなんて…。

んで、この時の鎮静剤が、疑惑の発端になってしまい、アンドリューが鎮静剤を受け取った事にして、メリーを庇っておりましたね。

フィッツがあの情けなさなもんですから、アンドリューがちょっと男前な態度を取っただけで、どえらくカッコ良く見えるんですけどーっ
メリーが自殺未遂を図った時も、救ったのはアンドリューでしたしね~

そして、10年以上の時を経て、ついにキス…

これまで名を残したファーストレディの肖像画が飾られているバーメイルルームでのキスだったわけで、触れてはならないファーストレディに触れちゃった優越感みたいなものがアンドリューに芽生えていたかもしれません。

誘ったのはアンドリューですけど、メリーからのキスだったしなぁ。

「気持ちは分かるけど、断ち切って」とかリヴに言われちゃったのも、メリーの中で引き金になっちゃっいましたかねぇ。

ありゃあリヴさん、ないわな~。
どんだけ自分の事棚上げしてんのよぉ~( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

鎮静剤の件はもみ消せたけど、それ以上のスキャンダルになりそうなアンドリューとの仲を進ませてしまったんでないのぉ?

んで、そんなリヴの事をアンドリューに聞かれたメリーはあくまでも、「やり手よ」と答えて、一切愚痴を言わなかったという、、、さすがファーストレディっ

なんか、もう泣けてくるぅ~


ま、ホワイトハウス内でのイケないキスは大胆でしたけど、常連のお2人さんに比べたらまだカワイイもんだわな ( ̄▽ ̄)

なにしろ、メリーはずっと耐え忍ぶ女でいたわけで、女性として愛される喜びをもう一度味わって欲しい、、、許されない恋だけど。



さて、色恋沙汰の他には、、、

フィッツ陣営を引っ掻き回しそうな展開がチラリズムしておりましたねっ。

献金者の中に、気になる方々が登場してきまして、ますは、お久しぶりなあの方っ!


スキャンダルs3_12_1
「悪さなら何でもござれやでぇっ!」


出たーーーっ!
ホリスのおっさん(グレッグ・ヘンリー)!

サリー(ケイト・バートン)に献金するのかと思いきや、実はサイラス(ジェフ・ペリー)ともつるんでいたという、、、まったく変わってなぁ~いっ!
相変わらずの胡散臭さですな~。

でも、オーラからちょびっと毒気が抜けたような、、、気のせいかな?

フィッツはかなり嫌がってましたけど、なんだかんだ絡みそうですねぇ。



そして、もう一人が、サリフ(ナザニン・ボニアディ)!


スキャンダルs3_12_2
サイラスにも忍び寄る美女の魔の手


犯罪者でありながら、堂々と資金集めパーティーに出席するとは、、、こりゃあ相当なタマですなっ

しかも、つるんでいたのが、なんとなんと、リヴママ(カンディ・アレキサンダー)

アンタかぁ~いっ!
(のけ反ってツッコむの図)

何を企んでいるのでしょう~、、、このレディースコンビ、非常に不気味ですっ



あと、その他のネタでは、、、

プブリウスの件は、ひとまず危険を回避できたようでホッ

ジェームズ(ダン・ブカティンスキー)のビビリ方がここのところ尋常じゃなくて、息巻いてる割に肝が据わってないのが気になるところですが、何でもフォローしてくれるデイヴィッド(ジョシュア・マリーナ)が味方で良かったよねぇ ( ̄▽ ̄)

とことん良い人だよなぁ~
正義感があるゆえに巻き込まれキャラでもあるデイヴィッドが、さらなる危険に晒されない事を祈るばかり…。
ジェームズにはもうちょっとしっかりしてもらたいものです(;^ω^)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

関連記事

コメント


管理者のみに表示