「スキャンダル」シーズン3 第6話「イカロスの翼」感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3 、第6話「イカロスの翼(Icarus)」感想です♪


大統領選の予備選挙に向けて、オリヴィア(ケリー・ワシントン)が選挙参謀としてつくのはフィッツ陣営か?マーカス陣営か?

オリヴィアの参謀としての働きっぷりが描かれつつ、大統領選に関わる他の人物たちの動きや、クイン(ケイティ・ロウズ)の新たな展開など、今回も見どころが多いエピソードです


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









レミントン作戦の新たな事実は浮上せずなエピソードでしたが、オリヴィアママ(カンディ・アレキサンダー)が乗っていた旅客機をフィッツ(トニー・ゴールドウィン)が軍の指示で撃墜したという衝撃の事実を知ってしまったオリヴィアは、マーカス議員(リサ・クドロー)につくことに。

メリー(ベラミー・ヤング)にまで頼まれたらフィッツ陣営につくだろ~と思ってたんですけど、さすがに真実を聞いてオリヴィアの心も揺らいでしまったようですねぇ。
しかも、フィッツに問いただしても、なんも言えねぇ~な状態じゃ、マーカスさんを選ぶわなー。

その後、フィッツはオリヴィアママが旅客機に乗っていた事をリヴから聞きますけど、どうやら知らなかったご様子?

それでも、なんも言えねぇ~なのぉ?!
マジかーーーっ!

フィッツが、リヴよりも国家機密を選ぶだなんてっ!

そこは情けなさ垂れ流しで、リヴを選んでほしかったぁ~っ

ま、たまにはいいか( ̄▽ ̄)


スキャンダルs3_6_2
一応軍への忠誠心を見せた(?)ボクちゃん




さて、口を割らないフィッツ君にガッカリしちゃったオリヴィアは、マーカスさんの参謀としてバリバリ働いておりましたね~。
本来のオリヴィアさんらしい姿を見るのは久々な気がするんですけどっ( *´艸`)

清潔なイイ子ちゃんキャラでいきたいマーカスさんを説得したり挑発したりで、思い通りに動かしてたなー。

レストンの偽CMでマーカスさんの怒りを引き出して、イイ子ちゃんキャラを捨てさせたのにはアッパレ~

あれは模擬インタビュー中に怒っちゃったマーカスさんをヒントに、挑発作戦でイケると思ったのかな?


スキャンダルs3_6_1
珍しく怯んだ様子を見せたリヴさん


ジェームズ(ダン・ブカティンスキー)のインタビューでは、怒りを原動力にしてマーカスは質問に答えて、、、いや、性差別を切り口にしながら、もはや一人舞台になってましたけどもー。

ジェームズは折角ご指名されたのにねぇ。
夫婦そろって、リヴに痛い目に遭われちゃったわなっ

マーカスさんって、最初はなんだかんだ文句言うんだけど、結局リヴの言う事聞いちゃうよね。
案外素直 ~( ̄▽ ̄)

そんなおっかさんを支える秘書のキャンディス(サリー・プレスマン)は、レストンのCMがニセモノである事に気づいてましたけど、この女子、なかなか侮れないかもしれんっ。

おっかさんがリヴの作戦にあっさり引っ掛かっていくのを見て、そのうち横槍入れてきたりしないでしょうねぇ?
ちょっと面倒くさそうな匂いが、キャンディスからはしてまいります ( ̄▽ ̄)
気のせいだといいのだけどー。

って、リヴがマーカスさんの参謀を続けるのであれば、の話ですがっ


そして、女性候補と言いますと、副大統領のサリー(ケイト・バートン)がいよいよ手を打ってきましたねっ

女性問題で揺れるフィッツを牧師にディスらせて、そのケアをサリーがしながらも、裏では教会を回って支持者を固めようという作戦!

あっさりフィッツ陣営がやられちゃうのかと思いきや、、、

出ましたっ!
サイラス(ジェフ・ペリー)~~~っ!
ひゅ~ひゅ~っ

サリーたちが仕掛ける前に、牧師に接触していたとはっ!

この人の嗅覚、ホントすげぇ~わっ ( ̄▽ ̄)

メリーからは、サリーの夫(ジャック・コールマン)の浮気性も利用しようという発案もあって、こりゃあサリー側は追い込まれる可能性もあるなぁ。

あの旦那も、大統領夫人に色目使うって、どんだけたらしなのよぉ~

バーゲン(ポール・アデルスタイン)が懸念していた事が起こりそうな予感…?


んで、参謀問題も抱えているサイラスは、リヴを獲得すべく、ハリソン(コロンバス・ショート)をロックオンしておりましたねぇ。

ハリソンが死ぬほど恐れる男・サリフ、、、犯罪者のようですが何者なんでしょう~。

ハック(ギレルモ・ディアス)には入国特別許可の交付を阻止するように頼んではいたものの、サイラスは新しいビザの交付を連絡しちゃいましたので、これも阻止できるのかどうか…。

ま、ここまでグラディエーターの皆さんに何かしらエピソードがあった中で、ハリソンの存在感が薄いのがちょっと気になっていたので、この一件は注目だなぁ~


さぁ、そして!
俄然目立ってきそうなのが、クイン~!

出勤前に射撃練習場に行っちゃう熱の入れようになってまいりましたっ

ハックの心配をよそに、どんどん悪化しておるぅ~。

しかも、チャーリー(ジョージ・ニューバーン)が接触とはねっ!
射撃を教えるだけ~みたいな顔して登場するも、悪い予感しかしないわなっ( ̄▽ ̄)


スキャンダルs3_6_3
チャ「どうも、通りすがりのオジサンです」


んで、案の定、クインを育てようという魂胆があるようで、、、指示していたのは、リヴパパ!

どこまでも闇の人ぉ~~~っ!
クインが暗殺兵器の眠った卵ちゃんだっつうのもお見通し~っ!
さすがっすね~(感心してる場合ではありませんが)。

クインエピソード、目が離せない展開になりそうですっ!



さて、もう一つ、、、ジェイク(スコット・フォーリー)にも動きがありまして、レミントン作戦のさらなる情報を得ようと、B613時代の仲間らしきケイト(テリ・リーヴス)と接触しておりましたねぇ。

でも、ケイトはリヴパパの息がかかっていて、、、ジェイク危機一髪なところを救ったのは、なんとフィッツが手配した護衛っ!

なによぉ~、フィッツ君やるじゃないのぉ~

B613をコントロールは出来ないけど、動きは把握できるのだなぁ。

救われたジェイクは、リヴパパの弱みはレミントン作戦にあるとみて、フィッツから真実を聞き出そうとするも、そこだけは断固拒否な大統領!

しかも、「再び彼女と寝る唯一の手段だろ?」とか言っちゃって、、、やだぁ~、んもぉ~、嫉妬の塊~っ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

それでも、よくジェイクを助けたよねぇ。


まぁしっかし、この一件で、リヴパパの言葉を信用してはいけない事が、痛いほど分かりましたよ

「友達を殺さないで」ってリヴにお願いされたのに、殺す気マンマンだったっつうねっ!

ホント、心が真っ黒クロスケ!

ただ、リヴママが乗った旅客機の事故ニュースを観て、涙する姿も…。
あれはどういう心境だったのか…。

まさか、喜びの涙じゃないでしょうねぇ?

あのおとっつぁんなら、そうであってもおかしくないと思えてしまうのが恐ろしいですっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)


関連記事

コメント


管理者のみに表示