「メンタリスト」シーズン3 第3話「血まみれの手」感想♪

「メンタリスト」シーズン3、第3話「血まみれの手(The Blood on His Hands)」感想です♪

前回に続いて注目の人物が登場するエピソードでして、今回はシーズン2・第20話でお目見えしたスタイルズ(マルコム・マクダウェル)が再降臨っ!

宗教団体・ヴィジュアライズ絡みの事件がまたもや発生しながら、クリスティーナ(レスリー・ホープ)の方も動きがありまして、シーズン3序盤にしてテンコ盛り感が溢れておりますっ


※「メンタリスト」S3
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>









今回は、全部スタイルズが持っていっちゃったなーと思うぐらい、すごく存在感があった印象でした。

ヴィジュアライズの信者であったセリア(パトリシア・マロン)の殺害事件も、スタイルズを登場させるきっかけにすぎなかったんじゃ?

そんなスタイルズとジェーンさん(サイモン・ベイカー)の勝負は見応え十分でございましたっ



【メンタリストvs教祖】
~ROUND1 再会~


セリア殺害事件発覚後、ヴィジュアライズへ再び赴くことになったジェーンさん。
またもやスタイルズに会わせない姿勢のヴィジュアライズ側に対し、ジェーンさんは職員のテック(ジェフ・ウィリアムズ)をうまく誘導して、講義中のスタイルズを発見しておりましたねっ。

テックさん、ご愁傷様です( ̄▽ ̄)

そして、早速バチリンコ~

ジェーンさんは、セリアの話を聞いて、何で来たのかと驚いた様子だった事を指摘。

これにスタイルズは「クリスティーナの件だろ?」と余裕の返し~っ( ̄▽ ̄)

おっちゃん、やるのぉ~~~っ
いくら警察関係者が信者にいるからって、クリスティーナの件まで知っているとはなー。

最初はふんぞり返り気味で話していたジェーンさんも、思わず身を乗り出しておりましたねぇ

動揺も隠しきれていなかったでしょうか…。


メンタリストs3_3_15
険しいジェーンさんに対し、
終始余裕なスタイルズのおっちゃん


前回も、ジェーンさんがレッド・ジョン事件に絡んでいる事をスタイルズは把握してましたけど、今回はまた一歩踏み込んだ形だったのでは?

いやぁ~、なんとも不気味ですなぁ。

でも、「君が好きだ。ガッツがある!」と、ジェーンさんに好意を抱いている様子も見せちゃったりして、、、なによ~それぇ~。

本心を語っているようにも見えましたけど、敵対心を持っている相手に対して、好意的態度を見せながら相手の懐に入っていくテクニックのようにも見えて、やっぱり不気味~っ。

なんて言いながら、ただの悪人じゃなさそうで(騙されてる?)、嫌いになれないのですよねぇ。

やだぁ~、んもぉ~、おっちゃん良いキャラじゃないのぉ~

これじゃあ、ワタクシすぐヴィジュアライズに入会してしまいそうです ( ̄▽ ̄)

もしかすると、レッド・ジョンもこういうタイプなんかな?
人たらしっぽいですもんね。

スタイルズにしてみたら、いつもは自分が皆に刺激を与えている立場だけど、ジェーンさんはそんな自分に刺激を与えてくれる存在なのかもしれないなぁ。

レッド・ジョンにしてもそうですけど、ジェーンさんは悪人のやる気スイッチを押させちゃう魅力がおありなのかもねぇ( ̄▽ ̄)

あらゆるジャンルにモテるのも困ったもんだね、こりゃっ


再会しょっぱなで、やり込められてしまったジェーンさん
でも、このまま終わるわけがございませんっ



【メンタリストvs教祖】
~ROUND2 “換気ビデオ”をめぐる戦い~


ヴィジュアライズでは、“換気”と呼ばれる信者の懺悔をビデオに残していて、教団の計画結婚前に教団関係者と交際していたと思われるセリアは、その元カレの名をビデオで告白しているはず!と読んだジェーンさん。

テックさんに続きまして、こちらの誘導係となったのはブラザー・スティーブンで、、、

もとい!

スティーブン捜査官でございましたねっ(スティーブンが本名か不明ですがっ)。
FBIの潜入捜査だってよー。

そのスティーブン(ジョセフ・ウィル)に教えてもらったビデオ保管室は監視カメラだらけで、すぐ見つかっちゃうのは承知で潜り込んだご様子っ。
上層部の人間を集めるのが目的だったのかな?

んで、ここでお得意の犯人あぶり出し芸が炸裂~っ

なんとジェーンさんは、スタイルズに協力を要請して、、、この駆け引きはなかなかハイレベルだった気がするなぁ。

スタイルズにしてみれば、CBIを追い払う方が楽ちんだったと思うのですが、ジェーンさんの切り返しがスタイルズの心を動かしましたよねぇ。

「もし私が犯人だったら?」という問いに、「虫も殺さないでしょ?」と答えたジェーンさん。

どんだけ皮肉たっぷりなのよぉ~ ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

それを聞いて、“ジェーン君、やるじゃないか!”ってな嬉しそうなおっちゃん!
そして、協力っ!

やだぁ~、んもぉ~、ホント憎めないんですけどぉ~。

あぁ、だんだんとワタクシ、信者のようになってきました…。

萌え萌え教に入信しているというのにっ!

いや、でもこの対決では、我らが萌え萌え教の神・ジェーンさんが悪人のやる気スイッチを上手い事押したわなー

あはぁ~ん、ジェーンさまぁ~っ
(なんだか節操ない感じになっておりますが、ご了承ください)

んで、これによりまして、あぶり出されちゃったのは、、、弁護士のコールズ!(マイケル・B・シルバー)


男性信者・ヘレン(パトリック・カヴァナー)と計画結婚することになるも、コールズと交際している事を隠したくなかったセリア。
でも、バレたら解雇になりかねないコールズは反対し、言い争いになった末に、気づいたら首を締めてしまった…、という衝動的な犯行でございました。

この人さ、信者じゃなくて外部の人間でしたけど、なんで外部の人を雇っていたのかは結局分からなかったなぁ。
ま、FBIのスティーブンの素性も分かっていながら雇ってたぐらいだから、外部の弁護士ゆえの使い道があったのでしょうねぇ。

そんなコールズに、鉄拳を浴びせていたおっちゃん!

あのぉ~、虫も殺さない人でしたよね( ̄▽ ̄)?

さらには、「今のは痛そうだぁ」って、合いの手を入れちゃってるジェーンさんっ!

前回スタイルズに、「僕を怒らせない方が身のためだ!」とかなんとか言っちゃってたはずなのに、もはやナイスコンビなんですけどーっ( *´艸`)

なにげに両想いっ?!



【メンタリストvs教祖】
~ROUND3 レッド・ジョンを知る男?!~


コールズ逮捕で一件落着に見えたものの、なんとセリアの婚約者だったヘレンが殺害してしまい、事件はバッドエンディング

あの、正しい事をしたってな感じの態度ったら!

司法取引したコールズから情報が漏れる事を恐れた教団が、ヘレンに指示したのかどうか、、、またもやヴィジュアライズの尻尾は掴めず、FBIも諦めて終了でございました。


しかぁ~~しぃ~~~っ!


後日、なんとクリスティーナの情報を持ってきたスタイルズ!

おっちゃん、何者なのよぉ~

またもやジェーンさんを動揺させるような展開になりましたねぇ。


メンタリストs3_3_1
「ジェーン君、ワシからのラブレターじゃ」


しかも、ガセネタではなく、本物情報。

ジェーンさんへの友情の証とも取れますが、もしスタイルズがレッド・ジョン側の人間だったら、手の平で転がされてる感ハンパないわなー。

あぁ、謎多きスタイルズ、、、この後ジャカルタへと国外脱出してしまいました…。


.............................................................

ん~、今回はおっちゃんに軍配だったかなぁ

ま、ジェーンさんは、もはやぎゃふんと言わせてやろうっつう雰囲気はそれほどなくて、スタイルズと一定の距離感を保ちながら探っている感じだったでしょうか。

手強いおっちゃんなオーラは前回からあったけど、まさかレッド・ジョンにも絡むほど強烈キャラだとは思わなかったー。

次回登場も楽しみでございますっ


さて、、、


対決コーナーが終わったところで、大事な、例の件へとまいります



【クリスティーナの行方】

ついにクリスティーナの方にも動きがございましたねぇ。

冒頭から、クリスティーナの痕跡が出てきておりまして、無事ではありそうだけど、無傷ではない?という印象もございました。

でも、まさか、あんな事になっているとは…。


クリスティーナ、

蝋人形状態…



メンタリストs3_3_17
微動だにせず…


ジェーンさんとクリスティーナの交際には、断固反対なワタクシですが、さすがにこの状態のクリスティーナには悪態をつく気力も湧いてきません…。

生きていたのは良かったですけど、こんな状態にしてしまうなんて、残酷すぎる!

その後、ジェーンさんがクリスティーナの魂を呼び出す儀式をした事で、クリスティーナが喋るようにはなったものの、どうやら死んだと思い込まされているようですねぇ

こんなん素人に出来んわなー。
っつうか、こういう洗脳が出来てしまうのが恐ろしい…。

しかも、肝心なレッド・ジョンの記憶は消されていて、、、抜かりないったらありゃあしないっ


メンタリストs3_3_8
交霊スタイルでクリスティーナをお呼び出し!


殺さなかったのは、霊感セラピストだったからですかねぇ。
クリスティーナに相応しい死はこういう形だ、というレッド・ジョンなりの殺害だったのでしょうか…。

あと、クリスティーナが発見された部屋の隣室には、同じようにライトと椅子があって、椅子の上には未使用の刷毛が置いてありましたよね。
血は流さずとも死を迎え(未使用の刷毛)、別世界へ移動した(隣の部屋へ)、、、とか、そんなメッセージ?

まぁ~た洒落た演出ぶっこいとるのぉ~っ


あ、たださ、てっきり、例の“虎よ虎~”のナゾナゾがクリスティーナ発見の手掛かりなのかと思ってたんですけど、あっさりスタイルズが教えてくれちゃったから、違ったと考えていいのかな。

レッド・ジョン自身へと繋がる手掛かりなんですかね?

う~む、クリスティーナはどうなってしまうのだろう。
これじゃあ日常生活も送れないだろうしなぁ。

専門医の力で治るのかどうか…。
はたまた、ジェーンさんの手で、完全に洗脳を解いていくのか…。

無事発見されるも、後味が非常に悪いクリスティーナエピソードでございました。

.............................................................


スタイルズとクリスティーナという、2つのメインストリームが絡み合いまして、シーズン序盤からこんなに飛ばしちゃっていいのっ?!と思うぐらい、内容盛り沢山だったなぁ。

ただ、クリスティーナがああなってしまったので、次回以降ジェーンさんの様子がまた心配…




さて、ここからは、その他の気になったところをピックアップしてまいります。

まずは、サクッと萌えちゃおうかしら( ̄▽ ̄)


CBI前で、ヘレンがコールズを射殺してしまった時のジェーンさんより。


メンタリストs3_3_5
怯えた子犬のようなジェーンさん


なんだこりゃっ!

超絶カワユスなんですけどぉ~~~っ

萌えぇ~っ

そんな怯えたパピーに手をかけて、リズボン(ロビン・タニー)が守ろうとしているのも良いっすよねぇ~


では、カワユスジェーンさんをもう一つ。

換気ビデオへの誘導役となったブラザー・スティーブンとのシーンからですっ

スタイルズのおっちゃんにはFBIっつうのがバレバレで、スティーブンさんの潜入は早い段階で失敗していたようですが ( ̄▽ ̄)、ジェーンファンに対しては飛び切りの良い仕事をしてくれましたっ!


メンタリストs3_3_14
イイ子でちゅね~


きゃぁ~~~っ
ペチペチジェーンさんっ
萌えぇ~~~っ

ジェーンさんっ!
ワタクシにもぉ~~~っ!
そのペチペチをぉ~~~っ!

ぬおぉ~~~っ
(された気になってる人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)

こういうキュートなジェーンさんは、シーズン3に入ってからなかなか拝めなかったので、スティーブンさん本当グッジョブ!
これを成果として、FBIに堂々とお帰り下さい!



続きまして、FBIつながりでアレを、、、

ヴァン子~~~っ

現場に口紅つけて出勤してきちゃって、新たな恋?ってなリグスビー(オーウェン・イオマン)に対して、揺れる乙女心をちょこっと吐露しちゃったヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)でしたが、なんとなんと、ヴァンPにも恋の予感がきたあるよ~。


メンタリストs3_3_16
美男美女カップル誕生かっ!?


あ、決してリグさんが美男じゃないっつう訳ではありませんが( ̄▽ ̄)、イケメンだわなー、FBIのオラ―不倫捜査官、、、あ、誤変換、、、

って、あら、やだ、微妙な誤変換!
“オラァ、不倫”ですってよ!

そんな展開にならなきゃいいですけども、、、なんつう余計な心配は置いときまして、お互いフットボールの話で意気投合しておりましたね~

ヴァンちゃんパパがアメフトの監督だったエピソードは、シーズン1・第12話でチラッと出てきましたが、NFLにもチャレンジしたというオラーフリン捜査官もご存じの名の知れた監督だったのだなぁ。

リグさんヴァンちゃんの元サヤも期待してるんですけど、ま、オラーフリンさんイケメンだから、その前にワンクッションあってもいいかっ(相変わらず単細胞なワタクシ)!


さてさて、最後はヴィジュアライズのあの人です( ̄▽ ̄)


メンタリストs3_3_9
「ここからハトを出します」


チョウさん(ティム・カン)のアイスマン対応にもめげず、意気揚々とセールストーク!
んもぉ~、この人、ホント良いキャラだわ~

ジェーンさんはある程度ノッてくれたからやりやすかったかもしれませんけど、チョウさんを前にしても、あの調子でイケちゃうとは、相当メンタル強そほ~っ。

お名前が分からなかったので調べましたら、ブラザー・デイヴィッドさんっていうんですねっ(演じているのは、スティーヴン・ハックさん)。

短い出演時間で強烈なインパクトを残してくれましたっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

関連記事

コメント

BWY様
これまでにないエンディングの演出で、カッコ良かったですよね~(≧▽≦)
ホント、シーズンのラストエピソードっぽい雰囲気もありました!

あのお菓子を食べちゃったシーンは、何か毒でも入ってたら!と思っちゃって、
ちょっとドギマギしてしまいました。
案外ジェーンさんって、こういうの無頓着かもですねっ( *´艸`)
でも、そういうところがまた萌えでございます(≧▽≦)

あ、ハトさん気に入って頂けて嬉しいですっ( ̄▽ ̄)♪
ブラザーデイヴィッドさんがナイスキャラだったおかげで、
画像見た瞬間に思いつきました(笑)。
No title
今回は最後のスローモーションがかっよ良すぎました。シーズン2のラストエピソードにしてもいんじゃないかってくらい。何様だ(笑)

そして、ジェーンさんが車のボンネットにおかれたメッセージを読んだシーンで、ちゃんとそのお菓子を食べたのには萌えました。


画像の下の「ここからハトを出します」最高です(笑)
izumi様
ジェーンさんにセリアの事を聞かれ、「ちょっと待てぇ~い」っていう小林清志さんの返しが最高でした♪
大御所はやっぱり味がありますなぁ( ̄▽ ̄) さすが次元っ!w

レッド・ジョンの残忍さには、本当に腹が立ちます(--〆)
どこまでゲームを続けるつもりなんだかっ。

でも、重たい内容でもジェーンさんに萌えてしまうのは避けられですよね、おほほ。
No title
スタイルズ、あの余裕しゃくしゃくにジェーン様を転がしちゃうのが憎たらしいけど、でもひょうひょうとした態度がなんとも憎めなくて・・・。
ジェーン様もスタイルズのとのやり取りを楽しんでる風でもありますよね。

日本語吹き替え版でのスタイルズは私の大好きな小林清志さんで、私は声にやられてましたw

英語版でも吹替版でも二度美味しいお話です☆

しかしながらクリスティーナ・・・。
ローソクがすぐに出てくるCBIオフィスにちょっと驚きつつ見ていたら、なんとも切ない展開で・・・。
ジェーンが信じていない死後の世界に追いやられてしまったんですよね・・・。
レッド・ジョン、どこまでジェーン様を苦しめれば気が済むんだ~!とシーズン2の終わりから続く怒りがふつふつと湧き上がって来ました。

お話が重たい内容だったけれど、不謹慎にも萌え萌えポイントは結構ありましたよねっ。
ジェーン様の袋パーンとか、ほっぺペチペチとか、もうきゅんきゅんものでした♪

次回からは、もう少し無邪気ジェーン様を多めに出して欲しいです~~!
たみー様
本当に切ないエピソードでした(T△T)

またもや“僕の周りにいる人には悪い事が起きてしまう”という思いを強固にしてしまったんじゃないかと心配です。

リズボンは複雑な心境だったかもしれないですよねぇ。
第1話の時は、“心配ならクリスティーナに電話しなよ~”って大人な態度でしたが、、、次回はジェーンさんをどうフォローしていくのでしょう~。
マルコ様
クリスティーナ生きていたとはいえ、ジェーンはさぞやショックだったことでしょうね(;_;)。
何も答えないクリスティーナにジェーンが話しかけるシーンがなんとも切なくて。
「僕のこと覚えている?ほら、最悪のデート相手」
これってリズボンも聞いてたんですよね。リズボンの胸中やいかに。

でも切ないジェーンにも萌えてしまう~。
抱きしめてあげたい…、いや、リズボン抱きしめてあげて!

クリスティーナとの進展がなくなったのは嬉しいけれど、
ジェーンの心の傷を思うとなんともやりきれません。

管理者のみに表示