「スキャンダル」シーズン3 第2話「究極の選択」感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3 、第2話「究極の選択(Guess Who's Coming to Dinner)」感想です♪


大統領の愛人に仕立て上げられてしまった官邸スタッフ・ジニーン(サマンサ・スローヤン)の汚名をそそぐべく、オリヴィア(ケリー・ワシントン)が動き出しますが、、、取り巻く人物たちの思惑が交錯し、さらには過去に起きたオリヴィアとリヴパパ(ジョー・モートン)のお話も描かれておりまして、モリモリなエピソードでございます。


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










まずはジニーンの案件ですが、関係者たちの思惑がまぁ絡み合っておりましたねぇ

構図としては、、、

ジニーンは潔白!→オリヴィア、フィッツ(トニー・ゴールドウィン)

不倫相手はジニーン!→サイラス(ジェフ・ペリー)、メリー(ベラミー・ヤング)、リヴパパ

という対立だったでしょうか。

ま、フィッツは相変わらず蚊帳の外な雰囲気が出ておりましたけどもっ( *´艸`)


スキャンダルs3_2_3
ボクちゃんも仲間に入れてよぉ~


んで、ここにリヴパパがオリヴィアに出した“ジニーンに認めさせればジェイクに会わせる”という条件も絡んできまして、厄介なことにっ

だんだん分からなくなってしまって、二度見てしまいましたけどもー。

この条件提示で苦しむことになったオリヴィアでしたが、ジニーンの潔白を証明しつつジェイク(スコット・フォーリー)も救うためにコンタクトを取ったのは、フィッツ!

んもぉ~、結局そこに電話しちゃうのなー。

ま、フィッツも冒頭でリヴに電話してましたけどもっ。
別世界で家庭を築いている妄想とかしちゃってさー、いつの間にか元サヤな雰囲気になってるのは気のせいですかね( ̄▽ ̄)?


そんな愛するリヴたんが困ってるとあれば、なんでもしてしまうフィッツ君でして、、、

なんと緊急会見を開き、ジニーンが不倫相手であると発表っ

最初は「事実無根!ジニーンに謝らなきゃ!」ってな態度だったのにねぇ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


ジェイクの命を救いたいリヴの思いは理解できただろうけど、なんせリヴと寝た相手でもあるわけで、フィッツとしては心中穏やかではなかったでしょうねぇ( *´艸`)

でも、これぐらいの方が燃えちゃうんかもなぁ。

いやはや、フィッツのリヴ愛、恐るべし!


結局ジニーンは、逃れられない運命の歯車に乗せられてしまった感じでしたねぇ

ま、ジニーンは200万ドルを受け取るのを条件にメリーとも取引してたわけで、オリヴィアがフィッツに電話しようとしまいと、結果は同じになっていたかもなぁ。

でも、その結果に行きつく流れを見てしまうと、言い方悪いですけど、オリヴィアがジニーンを騙した、みたいな印象も残ってしまいました。

「一緒に潔白を証明するわよ!」とか言いながら、自分がフィッツにかけた電話で急展開してしまったわけで、、、長い事フィッツと一緒にいるんだから、彼の大胆行動を予測するぐらいの敏腕フィクサーっぷりを見せて欲しかったなー。


スキャンダルs3_2_1
ジニーンさぁ~ん、その目の前にいる人が
本物の不倫相手ですよぉ~



さぁ、そして!
ジニーンが不倫相手になった事で、あの人が帰ってきましたっ


スキャンダルs3_2_6
無人島から…ではなく、
穴倉からご帰還のジェイク!


お髭がちょっとボーボーなだけで、髪の毛は短いし、意外とこざっぱりした感じでご登場っ。

ジェイクは何を語るんでしょうね~。

ちょっと落ち着いたら、またリヴとねんごろになっちゃったりするんかな( ̄▽ ̄)?

リヴパパとしても、裏切った部下ではあるけど、まだそっちの方が、フィッツとイチャイチャしてるより都合は良いかもしれないよね。

あー、でも、レミントン作戦にジェイクも関わってるみたいだから、分かんないかっ

おとっつぁんが何を企んでいるのか、非常に不気味でございます。

あとさ、おとっつぁんが色々口出してくるのがよく分からないんですよねぇ。
シーズン2の時から、リヴとフィッツを別れさせようとしてましたけど、ファーストレディを夢見た娘をどうにかしたいという親のエゴで動いている、、、ようにも見えますが、「スキャンダル」の事ですから、もっと重大な何かがあるのか…。

やはり、レミントン作戦が絡んでたりするのかな?



さて、そのおとっつぁんとリヴの関係が、回想でバンバン入ってきておりましたねぇ。

2人ともあまり変わってなくて分かりにくかったのですが、かろうじてリヴの前髪で判断できましたっ( ̄▽ ̄)

リヴとハック(ギレルモ・ディアス)の出会いもこの中で描かれ、ホームレスになったいきさつに、B613という組織が関連している事を聞いたリヴ。

これをきっかけに、おとっつぁんがB613の関係者であることをも知ってしまい、そこから関係を断絶したようですね。

まさかおとっつぁんが、恐ろしい組織に関わっているとは夢にも思わないもんなー。
なんせ、スミソニアン博物館勤務で通していたわけだもんねぇ。

余談ですが、ドラマ「コバートアフェア」の主人公・アニーもCIAでありながら、スミソニアン博物館勤務という設定でしたけど、ワタクシの中では、スミソニアン博物館がスパイ組織の隠れ蓑なイメージになりつつあります ( ̄▽ ̄)


前回とんでもないおとっつぁんなのはよく分かりましたが、この過去エピソードでも容赦なかったっすねー

リヴはB613に連れ去られたであろうハックを取り戻す為、なかば脅しのような形で、B613に圧力をかけられそうな情報委員会のエディソン(ノーム・ルイス)との婚約をおとっつぁんに報告。
エディソンとは過去にも結婚寸前までいってたんですねっ。

んで、無事ハックは戻るも、エディソンはなんと事故で入院、、、って、明らかにおとっつぁんの仕業!

どんだけダークサイドなのよぉ~

暗殺部隊の司令官だからって、娘に対して、ここまでしますかね?

ま、ここまでしちゃうような人だから、司令官にぴったんこなのかもしれないけど、父親の行動としてまったく理解できません。


そして、この出来事が現在の方に絡んできまして、ハック化が著しいクイン(ケイティ・ロウズ)が、当時の父娘のメールをハッキング!

事務所にひょっこり現れた父親と娘の様子を見て、ピ~ンときてしまうあたり、、、そのうちクインはハック師匠を超えてしまうんでないのぉ( ̄▽ ̄)?

しかし、負けじと師匠もハッキング結果を見てピ~ン


スキャンダルs3_2_4
これぞB613の恐ろしさっ


リヴを追求し、、、って、追求しすぎですけども、、、リヴパパがB613の司令官である事を白状させておりましたねぇ

手荒い方法ではありましたけど、リヴが認めた時はショックだったろうなぁ。

あと、ちょびっと回想でチャーリーのシーンが出てきましたけど、リヴはその時関係性を否定していたわけで、信頼していた上司にウソをつかれていた事もかなりショックだったかもしれませんねぇ

次回以降のリヴ&ハックの関係変化は逃れられないかもっ

従順なハックのキャラも良かったのですが、、、でも、リヴに散々使われてきた事を考えると、ここらでお灸をすえるのもいいかもしれないっすね。
お灸をすえるポイントいっぱいあると思いますしー ( ̄▽ ̄)


ハックの協力なくして、案件を片付けていくのはなかなか厳しいと思うので、オリヴィアがどう出るのかも注目だなぁ。

あ、クインが急成長中だからハックの分をカバー出来ちゃったりして?
それはそれで怖いからやめてぇ~







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)
関連記事

コメント


管理者のみに表示