「スキャンダル」シーズン3 第1話「大統領の愛人」感想♪

「スキャンダル 託された秘密」シーズン3 、第1話「大統領の愛人(It's Handled)」感想です♪


シーズン2は中だるみを感じてしまったり、リヴ&フィッツのグダグダ感に萎え気味になったりと、鑑賞意欲が落ちてしまいまして、シーズン3鑑賞までは時間を空けてリフレッシュを試みておりました。

約9ヶ月ぶりの更新って、、、リフレッシュしすぎましたけどもっ

ただですね、それが功を奏したのか、色々と爆笑させて頂きまして(そういうドラマではありませんが)、とても楽しく鑑賞いたしました

忘れていた感覚を取り戻しましたぞーーーっ!


そんな爆笑を誘った第1話は、フィッツがリヴと不倫関係にあった事が報道されてしまい、てんやわんやな内容になっております。


「スキャンダル 託された秘密」シーズン3・感想ネタバレ記事一覧

「スキャンダル 託された秘密」シーズン2・感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









シーズン3のスタートは、シーズン2終盤でお目見えしたリヴパパ(ジョー・モートン)が、強烈なインパクトで登場してきましたね~

娘に対して、“あぁんあぁん?”とチンピラ風にまくし立てまして、オリヴィア(ケリー・ワシントン)が大統領と関係を持ち、ファーストレディを一瞬でも夢見たことにお怒りのご様子っ!

何やってんだ!と怒るのは分かりますけど、あの言い方ったら!
いやぁ~あんな父親ゴメンだわ~。

オリヴィアのどこか捻じ曲がってる正義が形成されてしまったのも、このおとっつぁんの影響が多分にあるのかもしれません。

父親があの調子だったら、自分が少々の汚い手を使っても、まともに思えてしまいそうだものぉ( ̄▽ ̄)


んで、父親の言う事は全然聞かずのリヴさんは、自分の問題を自ら解決することにしたしまして、超緊急用のパスワードを使って何やら密談へ…。


はいはいはい~~~っ!

待ってました!

ここでお2人さん揃い踏みっ!

フィッツ君(トニー・ゴールドウィン)、ご登場~



報道が過熱し、フィッツも副大統領のサリー(ケイト・バートン)に協力を仰ぐなど、サイラスおじたん(ジェフ・ペリー)の勢いに負けじと頼りなさげに頑張っておりましたが、まさかリヴたんご本人からお呼び出しがかかるとはねー ( ̄▽ ̄)

さらにはメリー(ベラミー・ヤング)もお呼び出し!

んもぉ~、リヴさんドMなんだからぁ~。

これで、恐ろしい三つ巴の状況となりまして、なんと政府のシェルターで対応を協議(公的利用なんだか私的利用なんだかっ)。

性的関係にあった事は認めるけど回数は2回だけ(何回寝たか分かんないぐらい寝てますが)、という妥協案でメリーも渋々納得しまして、記者会見することに。

回数って重要なんっすね ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

確かに少なければ、勢いで、とか、魔が差して、が通用する範囲内か…。


さぁ、そして!
シーズン2ラストで別れたはずのお2人さんですが、ここで早速グダグダっぷりを披露っ!

メリーが立ち去った後、上着を脱ぎ気合十分でリヴたんを抱きしめちゃったフィッツ君!

んもぉ~、期待を裏切らないよね~ ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


リヴの方も、「やめて。来ないで。」とか言いながら、最終的には腕を回して涙を見せるというねっ。

よっ!
ズルズルカップル!
末代まで続きそうな腐れ縁っ!

とっとと2人で駆け落ちして、南の島でも行ってのんびりしたらいいんじゃないかと思うのですけど。


スキャンダルs3_1_2
はいはい(-。-)y-゜゜゜




んで、ここから驚きの展開になりまして、やはりプライドが許さなかったのか、納得したかに見えたメリーが方向転換!

サイラスや事務所の存続を守ろうとする自称グラディエーターさん達の手によって、不倫相手を広報担当のジニーン(サマンサ・スローヤン)に仕立て上げるというヨゴレ仕事を敢行しておりましたっ

ま、グラディエーターの皆さんにしてみれば朝飯前だったと思いますが、結構簡単に情報操作されちゃったなぁ。

ジニーンはたまったもんじゃないけどねぇ( ̄▽ ̄)
泣きつかれたサイラスも、「私が処理する」とか言っちゃってましたが、違う意味の処理をしそうだしなー。


というわけで、そんなジニーンが頼ったのは、なんとオリビアポープ法律事務所!

まさに目の前にいるグラディエーターにハメられたとも知らずに、、、

この悪徳事務所ホント恐ろしいっすねっ ( ̄▽ ̄)



そして、もう一つ!
特大の驚きと爆笑の展開がございました!



なんと、リヴが不倫相手だとリークしたのは、、、




フィッツ本人!



もう一度言います。



フィッツ本人!




なにそれ~?!
フィッツ君、おバカなのぉっ?!
( ̄▽ ̄)ゲラゲラゲラゲラ


しかも、シークレットサービスのトム(ブライアン・レッシャー)にリークさせるという姑息な手段!

いやぁ~、こんなに驚きと笑いを振りまいてくれる大統領なんて、フィッツ君ぐらいでしょうなぁ。

このとんでも行動の裏には、“リヴが不倫相手”という情報の切り札を持っているメリーの呪縛からリヴたんを解放してあげたかったようですね。

へぇ~(-。-)y-゜゜゜


フィッツの筋書き通りにはいかなかったですけど、一応お望みだったメリーからの解放は出来て、フィッツ君良かったねぇ( *´艸`)

しかも、メリーに宣戦布告のような態度をとってまして、これからますますグラント夫妻の攻防は過熱しそうです。


スキャンダルs3_1_1
♪笑ったら負けよ、あっぷっぷ~♪



そういえばさ、メリーの膝に顔をうずめたのは(シーズン2の最終話かな)、芝居だったと言ってましたよねぇ。

あの時、ワタクシはいたいけな少年ぶったフィッツに不快感MAXだったんですが、ワザとだったと分かれば、早とちりしてしまった事を謝らねばっ!

フィッツ君、どうもすいませんでした。


ま、なにしろ、“リヴたん大好き”な気持ちはシーズンまたいでもお変わりないようで安心いたしました(嫌味)。

シーズン3しょっぱなから絶好調のフィッツ君!
次回以降も期待してまぁす




さて、「スキャンダル」はこれまで、大統領選で不正が行われたディファイアンスでの問題が全体の大きな流れとしてありましたが、こちらはシーズン2で一応着地しましたので、新たなネタが投入されておりましたねっ

えぇっと、またフィッツ絡みのようでして、、、って、フィッツ君の厄介者っぷりに書きながら笑いがこみ上げてきますけども、、、海軍時代の極秘任務・レミントン作戦について、何やら秘密がある模様っ!

CIAであるリヴパパが情報を握っていて、チャーリー(ジョージ・ニューバーン)に軽く拉致られたであろうサイラスに情報を開示しておりましたねぇ。

これさ、軍人時代のフィッツがイランの山間部飛行中に不時着し、その後監禁されちゃったもんだから、軍が大量殺戮によって救出した、、、というトップシークレットがシーズン2でチラっと出てきましたけど、それに関連してるのかな?

今回出てきたレミントン作戦には、ジェイクも関わっていたようですが、、、シーズン2で穴倉に放り込まれてからどうなっちゃったんですかねぇ

とにもかくにも、「スキャンダル」の展開の早さは毎度凄まじいものがありますので、今回も二転三転する可能性は大いにありますなぁ~。
グラント大統領ついに失脚!みたいなことにならなきゃいいけど、、、と言いながら、それはそれでオモロそうだから見てみたいっ( ̄▽ ̄)







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)


関連記事

コメント


管理者のみに表示