「メンタリスト」シーズン2 第20話「赤い血だまり」感想♪

「メンタリスト」シーズン2、第20話「赤い血だまり(Red All Over)」感想です♪


総合メディア企業・ハリントン社の新CEO発表の場で事件発生っ

社内の人間関係や怪しい宗教団体も絡みあった事件に、ジェーンさん(サイモン・ベイカー)が挑みますっ!


以下、ネタバレあります>









殺害されたのは前CEOの息子で、新CEOに就任するはずだったザンダー(スティーヴン・スネデン)。

ハリントン家だけでも主要なキャラが結構出てきまして、人間関係のゴタゴタに巻き込まれた事件かな?という出だしでございました。

がっ!

途中から“ビジュアライズ”なるカルト系宗教団体も出てきまして、きな臭さがプ~ン

しかも、ザンダーの妻・セイディの秘書であるエリザベス(テイト・ハンヨック)がビジュアライズの信者であることも判明し、彼女も絡んでの爆破未遂事件も発生しておりましたねぇ。

いやはや、リズボン(ロビン・タニー)が防いでいなければ、大惨事でしたよっ


メンタリストs2_20_4
BAD GIRLになっちゃったリズボンちゃん


アシュリーちゃん(マディソン・ロスチャイルド)が言う事を聞かなくて逃げられず、ヤケッぱちでコードを抜いちゃったリズボンったら ( ̄▽ ̄)

ジェーンさんの日頃の暴走っぷりに影響されてもうたんかなっ( *´艸`)

ちょっと驚きだったのが、リズボンから電話をもらったジェーンさんが意外と冷静~っ。
リズボンが爆弾に直面していると分かったら、ソファから飛び起きそうなもんですけど!

さすが常人ではないジェーンさんでございますっ。

常人ではないので、エリザベスの取り調べでは突飛なアイディアが閃いちゃったジェーンさん。

エリザベスが洗脳状態をお披露目してる時、「物理的には僕らの方が自由。刑務所は君を物理的に閉じ込める」と返した自分自身の発言で、閉じ込め作戦が閃いたようですねっ(´∀`*)


というわけで、ジェーンさんにロックオンされて、ハリントン家の避難室に閉じ込められちゃったのは、、、



ザンダーのおとっつぁん(ボブ・ガントン)でございましたっ。


ザンダーが自分の妻と浮気して子供を作った!と思い込み、カッとなって殺害。
なかばクーデターのようにして自分が解任されちゃったのも、拍車をかけてしまったのかなぁ。

自分の妻・タラ(ミシェル・クラニー)と仲良さげだったから浮気を疑い、娘・エラちゃんのDNA鑑定したって、、、ザンダーのDNAも調べたらよかったのにー。
でも、実は弟のエドワード(タンク・シャーデー)だと分かったら、エドの方を殺してたんでしょうか?

恐いわぁ~~~((;゚Д゚))

そのエドワードに対しては無能扱いしているようでしたけど、目に余る女好きっつうのはマイナスポイントだったものの ( ̄▽ ̄)、その割にはチャラくないし、バカ息子な印象はあんまり受けなかったけどなぁ。

もしかしたら、過去に起きた何らかのミスが気に障っただけで、実はそれほど無能ではなかったんじゃ?

思い込みの激しいおとっつぁんのようでしたので、そんな風に感じてしまいました。


さて、今回のジェーン劇場は、ザンダーの娘・アシュリーちゃんもカギとなっておりましたが、代償として、ジェーンさんに母・セイディ(ロビン・ライブリー)から鉄拳がっ!

こんなにも早く、また殴られちゃうジェーンさんを観られるとは思いませんでしたっ。
第16話のリズボン鉄拳以来)

ま、母親としてはそりゃあ怒るわなっ ( ̄▽ ̄)


メンタリストs2_20_9
僕、最近お肌が曲がり角なんだぁ


これ、成功したから良かったですけど、今回の作戦はどうもジェーンさんらしくないなぁと感じてしまったなぁ…。

小さい子供にはいつも優しくて有名なジェーンさんですよ?

あんな可愛いアシュリーちゃんをジェーン作戦に利用しますかね?
(しましたけど)


メンタリストs2_20_7
おじいちゃん、頭痛いのぉ?


アシュリーちゃんのキュートさは存分に堪能できましたが、「手を頭の上に」ってチョウさん(ティム・カン)に言われて、アシュリーちゃんもおじいちゃんをマネてこの仕草をしてしまったのには胸が痛みました…

楽しい雰囲気じゃない事を察知してるのは、アシュリーちゃんの表情を見ても一目瞭然ですよねぇ。

ジェーンさんとの出会いのシーンでは、賢さも発揮してたしなー。


メンタリストs2_20_3
早速ジェーンさんの嘘に加担させられるの図


まだ小さいし、記憶に残りにくいから、トラウマにならないと判断したんですかねぇ?

子供をジェーン劇場のキャストにするのは最終手段なのでしょうが、個人的にはあまり好きではないかなぁ~。

以前には、シーズン1・第15話の熟女エピソードで、おとっつぁんをワザと連行して、オスカー君が泣き叫ぶというジェーン劇場もありましたね


えぇっと、軽くジェーンさんをディスった感じになってしまいましたが、ジェーンさんを、というよりは脚本なのですよぉ。
ジェーンさんのキャラをあまりブレさせないでぇ~っ

って、単に暴走してただけだったりしてっ( ̄▽ ̄)



さてさて、犯人がザンダーのおとっつぁんだった事で、ビジュアライズの犯行と思われる爆破未遂は保留

しかも、代表のスタイルズ(マルコム・マクダウェル)がジェーンさんの態度にご立腹で抗議しに来てましたが、そこはハイタワー先生(アーンジャニュー・エリス)がシャットアウト!

なによなによぉ~!
先生、この前からホントどうしちゃったのよぉ~。

完全に理解ある局長になっているーっ

ジェーンさんがエリザベスの携帯を使って(押収品)、脅迫文をザンダーのおとっつぁんに送った時も「クローン電話で、同じ番号が使える」と、おとっつぁんに説明した場面もありましたが、、、リズボンもすかさずフォローしてましたし、たぶんジェーンさんの仕業だと分かってましたよね?

さすが動物並の勘をお持ちのハイタワー先生!

さらには、リグさん(オーウェン・イオマン)とヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)を再び組ませるというドSっぷりも発揮っ( *´艸`)

まんまとリグさんは、ヴァンちゃんが自分をまだ好きなんじゃ?と勘違いしてましたけど、、、んもぉ~、ホント単純~っ

笑いかけるのなんて、普通でしょーよー。
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

「お前が変だ」とクールに返したチョウさんの言う通りでございます!


いやぁ~、ハイタワー先生、良いキャラになりそうだなぁ~。
ジェーンさんに色目を使い始めなければの話ですけどねっ(相変わらずそこを懸念)。

ただ、ジェーンさんも今のところはハイタワー先生のご機嫌な態度に満足な様子でして、お得意のダンスを披露しておりましたっ


メンタリストs2_20_10
メンタリストs2_20_11
ゲッツばりに消えていくジェーンさん


きゃぁ~~~っ
ダンシングジェーンさん、萌えぇ~っ

シーズン2は結構踊ってんなーっ( ̄▽ ̄)

ついこの間は、リズボンを励まそうとタップダンスを披露してましたし、その前には、宝石店のエピソードで薬ケースを持ってシャカシャカダンス、、、あと、同窓会エピソードではリズボンと超ろまんてっくなダンスシーンもありましたよね~

今後もダンシングジェーンさんに期待だわっ



あぁ、気づけばシーズン2もあと3話ですか…。
第7話と最終話までの間に一話ぐらいレッド・ジョンを挟んでくるのかと思ってたんですけど、この分だとなさそうだなぁ。
ここのところ、布石になるようなセリフは結構出てきますけどねぇ。

今回も、ビジュアライズの教祖・スタイルズが、レッド・ジョンの話を持ち出して、ジェーンさんの急所を突いた場面がございました。

ったく、ズカズカとジェーンさんの秘めた領域に入り込みやがってぇ~っ


メンタリストs2_20_12
新たな好敵手の登場っ?!


さすがにジェーンさんも、「僕を怒らせない方が身のためだ。協力しないと嘘で固めたアンタのみじめな人生が尽きるまで追い回してやる」と、ご立腹モードでございましたねぇ。

あのぉジェーンさん、ご立腹のところ申し訳ないのですが、真剣な眼差しに思わず萌えてしまいました。

あはぁ~ん


スタイルズもジェーンさんのただならぬ気配を察知したのか、エリザベスがエドワードの家に居る事を話しましたが、CBIに抗議にくるぐらいのおっさんなので、腹の中真っ黒クロスケでしょうなぁ。

今回は、ハイタワー先生&ジェーン君コンビに小者扱いされて退散してましたけど、、、どうやらまた出てくるようですっ( *´艸`)

ジェーンさんがどう打ち負かすのか楽しみぃ~

その前にレッド・ジョンエピソードを早く観たい~。



あ。

ここでもうシメようと思ったのですが、萌えを一つ入れるのを忘れておりましたっ

というわけで、今回は鉄板萌えなアレをご紹介してお別れしたいと思います。


メンタリストs2_20_2
ほっぺプクプクでちゅね~


きゃぁ~~~っ
萌えぇ~~~っ

あぁ、プクプクされたひ… ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

関連記事

コメント


管理者のみに表示