「メンタリスト」シーズン2 第17話「赤い箱」感想♪

「メンタリスト」シーズン2、第17話「赤い箱(The Red Box)」感想です♪


ついにやってきました、新局長~

ホッパー・バンクス邸で起きた殺人事件の捜査が展開しつつ、新局長のキャラクターにも注目!なエピソードでございます。


※「メンタリスト」S2
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>









新局長はフレズノ(サンフランシスコとロサンゼルスの中間)の情報部からやってきた、マデリン・ハイタワーさん(アーンジャニュー・エリス)。

まさか女性ボスが来るとはなー。

ちなみに、これを書いている時点で同時に鑑賞している「クワンティコ~FBIアカデミーの真実」・ミランダ役でお馴染みのエリスさんがハイタワーを演じているとありまして、個人的にちょびっと興奮
(メンタリストは2011年、クワンティコは2015年)

ミランダ
こちらは「クワンティコ」のエリスさん



いやぁ~、しっかし、ハイタワーさんやり手でしたねー。

リズボン(ロビン・タニー)には、ジェーンさん(サイモン・ベイカー)が何かしでかしたら責任を取ってもらうと先制パンチを繰り出し、さらには、コネをコネコネしながらリズボンが取れなかった捜査令状を取っちゃったり、、、しまいには、リグさん(オーウェン・イオマン)とヴァンちゃん(アマンダ・リゲッティ)の交際にまで気づいてもうたよぉ~

そういえば、ジェーンさんがアングレット(アンソニー・アジジ)がいる取り調べ室に入るのも気づいてましたよね( *´艸`)

気配に敏感っ!
動物並っ


チョウさん(ティム・カン)だけ新局長との話題がなかったなぁ。
アイスマンだから、ハイタワーとの面談も軽くあしらって終了したのかしらっ( *´艸`)


あのハイタワーの調子だと、リズボンは相当やりにくいでしょうし、ジェーンさんもさすがに気を遣うかもしれませんが、、、キーマン・ジェーンさんは、まだ様子見といった感じだったでしょうかっ。

リズボン以上にジェーンさんを扱える人なんていないと思うんですけどねぇ。
前回なんて、チョコバーでジェーンさんを大人しくさせちゃったわけですしっ( *´艸`)
そういうところ、まだハイタワーさん分かってないわー。

これでジェーンさんにホの字な展開にでもなったら、たまったもんじゃないなっ。


メンタリストs2_17_ハイタワー
パトリック・ジェーン、イイ男じゃなぁ~い


ダメだどーっ!
ジェーンさんは、リズボンの、そして萌え萌えジェーンファンみんなのものだどーっ!


なにしろ、ハイタワーという目の上のタンコブ的な人が出てきちゃったもんですから、全体的に今回のエピソードは惹かれなかったんですよねぇ

「メンタリスト」でそんな感想を書いている自分が、いやぁ~~~っ


というわけで、早いところハイタワーが柔軟な対応をしてくれる展開になるのを強く望みますっ



さて、ハイタワーの話題が絡むとテンションが下がってしまうので、事件の方に… ( ̄▽ ̄)


惹かれなかった、と言いつつも、事件だけを見ますと通常運転

オリバー・スタンズ(最初は偽名で登場)が大英博物館の内覧会で盗んだクレオパトラの指輪を巡り、バンクス邸で殺害され、、、って、なんと途中で生き返りましたけどもー。

“ラザロ徴候”って言うのかぁ~。
ドラマ内では、“心臓が電気刺激で動いた”という説明でしたが、脳死判定された方が手足を動作させる現象で、脊髄反射の一種のようですね。
電気刺激っつうから、部屋に何か仕掛けでもあるのかと最初思ってしまいましたっ ( ̄▽ ̄)アハッ


指輪の存在が、犯人へと繋がる重要なアイテムとなっていましたが、今回は運び屋だったアングレットを使って、ジェーンさんがお馴染みのあぶり出し作戦を展開っ
アングレットが買った指輪はニセモノと思わせ、犯人の所へ行くのを誘導しておりましたねぇ。


そして、アングレットが襲ったのは、、、


警備会社のバンディーノ!(ケヴィン・アレハンドロ)でございました。


盗んだ指輪の売り先に困っていたスタンズに、運び屋のアングレットを紹介。
しかし、スタンズが土壇場で売らないと言い出した為、カッとなって撃ってしまったとな
その後、指輪を持ち出してアングレットに売ったり、恐妻家バンクス(エリック・アンダーソン)に罪を着せようと偽装工作した、という流れでしょうか。

アングレットは、ジェーンさんによってニセモノをつかまされたと思い込んだだけで、実際は本物を手にしていた、ということでいいのかな。


事件は結構すんなり解決した印象でしたけど、ジェーン作戦が早速ハイタワーの気に障っておりましたので、こりゃあ先が思いやられる~。

あの程度でプンスカされてもねぇ?

この前のチョウさんアイスマン事件並のジェーン作戦でもしようものなら、リズボン即異動になってしまいそほっ ( ̄▽ ̄)


あっ。

やっぱり、ハイタワーを絡めると、テンション下がるっ



ってなわけで、萌えコーナーをやります ( ̄▽ ̄)



新局長のキャラに気を取られてしまう中、今回は意外と萌えジェーンさん多めだったかもっ

まずは、ペコペコジェーンさん
またお腹空かせておりましたねぇ( *´艸`)

第15話でも書きましたが、ここのところペコペコキャラが、リグさんからジェーンさんに移行気味です。


メンタリストs2_17_1
僕のお手製だよぉ~


きゃぁ~~~っ
サンドイッチジェーンさん、萌えぇ~っ

人の家のキッチンを勝手に借りて作ったであろうサンドイッチ…っつうのがツボすぎますねぇ ~。
そんなにペコペコだったとはっ!

(※後日、久々にシーズン1・第1話を観ましたら、しょっぱなから被害者宅のキッチンでサンドイッチを作って食べるジェーンさんの姿がっ。最初っからこのテイストだったのだなぁ。すっかり記憶から消えておりましたっ( ̄▽ ̄))


んで、ペコペコならぬ、ペロペロジェーンさんもございまして、、、

バンクス夫妻に銃に関して事情を聴きに行った際、娘のレイニーちゃん(ジェイディン・グールド)と食べたいアイスフレーバー当てゲームをしていたジェーンさん。

あれはワザと間違えたっぽいですよねぇ。
んで、レイニーちゃんがアイスを買いに行くことで、親が事件の事を口にしている状況を見せないようにしたのかな?

うぅ、なんという配慮っ!

毎度そうですけども、子供と接する時のジェーンさんは本当に優しいですよね~
ジェーンさんの、事件で娘を失っているという背景も影響しているのかもしれません。

と、前置きが長くなりましたが、フレーバー当てゲームをしてたら自分も食べたくなっちゃったジェーンさん。

ちゃっかり買って食べてるというねっ!


メンタリストs2_17_4
やっぱりアイスはバニラが最高だよぉ~


きゃぁ~~~っ
ペロペロジェーンさん、萌えぇ~っ

アイスクリームジェーンさんは久々ですかね?
パッと思い出すのは、シーズン1・第2話のフランキー君と会話しながらのペロペロジェーンさんでしょうかっ。

あの時も可愛かったなー

ちなみに、ワタクシがきゃぁきゃぁ言い始めた記念すべき(?)シーンでございますっ( ̄▽ ̄)



続きまして、スタンズの病室にスローカム(アラスター・ダンカン)が現れたシーンから

あそこに居るんじゃ?と誰もが思ったであろう場面でしたが、やっぱり居たー!


メンタリストs2_17_5
カーテンの影からこんにちはジェーンさん


きゃぁ~~~っ
ひょっこりジェーンさん、萌えぇ~っ


スローカムがスタンズと深い関係にあると見抜いていたのは、さすがでございましたねぇ
こちとら、ちっとも気づきませんでしたけどもー。

息子スタンズの盗みを放っておけず、ロンドン警視庁での職を休んでまで息子を追ってきたスローカム。

スタンズは結局脳死判定となって、臓器提供することになりましたが、“犯人が逮捕されても心は晴れない”と吐露したスローカムの言葉を、ジェーンさんはどんな気持ちで聞いていたのかなぁ

復讐心がある人とはこれまでも対峙した事があると記憶しておりますが、“復讐しても何も変わらない”というようなメッセージを今回も含めて発してますよねぇ。
これがジャブでジェーンさんに効いてるといいんですけど…。


えぇっと、萌えコーナー中にしっぽりしちゃったので、もう一つ萌えジェーンさんをっ

ソファでいつものジェーンスタイルを見せていたラストからっ。


メンタリストs2_17_6
リズボンの部屋でも僕はお構いなしだよ~


きゃぁ~~~っ
ゴロゴロジェーンさん、萌えぇ~っ

見慣れた体勢ですけども( *´艸`)、リズボンの部屋でも寛いじゃってるのがツボでございましたっ

ハイタワー攻撃が炸裂する中、この余裕ったら!

あ、でもさ、アングレットを使ったジェーン作戦の時、襲われる可能性があったバンクスに事情を説明している中で、「こうなったのはリズボンのせいではなく、僕の責任です」とジェーンさんきっぱり言ってるシーンがありましたよねぇ。

余裕と見せかけて、実はリズボンの事をちゃんと考えていて、、、うぅ、なんて男前なのぉ~っ

惚れてまうやろぉ~~~っ

って、もう惚れてますけどねっ( ̄▽ ̄)
(この流れ書くの、ちょっと久しぶりっ♪)


次回以降、ジェーンさんがリズボンを守りながら、ハイタワー攻撃にどう対抗していくのか、非常に楽しみですっ



さて、今回のシメは、萌えジェーンさんではなく、たまには萌えヴァンちゃんでいきたいと思います。

リグさんとバンディーノは昔サンディエゴ警察で一緒で、リグさんがストリッパー・キャンディにモテたというエピソードをバンディーノから聞いちゃったヴァンちゃん。

恋人としては聞き捨てならない話に、思わずヤキモチっ?!

か~ら~の~っ!


メンタリストs2_17_3
ウソだよぉ~んっ


出ましたっ
ヴァンちゃんのキラキラスマイル~

かわえぇ~~~っ
萌えぇ~~~っ

このキラキラスマイル見せられちゃっちゃー、リグさんも仕事中に求めちゃうわなっ ( ̄▽ ̄)

っつうか、いつの間にか仲直りしてたみたいで、良かったわー。
でも、新たな問題が発生してるけどもーっ!
忍び寄るハイタワー攻撃に2人が耐えられるのか、ドキドキですっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)
関連記事

コメント

ハル様
はじめまして~!
コメントありがとうございますっ(≧▽≦)
各話終わった後に感想読んで頂いてるだなんて、とっても嬉しいです♡

あぁっ!確かに、ハルさんおっしゃるように、嫌な奴が出ませんねっ!
散々見てるのに、今気づきましたっ(笑)!
意地悪してくるようなお邪魔キャラが出てくるドラマって多いですもんねぇ( *´艸`)

そんな中での、ハイタワーさん・・・(--〆)
このエピソードを見た時には、“ミネッリさぁ~ん!”と心の中で叫んでしまいました(苦笑)。

ただ、個人的には、案外すぐに印象が変わりました(^▽^)
ハルさんも同じように感じて頂けるか分かりませんが、ハイタワーさんの言動の変化も今後注目ポイントかと思います♪

と、これ以上書いてしまうとネタバレしてしまいそうなので、この辺にしておきますねっ☆彡

この後も、どうぞメンタリストライフ楽しんでくださいねっ♡
引き続き当ブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

はじめまして
アマゾンプライムで見始めたのですが、あっという間にはまってこの回まで見ました。
各話終わった後にマルコさんの感想を見て復習するのが楽しみになっています。

メンタリストは、海外ドラマにしては珍しく?嫌なやつが出ない(犯人除く)ところが、自分的にはストレスなくスムーズに見れた要因なのですが、今回ハイタワーが出てきました!
うそーー!でもこれから話を広げていくにあたっては、必要なキャラなのかなーと思いつつ。

過去記事への質問で恐縮なのですが、今後、ハイタワーの嫌な奴キャラは長く続きますか?
リズボンたちに徐々に理解を示すキャラに変わってくれることを望みますが、手強そうですし、彼女自身にも秘密がありそうです。
長く続くのなら、ある程度覚悟して見ようと思いまして^^;
ふんわりとした感じでも良いですので、教えて頂けたらうれしいです。
BWY様
イケメンのアイスペロペロは攻撃力高くて、
ワタクシなんぞは、コロリでございます ( ̄▽ ̄)
ホント、鼻血出しすぎ注意ですねっ(貧血になってしまうっ!笑)!

なんと、キュウリサンドイッチとはっ!
さすがBWY様、英語学習も兼ねてご覧になっているだけありますねっ!
どれどれ、キュウリキュウリキュウリ、、、(ガン見ならぬガン耳で第17話をチェック…)

ホ、ホ、ホントだ~~~っ!
キューカンバーって言ってるんですね~~~(≧▽≦)
しかも、背景にイギリスのそうした文化があったとは!
いやはや、一つ知識が増えて嬉しいです!
ありがとうございますっ☆彡

こういうオリジナルの台詞のノリが分かると、さらにメンタリスト楽しめますねっ♪
シーズン2も終盤に差し掛かって、ジェーンさんに皮肉もサラっと言えちゃうリズボンの成長ぶりに、
ニヤニヤですなっ( *´艸`)

No title
ジェーンさんはアイス食べる時ペロペロ派でしたね(笑)
やっぱりイケメンのアイスペロペロは相当攻撃力がありますね。鼻血に気をつけてください。

あとスローカムを最初に連行してきた時に、リズボンがジェーンさんに「どうして・・・(スローカムに優しくしてるの)?」って聞いてた字幕があったんですけど、直訳だと「キュウリサンドイッチはどこ?」って聞いてて「ええ?」ってなりました。(笑)

調べたらキュウリサンドイッチは昔のイギリスの貴族の食べ物だったんですね。で、怪しいイギリス人をもてなしてるジェーンさんに皮肉を言ったんだとわかりました。

リズボンもなかなか皮肉屋になってきましたね(笑)

管理者のみに表示