「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第10話「残酷な真実」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第10話「残酷な真実(Quantico)」感想です♪


真のテロ犯に次なる動きをさせる為、芝居として逮捕されたアレックス(プリヤンカー・チョープラー)。
“逮捕されちゃったらアレックスは身動き取れないよなぁ~”、と思っておりましたが、そうではなかった今回のエピソード!

サイモン(テイト・エリントン)が良い感じでフィーチャーされておりますっ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>









ってなわけで、今回は感想でもサイモン君メインでいこうかと思います。

まず、アカデミー時代っ。

緊急で審査委員会が招集され、問題がある候補生としてナタリー(アナベラ・アコスタ)が審査対象に。
ここで噛みついてきたのが、ニマ姐さん(ヤスミン・アル・マスリー)!

首のキズが偽物だとバレちゃった為でしたが、「いやいや、サイモンの方がヤバイ事やってるっしょ!」と、ニマ姐さんが独自に弾劾っ

あの公開裁判みたいなやり方、すげぇ~怖かったんですけどぉ~((;゚Д゚))


クワンティコs1_10_1


イスラエル国防軍にいた頃、罪もない民間人を殺したと責めまくっておりましたねぇ

ニマも内紛があったレバノンで育ったがゆえに、戦犯の疑いがあるサイモンに対して猛烈な怒りがこみ上げているようでした。

しかし、サイモンはあくまで通訳の仕事や、命令に従って家族らを連れてくる役目だっただけで、その後に行われていた拷問の事は知らずに行動していたよう。

サイモンが別人格でいなければ耐えられない原因になっている出来事でもありそうですね。

んで、変な空気になりまくっちゃった場をカッコ良く収めたのは、ライアン(ジェイク・マクラフリン)!

そういえば、ロッカールームでタオルが無くなっちゃったサイモンに手を差し伸べたのもライアンでございましたねぇ。
前回のラングドンの件でイジメちゃうようなお子ちゃま候補生たちの中、一人だけ大人な対応~っ

ちょいと抜けてる印象もあるライアンですけども、今回はカッコ良かったぞぉ~。
さすが、すでに特別捜査官っ( ̄▽ ̄)


で、ニマの弾劾は一応収まったものの、サイモンの災難はまだ続きまして、ついについに退学っ
イスラエル国防軍の件が理由かと思いきや、ライアンに暴力振るった件だってよ!

そんなんあったっけ?
結構前に、廊下で首根っこ掴んでモメてたやつですかね?

あれを黙ってたから退学なのぉ?
えらい厳しいのなーっ( ̄▽ ̄)

「僕を浴室に監禁した件はどうなのさ!」って言いたくなるサイモンの気持ちも分かるよねぇ。

これで、サイモンが退学になった理由が明らかになったわけですけど、厄介者は消えてもらう、っつう感じに見えちゃって、ちょっと理不尽な退学に見えてしまいました。

なので、なんだか怪しい ( ̄▽ ̄)



さぁそして、現在の方では、、、

アレックス達が第2の爆破事件を起こしそうな同期生を探る為、監視を開始したところ、以前登場した爆弾マニアのオーレン(ヤイール・ベン=ドー)と会っていたサイモン。

途端に怪しい動きをするところが、期待を裏切らないよね~。

そして、ついには衝撃告白っ!


「爆破は僕の計画だ」だってよー!



いきなりの大告白にびっくらこきましたが、まだ先がありまして、アカデミー時代、孤立しちゃった時に爆破計画を練ったそうで、それを誰かが盗み、今回実行された、、、と話しておりました。

んもぉ~、いくら嫌われちゃったからって、時間の過ごし方が極端なんだからぁ~っ( ̄▽ ̄)

ま、サイモンは戦争に対して自分の大義を示したいような雰囲気でしたので、一連の嫌われ事件が、落ちてたモチベーションを再燃させちゃったのかな。

先を読む能力も長けてるサイモンだけに、今回の告白が真実なのか、先を読んで先手を打ったのかは分かりませんが、、、ただ、アカデミー時代に、ロッカーから爆破計画のメモがバッグからポロリしてて、誰かが見ちゃった形跡?と思わせるシーンもありましたので、真実かもしれませんねぇ。


ちなみに、監視していた事が主要キャラの同期生にバレてちゃって、せっかく団結したのに、即解散という残念なことになっておりました。

っつうかさ、あの監視って、リアム(ジョシュ・ホプキンス)やミランダ(アーンジャニュー・エリス)が極秘にやったら良かったんでないの?
アレックスが加わってるのが、なんか違和感あったなぁ。

しかも、あんだけ自由に出入りできる場所を、“立ち入り禁止”にしてるってねぇ?

リアムは元々怪しいけども、ミランダも怪しいかもしれん…。


その後、サイモンは孤立しちゃったアレックスから協力を求められますが、拒否。

どうするアレックス~!という流れで終了かと思いましたら、、、


なんと、サイモン君、



襲われてもうた~!



なになに、何者よぉ~?


あれ?


よく見たら、、、



もしや、イライアス?


だとしたら、なぁ~ぜぇ~。


アカデミー時代からサイモンに執着していたイライアス(リック・コズネット)でしたけど、今回は何が目的なのか全く分かんないなぁ。

そういえば、イライアスって、アレックスがこっそり釈放された事って知ってるんですかね?
弁護士なのに知らされてなかったら、相当ご立腹かもしれないよね ( ̄▽ ̄)
サイモンを襲っちゃったのも、仕事を奪われた恨みだったりして、、、って、それじゃあ理由がチープかっ。


とにもかくにも、アカデミー時代も、現在も、サイモンは災難続きでございました
これだけフィーチャーされてると、やっぱりキーマンはこの人なのかなぁ。

ただ、今治療中のライアンが復帰してきたら、どうなるか分からんっ



さて、その他の同期生にも気になる展開がありました。


ナタリー
・首に付けてる傷が偽物だとバレてしまい、審議にかけられちゃった事で真実が明かされておりました。

って、、、あのぉ~、イマイチその真実が伝わってこなかったんですけど ( ̄▽ ̄)

精神的な暴力を振るうクズ夫に娘を取られまいと親権を守り、さらにアカデミー卒業したら娘を奪い返す!と言ってそれを実行したようですが、、、奪い返す条件がなぜアカデミー入学なのかがよく分からなかったんですよねぇ。

元々警官なんだし、自立もしてただろうに。

で、今、旦那のところに娘はいるんだもんねぇ。
そばにいながら、一緒に生活できる環境を整えた方が良かったんじゃ?と思ってしまいました。

娘と離れるという犠牲を払いながら戦っている、そのシンボルとして傷を付けていると言っていましたが、アカデミー入学の理由にどうも説得力がなかったもんですから(ワタクシが理解できてないだけかなっ?)、ちょっと拍子抜けだったかなぁ。


シェルビー&ケイレブ
・またもや男前なところを見せたケイレブ(グラハム・ロジャース)!
シェルビー(ジョアンナ・ブラッディ)の異母姉が詐欺師だった事を突き止めておりましたねぇ

いっぱい搾り取られてもうたなぁ
両親がいないシェルビーちゃんの寂しさにつけ込みやがって~、許せんっ!



さて、第2の爆破では、民主党全国大会が狙われているようですが、、、これってケイレブのおっかさんが立候補してるやつかな?

となると、ケイレブが事件に絡んでいる可能性もあるわけでして、最も怪しいサイモンから、ケイレブに、もしくはほかの誰かに第一犯人候補が移っていくかもしれません。




あ、シメようと思ったところで思い出したーっ!
ちょびっとだけあの方が出演してたんだったー!


クワンティコs1_10_2
マーク・ガニーメさん!


お姿を拝見するのは「HELIX」でのバリエセロス少佐以来ですけども、いやぁ~、相変わらず男前っ

今回は、イマイチ立ち位置が不明な役どころだったけどね ( ̄▽ ̄)
同期生ではないですよね?
先輩候補生?
なんなのぉ~!

よく分からないまま、今回だけの出演で終了…。
ぐすん




ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪







関連記事

コメント


管理者のみに表示