「ホワイトカラー」シーズン5 第13話(最終話)「ホープダイヤの在り処」感想♪

「ホワイトカラー」シーズン5 第13話(最終話)、「ホープダイヤの在り処( Diamond Exchange )」感想です♪


ホープダイヤ探しやハラハラドキドキな局面、さらにピーター(ティム・ディケイ)とニール(マット・ボマー)のそれぞれの進退など、さすが最終話といった感じで、盛り沢山に描かれております。

お宝探しって、やっぱりワクワクしますねっ( *´艸`)



※「ホワイトカラー」シーズン5、エピソード感想目次はコチラです。



以下、ネタバレあります>








前回は“モジ子に危険が迫る!”な展開で終了いたしましたが、案の定レベッカに襲われてしまい、ニールの部屋で気を失っていたモジ子(ウィリー・ガースン)。


なんと、毒を盛られてもうたよぉ~!
しかも、5~6時間で死に至る猛毒っ


ひぃ~~~っ((;゚Д゚))

ぞぞぉ~~~っ((;゚Д゚))


あんにゃろー、ホント容赦しねーのなっ!

手荒くいくのか、ジワジワいくのか、レベッカ(ブリジット・リーガン)の出方が気になってましたが、、、両方を兼ね備えた絶妙なやり方でないのぉっ


しかも、ニールに対して、ホープダイヤを探して持ってくれば、解毒剤を渡すと取引っ。

モジ子に情報を吐かせて自分で探しに行くのかと思ってましたが、ニールに探させるっつう、、、毎度毎度図々しいのぉ( ̄▽ ̄)



んで、ここからホープダイヤ探しが始まるわけですが、謎解きがまだ完全に終わっていない中、モジ子が導き出したシンボルの数字を見て閃いちゃったのが、ピーター。

数字の並び方から、緯度と経緯だとピ~ンときまして、座標を示していることが判明いたしました。

よっ
部門長
栄転目前で冴えまくり


と、部門長を持ち上げてみたものの、、、これぐらいの閃きだったら、モジ子も気づきそうじゃないですか?

あっ、でも、モジ子は知識豊富すぎるから、複雑に考えすぎちゃってたのかな?


座標が示していたのは、同じニューヨークにあるフォートトッテンという1862年に造られた軍事施設。

ちなみに現在は周辺が公園などになっていて、憩いの場として人気スポットのようです。

ロケ地巡りに加えないとだわっ(なんちって)。



フォートトッテンという場所は分かったものの、ホープダイヤがフォートトッテンのどこに隠されているかという手掛かりは何もないまま探すことになったピーター達でしたが、猛毒に冒されながらも同行したモジ子が、33段の螺旋階段を発見!

そこからトントン拍子に謎は解明していきまして、ついにはホープダイヤとご対面~



ホワイトカラー5_13_4



ついでに猛毒の方もトントン拍子で、ピーターの事を「バークさん」とラストネームで呼んじゃうという、モジ子さんにとってあり得ない症状が出たと思いきや、ついにダウン


ホワイトカラー5_13_5



あぁ、モジ子がホープダイヤを見つけたあの場にいたら、どんだけテンション上がってただろうなぁ( ̄▽ ̄)




ホープダイヤに近づくヒントがとにかくフリーメイソン絡みで、今回は特に33という数字や三角形がフィーチャーされておりましたね。

ただ、粘土の上に煉瓦の絵を描いて隠してあったホープダイヤの在り処に関しては、フリーメイソン寄りになっていた流れを、モスコーニが画家でもあったという点をフィーチャーして、そもそもの発端がモスコーニの写本であったことを思い出させてくれるような展開でした。



いや~、今回のお宝探し、面白かったな~
ダイヤも見つかったし、めでたし、めでたし!





んなわけないよなー。




あんにゃろーですよっ!





レベッカーーーっ!



ホントこの人、とことんワルよのぉ~。


待ち合わせ場所での取引だと思わせておいて~の、フォートトッテンにお出まし。


レベッカがニール達の前に現れた時にゃあ、ビクッとしてしまいました( ̄▽ ̄)


ホワイトカラー5_13_7




くっそー!
思いっきりレベッカに騙されたわいっ!



ま、でも一つ感じたのは、ここ数話、ニールと上手い事恋愛関係になった赤毛のレベッカが、ニールを騙したり、挑発的な態度をとる事にムカついていたのですが、今回のレベッカはイメチェンして殺し屋然とした雰囲気になったので、憎たらしさが少し和らいだのですよね。

ニールも褒めてたけど、ニューヘアスタイルがかなり似合っていて、こっちの方が全然イイしね~。

って、、、なんか、憎たらしさが和らいじゃってる自分にちょっと腹が立つ( ̄▽ ̄)



でも、散々悪さをしてきたレベッカも、ついに降参!

ホープダイヤをすり替えたニールがレベッカの戦意を喪失させ、逆転勝利をおさめました


まいったかー!!!



ただね、レベッカの降参が意外とあっさりしてた印象持っちゃったんですよねぇ

最後の悪あがきで、ニールを傷つけちゃうとか、海に飛び込むとかやってくれるのかと思ってました( ̄▽ ̄)

ホープダイヤがすり替えられてて大ダメージ受けたのは確かですけど、やっぱりニールへの愛が邪魔しちゃったんかな?

ホワイトカラー5_13_1
結構ハラハラしながら鑑賞



♪あんなことぉ~こんなことぉ~あったでしょ~♪と、ニールが回想するような表情でレベッカを見つめ、その後は、ようやくレベッカへの未練を本当に断ち切れたような清々しい表情も印象的でした。

今シーズン、レベッカ役で登場したブリジット・リーガンさん、途中から本性を見せ豹変するレベッカをとても上手く演じてくれまして、おかげさまで、散々あんにゃろーと言わせてもらいました。

特に、第12話の公園で豹変したシーンは、驚きを通り越して爆笑してしまうという、ワタクシの中では最高に印象に残る場面となりました。

ブリジットさん、ありがとー!



さて、今回のレベッカ逮捕は、ニールが自分で決着をつけた感もありますが、忘れてはいけないナイスアシストコンビがおりましたね~。

ダイアナ(マーシャ・トマソン)&ジョーンズ(シャリフ・アトキンス)

特に、レベッカ脱走後に起きた窃盗事件から製剤会社に目を付けたダイアナの鋭い視点はブラボーでございました

ホワイトカラー5_13_2
ダイアナがいた方が存在感引き立つジョーンズ君



解毒剤が分からなければ、ニールもあそこまで強気に出られなかったかもしれないもんね。


ってなわけで、モジ子さんもご無事でなにより。

ホワイトカラー5_13
一時はフランス人にもなっちゃったモジ子




そして、ホープダイヤの方は、結局誰のモノにもならず、国務省の預かりになることに。
モジ子さん、残念!
ま、無難なところに落ち着きましたよね。


んで、ニールの方は、ホープダイヤよりも、自由の価値を選び、ピーターも釈放の申請が良い方向に進むような話しぶりでしたが、、、却下!

あぁ、、、まぁねぇ、、、なんとなくそんな流れになるのかなぁ~という感じもしましたけどー。

でも、ニールがモジ子に話していたように、犯罪者というラベルが剥がれたニールが、どんな生活をするのかも見たかったです。

特にこのシーズン5では、この先も犯罪者として生きるのか否か、という部分がフィーチャーされていたところもありましたので、ニールがきっぱりと足を洗うと宣言した時には、「よく言った!王子!」と、喜んでいたんですけどねぇ(ちと寂しさもありつつ)。


そして、却下されちゃって傷心のニールに、さらなる悲劇がっ!




拉致られたぁ~(T△T)



マジかぁーーーっ!


と、思ったと同時に、、、

逆に変な気起こして騒動起こす前に拉致られて良かったかもっ、と、一瞬頭をよぎったワタクシ。

きゃー、心がヨゴレ~。


あぁ、、、ヨゴレな自分を感じながら、シーズン5も案の定クリフハンガーな終わり方で、個人的にはなんとも後味の悪い最終話でございました( ̄▽ ̄)


はて、あの怪しい男は誰なんでしょうかっ?

完全おニューな敵キャラかなぁとワタクシは予想してるんですが、、、ニールが釈放されなかったっつう情報をどこかから聞きつけ、それならば絶好のタイミング到来!とばかりに、ニールの仕事っぷりに目を付けた闇商売のボスがニールを欲しがった、、、みたいな?

いや、ちとストーリー的には弱いかっ。

ただ、そう簡単には、ニールの「犯罪者」というラベルは剥がれないっつう展開に持っていくのではないかと思っております。

当たるかな~。どうかな~。


足枷も外されちゃいましたので、流れからして、ピーターがこれを知ったらニールが逃げたと思いそうですよねぇ
ここ最近はニールへ不信感を抱くピーターの姿の方が印象に残ってるしなぁ。

しかも、ニールの釈放却下で、ニューヨークに残ることにしちゃったピーター。

エリザベス(ティファニー・ティーセン)と遠距離婚になってでも残る決意をしたのに、この展開は波乱が起きそほ~。
同じニール失踪でも、あえて逃亡させたシーズン3の終わり方とは訳が違うもんねぇ。



ってなわけで、なんだかんだ言ってもやっぱりニールが心配でしょうがない、という本来のピーターが最後の最後でようやく出てきた感があったシーズン5。
でも、全体的にはずっとニールとピーターがギクシャクしてたもんですから、正直言いまして、他のシーズンに比べてちょっと面白さを感じられませんでした。

なので、自然とワタクシの、きゃぁっきゃぁツーツーも、ちょっと控えめになってしまい、なんかすいませんでしたー(?)。


お詫びと言ってはなんですが、最後は盛大に、マット王子でテンションアゲながら、「ホワイトカラー」シーズン5感想を終えたいと思います。

マット王子_1
「あっ埃が!」とか言いながら、
胸板をお触りしたひ



これさ、画像加工用に右側をワザと空けてるんじゃないかと思ってるんですけどっ(アホ)。

王子とツーショットですよっ!

きゃぁ~~~っ

ツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツー(鼻血音)。


あ、ツーショットって、ツー(鼻血音)ショットになっちゃったりしてぇ~(≧▽≦)

… …

( ºωº )チーン

テンションあげたら、アホ丸出しになってしまいましたので、いい加減ドロンいたします。


「ホワイトカラー」シーズン5、感想ご覧頂き、ありがとうございましたっ


マット・ボマー主演、Amazonオリジナル作品
↓『ラスト・タイクーン』も配信中です↓


30日間無料体験できます♪



ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



関連記事

コメント


管理者のみに表示