「メンタリスト」シーズン1 第9話「真っ赤な炎」感想♪

「メンタリスト」シーズン1、第9話「真っ赤な炎(Flame Red)」感想です♪


今回はマルケサの農場で発生した放火殺人事件に挑むお話。

メンタリストにおける犯人って、ヒントを示してくれているパターンが多い事に最近やっと気づきまして( ̄▽ ̄)、ちょっと注意しながら観てみました♪


が、、、分からんかったー!

自分がおバカなのをすっかり忘れておりましたー。

ジェーンに萌え萌えしてるのがワタクシには丁度いいようです( *´艸`)
あと今回は、リグスビー(オーウェン・イオマン)とヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)にも萌え萌えでございましたっ



※「メンタリスト」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>








放火殺人の方は、水が湧き出る土地を巡ってのいざこざで、土地の所有者だったデーヴが以前殺され、復讐心に燃えるデーヴの友人・トミー(フレッド・コーラー)の仕業でございました。

読んでいない文学教授もいるという小説「白鯨」を、トミーが所有していたことが決め手っ

所有しているだけでは分からないので、小説に出てくる船の名前・ピークォッド号を“ピーポッド号”とジェーンがわざと間違えて、トミーが実際に読んでいるかどうかを確認するような場面もございましたね。

あと、冒頭の方で、夫・リッチを亡くしたスーザンの家に訪れた際のTシャツも、ヒントになっておりました。


トミー



くぅ~っ。

こんなTシャツ着てたなんて気づかなかったぁ~

トミーの迫真の演技に気がいっちゃってたもんなぁ。

小説「白鯨」も、初めて知りましたしねっ( ̄▽ ̄)

これじゃあワタクシ、トミーが怪しいとは閃かないわなっ


あ、トミー役のフレッドさんは、「LOST」のシェイマス役の人なんかーっ!
シェイマスって、ソーヤー達が捕まって檻に入れられてる時に出てきた、、、

って、大好物ドラマ「LOST」なのに全然覚えてない( ̄▽ ̄)

んもぉ~、観察眼も記憶力もダメダメですねぇ
ジェーンさんの爪の垢を煎じて飲みたいですっ。
ぐふっ(目的がなんか違う)。


んで、トミーの復讐心に絡めまして、ジェーンのレッド・ジョンへの復讐心を描く場面もございましたね。

「捕まえたら、じわじわと死なせる」と、メラメラ

リズボン(ロビン・タニー)にはサラッと言っていたように見えたけど、心の中は煮えたぎってるのかもなぁ。

法よりも正義なジェーンは、今回デーヴを殺した一人・ベン(ダニー・ヌッチ)に対しても手荒い手法で罪を自白させてましたが、この調子だと、レッド・ジョンが捕まったらホントにやりかねないかも・・




さて、気分を変えまして、ここからは萌え萌えで( *´艸`)


今回のジェーンさんは農場グッズと戯れておりましたね~


ジェーンとかかし
ジェーンとかかし



ハッ!

今写真見て気づきましたっ!

ベンをハメる時に、ジェーンが変装してたのって、このかかしさんから拝借した衣装なんかーっ!

ぬおぉぉぉぉ~~~~っ


ネルシャツジェーン


納屋の中では赤い帽子も着用(お髭はさすがに省略したジェーンさん)。

あー、こんなところにも観察眼ポイントあったとはなぁ~。

ニクいねぇ~( ̄▽ ̄)

メンタリストではスーツ姿なジェーンばっかりなので、チェック柄シャツのジェーンは非常に新鮮でございましたっ



あと、ジェーンさんの萌え萌えはですね、、、


ジェーンとトラクター
紳士の佇まいで農業機械に乗るジェーンさん



んもぉ~、なんでも興味持っちゃうんだから~

でも、こういう好奇心こそが知識へと繋がっていったりして、ジェーンの頭の中にある巨大な情報倉庫に収納されていくのかもしれませんね。




さぁ、そして・・・。


今回はなんといっても、リグスビーとヴァンペルトでございますね~( *´艸`)

これまでリグスビーがヴァンペルトにゾッコンなのは描かれてましたが、ヴァンペルトがどう思っているのかは分からず・・・。


が、ついに明らかにっ!

いやっほぉ~いっ



自宅が放火されたピラーを助けたリグスビーは腕に火傷を負ってしまい、強力な鎮静剤を飲んだことで、意識朦朧。

命の危険を感じた事と、鎮静剤効果からか、看病していたヴァンペルトに対して、どストレートに愛の告白!

ヴァンペルトの“グレース”というファーストネームを「良い名前だ~上品だ~」と、褒めてからの~


「愛してる、グレース


きゃぁ~きゃぁ~(≧▽≦)


んでんで、ヴァンちゃんはどうなのぉ~?!


ヴァンペルト耳ふさぐ
耳をふさいで「んーんー」と愛の告白を相殺!




やだぁ~、もぉ~、かわいすぎる~っ


でも、この仕草じゃリグスビー玉砕か、、、と思ったら、


「私も好きだけど、同僚だし規則もあるし、、、付き合う事になったらどちらかが飛ばされちゃいます」


って、、、ヴァンちゃんも好きなんかいっ!


なによぉ~もぉ~。
あの「ん~ん~」は照れ隠し?
余計カワイイやないかぁ~いっ


いやぁ、ヴァンペルトはウブですんごい真面目なんだなぁ。
そういうところがまた魅力的ですね~


んで、折角ヴァンちゃんが照れながらも思いを伝えてくれたのに、リグさん薬のせいか爆睡( *´艸`)
告り逃げでございます。


こりゃあ2人の恋模様、俄然面白くなってきたな~
ジェーンがこの2人をどうイジっていくのかも期待したいですっ( *´艸`)




【おまけ萌え】

感想を終えようと思ったところで、もう一つ萌えポイントあった事を思い出しました。



地毛か確認



このシーンのテンポ感サイコーだったなー。

地毛か確認したいっつうチョウさん(ティム・カン)が、リース(ジョエル・ビソネット)の返事を待たずに、髪の毛鷲掴みっ

掴まれた時のリースの「Ah~!」っつうのもツボすぎちゃって、何度も観てしまいました( *´艸`)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



関連記事

コメント

Sei様
Sei様、ご無沙汰しております~(*^▽^*)
シーズン1もご覧になってるのですねっ!
シーズン1と2は個人的に大好きなので、この先もメンタリストライフをお楽しみ頂けるのではないかと思います♪

さて、、、

江戸川乱歩シリーズ!明智小五郎!
いやはや、懐かしすぎます~っ(≧▽≦)
ワタクシ、がっつり昭和世代なので分かってしまいました(笑)♪
小学校の頃も、図書室でよく児童用の江戸川乱歩シリーズを借りたりして、、、あぁ、遠い目。

ワタクシが観ていた頃の土曜ワイド劇場は、天知茂と北大路欣也さんだった記憶があります。
明智君はなかなか小洒落た風情で変装も得意だったりして(これは天知茂さんの時代だったでしょうか)、
解決策もユニークでしたよね♪
そういうところがまた、子供心をくすぐりました。

とはいえ、ワタクシは1ミリも明智君を思い出さず...(;^ω^)
きっとSei様の中には強い記憶として残っていたのかもしれませんね☆彡

「メンタリスト」の方は犯人分からずで大変な回が続くかと思いますが(笑)、
当ブログとともにお楽しみ頂けたら幸いです。
(シーズン1の頃はまだ文章スタイルが定まっておらず、ちょっとお恥ずかしいのですが笑)

マルコ様
先日、シーズン4の途中からメンタリストデビューして、二回ほど書き込みしたモノです。

今回のストーリー、萌えポイントも良かったけど、僕には少し懐かしい部分が。。。
居ないはずの人間に扮するためマスクして、ジェーンさんが犯人を誘導した場面。
あれを見た瞬間に、
某テレビ朝日系の土曜ワイド劇場、ドラマ江戸川乱歩シリーズの推理探偵、明智小五郎と似たような事件の解決法に思わず、なつかしい~と汗
僕の親が好きで見させられてた僕の、幼少期の頃の記憶がよみがえるシーンでした。
すみません。たぶん知らないと思いますので、気になる場合はググって頂ければ恥
あのドラマは、最初から犯人が分かるシステム(これもググって頂ければ)なんですが、メンタリストは最後のどんでん返しが一回なのか二回なのか分からないので。。。見てるこちらは毎回大変です笑

さて、今回出てたトミー君。あれ、そういえば、あ~でも、ここまでにしておきますね。

シーズン4を見終わって、メンタリストに対して消化不良を起こしてました。
なのでシーズン1の最初から、少しずつ見始めてます。
一話を見終わって気になるところがあったら、マルコ様のページに飛んでおります。
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
長くなりました。
izumi様
このエピソードもワタクシ大好きなエピソードです( *´艸`)
あのおまけ萌えは、何度見てもクスッとしてしまいますっ♪
クールなチョウさんが、ああいう事するのが余計に良いですよね~ ( ̄▽ ̄)
No title
このお話は萌え萌えポイントたっくさんありました~☆
きゅんきゅんしながら見ました!
マルコさまのおまけ萌えのシーン、私もつぼでした!
チョウさん、意外とおちゃめでいいキャラですよね♪大好きです☆

管理者のみに表示