リベンジの記事 (1/3)

「リベンジ」シーズン4 感想ネタバレ目次♪

「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ目次です♪


エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)の長きに渡る復讐がひと段落した感があったシーズン3。

しかし、エミリーパパのデヴィッド(ジェームズ・タッパー)が生きていた事で、新たな展開になっていきます



【リベンジ S4】
感想・ネタバレ記事一覧


第1話「再生(Renaissance)」

第2話「暴露(Disclosure)」

第3話「焼跡(Ashes)」

第4話「流星(Meteor)」

第5話「波紋(Repercussions)」

第6話「打撃(Damage)」

第7話「奇襲(Ambush)」

第8話「接触(Contact)」

第9話「諜報(Intel)」

第10話「代償(Atonement)」

第11話「追悼(Epitaph)」

第12話「執念(Madness)」

第13話「誘拐(Abduction)」

第14話「系譜(Kindred)」

第15話「獲物(Bait)」

第16話「怨恨(Retaliation)」

第17話「喪失(Loss)」

第18話「決断(Clarity)」

第19話「激白(Exposure)」

第20話「炎上(Burn)」

第21話「余波(Aftermath)」

第22話「懇願(Plea)」

第23話「墓穴(Two Graves)」


↓「リベンジ」以外の海外ドラマ感想記事一覧はコチラです
●海外ドラマ感想記事・目次


↓「リベンジ」全シリーズ配信中★↓

30日間無料体験できます♪



リベンジ シーズン4<ファイナル> コンパクト BOX [DVD]





よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

クリックありがとうございます!



「リベンジ」シーズン4 第23話「墓穴」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第23話「墓穴(Two Graves)」感想です♪


ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)の生存を突き止めたベン(ブライアン・ハリセイ)が殺害されてしまい、エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)は無罪を証明するきっかけを再び失ってしまいましたが、今回また驚きの一手を繰り出してきます( *´艸`)

全4シリーズを締めくくるエミリーvsヴィクトリアの最終決戦、結末はいかにっ?


最終回ということもありまして感想は長めになっております。
ご了承くださいっ。


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>








いや~、率直な感想はですね、面白かったです!

ただし、

ゲラゲラ路線の面白さも相まってな感じではございましたがっ( ̄▽ ̄)

前回、良い感じで盛り上げてくれたので、正当な面白さを期待してたんですけどねぇ。

でも面白かった事には変わりないので、内容の方を書き進めてまいります( *´艸`)



まず、遠藤君の死を知ったエミリーがどんな手を打ってくるのかと思いましたら、ヴィクトリアの殺害を認めると刑務所に移送される事を利用しまして、



脱獄!


エミリーさん、無罪だからって、やりたい放題じゃないのぉ~。
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


“海外ドラマで脱獄”っつうと、どうしても「プリズンブレイク」を思い出してしまいますが、、、エミリーの場合は体に地図を書いているわけでは勿論ございませんので、ノーラン(ガブリエル・マン)と共謀。

かねてよりエミリーとノーランは、各刑務所のシステム情報等をすべて調べあげていて、どっちかが捕まったらよろしくね!ってな感じで用意していたそう。

リスクマネジメント、すげーのな。


んで、これがまぁ実にあっさり成功でね。
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


話のニュアンスとしては、厳重警備な刑務所にわざわざ入った、みたいな感じでしたけども、その方が留置所から脱出するよりも計画を実行しやすいってことだったのかな。

第一級殺人を犯した人達がいるような所だろうに、まんまと脱獄される刑務所も刑務所だでっ
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


ま、なにはともあれ、シャバの空気を吸えたエミリーさんは、次なるゲラゲラシーンへと突入すべく、ジャック(ニック・ウェクスラー)と共にメアリー・ゲインズの家へ。

色々と調べるも、脱獄のニュースが思ったいたよりも早く流れている事を知り、メアリーの家で待機することにしたエミリーとジャック。


ま、何もないまま過ごすわけがないわけで、


リベンジ_s4_23_3


はいはいはい。

そうなっちゃうよねー。

前回お預けだったしねー( *´艸`)



って、、、


ちょっとちょっとー!


この勢いで、



最後までお済ませになるとは!



ここでっ?!
他人様のお宅よっ?


どんだけやりたかった、、、おっと、失礼、、、

どんだけ乳繰り合いたかったのよぉー。
(この表現も微妙ですけど)

( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


あのぉ、逃亡とHは別腹、みたいな描写って、映画とかドラマで結構見かけるので、それほど驚きはなかったのですが、遠藤君が殺された場所なのを悟ってからでしたよね?


んもぉ~、エミリーさんもジャックも節操ないわー。
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

2人の乳繰り合いシーンはもうちょっとロマンチックなシチュエーションを個人的には希望してたんですけどねぇ。

ま、再会してから4年も我慢してたんだからしょうがないかっ、ふふふ。



んで、まさか他人が自分のベッドで乳繰り合うだなんて想像もしていなかったであろうメアリー・ゲインズさんですけども、この人に関して衝撃的な事実が判明しておりましたね。


メアリーさん、がっつり赤の他人かと思ってたら、


なんとヴィクトリアの母親!


実の母親を吹っ飛ばしたんかいっ!

ひぃ~~~(((;゚Д゚)))ガクブル


歯形の件はどうしたのかと思ったら、治療記録をすり替えてたんですねぇ
結構ホラーな感じとか想像しちゃってたので、ノーマルな仕掛けで良かったです( ̄▽ ̄)


でさ、ヴィクトリアが爆破事件を起こすきっかけって、エミリーのTV告白で世間に敵視された事に耐え切れなくなったからかと思ってたら、母親・マリオン(本名)との会話にあったんですねぇ。

エミリーがTV告白した夜、ヴィクトリアは突然マリオン(エイドリアン・バーボー)から連絡を受け、入院先の病院へ。

そこで、自分の父親に関しての衝撃告白が飛び出しておりましたねぇ

かつて、乙女時代のヴィクトリアがベッドに連れ込んだ(マリオン曰く)男性は、マリオンとも寝ており、ヴィクトリアはその男性との間に出来た子供だったようです。

この男って、今まで出てきた人ですかね?

会話からすると、ヴィクトリアが最初の方で、
「(トーマス殺害で精神鑑定の為に入院させられていた病院から)家に戻ってきたら、あの嫌らしい男がいた」と言っていた時の男と、

マリオンが父親を告白する時に言った「お前がベッドに連れ込んだ、あの嫌らしい男だよ」の男が同一人物であるとすると、マリオンが結婚していた男・マックスウェルっつう事になりますかね?

この辺りのヴィクトリアの過去が描写されたのがシーズン2なので、詳しい描写を覚えていないんですが、確かにマックスウェルはヴィクトリアにも目をつけていたわけで、、、たぶんマリオンから見たら「連れ込んだ」なんだろうけど、ヴィクトリアにしてみたら、性的虐待を受けた忌々しい記憶・・・

マックスウェルの事だとすれば、実の父親に性的虐待を受けたわけで、それに対してマリオンは守ってくれるどころか、自分を家から追い出すは、のちにマックスウェルと結婚するは(ヴィクトリアを妊娠した時は付き合ってたのか、不倫だったのかな?)、散々な仕打ち!

マックスウェルじゃなかったとしても、自分と寝た男と母親が寝た男が一緒って、、、それだけでゾゾォ~だわな( ;∀;)

しかも、マリオンは被害者面を貫き通しまして、「お前から身を守るために名前を変えた」だの、「私と同じ目に遭った子(エミリー)がテレビに出てた」だの、いけしゃあしゃあと言ってのけまして、超ド級の毒親っぷりを披露しておりました。

さすがに、こんな毒親見ちゃうと、ヴィクトリアが極悪女になってしまったのも分かるような気がするけども、今回のエピソード中に出てくる“自分の選んだ道が自分を決める”というテーマから見れば、母親と同じような道を選んでしまったのだから、自業自得かぁ…。

しかもさ、エミリーとマリオンに対しての復讐を同時に行うという一石二鳥爆破をやってのけるだなんて、もはや母親以上の極悪人になってもうたよね。


さて、その極悪人の結末はどんなものなのか?
コンラッドの場合はデヴィッド(ジェームズ・タッパー)に刺殺されましたけども、ヴィクトリアの場合は?

生きて終わるのか、死んで終わるのか、、、2度も死んだと思わせておいて生存してましたので、もうこうなったら生きて終わるんじゃないかと思っていたんですが、結末は、、、




撃たれて死亡。



そして、撃ったのは、エミリーではなく、



デヴィッドでございました。




あー、これはこれで良かったかな。

そもそも、おとっつぁんが既婚者であるヴィクトリアと恋仲になっちゃった事が発端だったわけだから、とどめを刺したのがおとっつぁんだったのは美しい終わり方だったように思います。


でも、エミリーも瀕死のヴィクトリアに撃たれちゃったけどね


で、これがラストの意味深なエミリーの悪夢に続いていくことになるわけで・・・。


その夢は、エミリーが心臓移植によって一命をとりとめる、というもので、心臓の提供者は、なんとヴィクトリア!

本当に夢なのか?
まさか現実なのか?

視聴者の想像にお任せするパターンできましたけども、これ夢だったとしても、復讐に命を懸けた人間が、完全に足を洗って清廉潔白に生きていくことはできるのだろうか?というメッセージのようにも見えました。

しかもさ、ハッピーエンドであれば、エミリーとジャックが船出していくシーンって、穏やかな海で撮影するんじゃないかと思ったんですけど、船が結構上下するぐらいの波が立ってる海でしたよね( ̄▽ ̄)
おまけに船は元々グレイソン家のものだしっ。

こういう描写を観るに、エミリーに完全な幸せが訪れるのかどうか分からないよ~ん、みたいなニュアンスが出ていたような気がしました。
グレイソン家の記憶も一生つきまといそうだしねぇ。
それが復讐の代償ということでしょうか。


でもさ、絶対幸せになって欲しいどー!
やっとジャックと結婚できたんだもんねぇ


リベンジ_エミリー&ジャック
か~ら~の~

リベンジ_s4_23
きゃぁきゃぁ~(≧▽≦)


あぁ、感慨深いですねぇ・・・。

長かった。
ホントに長かった。

今回もさ、エミリーはヴィクトリアに撃たれ、ドンピシャBOYで巻き込まれキャラなジャックは、最後も期待を裏切らずホワイトゴールド(コートニー・ラブ)に刺され、一時は瀕死カップルになってしまうというピンチを迎えましたが、ちゃんとハッピーエンドでホッといたしました。


エミリーはエイダンの事も相当好きだったと思うんだけど、あくまでもエミリー・ソーンとして愛した男性であり、アマンダ・クラークという本当の自分が愛していたのはジャックだったんだろうなぁ。

ま、ジャックの方は、ずーーーーーっとアマンダを愛しっぱなしでしたけどね( ̄▽ ̄)
(途中でマルゴーやらケイトに走ったけども)

ジャックが一命を取りとめ、病室でデヴィッドに結婚の許可をもらうシーンも良かったな~。
めっちゃ感動してもうた

まさか意識を取り戻してすぐに言うとは思いませんでしたけども( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


おとっつぁんも即答でOKで、、、でも、エミリーの花嫁姿を見ずに天国へ


リベンジ_s4_23_1



あぁ、、、。

ただ、デヴィッドもコンラッドを殺害したり、マルコムブラックに命令されて人を殺めてしまったわけで、やはり殺人を犯した者の最後がハッピーエンドなのも違和感あるから、きちんと収まった感じはしました。



収まり具合としては、マルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)に関しても、最後は罪を償う気になりまして、うまいこと終わりましたね。
ブレブレキャラは最後までブレブレだったけど、こういう心変わりは大歓迎でございます( *´艸`)

その最後のブレブレを引き出したのはノーランでしたよねぇ。
善として生きるのか、悪として生きるのか、マルゴーに選択させたのはさすがでございましたねぇ。

んもぉ~、どんだけ良い人なのよー。
ホワイトゴールドと関わった記録だって消してあげちゃってるしさー。

こんな良い人なのに、エミリーやジャック以外に友達いないのが信じらんないんですけどっ( ̄▽ ̄)

ノーランだけ分かりやすいクリフハンガーな感じで終了しましたが、この先、エミリーのような信頼できるパートナーができるといいですねぇ。



あり?

そういえば、前回気になってたんですけど、メイソンはぁ?

あんにゃろー、ヴィクトリアと共謀したくせに、とんずらしたまま終わりなのぉ?

えーえーえー。

ヴィクトリアとどんなやり取りしたのか気になってたのにー。


と言ってみたものの、最終回観終わっちゃうと、別にどうでもいいポイントかな( ̄▽ ̄)




ってなわけで、シーズン4、なんとか鑑賞終了いたしました。

途中何度か、「最終回?」と思ってしまうような展開で、観続けられるかどうか自信がなくなったりもしましたが、最後を迎えられてホッとしております。

んで、シーズン4を観終わって一番強く思うのは、中盤ぐらいまで「コンラッドのおっさん戻ってこ〜い!」と何度か書きましたが、やはりコンラッドの存在がいかに大きかったかを思い知るようなシーズンでございました。

あの超絶極悪なおっさんがいたからこその「リベンジ」だったし、ヴィクトリアのキャラも活き活きしてたんだなぁ。

シーズン3までを本編と考えて、シーズン4は、“その後皆さんはどうなったでしょうか~”ぐらいのオマケ的感覚で観たら丁度いいかもしれませんねぇ。


と、ちょっと辛口になってしまいましたが、大好きなドラマの一つなだけに、ついつい(*´з`)

ま、シーズン4に関してはゴニョゴニョって感じなんですけど、全体通しては、本当に楽しませてもらいました。

エミリーやジャック、ノーランにもう会えないなんてねぇ、、、うぅ。

ドドォーーーッ


無事生き残った登場人物達の幸せを切に願います


リベンジ_s4_23_2


今までありがとう~!

.

※「リベンジ」は終了しましたが、当ブログは継続します( ̄▽ ̄)


ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第22話「懇願」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第22話「懇願(Plea)」感想です♪


がっつりハメられて逮捕されてしまったエミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)。
無罪を証明しようと、動ける範囲で調べを進める中、驚きの真実がっ!

いやぁ~、久々に「リベンジ」観ながらワクワクドキドキいたしました( ̄▽ ̄)

これこれ~
これを待ってましたっ


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>










あー、今回はマジで面白かったっす。

これぞヴィクトリア!(マデリーン・ストウ)な展開でございましたね~。



なんと、ヴィクトリア様、






生存っ!



前回観た時点で、生きてる可能性をちょびっと期待してはおりましたが、さすがにないかなぁ~と思ってたんですよね。

でも、生きてるパターンできたかー。


いや~、どんだけ悪に染まってんだ、あの人( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


エミリーも言ってましたけど、きっかけはエミリーがTV出演してから世間が一斉にヴィクトリアを敵視した事であり、それでヴィクトリアの悪女魂に火がついてもうたんでしょうねぇ。

ヴィクトリア渾身の復讐計画、そりゃあ恐ろしいものでございました。


まさか、駐車場で襲われた時点で始まってたとはね!

しかもあの時、黒装束で襲ったのは、



マルゴー!
(カリーヌ・ヴァナッス)



そうきたかぁーーーっ!

エミリーじゃないだろうなぁとは思っていたものの、ホワイトゴールドさんっつうのもちょっと違和感あったので、妙に納得でございました。

いやぁしっかし、前回、ブレブレシスターズ(マルゴーとルイーズ)の出番はもうなくなってしまうのでは、、、なんて思っておりましたが、悲しんでるフリしといて、実はヴィクトリア一味として、がっつり加担してたとはっ!

やるのぉ~!
さすがパスカルの娘っ!

メイソン(ロジャー・バート)をルマルシャル社の車で送ったりもしておったー。
ま、会社の車を使っちゃうところが、マルゴーの詰めの甘さが出てて、クスっとしちゃうところなんだけどもっ( ̄▽ ̄)


で、その後、前回種明かしがあったように、メイソンがエミリーの車に偽装工作。

さらにメイソンは、ヴィクトリアが書いた遺書は、他人が偽造したように見えるよう協力もしておりました。

あんにゃろー、ヴィクトリアとどんな取引したんだろうなぁ。
今回は姿を見せずでしたけども、最終回ではその辺も語ってもらいたいところです。



そして、爆破の偽装工作ですよね。

ヴィクトリアは監察医にお金を渡し、メアリー・ゲインズという引き取り手のない遺体を入手。

歯形の件はまだ明かされなかったですが、恐らく自分の歯形をどうにか細工したんでしょうねぇ。
どうやったんだか、、、ゾゾーッ(((;゚Д゚)))

んで、メアリーの遺体をエミリーの家(グレイソン邸)に運び、爆破は導火線を利用して着火。

その間に女王様はとんずら~~~


よっ極悪女

これぞヴィクトリア


ひゅ~ひゅ~っ


シーズン4では、しょぼくれちゃったヴィクトリアの姿を目にする事が多かったですけど、それは極悪ヴィクトリアのカムバックを引き立たせる為の長い長い助走期間だったのかもしれませんねぇ。


ま、でもエミリーは収監されながらも、ここまでよく迫ったよね。

最初、足首に追跡装置を付けられた時には、「ホワイトカラー」のニール・キャフリーを思わず思い出してしまいましたが、その後ノーランの協力で追跡装置を外して外出。

でも、これはあっさりバレちゃって、完全に収監。
そんな中思いついたのが、マルゴーをハメて、“牢屋の中で会っちゃおう計画”!

強気なマルゴーも、エミリーにすごまれて、さすがにやべぇ~と思ってペラペラ喋っちゃったんだろうなぁ。


リベンジ_S4_22
だいぶ本気なエミリーさん




ただ、真実が明らかになったものの、悲しい展開が・・・。



エミリーにメアリーの遺体の件やらなんやら、ヴィクトリアは生きてる説を聞かされた遠藤君(ブライアン・ハリセイ)。

この時はまったく信じていない様子でしたが、ルイーズがヴィクトリアのクローゼットから発見した黒装束を見て心変わりしまして独自に調査。

メアリーの遺体が本当に消えていた事から、メアリーの自宅にも行ってみると、

そこには、ヴィクトリアがっ!

思わず遠藤君、「なんて女だ(Son of a bitdh!)」と呆れておりましたねぇ。

さぁさぁ、これで逮捕逮捕~~~!



と、思いましたら、、、




殺されてもうたーーー!




ウソでしょぉ~?!



ひぃ~~~~(((;゚Д゚)))ガクブル

ドドォーーーッ



あぁ、、、。

悲しい、、、。

せっかく新キャラとして登場してきて、ここまで頑張ってきたのに、まさか殉職とは、、、。



で、殺したのは、



ホワイトゴールドでございました。
(コートニー・ラブ)


リベンジ_S4_22_ホワイトゴールド
この鼻、整形なのっ♪



やっと出てきたけど、ここでかーっ!

当初のターゲットはエミリーだったはずですが、遠藤君をやっちまうとは・・・。

ルイーズ(エレナ・サチン)が黒装束の件を遠藤君に話した事から、ヤバいと思ったマルゴーが電話。
その相手が、ホワイトゴールドだったようですね。

あぁ・・・。


いつからか、ベンがココリコ・遠藤章三さんに見えてきて、そこからずっと遠藤君と書いてきたワタクシ。
外国人名だらけの中で、唯一の日本人名で(勝手に)、もはや親近感を覚えていたのですが、、、


あぁ、本当に残念だし、寂しいです。

なんだったら、ダニエルが亡くなった時よりショックかも( ̄▽ ̄)
真相を知った矢先だったから余計にねぇ・・・。


はて、こうなってしまうと誰がエミリーの無罪を証明してくれるんでしょうか?

メイソンを見つけるしかないですかねぇ

ノーラン(ガブリエル・マン)やジャック(ニック・ウェクスラー)が動くのか、、、おとっつぁん(ジェームズ・タッパー)は余命1年もないという深刻な状況だから、あまり動けないだろうしなぁ。

っつうか、あの様子だと、最終回でおとっつぁん、お空へ旅立ってしまう可能性が・・・。
こりゃあ早いところ、エミリーの無罪を証明しないとですねぇ。



いやはや、結構緊迫した状況が続く内容でしたが、そんな中、唯一ほんわかしたのが、エミリーとジャックのシーン。

やっと結ばれそうですね~
いやっほぉ~いっ

無罪を証明すべく計画を練ってる最中、飛行場まで追いかけてくれたことをどうしても確認したかったジャック。

んもぉ~、ピュアすぎちゃってニヤニヤしてもうたよ~( ̄▽ ̄)

そして、本当の気持ちを伝えたエミリー。

ぐふっ、めでたく両想いっ

ジャックは嬉しさを隠し切れなくて、あの状況なのに、笑みがこぼれまくっておりましたねぇ( *´艸`)

どんだけ嬉しかったのよーーー。
そんな姿に、違う意味でめっちゃ笑ってもうたがなっ( ̄▽ ̄)

お熱いシーンはお預けになっちゃったけど、最終回には是非とも観たいです!

なんてね、一時はこの2人の関係はもうどうでもいいわい!みたいな気持ちになってたんですけど、いざ仲良くなると、途端にテンションが上がってきちゃたという。

あぁ、自分の単細胞に乾杯



さぁさぁ、いよいよ次回が最終回!
シリーズ全体を締めくくる最終回なので、めっちゃ楽しみです。

今回のエピソードは久々に面白かったので、この勢いが最終回にもありますようにっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第21話「余波」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第21話「余波(Aftermath)」感想です♪


グレイソン邸(現エミリーの家)爆破事件を起こしたヴィクトリア(マデリーン・ストウ)。
果たしてヴィクトリアの生死は?
また、爆破にはどんな意図があったのでしょうか?


※現在エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)は完全にアマンダに戻りましたが、ややこしいので感想では最後までエミリーで通します( ̄▽ ̄)


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>









まずなんと言っても気になったのは、ヴィクトリアの生死でしたが、現場で発見された遺体は、





ヴィクトリアであると断定。



マジかーっ!

マジで死んだんかーっ!




前回、2度目の生還はないだろうなぁとは思っていたので覚悟はしておりましたが、ヴィクトリア様がついに死を迎えたとは、、、でも、死んじゃったのが分かったら寂しくなるかと思ったら、意外と平気でございました。

まだ実感ないのもあるんですけどねぇ

これでエミリーにも真の平穏が訪れ、、、って、んなことになったら最終回だし、ヴィクトリアが負けを認めるような死に方をする訳がないと思っておりましたが、やはり最後の罠が隠されておりました。


その罠に加担したのが、前回ひょっこり登場してきた、


メイソン!
(ロジャー・バート)

あんにゃろーーーっ


久々に出てきても相変わらずの不気味さで、まずはエミリーに「ゴードン殺しで着せられた罪を消せ。さもないと裏の顔をバラす」と、脅迫まがいの取引。


って、ゴードンって誰だっけ?

もう遠い記憶に、いや、記憶にも残っておりませんでしたので、あとから調べてしまいました( ̄▽ ̄)

あーあーあー、はいはいはい。

白髪のコワモテのおっさんか!


リベンジゴードン



この辺の話がシーズン2なので、ホント覚えてないんですよねぇ。
本当はエイダンが殺して、その後偽装工作してコンラッドの仕業にしてみたりして(でもアメリコンが介入?)、最終的にはメイソンを犯人に仕立て上げちゃった、という流れだったのかな?

あー、すんません、色んな方のあらすじを拝見したんですけど、それでも全然記憶が戻らないー( ;∀;)

てなわけで、ゴードンさんは置いときまして、先に進みます( ̄▽ ̄)


メイソンの要求にエミリーはちゃんと答えるも、すでにこの時にはメイソンの悪事は完了してたんですよねぇ。

エミリーとメイソン
ガッツリ偽装工作して帰ったメイソン!



あんにゃろーーー!

ヴィクトリアの毛髪や、血液をエミリーの車に仕込んでおったー!

くっそぉーーー!

いやね、車に乗る際、手にしていたハンカチでドアに指紋がつかないようにしていたのが、気になったんですよね。

でも、それはメイソン自身が身の安全を確保する為に用意周到にやってんのかと思ってたら、まさかヴィクトリアとグルだったとはっ。

あれですかね、第19話の一番最後で、エミリーの写真にバツをつけてたのは、メイソンだったのかな?
だとすると、前回空港に現れた時のひょっこり感がちょっと薄まりまして、ちょっとした伏線に感じられてくるのだけど。

これと言って説明はなかったですけど、ヴィクトリアとも何らかの取引をしたんですかね?
ただでメイソンが引き受けるとは思えないもんなぁ。


で、このメイソンの偽装工作によりまして、エミリーにがっつりヴィクトリア殺害容疑がかかり、逮捕!


エミリー逮捕


爆破時にハンプトンを発ったのが怪しいと取り調べされた相変わらずの巻き込まれキャラ・ジャック(ニック・ウェクスラー)も、この逮捕劇を目撃。

いやぁ、ジャックって毎度タイミングがドンピシャだよねー。
だから巻き込まれるっつうのもあるのかもしれないけどっ( ̄▽ ̄)


ジャックLA
L.A.満喫中のドンピシャBOY




あぁ、がっつりハメられてしまったエミリー。
潔白を証明できるのかが、次回の焦点になってきそうですね~。


一応逮捕されちゃったからさ、エミリーへの復讐に燃える、あのブレブレシスターズの役割もなくなっちゃうんじゃないの?

マルゴーとルイーズ
これで私たちの出番も終わりかしら・・・



ヴィクトリアいなくなったら、途端にブレブレシスターズの存在感がなくなったような。

まさか、このブレブレシスターズの存在感を再度出すために、ヴィクトリア復活なんてこたぁないでしょうねぇ?
なんつって、、、死は断定されたものの、そんな展開もちょっと期待しております( *´艸`)

あとは、まぁ~だ出てこないホワイトゴールドさんですよね。
エミリーが逮捕されちゃったから、出番ないんですけどーっ!?
どういう展開にするんしょうか。
ちょっと引っ張ったからには、おもろい感じでお願いしまぁ~す。



さて、ヴィクトリア絡みとは別に、ノーラン(ガブリエル・マン)のプライベートに動きが。

徐々に距離感を縮めていったソーシャルワーカーのトニー(ジョシュ・ペンス)と、今回は特に良い感じでございましたねっ


ノーランとトニー
男前同士、絵になりますな~


そうそう、ずっと気になってたんですけど、トニーって、めっちゃデカいですよねぇ?
ノーランも結構デカいはずなんですけど、、、あ、身長の話ですよ?(と書いた時点でエロさを垂れ流し)

えっと、ノーランが185cmで、トニーが、、、191cm!

そりゃあデカいわー。

向うの俳優さんは皆さん大きいよねぇ。
ジャック見ると、ちょっと親近感あるもの(170cm)。


えぇっと、話をノーランのプライベートに戻しまして、、、


せめてノーランだけでもとっとと幸せになって~と、アツアツぶりをニヤニヤして観てたんですけど、突如トニーが養子をとることに。


これによりまして、


ノーラン失恋


あぁ・・・。


ノーラン可哀想だったけども、恋愛を取らなかったトニーは、真面目でちゃんとした人なんだろうなぁ。
養子をとるって、生半可な気持ちじゃ出来ないだろうし。

でも、それを尊重してあげたノーランはやっぱり素敵だったよね

ルイーズが養子の話をした時とは、また違った反応だったりもして( *´艸`)、尽くしちゃう感じがニョロっと顔を出してるのもキュートでございました。



さてさて、長いこと観てきた「リベンジ」も、あと2話で終了。
シーズン4に入って、鑑賞意欲が上がったり下がったりでございましたが、終盤にきまして再び面白くなってきました。

このまま良い印象で終わってくれるといいなぁ~。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第20話「炎上」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第20話「炎上(Burn)」感想です♪


エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)のTV出演によって、ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)がすっかりしょぼくれちゃった前回。

あのヴィクトリア様が黙って敗北するだなんて考えられないわけでして、どう反撃するのかが注目のエピソードになっております。

そして、最後には驚きの行動にっ!


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>










マスコミに大バッシングされ、ホントに元気がなくなっちゃったヴィクトリア様。

しかし、ここのところブレブレキャラなマルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)がすかさず、「私があなたの言い分を伝える!」と息巻いておりましたねぇ。

ついこの前まで、「何もできないけど応援はしてる」ぐらいな姿勢でしたのにっ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


そこへさらに、ルイーズ嬢(エレナ・サチン)も参戦っ!
こちらもやる気マンマンだぞいっ!

あのさ、ノーラン(ガブリエル・マン)に隠し事されてたのはショックだったかもしれないけど、結婚までして母親から引き離してくれた人を裏切れますかね?

分かんないわー。

マルゴーのブレブレが伝染しちゃったかしら?

せっかくかわいいキャラになったのに、前より鼻につく感じになってもうたしなー。
トニーのパーティーでの振る舞いなんて、めっちゃ腹立ったぞいっ!


ってなわけで、ブレブレな女性陣による“ヴィクトリア様を救おうの会”が、なんとなく結成されましたが、、、マルゴーとルイーズは相変わらず不仲っ。

そりゃそうだよね。
マルゴーにしてみたら、自分を殺そうとした女だもんなー。


リベンジ_S4_20_1
ヴィクトリア様が止めに入るという不思議な光景



んで、ルイーズとは相容れないのかと思ったら、終盤では“エミリーは私たちが仕留める!”っつうモードになぜか入りまして、ルイーズと乾杯。


リベンジ_S4_20_3
よっ!ブレブレ本家!



もぉー、目と耳を疑ったがなっ!
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

理解不能な光景でしたが、ヴィクトリア様の求心力が凄い、ということにしておきます( *´艸`)


んで、ブレブレな女性陣による危なっかしいチームなので、早速事件が勃発っ

ランチへ行く為、車を待っていたヴィクトリアが襲われてもうたよー


あれエミリーだったのかな?
ワタクシは違うと睨んでるんですけども・・・。

エミリーがあんな力ずくな手段でUSBを奪おうとしますかね?
うっかり敵と対峙しちゃった時は力ずくのパターンもありますけど、最初っから殴るだなんてエミリーっぽくないと思うんだよなぁ。

エミリーのシーンでも、ヴィクトリアを襲ったのを裏付けるような演出がなかったですしね。
あ、シャワー浴びてたか( ̄▽ ̄)

えーえーえー、でも違う気がするなぁ。

だとしたら誰?っつう話なんですけど、、、思いつくのってホワイトゴールドさんぐらいしかいないんですよねぇ。

エミリーを陥れる為の証拠が欲しくて狙ったとか?

ただ、ホワイトゴールドってそういう手段でエミリーを破滅させるタイプなのかどうか・・・。
暗殺系の人かと思ってたので( ̄▽ ̄)


ま、なにしろ、USBの扱いが焦点になるエピソードかと思っておりましたが、前回疑問に思った“なんでとっとと警察行かないの?”という部分については、ヴィクトリア様ご本人が明かしてくれました。

どうやらエミリーの反撃が怖くて、“ワナにハメられるんじゃ?”みたいな恐れが相当ある様子でしたねぇ。

これまでの復讐劇で、まさかそんなにダメージを受けていたとはっ
何度やられても、エミリーを破滅させようっつうのがヴィクトリアだと思ってたのに!

マルゴーが流産した時は、まだその片鱗が見えておりましたが、もはや以前のようなヴィクトリアじゃなくなっちゃったかも。

そんな状態だったので、マルゴーに半ば押し切られるような形で、USBをFBIの捜査官にお渡しに。


こりゃあエミリー、絶体絶命のピンチ!


と思いましたら、、、




あっさり回収( ̄▽ ̄)



消防士になりすましたエミリーさん、火災警報器を鳴らして忍び込み、FBI捜査官の胸ポケットからUSBをゲットしておりましたねぇ(その神業描写はなかったけども)。


スリのスキルまで持ってるんかいっ!




ただね、ここもちょっと怪しいと思ってるんですよね。

あのUSB、本物ですかね?
(疑い深い人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)

中身を確認したのかどうかが不明なまま破壊しちゃってましたけど、大丈夫だったんしょうか?

いや、でも、盗まれたと知った時のヴィクトリアの取り乱し方は本当っぽかったし・・・

いやいや、それに何度も騙されてきたしね( ̄▽ ̄)


なんといっても、最後のシーンにヴィクトリアの思惑が隠されている気がするわけでして。


あぁ、、、衝撃的でしたねぇ


まさか、




グレイソン邸と共に爆死するとは!


リベンジ_S4_20_2
正確にはエミリーの家



えー、ホントに亡くなっちゃったのかなぁ?
かなりド派手にいきましたけどっ

んー、過去、飛行機が爆破された時は免れてるので、今回も生きてるっつうのはないかもなぁ。

お気に入りのあの椅子をわざわざ取り戻し、そこに腰かけての爆破、、、ヴィクトリアの覚悟の表れだった気がいたします。

で、ヴィクトリアの事ですから、爆破によって、もしくは自らの死をもって完成するような、なんらかのトラップを仕掛けている可能性がありますよねぇ。

となると、やはり本物のUSBが存在するのではっ?!
極悪なエミリーが、自分を罠にハメて死に追いやった、、、みたいなストーリーを描いたんじゃ?

んー、爆破の真相、気になりますっ
とりあえず次回はこの爆破ネタでまた世間が大騒動になりそうっすねぇ。



で、そんな中、ひょっこり登場してきたのが、、、



作家のメイソン!
(ロジャー・バート)

ちょっとちょっとー!
お久しぶりじゃないのぉ~!

っつうか、すっかり存在を忘れておりましたけどもっ( ̄▽ ̄)

この人、今何してるんだっけ?

、、、、、、


(遠い記憶をロード中・・・)



あっ。

正体を明かすとエミリーを脅したから、脱獄させる代わりに大人しくしてろっつう取引をしたんでしたっけ?


今回は、エミリーの孤独感を伝える役目として出てきましたけども、それだけで終わるわけないよねぇ。
何かまた取引を持ち出してきそほっ。
油断ならぬ相手でございます。



さて、その他は、、、エミリーとジャック(ニック・ウェクスラー)の別れがありましたねぇ。
これも、別れっぱなしなわけないよなー。

恋愛ものにありがちな、終盤前に別れておいて、最後の最後で結ばれるっつうパターンでありますようにっ。


そして、おとっつぁん(ジェームズ・タッパー)ね!

リンパ腫だってよ!

マジかーっ!


お役目がなくなってから次から次へと細かいネタをブッ込まれてましたが、ついに病気にまでされてもうた。

おとっつぁん、ご愁傷さまです・・・

ここでさらに、スティービー(ゲイル・オグレイディ)とイチャつき始めたらオモロイんだけどなー( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

とにかく、治る方向で展開してくれることを祈りますが、、、これでおとっつぁんに万が一の事があったら、エミリーの復讐はなんだったの?感がハンパなさそほ。

ま、それはそれで、復讐したところで何にも生まれん、っつう戒めみたいな流れになる可能性がありますけどねぇ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



「リベンジ」シーズン4 第19話「激白」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第19話「激白(Exposure)」感想です♪


エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)の衝撃告白を受け、再び周りがザワザワ。

はて、ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)はどう動くのでしょうかっ?


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>









マルゴーに「エミリーへの復讐はやめなさい」なんて言っていたここ最近のヴィクトリア。
こりゃあエミリーの告白を受けても動かないんじゃ?と思っていたのですが、、、ま、それだと「リベンジ」のヴィクトリアじゃないわな( ̄▽ ̄)

早速ルイーズ(エレナ・サチン)に接触しておりましたねっ

ショックを受けるルイーズをそそのかしてUSBを入手し、復讐記録の一部をゲット。
ルイーズを洗脳する為、被害者面するヴィクトリア様はさすがでございました。


たださ、ヴィクトリアがまた復讐心を燃やし始めたポイントがよく分かんなかったんですよねぇ

これまで復讐したくても、これといったエミリーネタも掴めずで、おとなしくしてただけだったのかな?

とにかく、お馴染みの憎ったらしいヴィクトリアが戻ってきたのは確かでございます( ̄▽ ̄)




さ、ヴィクトリア様、USBを持ってとっとと警察に、、、



って、、、



まずはテレビ局かぁ~いっ!


あのぉ、エミリーがお邪魔攻撃をしやすいシチュエーションを作ったとしか思えない流れでしたけどもっ( ̄▽ ̄)

エミリーはテレビ局側と交渉して、ヴィクトリアが暴露話をしないよう先手。

でも、これってインタビューの件を交渉しただけなわけで、ヴィクトリアがUSB持って警察行っちゃったらそれで一巻の終わりなんじゃ?

エミリーの行動も、なんだか微妙な気がしちゃうなぁ

しかも、エミリーのインタビューを観て、またしおれちゃってるヴィクトリアっつうのも、よく分かんなかったー。

さすがに、エイダン(バリー・スローン)を殺しちゃった件とかマズいと思ってるんですかね?

USBの証拠はありつつも、持っていったらヴィクトリアも窮地に立たされる可能性があるのか・・・。

どうもモヤっといたしますが、考え始めると文句ばっかりになっちゃうのでこの辺で( ̄▽ ̄)


で、エミリーさんはヴィクトリアの件以外にも、かつて復讐したあんな人やこんな人が仕返ししてこないように根回しっ

向かった先は、おとっつぁん(ジェームズ・タッパー)を有罪にした検察官であり、元上院議員のキングズリー(ヤンシー・アリアス)の事務所。

現在は交通事故専門の弁護士として、ネイルサロンのお隣でしっぽりと営業中で、エミリーが訪ねた際には、奈落の底に突き落とされちゃった他の人達に、せっせと電話をしておりましたねぇ。

そこにおとっつぁんも登場しまして、「アマンダに手を出すな」と脅しまして、キングズリーさんあっさり降伏。
なかなかのビビリでございます( ̄▽ ̄)


今回はこのシーン含め、懐かしい顔ぶれが回想でジャンジャン出てきましたね~。


過去の登場人物


バーンズ(ジェフ・ピアソン)。
おとっつぁんの裁判担当判事で、無罪寄りの陪審員を排除。

ビル(マシュー・グレイヴ)
おとっつぁんの友達だったのに、裁判では裏切って偽証。

リディア(アンバー・ヴァレッタ)。
コンラッドの愛人で、裁判ではおとっつぁんに対して不利な証言。
エミリーの写真加工に気づくなど、なかなかの難敵。


この人たちの他にも、エイダンやパスカル(オリヴィエ・マルティネス)、偽アマンダ(マルガリータ・レヴィエヴァ)なども登場。

さらには、現在生き残っているレギュラー陣の若かりし頃もっ( *´艸`)


久々にノーラン(ガブリエル・マン)のキノコちゃん風ヘアスタイルが観られてうれしかったぁ~(≧▽≦)


リベンジS4_19_ノーラン2


思えば最初の頃って、変わり者だし嫌われ者、みたいなキャラ設定でしたよねぇ。
いまやすっかり良い人キャラっ( *´艸`)


ジャック(ニック・ウェクスラー)も、長めのヘアスタイル~


リベンジS4_19_jack


あー、やっぱ長い方が断然好きだわぁ~
この頃は毎回きゃぁきゃぁ言いながら観てて、スマホの待ち受けもジャックにしてたぐらいです( ̄▽ ̄)

なのに~、なぜぇ~、、、(以下自粛)。



さて、エミリーが先手を打ったことで、ヴィクトリアがまたしょぼくれちゃいましたが、逆に奮起しちゃったのがマルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)!

まぁ~た女心と秋の空状態になりまして、インタビューを観て、ヴィクトリアを応援する態勢にっ( ̄▽ ̄)


リベンジ_s4_1



そういえば、「エミリーに突き飛ばされた」っていうのはウソだった事をヴィクトリアに告白してましたね。

エミリーへの復讐はやめとけって言われたのに、続けた結果、自分が流産してしまうという罰を受けてしまい、、、自分の罪を認めるのが怖くてウソをついたそうです。


ふぅ~ん。


だったらさ、もう本当に復讐の連鎖をやめた方がいいと思うんですけど、ヴィクトリアに加担しちゃうわけでしょ?

んもぉ~、マルゴーさん、今回もブレブレやないのぉ~。

しかも、ヴィクトリアがしてきた事をロクに知りもしないでさー。

憎たらしさはちょっと和らぎましたけども、面倒くさい女になりそうですっ( ̄▽ ̄)



そして、そんなレギュラー陣とは別ルートで、エミリーを狙う謎の人物が出てまいりましたねぇ。

あれって、ホワイトゴールドさんかな?

それとも、エミリーに復讐されちゃった人?


いずれにせよ、エミリーの最終決戦が近づいているようです・・・。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第18話「決断」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第18話「決断(Clarity)」感想です♪


シーズン終盤の盛り上がりに向けて、そのきっかけとなるようなエミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)の告白がラストで炸裂するエピソード。

ま、あと数話で盛り上がるのかどうかは置いときまして( ̄▽ ̄)、まずは前回からの流れで、マルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)の様子から書いていきたいと思います。


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>










前回ラストでマルゴーが、「エミリーに突き飛ばされた」とヴィクトリア(マデリーン・ストウ)に嘘をつき、気を持たせる終わり方でございましたが、なんと、マルゴーさん、


とっとと、



復讐計画終了!




おいおいおい~~~!


あの勢いはどこいったんじゃー!

( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


もうホントに、笑うしかないっつうドラマになってきたぞいっ!


流産がきっかけでマルゴーに心の変化があったのかもしれないけど、その辺の心理描写が特になかったですし、女心は秋の空的な翻りっぷりで、なんだか度肝を抜かれましたっ( ̄▽ ̄)


いや、待てよ。

嘘ついて、自分は手を汚さず、ヴィクトリアに復讐させるように持っていって、っつうパターンじゃ、、、、、、、、、なかったぁーーーっ!



マルゴーったら、



「エミリーを傷つけたくない」だってよー!



おいおいおい~~~!

どの口が言ってんだかー!!!

( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


ホントに復讐する気なくなっちゃったみたいですね。

んもぉー、突き飛ばされた発言はなんだったのよー。

こんなことなら、あの発言いらんだろー。


18話まできても、まだこの細切れなストーリー展開っ!

いやぁ~、ブレないっすねぇ~。

マルゴーはブレブレだったけども( ̄▽ ̄)


んで、復讐やめちゃったマルゴーの心境なんぞ関係なく、ヴィクトリアが孫を失った恨みを晴らすのかと思ったら、エミリーが最後衝撃告白して先手打っちゃったので、様子見な状態・・・。


うーむ。

こりゃあ、ヴィクトリア様も特に動かずに終わる可能性あるなぁ。


なんつったって、エミリーさん、


ついに、



アマンダ・クラークだと告白っ!


病院の起工式で、メディアも入ってる中、大々的に発表いたしましたねぇ。


リベンジS4_18_1
結構なドヤ顔で告白っ!




あのぉ、すべてのシーズンを通しての衝撃告白だったと思うんですけど、シーズン4の細切れストーリーのおかけで、もはや、エミリーでもアマンダでもどっちでもいいと思っていたもんですから、自分でもびっくりするぐらい“ふぅ~ん”な感じで観てもうたっ


そんなワタクシのつれない反応とは裏腹に、会見を見た登場人物たちのぞれぞれの反応は様々でございましたねぇ。


おいおいウソだろー?!だったのが、ノーラン(ガブリエル・マン)。

ノーランの隠し事に関係あったりして?!だったのが、ルイーズ(エレナ・サチン)。

えー、なんでジャックとおるのー?って傷ついちゃった風だったのが、遠藤君(ブライアン・ハリセイ)。

えー、なんでジャックがおるのー?って目を疑ったのが、スティービー(ゲイル・オグレイディ)。

エミリーの和解の気持ちは本物だったのね!って感激風だったのが、マルゴー。

せっかく復讐心復活してきたのに拍子抜けじゃない!だったのが、ヴィクトリア。

そして、

よくぞ言った!だったのが、おとっつぁん(ジェームズ・タッパー)とジャック(ニック・ウェクスラー)。



あぁ~ん、アタイもなんかしら反応したかったよー。

ま、しょうがない。

この告白がどう影響していくのかを、あまり興味はありませんが、見届けたいと思います。



あと、今回、ホワイトゴールド(コートニー・ラブ)なる殺し屋風の女性が出てきましたので、この人の絡み方次第では、面白いことになりそほ。


って、、、


コートニー・ラブなんかっ!

マジかー!!!

まさか「リベンジ」で見られるとは思わんかった!

音楽やってるコートニー・ラブしか知らなかったもんですから、名前見てビックリいたしましたっ。

そうかー、女優業もちょいちょいやってんだなぁ。

ブッ飛んだオーラは相変わらずですねっ( *´艸`)



リベンジS4_18_2



よしっ、次回以降はコートニーさん目当てで観ちゃおうっかなー

なんつって、ホワイトゴールドもシーズン4お得意の、あっさりお役御免のキャラだったりしてっ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第17話「喪失」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第17話「喪失(Loss)」感想です♪


マルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)の策略によって、飲酒運転の疑いで逮捕されてしまったジャック(ニック・ウェクスラー)。

エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)はジャックを救おうと、ある人物を呼び寄せます。
ジャックの運命やいかにっ?

また最後には、ヴィクトリアが復讐心を再び燃やし始めそうな展開も用意されております。


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>










ジャックのためにエミリーが用意した人物は、お久しぶりのあのお方でございましたね~。


コンラッドの元嫁・スティービー(ゲイル・オグレイディ)!


リベンジS4_17



最初ジャックが、「マム!」って呼んだもんですから、一瞬“へ?”と思ってしまいましたが、そういえばジャックのおっかさんでしたよね。

すっかり忘れてたわいっ。


ジャックはブレない巻き込まれキャラでございますので、当然ながら、飲んでないのに逮捕されちゃったわけでして、マルゴーの手下に仕組まれた逮捕劇

判事もマルゴーに丸め込まれてまして、エミリーが取り返した血液サンプルが証拠として認定されなかったり、スティービーが法廷侮辱罪で連れていかれたりと苦戦はしましたが、最後はエミリーが判事を脅しまして無事解決。

エミリーさん、相変わらずあの手この手がよく思いつくことっ( *´艸`)

なんだかんだ協力しちゃう遠藤君(ブライアン・ハリセイ)が、そのうち懲戒免職にでもなっちまうんじゃないかと、ちょっと心配でございますっ


っつうかさ、どうせならスティービーに解決して欲しかったんですけどー。

最後のシーズンだから、これまでの出演者総動員みたいな感じがしちゃっただけだったなぁ。


あ、でも、まだスティービー出てくるみたいですね。
となると、ヴィクトリアとの戦いがあるかも?
ジャックと共に、親子で巻き込まれキャラな展開にならないことを祈ります・・・。




さぁ、そして、今回はなんといっても、マルゴー!

憎たらしさ右肩上がりで、んもぉ~今回は、ほぉっんと腹立ったどー

あぁ、バリバリのキャリアウーマンで野心家なだけだったシーズン3の頃が恋しい・・・。


復讐の連鎖を断ち切ろうと和解を申し出たエミリーに対して、断固応じないっつう態度を見せたマルゴー。

とっととその場を去ろうと、“ヘイ!タクシー!”なマルゴーでしたが、突如暴走タクシーに突っ込まれまして、タクシーに乗るはずが、救急車に乗るはめに。

ちょ、ちょ、ちょ、、、

あんなタクシーいるかね?
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


マルゴーはこの事故で、流産・・・。
まぁさ、「リベンジ」のことだから、無事に出産できるとは思えませんでしたが、まさか轢かれるとはなー。

なんだかんだ車絡みで登場人物が危険にさらされますよね。
シーズン4では、デヴィッド(ジェームズ・タッパー)が轢かれそうになったり、ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)は車に乗ろうとした時に感電したり。

車社会のアメリカだから( ̄▽ ̄)?


んで、流産しちゃったことで、マルゴーは完全にスイッチオンになったようで、事故の真相を聞きたがったヴィクトリアに対して、


「エミリーに突き飛ばされた!」


と、ニセ証言!



あーーーーーー


もーーーーーー


腹立つーーーーーーっ



リベンジS4_17_1



目撃してた人はいっぱいいただろうから、とっとと真実は分かりそうだけども。

ただ、真実を知ったところで、ヴィクトリアがどう思うかだよなぁ。
ウソをついたマルゴーを責めるとは思えないしっ。


この件で、再びエミリーvsヴィクトリアの展開になりそうですけど、ヴィクトリアも丸め込もうっつうマルゴーのしたたかさったら!


あーーーーーー


もーーーーーー


腹立つーーーーーーっ



エミリーへの復讐心が下火だった最近のヴィクトリア様は、良い人キャラがニョロっとする場面も少々ございましたが(ほんとに少しだけども)、こうなってくると、マルゴーをぎゃふんと言わせる役目はヴィクトリア様にやって欲しいなぁ。

今となっては、ヴィクトリアvsマルゴーの方が面白そほっ( *´艸`)

以前も書きましたが、エミリーが受け身になるような復讐劇だと面白くない気がするんですよねぇ。

シーズン3までは、悪さしてたヴィクトリアやコンラッドをエミリーがハメるっつう、悪を正すヒロイン的な展開だったから良かったのに・・・。


とにもかくにも、次回以降、ヴィクトリアがどういう行動に出るのか、注目でございます。




さて、その他気になったのは、、、

おとっつぁんね!

ナタリーとの絡みも終わっちゃって、手持ち無沙汰なおとっつぁん。
今度はどんなお役目を与えられるのかと思ったら、カール君のお守りだったぞいっ( ̄▽ ̄)


リベンジS4_17_4
カール君にスルーされてるおとっつぁん



この写真↑のシーンはカットされちゃったっぽいですが(エミリーの家でジャックの起訴が取り下げられた一報を受けた時のシチュエーションだと思われます)、すっかり隠居したおじいちゃん状態でございます。

シーズン4が始まった時点では、おとっつぁんが引っ張っていくようなストーリーになるのかと思っていたのに、この有り様!( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

あ、でも、スティービーの保釈金を払ってあげたりしてたから、今度はスティービーと絡んでいくのかしら?


リベンジS4_17_2



まさかのまさかで恋仲とかにならんだろうなー。

ストーリーとは別で、おとっつぁんの振る舞いも注目でございます。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第16話「怨恨」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第16話「怨恨(Retaliation)」感想です♪


前回、ベン(ブライアン・ハリセイ)に近づいたマルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)でしたが、その後の展開が描かれていくエピソード。

その他、ハンプトン新旧女王対決や、ルイーズの兄・ライマン(セバスチャン・ピゴット)の動きなども注目です。


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>










さて、まずは新旧女王対決。


あのぉ、ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)とナタリー(ジーナ・トーレス)の戦い、結構楽しみにしてたんですが、




もう終わりなのぉっ?!


うそでしょぉ~( ̄▽ ̄)???


冒頭、ヴィクトリアがライマン君をとっととクビにしてたのを観まして、“おやっ?”とは思ったんですが、まさかこの回でナタリーとの対決も終了とはっ!

早すぎるやないかぁ~いっ!

もうちょっとナタリーに頑張って欲しかったなー。


リベンジS416話



ナタリーはそもそもコンラッドの愛人で、「遺産あげる」って言われてたのに死んじゃったもんだから、今度はおとっつぁんのテディに接近。

んで、テディはヴィクトリアに遺産をあげる気マンマンだったので、新しい遺言状にサインするまで食事を与えなかったという、とんでもない悪女でございました。

これをデヴィッド(ジェームズ・タッパー)に対してペラペラしゃべってるのを、ヴィクトリア様はすかさず録音しまして、ナタリーを撃破っ。

あのぉ、ヴィクトリア様が、なんだか良い人に見えてしまうという、とんでもない症状までワタクシ出てるんですけどー( ̄▽ ̄)

ちゃうちゃう~。
そんなんヴィクトリア様じゃないぃ~!


そしてすっかり騙されちゃったのがおとっつぁんね。

っつうかさ、デヴィッド騙すの必要だったんかな?

デヴィッドを陥れるのがコンラッドの望みだったから、、、みたいな事をナタリーは言ってたけども、ちょっと説得力に欠けるかなぁという印象でした。

ま、ナタリーと絡ませたりしないと、おとっつぁんの出番がなくなっちゃうもんね( ̄▽ ̄)

はて、もらった船はどうすんのかしら?

遺産はヴィクトリアが相続しそうなので、ヴィクトリアがOK出したらそのまま貰えそうだけども。




さて、いまや「リベンジ」の中で最も極悪な女に成り上がった感があるマルゴーはと言いますと、元妻・エイプリルの件で遠藤君を脅し、エミリー撃墜作戦を再び敢行っ

が、これも失敗しておりましたねぇ( *´艸`)

なんかさ、マルゴーの作戦って浅はかというか、甘いというか。
遠藤君を脅してエミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)の出生証明書を持ってこさせようだなんて、、、エミリーを裏切って素直に遠藤君が言うことを聞くとでも思ったんかな?

で、出生証明書が偽物だと分かったら分かったで、想定の範囲内みたいな態度だしさー。

あのぉ、相手はエミリーなんだから、もっと本気出してもらわないと困るんですけどー( ̄▽ ̄)


と思ったら、

今度はジャック(ニック・ウェクスラー)が飲酒運転で捕まってもうたよーっ!
またもや巻き込まれキャラの本領発揮!


どうやらマルゴーがハンプトン署の警官を買収したようですね。

元カレだったジャックをも、エミリーと共に地獄に落とそうという覚悟を決めたご様子。

んもぉ、ジャックは今エミリーにフラれちゃって傷心中なんだから、勘弁してあげて欲しいわぁ


さらに同時進行で、マルゴーはノーラン(ガブリエル・マン)の家にライマンを投入っ。

って、、、ライマン君、いつの間にやら、新たな金づるになりそうなマルゴーとタッグを組んどったぞいっ!

どんだけ強い女と金が好きなのよぉ~( ̄▽ ̄)


ライマンはうまくルイーズ(エレナ・サチン)を騙してノーランの家に潜り込み、ノーランのPCからデータを盗んでおりましたねぇ。

しかし、ルイーズがそれを目撃っ!

データを転送したUSBを奪おうと、もみ合いになり、ライマンは崖の下へ転落してしまい、、、


えっ?

ライマン君、お役御免なのぉっ?!

マジかーーーっ!


シーズン4は新キャラ含め、容赦なく葬りますなぁ


ルイーズはライマンを死に追いやったことをノーランに言えず、取り繕っていたけども、、、殺したというより、データを守ろうとする中で起きた事故みたいなもんだから、早いとこノーランに告白して、処理してもらった方がよさそうですよねぇ。

このルイーズの対応が、面倒なことに発展しなきゃいいんだけどっ。

でも、とりあえずデータはマルゴーの手には渡らない展開になりそうなので、今回のリベンジも失敗に終わりそうです。



んー、せっかく前回鑑賞意欲が復活したんですけど、新旧女王対決があっけなく終わっちゃったし、マルゴーの作戦も失敗続きだし、やはりこれまでのシーズンに比べて物足りなさが出ちゃいますねぇ

エミリーが先に仕掛けてマルゴーをハメるような形だと、まだ面白いような気がするんですけど、ダニエルの死に責任を感じてるっぽいから、エミリーからは攻撃しなさそうだよなぁ。

こう盛り上がりに欠けると、シーズン4を製作する意味があったのかどうかかなり疑問です。
なんつうか、、、無理矢理話を引っ張ってる感じが、第1話からずーーーっとあるんですよねぇ。

あー、また文句タラタラ書いてもうたー。
すんません。

こりゃあ次回からはゲラゲラ路線に変更かな・・・。
っつうか、元々そういう路線なブログだったのを忘れてましたっ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ









ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「リベンジ」シーズン4 第15話「獲物」感想♪

「リベンジ」シーズン4、第15話「獲物(Bait)」感想です♪


新キャラ・ナタリー(ジーナ・トーレス)の正体が早くも判明しまして、ヴィクトリア(マデリーン・ストウ)との新旧女王対決が結構面白いことになりそうです( *´艸`)

また、ダニエルの汚名をそそぐべく、エミリー(エミリー・ヴァンキャンプ)への復讐に燃え始めたマルゴー(カリーヌ・ヴァナッス)の動きも少しずつ活発化しております


「リベンジ」シーズン4、感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪



以下、ネタバレあります>








前回、「家族が亡くなった」という知らせを受けたヴィクトリア。

“シャーロット?パトリック?”と思っておりましたら、なんと、コンラッドのおとっつぁん・テディ( ̄▽ ̄)

どっひゃ~っ。

ずっこけたわいっ!


でもですね、まだ続きがありまして、テディの嫁さんっつうのが、



ナタリーでございました!


マジかーーーっ!


ナタリーは看護師で、テディが亡くなる4か月前に結婚したそう。

ま、ヴィクトリア様は当然詐欺だと応戦しますわなっ。

この一件で、本格的に新旧女王対決の幕が上がった感じでして、ヴィクトリアの極悪魂に火がついたぞいっ!

いいぞぉ~いいぞぉ~っ

やっぱさ、ヴィクトリア様はこうでないとね~
エミリーへの戦意を喪失してからというもの、全然元気がなかったもんですから、こういう敵が現れるのは大歓迎でございますっ!


で、遺産を取り返す為、ヴィクトリアは早速知り合いの女性弁護士に頼むも、“報酬払えないっしょ?”とバッサリ切られまして、玉砕。

でも、この話をちゃっかり後ろで聞いてたのが、ルイーズの兄・ライマン(セバスチャン・ピゴット)っつうね( ̄▽ ̄)
あの人、弁護士だったんっすね。


ま、ヴィクトリアがすぐに信用する訳もなく、まずはお手並み拝見で、ナタリーの情報をゲットするよう指示。

すると、ライマン君、、、


ナタリーがテディの看護師になった時には夫がいて、数週間後に離婚
その直後にテディと結婚


過去に患者のお金をだまし取って、看護師免許をはく奪されている


という、ナタリーの黒歴史を持ってきまして、見事ヴィクトリアの懐に入り込んでおりました。

ライマン君、やるのぉ~っ!

んで、早速ヴィクトリア様は、ライマンに相談せず、ナタリーに出頭命令を勝手にお渡しに。


よっ!
でこぼこコンビ!


メディアではすでにナタリーの事が取り上げられており、繊細で誠実なイメージの彼女に皆が同情すると、ライマンはヴィクトリア様につっかかるも、ここで繰り出されたのが、ヴィクトリア様お得意のしおらしい演技!


よっ!
名女優!


“女は演技でいくらでもイメージが変えられるのよ”っつうのをライマンに見せつけまして、ナタリーの化けの皮をはがす気マンマンでございましたねぇ。


ま、ヴィクトリアと組んだら、たぶんロクな事ないですけど、ライマンも極悪道はまんざらでもない感じだったので、ナイスコンビになることを期待しておりますっ


リベンジs415話
若い男を手玉にとるのもお得意な女王様




そんな新旧女王対決の幕が上がる中、エミリーとマルゴーの対決もヒートアップしてまいりました。

エミリーとジャック(ニック・ウェクスラー)が、ケイト殺しについて話している映像を入手したマルゴーは、世間に公表しようとします。

が、マルゴーのアシスタントが実はノーランに買収されていたようで、早速ノーラン(ガブリエル・マン)にマルゴーの動きを報告っ。

さすがノーラン、ぬかりないわぁ~


なんて、安心してたら、、、


あのアシスタント、買収されたフリをしとったー!


わざと情報をノーランに渡し、おびき寄せるつもりだったようです。


マルゴー、やるのぉ~!


これで、サーバー部屋にエミリーがやって来るはず!と思ったマルゴーは、FBIを呼んで待機。

そして、やって来たのは、、、ルイーズ(エレナ・サチン)でございました!


「エミリーと僕はスーパーヒーローなんだ」なんつう話をノーランがしたことで、手伝いたくなっちゃったルイーズちゃん。

“ん?まずいな”みたいな顔をノーランはしてたけども、結局はお役目を与えてあげて、、、優しすぎるやないかぁ~いっ

「ジャックに、ジムは8階だと聞いたのに~」と、トレーニングウェア姿のルイーズはおとぼけトークをかまして、見事マルゴー達をポカ~ンとさせておりましたねぇ。


リベンジs415話 (2)
ルイーズちゃん、大変よく出来ましたっ



いやぁ~、ルイーズはうまいことキャラの路線変更が出来たような気がするなぁ。
出番減っちゃうかと思ったけど、ルイーズらしい絡み方で今後も出てきてくれそほっ( *´艸`)


さて、これによって事態が変わり、マルゴーは例の映像を捜査官に見せようとするも、PCが突如ダウン。

原因は、ジャックがあげたブレスレットで、PCを破壊するチップが隠されておりました。

って、あのぉ、ブレスレットって、カールくんがマルゴーにあげてましたよね?
ジャックが練習させんかな( ̄▽ ̄)?

んで、それをさ、マルゴーも外さずに付けてるっつうのがね・・・。
結構イチかバチかな作戦だった気がするなぁ。

ま、成功したからいいけども( ̄▽ ̄)


しかし、早くも次なる一手を思いついちゃったマルゴー。
今度は遠藤君(ブライアン・ハリセイ)に接触っ!

遠藤君の元妻・エイプリルの居場所を探し当てたマルゴーは、別の理由でエイプリルを探している人物に居場所をバラすと脅しておったぞい!

何かしら事情がありそうな遠藤君の過去・・・。

せっかくエミリーとムフフな関係になったけど、エミリーと関わると、やっぱりヤバイ事に巻き込まれちゃうよね( ̄▽ ̄)

遠藤君、どうするっ!?



一方、巻き込まれキャラの大先輩・ジャックは、エミリーとベンの関係を知ってジェラっちゃったみたいで、ついにエミリーに告白

あー、まぁねぇ、、、エミリー断ると思ったよぉ

遠藤君とよろしくやっちゃった後っつうのもあるかもしれませんが、シーズン3の時、ジャックをシャーロット誘拐に加担させちゃった事が、エミリーの中で罪悪感として残ってる気がするんですよねぇ。

あと、最近のケイトの件も・・・。

あんなにピュアで真っ直ぐな性格だったジャックが、やっぱり変わってきちゃったもんなぁ。
このエピソードでも、ブレスレットを渡す役回りを引き受けてるもんね( ̄▽ ̄)

しっかし、この2人はホント、タイミングが合いませんねぇ。
お互い好きなはずなのにー。
最終回あたりに、ラブラブな2人を激しく希望いたしますっ!


さぁ、そして、もう一組、気になる組み合わせが・・・。

デヴィッド(ジェームズ・タッパー)とナタリー!

なに、このコンビ!?

結構楽しそうに会話してたなー。
ナタリーから遺品の一つである船をプレゼントされて、おとっつぁんはご満悦だったけども、、、

あのぉ、デヴィッドさん、その船って憎きグレイソン家のものですよね?

ナタリーの正体を知って、突き返す勢いを見せるのかと思ったら、「船で野球中継一緒に聞かない?」って誘っておったぞい!

おとっつぁん、やるのぉ~!
(今回は、やるのぉ~!な人が続々登場)


んもぉ~、とてもコンラッドを刺殺した人とは思えませんがっ( ̄▽ ̄)

すっかり極悪魂が抜けたおとっつぁん、、、ナタリーに利用されちゃったりして巻き込まれキャラの仲間入りにならないことを祈ります



あー、今回はだいぶ長く書いてしまいましたっ。
前々回から鑑賞意欲がちょっと落ちましたが、今回のエピソードを観る限り、また持ち直しそうです。

ヴィクトリアがヴィクトリアらしくなってきましたし、マルゴーが父親譲りの極悪な技をどう繰り出してくるのかも楽しみっ

なんつって、本当は、マルゴーにはパスカルを反面教師にするような方向でいって欲しかったんですけどね( ;∀;)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪