オーファンブラック 暴走遺伝子 の記事 (1/1)

「オーファンブラック 暴走遺伝子」シーズン1 全体感想♪

「オーファンブラック 暴走遺伝子」シーズン1、全体感想です♪

主人公・サラ(タチアナ・マスラニー)が、自分と瓜二つの女性と遭遇した事から、同じ遺伝子を持つクローンの謎に巻き込まれていくというサスペンスドラマ!

最初の3話ぐらいまでは、ちょっと鑑賞ペースが上がらなかったんですが、4話あたりからだんだんと面白くなってきまして、謎も明らかになってくる終盤はかなり勢いがあって、最終的には大満足で鑑賞を終えました


いや~、このドラマはなんといっても、主演のタチアナ・マスラニーさんが凄いです!

好演も好演
ド好演

タチアナさんの演技力で引っ張った感すらございます。


では、もうちょっと詳しく感想をっ!


以下、ネタバレ要素あります>







orphan-black.jpg



サラ、ベス、コシマ、ヘレナ、アリソン、レイチェルなどなど、クローンのキャラがそれぞれ個性的でしたよねぇ。

ゆえに、演じ分けがしやすいのかもですが、にしても、観れば観るほど、違う人が演じているような錯覚に陥ります。

もはや、プロモで出演者が集まってる写真なんかを見ると、「あれ?サラ以外の役者さんは?」と思ってしまう程( *´艸`)

それぐらい、タチアナさんの演技がサイコーでしたっ

特に素晴らしいなぁと感じたのは、クローンが別のクローンになりすました場面!

例えば、アリソンがサラに、ヘレナがサラになりすましたり…というシーンがありましたが、元のキャラ要素をほんのり匂わせながらのサラが、ホントに秀逸でして、ブラボ~ブラボ~でございました。

ヘレナが生みの親・アメリアを殺害してしまうシーンなんて、サラさんちょっとお疲れなんかな・・・ぐらいに思って観てたもんだから、めっちゃ衝撃的だったーっ!

いやぁ~、ヘレナいいっすね ( ̄▽ ̄)
完全にイッちゃってますけど、ヘレナが出てくるだけで、緊張感出るもんなぁ。


ヘレナ
「シャイニング」のジャック・ニコルソンばり!?


シーズン1ではサラにやられちゃいましたけど、サラとは双子だし、すんごい存在感だし、このままお役御免にするのはもったいないキャラだよなぁ。

是非とも、なんらかの形で復活してもらいたいものですっ!



さて、他の役者さんたちも魅力的でして、ドラマを大いに盛り上げていました♪


まずは、フェリックス役のジョーダン・ガヴァリスさん。


フェリックス


サラの弟で、ゲイ。
セクシーさとか女性的な柔らかさを見事に醸し出しておりましたねぇ

ちょっと生意気で、しょっちゅう文句言いながらも、サラ達に協力的( *´艸`)
このツンデレっぷりも、最高~っ

アートに目つけられちゃってますが、そのうちアートと協力していく展開だと面白いな~。



お次は、ポール役のディラン・ブルースさん。


ポールヌード


このドラマのイケメン担当なので、あえてサービスショットをっ!

ぐふっ。

ベスの監視役だったのに、途中からサラに味方しちゃうという、女心をくすぐる役どころでしたねぇ( *´艸`)

味方になったら俄然イケメンに見えてきちゃったんですけどっ!
あぁ、自分の単細胞に乾杯っ

ネオリューションに軍人時代の弱みを握られながらも、どこまでサラに協力してくれるのか?
またネオリューション側に戻ってしまわないことを祈りたいです!



さて、終盤でサラの出生の秘密や、ネオリューションが所有物としてクローンを作った事など、謎が明らかになってきたものの、まだまだ気になるポイントは沢山ありました。

・ネオリューションとトマス達の対立がどうなっていくのか?
・そこにクローン達はどう立ち向かっていくのか?
・アートは個人でどこまで介入できるのか?
・特別な子と思われるキラちゃんの行方や秘密はあるのか?
・サラの監視役だったミセスSの詳細は?
・サインしちゃったアリソンや病気のコシマはどうなっちゃうのか?

などなど、、、ありすぎー( ̄▽ ̄)

ま、こうでないとねっ。


こういう気になるポイントを残しつつも、シーズン1はシーズン1で、ある程度謎を明らかにしてくれたので、不完全燃焼な印象はなくて、もったいぶってない感じが良かったです。

エピソード数が少ない割に、パイロット的な感じは全然しなかったもんなぁ。

シーズン2も、また10エピソードなので、どこまでギュッと面白さを詰め込んでくれているのか、楽しみです



ちょびっと参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村