クワンティコ FBIアカデミーの真実の記事 (1/3)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、感想ネタバレ目次

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、感想ネタバレ目次です♪


FBI捜査官のアレックス(プリヤンカー・チョープラー)が巻き込まれたテロ事件解決のカギは、捜査官候補生が集まるFBIアカデミー時代に?

現在と過去、二つの時間軸が交錯しながら、テロ事件の犯人を追っていくサスペンスドラマです。




【クワンティコ FBIアカデミーの真実 S1】
感想・ネタバレ記事一覧


第1話「逃亡の始まり(Run)」

第2話「敵と味方(America)」

第3話「裏切りの影(Cover)」

第4話「射殺命令(Kill)」

第5話「無実の訴え(Found)」

第6話「監視の任務(God.)」

第7話「犠牲の精神(Go)」

第8話「一大決心(Over)」

第9話「仕込まれた証拠(Guilty)」

第10話「残酷な真実(Quantico)」

第11話「2発目の爆弾(Inside)」

第12話「ターニングポイント(Alex)」

第13話「恐怖の足音(Clear)」

第14話「答えを求めて(Answer)」

第15話「憎悪と偏見(Turn)」

第16話「黒幕の狙い(Clue)」

第17話「裏切りの連鎖(Care)」

第18話「危険な駆け引き(Soon)」

第19話「将来の選択(Fast)」

第20話「自信と過信(Drive)」

第21話「それぞれの決断(Right)」

第22話「新たな挑戦(Yes)」(最終話)





ブログランキング参加中です(*^^*)
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第22話「新たな挑戦」(最終話)感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第22話「新たな挑戦(Yes)」(最終話)感想です♪


ボイスの正体が視聴者には明らかになったものの、アレックス達はまだ知らずなわけでして、最後の追い込みにアカデミー同期生が一丸となって臨んでいきますっ

そして、あの人には衝撃の結末がぁ~~~っ!
んあぁ~~~っ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>








冒頭では、リアム(ジョシュ・ホプキンス)がボイスとして行った悪行三昧が明かされまして、全て単独で動いておりましたっ!

ホントかいな~っ?
(まだ疑ってる人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)


あんだけの計画を実行出来るんだったら、FBIでなんで発揮できなかったのかなぁ。
もしかすると、本来は凄く能力が高いんですかね?
FBIのやり方に首ひねってたら目的を見失ってしまい、仕事に打ち込めなかったんでしょうか(フォローするつもりはサラサラないですけどもっ)。

でも、FBIぶっ潰す!という大きな目的が見つかったら、リアム君ったら結構デキる子だったみたいっ ( ̄▽ ̄)


んで、結局動機ですけど、、、

都合の悪い事は揉み消すといったFBIの体質に、アカデミーを卒業したばっかりのリアム君にはショックだったご様子。
オマハの潜入捜査で失敗した件も、アレックスパパは真実を話そうとしていたのに、クレイトンら上司に阻まれて叶わず。

そんな腐敗したFBIをぎゃふんと言わせようと思いながら、リアム君はミスしても上手い事昇進を重ね(結構世渡り上手)、アカデミーの教官の職を得たのを機会にアレックス(プリヤンカー・チョープラー)に接触(ついでに抱けちゃった)。

リアムとしては、アレックスに父親殺しの償いや、父親をダメにしたFBIへの復讐という名目でテロリストに仕立て上げたかったようですね。

って、こういうところが姑息だわなー。

なにしろ、リアムはすっとこどっこいな印象しかないので、ねじ曲がった正義を振りかざそうと何しようと、説得力に欠けまして、、、もうちょっとカリスマ性のあるキャラだったら、リアムの犯行にも納得できたかもしれません。


クワンティコs1_22_1
すっとこどっこいコンビ


最後はアレックスに射殺されましたけど、それよりなにより、ライアン(ジェイク・マクラフリン)の残念っぷりが際立っちゃって、緊迫した状況なのに、笑いがこみあげてきてしまう始末っ。
リアムに簡単に捕まっちゃった所なんか、もはや爆笑でございました。

最終話まで、ホント良いところがなかったー。
もうちょっと、ライアンを立ててあげる場面があっても良かったんじゃ?と、憐れみの気持ちまで生まれてしまいます。

特に後半は、アレックスの恋バナ要員っつう印象しか残ってないもんなぁ。
最後も、アレックスと旅行の話しちゃって、楽しそうだったしねー。
そういうの、ぜんっぜん興味ないんですけどー( ̄▽ ̄)



そんなライアンやリアムよりも、断然キャラが立っていたのがサイモン(テイト・エリントン)!

ワタクシは犯人候補としてずっとマークしてきましたが、この最終話では、リアムの共犯では?と往生際悪く最後まで疑い、核爆弾を持っていった時には、“もしやぁ~!やっぱり共犯~?!”と、期待に胸膨らませておりました。


がっ!


なんと!




爆死!



男気あるめっちゃ良い人だったーーーっ

ぬおぉぉぉぉ~~~っ


サイモン君、最終話までしつこく疑っちゃって、本当に本当にごめんねぇ。

爆死の際も、本来ならばウルッときそうな場面だった気がするのですが、なんせずっと疑ってたもんですから、ポカ~ンとしてしまって、悲しみよりも驚きが勝ってしまいました…。

まさかあんな結末になるとはっ。
死ぬこたぁないだろうよぉ~。
うわぁ~~~ん
(ようやく悲しみがこみ上げてまいりました)

サイモンは、ずっと罪悪感に苛まれていたのだなぁ
自分が練った計画が利用され、しかも爆破経験までさせられて多くの人が犠牲になって、、、それを償おうと、自殺願望を振り切ってアレックスに協力し、危険に身を置きながら奮闘していたのかと思うと、本当に辛いです

あぁ、観てる時にこれを感じたかったー!

良いキャラだったなぁ~、ホント。
不気味さが一番あったのはサイモンだったと思うんですよねぇ。
それにまんまと引っ掛かったのがワタクシですけども ( ̄▽ ̄)


さて、ワタクシのサイモン共犯説は当たりませんでしたが、“共犯”という部分はビンゴ?な流れにっ!

いやぁ~、サイモンしか頭になかったので、これは意外でした。

アレックスが疑ったのは、クレア!(マーシャ・クロス)。

リアムの計画を知り、副大統領選を前に国の安全に尽力する姿を国民にアピールする好機会だと捉えたようですが、、、真相は分からずっ

最後の核爆弾に関してアレックスは、「偽の核爆弾」と言ってましたけど、爆発させるつもりはなかったんですかね?
クレアがアレックスを称えた事で、リアムが裏切られたと思い、核爆弾持ってとんずらしたようですが…。

クレア絡みの件は、シーズン2でも描かれるのでしょうか。



さて、最後はやはりアレックスのシーンで締めくくられまして、FBIを退職したアレックスのもとにCIAからスカウトがっ!

さすが、アカデミー首席卒業は違うねぇ~。
ひゅ~ひゅ~っ

スカウトに来たのは、CIAのマシュー・キースというおっさんで、、、


んあぁーーーっ!
ドラマ「リベンジ」の~~~っ!
極悪なおっさん・コンラッドじゃないのぉ~っ!
(ヘンリー・ツェニーさん)

相変わらず腹の中真っ黒クロスケな雰囲気っ( *´艸`)
たまらないっすねぇ。

はて、この真っ黒クロスケのスカウトを、アレックスは受けるのでしょうか?


受けるんだろーなー ( ̄▽ ̄)

受けちゃったら、シーズン2で邦題のサブタイトルを変えなきゃですかね( *´艸`)




さてさて、その他の皆さんですが、、、

ミランダ
・前回死亡してしまったかと思いましたが、命に別状はなく、FBI新副長官に!
そういえば、アレックスとリアムの会話の中で、「息子を殺され…」なんつう台詞が出てきましたが、チャーリーはFBIに撃たれたのをきっかけにあのまま亡くなってしまったのかな…。
っつうかさ、「息子を殺され」って、あたかも第三者が殺したような言いっぷりでしたけど、現場を仕切ってたのリアムでしたよね?
どの口が言ってんのよ~ ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


他のアカデミー同期
・シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)はミランダの計らいでFBI復帰。
ケイレブ(グラハム・ロジャース)やレイナ(ヤスミーン・アル=マスリー)も復職したようですね。
あぁ、ここにサイモンも居たら…

あと、同期ではないですが、ウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)も元気そうに戻ってきました!
ケイレブとは久々に再会し、、、システミックスの一件以来会ってなかったんですかね?

2人のハグシーンに、シェルビーがちょびっと不思議そうな視線を投げかけていたようにも見えたなぁ。
システミックスでのケイレブの活躍を依然としてシェルビーは知らないはずなので、あんなにブン殴られたのに嬉しそうに再会してるウィルを見たら驚くよねぇ ( ̄▽ ̄)

んで、結局シェルビーとケイレブの仲は、ギクシャク感は和らいだものの、元サヤまでには至りませんでした。

最初の方は、このカップル観るのを楽しみにしてたんですけどね~。
途中から上手くいかなくなっちゃって、楽しみが減ってしまいました( ̄▽ ̄)

シェルビーに振り回されたようにも見えるケイレブですけど、ケイレブも自分からゴタゴタに飛び込んでいってしまうような所がありましたので、お似合いカップルだと思います( *´艸`)

アレックスとライアンのイチャイチャより、シェルビーちゃんとケイレブの方を観たかったぁ~


...............................................................

シーズン1、全体的には楽しめましたが、、、終わってみると、ネガティブな感想が真っ先に浮かんできてしまうかなぁっ

主要キャラであるアレックスやライアン、リアムの存在感が薄かったり、アレックスのお節介ぶりとか、すぐベッドインしちゃう感じとか、どうも共感できずで、、、これまでにも書きましたが、主人公に感情移入出来なかったのがだいぶ響きました

題材は面白かっただけに、描き方がもうちょっとワクワクする感じだったら良かったのになぁと、ド素人的には思っておりまして、、、
やっぱりさ、時間軸を分けて描くパターンだったら、「あの時のあれは、こういう事だったのかー!」みたいなシーンを期待するのですが、そういうのがなかったのが残念です。

シーズン2は現在の時間軸だけになるんですかね?
そのパターンだったらどうなるのか、観てみたいですっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第21話「それぞれの決断」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第21話「それぞれの決断(Right)」感想です♪


物語も大詰めを迎えまして、いよいよボイスの正体が明らかに…?!

って、前回も同じような事を書きましたが、ボイスの正体に関して新たな展開が見られる緊迫のエピソードでございますっ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>











やはり!な展開になりましたっ

ペラレス(レニー・プラット)がボイスかと思われた前回でしたが(でも全然説得力なし)、恐らくこの人が本丸でしょうっ!


はいはいはい~~~っ!


出ましたっ!




リアムのおっさん!
(ジョシュ・ホプキンス)


アンタかーーーーーーっ


前回、とってつけたようにリアムのおっさんを犯人候補に加えましたが、犯人当てるの苦手なので、まさかおっさんが本当に犯人だとは思いませんでした。
いやはや、驚きです(;・∀・)

やはりペラレスは利用されただけでございましたねぇ

アレックス(プリヤンカー・チョープラー)への電話は、ボイスお得意の技で、自分の声をペラレスに変換して会話していたようです。

ペラレスはサイモン(テイト・エリントン)と共に拘束され、自分の指を折ってまで脱出しようと試みたのに、、、爆死
あぁ…


クワンティコs1_21_1
サイモンは脱出してアレックスのもとへ!


おっさんをここまで駆り立てているのは何なんだろうねぇ

なんとなく、アレックスパパとのオマハでの潜入捜査が絡んでそうですが…。
あと、クレイトン(マーク・ペルグリノ)も関係してるかもしれないなぁ。


ペラレスは残念な事になってしまいましたが、居場所の特定にはケイレブ(グラハム・ロジャース)やレイナ(ヤスミーン・アル=マスリー)が活躍しておりましたねっ
シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)も、緊急事態を伝えるべく、会いたくないであろうクレア(マーシャ・クロス)と強行面会!

3人ともFBI捜査官じゃないのに、すごく貢献してたぁ~
よっぽどライアン(ジェイク・マクラフリン)より頼りになるんじゃ ( ̄▽ ̄)?

このまま、おっさんの逮捕まで頑張って頂きたいものですっ


クワンティコs1_21_2
サイモンとみんなの共演、久々~



さて、早い段階でおっさんの怪しさに気づいたのはミランダ(アーンジャニュー・エリス)でしたが、、、リアムに撃たれてもうたよぉ~
えぇ~、亡くなっちゃったのっ?

ミス連発のおっさんがのし上がって不愉快な思いもしてたのに、しまいにはそのおっさんに撃たれるだなんて、、、これで亡くなってしまったら浮かばれないよねぇ(T△T)
しかも、かつては愛し合った関係なわけでしょ?(と、これはあまり想像したくないのですが)

ミランダまで撃ってしまうとは、おっさん相当イカれてるわなー。

ますます動機が気になります


しっかしさ、ボイスがリアムだと判明したらしたで、なんだか残念な感じがしてしまったのはワタクシだけでしょうか?

アカデミー襲撃時なんて、格好ばっかりつけて、実際は犯人に背後を取られちゃうすっとこどっこいな、あのリアムのおっさんですよ?

今回の緻密な計画を実行できるタイプにはとても思えんっ!
(だからずっと犯人候補から外していたのですが…)

ん~、どうも犯人として役不足を感じてしまうのですよねぇ


となると、、、


もしや、共犯者がいるのではっ?!



考えられるのは、、、



サイモン?! ( ̄▽ ̄)アハッ
(本当に往生際が悪いワタクシ)



ワタクシ一押しのサイモンを、諦めきれなぁ~い。


ま、よく考えたら、サイモンとペラレス達ってアカデミー時代に接点がないので(顔は合わせていたかもしれませんが)、サイモン単独犯では無理があったんですよね
でも、サイモンが計画を練ってリアムが実行する、というパターンだったら、お互いの強みを活かせたのでは?

元々はサイモンが練っていた計画が発端ですし、退学を良い機会として、リアムがアプローチしたのかもしれません…。

最終話の壮大なネタバレとしては、結構良いネタだと思うんですけど、どうっすかー
(完全なる自己満足っ)



はて、次回の最終話はどんな展開になるのでしょう~。

リアムが持っている核爆弾が使われてしまうのか?
それともアレックス達が未然に防げるのか?

あと、主人公であるアレックスにこの事件がどう絡んでいるのかが、最大の焦点になってくるかもしれませんね。

そして、共犯者がいるのかどうかも、個人的には注目しながら最終話鑑賞したいと思いますっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第20話「自信と過信」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第20話「自信と過信(Drive)」感想です♪


新たな爆弾の存在が明らかになり、アレックス(プリヤンカー・チョープラー)はシェルビー(ジョアンナ・ブラッディ)の助けを得ながら奔走しますっ

残り3話となりまして、ボイスの正体もついに…?!



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>







いやぁ~、ついにボイスの正体がきましたね~。

あの人でした、、、。




なんと、、、



ペラレス!(レニー・プラット)


ペ、ペ、ペラレス?


、、、、、、、、、


またまたぁ~!

ご冗談をっ!

ウソですよね ( ̄▽ ̄)?


クワンティコs1_20_2
「オ、オ、オレが犯人っすか?!」


さすがにペラレスじゃインパクト弱いでしょーよーっ
(ペラレスには悪いけども―)

ワタクシなんて、前回でお役御免かと思ってたぐらいなのにっ( ̄▽ ̄)


ペラレスもボイスに操られてるだけだよねぇ?
(切なる願い)

早くそうだと言って~っ(T△T)


今まで協力させられた人物の中では、アレックスに指示を出してボイスっぽい雰囲気は出してましたけど、ボイスにとんでもない弱みでも握られちゃってるんじゃないのぉ?

早くそうだと言って~っ(再) (T△T)


この展開が残り2話あたりで出てきてたら(つまり次回あたりで)、ペラレスが犯人である可能性も少し受け入れられたかもですが、まだあと2話ありますからねぇ、、、この線はワタクシ完全に拒否です ( ̄▽ ̄)!

絶対に、最後の最後で特大のネタバレがあるに違いないっ

そうだと言って~っ(再々)(T△T)


まだライアン(ジェイク・マクラフリン)が犯人の方が分かるかなー。
一応さ、アレックスに次ぐ2番手キャラな立ち位置かな?と観始めた頃は思っていたので、犯人であってもおかしくないとは思うのです。
ただし、抜け作っぷりが気になり出してからは、犯人じゃないと思っておりますがっ( ̄▽ ̄)



正直言いまして、今回は“ペラレスがボイス?”な部分しか印象に残らずでして、その他はもうおぼろげになってしまいました

特に重要そうな点もなさそうだったしなぁ。


ま、ライアンが相変わらずアレックスを追いかけまわしてたけど(銭形警部みたいになってきたなっ)、そうこうしてるうちに、自分がボイスに仕立てあげられちゃってるという、残念な人になっておりましたねぇ

やっぱり、アレックスに協力してた頃の方が良かったなー。
んで、その印象もあるがゆえに、今の手の平返しがとても滑稽に見えてしまう…。

ブレブレでウザウザで、、、とりあえずヒゲ剃ったらどうですかね?(唐突ですが)
そしたら清潔感出て、ちょっとは好感度上がるかもしれんっ。


あとは、、、あ、おぼろげながら、気になった点をシレっと書き始めておりますが、、、

ワタクシお気に入りのケイレブ君(グラハム・ロジャース)は、現在の方ではまだ完全復活ならず

でも、アレックスのお家でお留守番してるところをライアンたちに邪魔された時は神対応だったなぁ( *´艸`)

あの飄々とした雰囲気は、ケイレブにしか出せないと思うのですよね~


クワンティコs1_20_4
薬がまだ抜けきっていないご様子のケイレブ君


親のコネで早く釈放してもらって、シェルビーちゃんと仲良くボイス追跡捜査をしてもらいたいものです


あ、そういえば、アカデミー時代では、ケイレブがシェルビーの両親の事を黙っていた事がバレておりましたねっ。
毎度おなじみ、アイリス(リー・ジュン・リー)のお節介行動が発端でしたけどもっ!

あの人さー、こんな短い付き合いの中で、よくあそこまで首つっこもうと思うよね?
よっぽど自分に自信があるのか、、、あ、ここで邦題の“自信と過信”だったりしてっ(;''∀'')

新キャラ3人の中では、現在の方で唯一出てきていない人になっちゃいましたけど、残り2話で登場してくるんでしょうか?
アイリス発端で、てんやわんやな展開とかやめて頂きたいなー( ̄▽ ̄)

結局、最初に一番薄いキャラだと思っていたウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)が、今では一番際立つ印象!
(今回まだ生きている事が判明しておりましたねっ)。

ケイレブと絡みだしたあたりから、グンと存在感増した気がしますっ
しかも、男気あるしなー。

なんとか復活してもらいたいですけど、前回のあの様子では結構厳しいかもしれん…うぅ



さて、残すところ、あとわずか!

えぇっと、ここで重要なお知らせです。


ワタクシの犯人候補ツートップだったサイモンとケイレブですが、今回まで観てきまして、、、

ケイレブは犯人候補から外します
(どこが重要やねん!というお声は重々承知の上でございます)

結局、システミックス絡みで怪しい雰囲気だっただけかな?という結論に達したので ( ̄▽ ̄)


その代わりに、と言ってはなんですが、リアムのおっさん(ジョシュ・ホプキンス)がワタクシの中で再浮上っ

おっさんのグダグダ感に、「こりゃあ犯人じゃないだろー」と最近はずっと思っていたのですが、今回さ、リアムのすっとこどっこいぶりで、シカゴの作戦が失敗になったことが明らかになってましたよね?

んで、この人のすっとこどっこいは、もしやワザと?と思い始めたのですよぉ ( ̄▽ ̄)

危険と隣り合わせの大事な作戦中に、ライアンに「自分が代わるから」と連絡して早く帰らせておきながら、お酒飲んでくたばってたって、、、ちょっと信じられないのですよね。

そんな捜査官、クビだろー ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ
部下だって、命預けるの恐ろしいよねぇ。

それでもクビにならず、本部への異動の話がきてたりしててさ、、、ハース夫妻とのパイプとか、以前ミランダが指摘していた男性の優位性があるのかもしれません。

それにしたって、こんなおっさんが生き残ってるのが信じられません。
アメリカの安全ヤバイでしょーよー。

というわけで、リアムを候補に入れるのは少々不本意なのですが、グダグダ感はカモフラージュだった!という線で、残り2話怪しんでいきたいと思います。


サイモンはどうしてるかな~。
ボイス側にいた方が都合がいいとか言ってたのに、なんの連絡もないよね~。

奮闘中なのか、はたまた…。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第19話「将来の選択」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第19話「将来の選択(Fast)」感想です♪


アカデミーの卒業が近づく中、就職相談会が開かれ、候補生たちは現役FBI捜査官から話を聞く事にっ。

現在の方では、前回ミステリアスな動きを見せていたケイレブ(グラハム・ロジャース)に加え、シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)も登場!

彼らは味方か?それとも…?



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>









えぇっとワタクシ、アカデミー時代の方で勘違いしていた事がございました。

ペラレス達ってアレックス達より先輩なんっすね
(なんという今更感っ!)

HRT(人質救出)のテストの際、ペラレス(レニー・プラット)がアレックスに「君より長くいる」みたいな事を言っていて、“おやっ?”となりまして、勘違いしていた事に気づきましたっ

これまでの感想は勘違いしたまま書いておりましたので、後輩扱いしちゃっていた事をここでお詫びいたしますm(_ _)m


そんな勘違いに気づけて良かったのですが、、、アカデミーの内容の方は相変わらずだったでしょうか ( ̄▽ ̄)


ただし!

ケイレブ君のシステミックスには動きがありまして、実はおとっつぁんのクレイトン(マーク・ペルグリノ)と画策した極秘潜入捜査だった事が判明しておりましたねっ


クワンティコs1_19_1
やべぇ仕事中のケイレブ君


ウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)に関してはジョギング中に襲われたっつう話になっていて、助けた張本人のシェルビーちゃんは捜査官の卵の血が騒ぎまして、50万ドルの大金持って自分も潜入っ

まさかケイレブが潜入捜査してたとは思わないわなっ ( ̄▽ ̄)
あのお金は投資損になっちゃったのかしら?

この時までは、たぶんシェルビーもケイレブの言った事を信じていたんじゃないかと思うのですが、違法な捜査だっただけに、おとっつぁんは保身ともとれる態度にっ

「ケイレブが一人で潜入捜査しちゃって、気づいたらまた洗脳だってよ!まいっちゃうよねー」みたいな説明をシェルビーにもしちゃってさー、、、んもぉ~、息子を犠牲にするのやめてくれぇ~いっ!

しかも自分のもとで働く事をシェルビーに提案して、、、ま、この時から下心があったとは思いませんが(思いたくないですが)、システミックスの件があっただけに、自分の目が行き届くところに関係した人物を置いておきたい狙いもあったのかな?


危険な任務だったろうに、ケイレブにとっては残念な結果になっちゃいましたよねぇ
システミックスのボスを逮捕、という収穫はありましたが、組織自体は衰退していくのを待つしかなく、さらには、友人のロスがすでに亡くなっていたり、自分はまた洗脳されたちゃった事になったり、、、協力したウィルも殴られ損だわいっ

この辺りから、ケイレブとシェルビーの関係がまた悪化しちゃったのかしら?

シェルビーの立場になって考えると、両親の事で尽力してくれたケイレブの男前な姿も焼き付いているだろうけど、カルト集団にすぐ傾倒してしまう姿もインプットされてしまった以上、彼を信じることは難しいだろうしなぁ…。

いやはや、くっついたり離れたり、忙しいカップルでございますっ( ̄▽ ̄)



そんなお2人さんが、現在の方でも大フィーチャーっ

第17話でボイスの手下風の運転手となって久々に現れたシェルビーちゃんでしたが、今度はFBIに出没しておりましたね~。

FBIのシステムをいじくりに来たようにも見えましたが、「私は味方!」とモールス信号でアレックスにメッセージを送り、協力することにっ。


クワンティコs1_19_3
またもやヴィラン風メイクでご登場!


あのぉ~、シェルビーちゃん、アレックスにプンプン丸だったよね?

ボイスに接触され、さすがにヤバイ状況だっつうのが分かって、怒りも吹っ飛んじゃったのかなぁ?

ケイレブと連絡を取っていたのも、シェルビーだったようですね。
(ライアンじゃなくて良かったー)

前回、「彼女は信じた。そっちへ向かう」とケイレブは電話で言ってましたが、これ、「彼女は信じてくれた」というニュアンスだったとしたら、合点がいきます。

ボイスにマーク・レイモンドで車を借りろ、と指示された時点で、シェルビーはケイレブに連絡したのかもしれませんね。

アレックスに協力するためにとった行動としては、ちょっと回りくどいような気もしますが、ま、いいか( ̄▽ ̄)

ケイレブとも再会出来て良かったよねー
アレックスの「起きて」じゃビクともしないケイレブを、鶴の一声で起き上がらせてしまう恋のマジックを早速披露しておりましたっ!


クワンティコs1_19_4
オカンにマズいところを見られた風のケイレブ君


素直すぎるケイレブ君っ
かわえぇ~
萌えぇ~っ

なんだかんだ、2人とも好きでしょうがないのだなー( *´艸`)

そういえば、ケイレブの薬漬けは、ウソかな?なんて前回思ったのですが、冒頭での幻覚症状とか気だるさを見るに、どうやら本当だったみたいですねっ

ケイレブの完全復活は次回以降に期待するとして、とにもかくにも、なんと協力者が2人も増えたアレックス!

これまで、ナタリーやダンカン、ハンナ、さらにはサイモンと、協力してくれる人がことごとくいなくなってしまう展開でしたけど、今回は大丈夫だろー。

そう思いたいっ


んで、早速シェルビーちゃんがボイスの声の解析やら発信先やらを突き止め、ナイスプレー連発っ!

シェルビーちゃん、やるのぉ~っ

自社システムもどんだけ凄いのよー!

声の解析って、確かサイモンも挑戦して、その時は解明できませんでしたよねぇ。
いとも簡単にシェルビーちゃんがクリアするとはなー。

この解明のあっさり感に、どうも違和感…。
サイモンは、解析出来なかったフリをしていただけでは…?

姿は見せずとも、今回もサイモンは怪しさを振りまいてくれておりますっ( *´艸`)

でも、声の解析結果って隠すような事かな?という引っ掛かりはあるんですけどねっ(;'∀')


さて、シェルビーちゃんのナイスプレーで、とある教会に辿り着くも、そこには怯えた様子で訴えかけるウィルがおりましたねぇ

「核爆弾を作らされた」と言って倒れしまい、、、生死はまだ不明ですが、被曝してしまったのかなぁ
ボイスはコロンビア大から防護服を盗んだようですしねぇ。

あ、以前、コロンビア大への侵入者はシェルビーちゃん?なんて書いた事がありましたが、これは違うっぽいな ( ̄▽ ̄)


しっかし、ボイスは思い切った計画を練りましたよね。
核爆弾って ( ̄▽ ̄)!

そこまでさせてしまう理由を、早く知りたいわー。

“彼女にバカにされたから!”とかだったら、許さんぞー(それはないかっ)!


核爆弾が出来たとなれば、ボイスの計画もいよいよ最終段階でしょうねぇ
あと3話でどんな展開になっていくのか…。



さて、その他のところでは、、、


ライアン(ジェイク・マクラフリン)
・この人は、まぁ~回を重ねるごとにウザキャラになっていきますなー( ̄▽ ̄)
ナタリーの休職が不自然な事にも気づきまして、もう完全にアレックスを悪人としてロックオン!
こちらはもうウザキャラでロックオンしてるもんですから、“手柄を立てて出世しちゃうよ~ん♪”みたいな貪欲さも感じちゃいまして、超嫌悪感なんですけどーっ

なんでこんな人になってもうたのぉ?
スタート当初はまさかこんなキャラになるとは思っていませんでしたよっ!

次回以降、ミランダ(アーンジャニュー・エリス)やニマ(ヤスミーン・アル=マスリー)も巻き込んで、何かやらかしそうな雰囲気がプンプンです。


ペラレス
・手が震える症状が出ていたペラレスは、アレックスにそれを報告され、自主退学の道を選んでおりましたねぇ。
これと言った活躍もないまま終わっちゃったなぁ
リアム(ジョシュ・ホプキンス)のシカゴの件が明るみになったあたりが、ピークだったでしょうか。

結局ペラレスは、アレックスの恋バナ用にあてがわれた印象しか残ってなくて残念ですっ

...............................................................

今回もサイモンが登場しなかっだっただけに、ワタクシの中での犯人候補ツートップのケイレブ君が結構登場してくれて良かったです
もはやライアンでは埋め合わせできないので ( ̄▽ ̄)、どちらかが出てきてくれるとテンション上がる~

次回も登場多めでお願いしたいところですっ





ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第18話「危険な駆け引き」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第18話「危険な駆け引き(Soon)」感想です♪


今回は久々に、現在の方にもあの人が登場してきまして、アカデミー時代含めてフィーチャーっ

ラストはまたもや謎めいた展開になっておりますっ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>













アカデミーの方はそろそろネタ切れなんじゃ?と前回思いましたが、今回のアカデミーを観て確信いたしました。

これ、ネタ切れでしょーよー

健康診断ってねぇ ( ̄▽ ̄)?


クワンティコs1_18_1
医師「このアポロチョコ食べたいやろ?」


トントント~ンって、、、うおぉぉぉっいっ!


健康診断はあたり前にやってるんでしょうけど、この描写要るかね?


機密情報へのアクセス権云々もなー。
これに関しては、本当にアカデミーでやってるにしても、ホントかいな?と疑ってしまいましたっ。

現役FBIが面談で調査するとかじゃなくて、アカデミー生同士でチェックしてたもんなぁ。
その後FBIのチェックもありますが、だったら、直でFBIがチェックして合否を決めた方が効率良いんじゃ?

と思ってしまうのは、やはりアカデミーのノリが相変わらず学園ドラマな雰囲気だからかもしれませんっ。
いちいちチープに見えてしまうぅ~

このドラマの残念な点の一つです。


がっ!

そんな中、動きがあったのが、ケイレブ君(グラハム・ロジャース)絡みのシステミックス!

このネタがあって、ホント良かったですよ ( ̄▽ ̄)


いよいよウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)が潜入する算段になったところで、とんだお邪魔虫が発生っ!
アイリス(リー・ジュン・リー)がしゃしゃり出てきてもうたよぉ~っ

あのぉ、お節介おばさんは一人で十分なんですけどー(一人は言わずもがなのアレックスさん)。

ウィルを守ろうとしたのは分かりますが、いかんせん、アイリスは早計なんですよねぇ。
前にも、シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)の両親の件でこんな事があったような…。

この早計っぷりは捜査官としてマズいでしょーよー


あ。


そんな余計なお世話を言ってるワタクシったら、、、自分がお節介おばさんになっとった ( ̄▽ ̄)

いかんいかん。


話を戻しまして、、、アイリスがシステミックスにFBIだとタレこんでしまい、ウィルが、そしてケイレブが窮地に追い込まれてしまうハメに


ケイレブもシステミックスに指示されるがまま、ウィルを殴るしかなくて、、、あぁ

ここ最近のウィルは根性あるところをチラリズムさせておりましたが、今回も自分がボコボコにされようとも、全てを理解して受け入れていたように見えました。

最初はキモキャラかと思ったけど、、、男前やないのぉ~

ライアン(ジェイク・マクラフリン)よりも断然男らしく感じるっ ( ̄▽ ̄)


んで、最悪の状況になってしまうも、アイリスから事情を聞いたシェルビーちゃんが駆け付け、ウィルはボコボコの刑からなんとか解放されておりました

ケイレブはシステミックスの人達と建物内へ入ったようですが、、、あの後どうなったんでしょう。
恐いわぁ~((;゚Д゚))

でも、いざとなったら、またおとっつぁん(マーク・ペルグリノ)出てくるかもしれないよね(楽観的)。

ケイレブがシステミックスに関わってる件は、リアム(ジョシュ・ホプキンス)とクレイトンの間でもメールでやり取りしてましたしねぇ。

リアムおじさんも株上げようと必死なんかな?
ワタクシにはそうとしか見えませんでしたけどもーっ。

また胡散臭い雰囲気も出てきただけに、おじさんは最終話までにもう一回ぐらいなんかやらかしてくれるかもしれんっ( ̄▽ ̄)




さて、現在の方は、、、


こちらでも、ケイレブ君がフィーチャーされまして、やっとこさ登場~っ

待ってましたよ、ケイレブ君っ

捜査本部の爆破テロ後は、ハース家でおっかさんのクレア(マーシャ・クロス)に匿われるようにして暮らしておりましたねぇ


がっ!


クレアがドラッグを与えておったーっ!
なんですとぉーーーっ!?


ケイレブはあの爆破テロ時、おとっつぁんのクレイトンに助けられるも、そのためにクレイトンは亡くなったそう…。

そして、それがPTSDのようになってしまい、精神状態が不安定で致し方なく、、、って、おいおいっ!

自分の選挙が近いのもあって、入院させると騒動になるから、ドラッグ与えて家で軟禁状態だなんて、考え方が異常で恐ろしすぎるっ((;゚Д゚))


クワンティコs1_18_2
ア「ケイレブく~ん、お外で遊ぼぉ~♪」



ケイレブもすっかり生気がなくなってしまい、アレックス(プリヤンカー・チョープラー)の協力要請にも応じず。


と、思いましたら!


ラストでなんとも意味深な行動を見せたケイレブ君!

出ましたっ!
ミステリアスキャラ!

アレックスに協力する!と考えを翻し、最後に家を抜け出したケイレブですが、直後、誰かに電話…。

「彼女は信じた。そっちへ向かう」だってよー!

相手誰よーっ!
めっちゃ気になるぅ~~~っ!

しかも、ドラッグ漬けなのも、ウソっぽく見えたしなぁ。
クレアも騙しているのでしょうか?

んー、となると、電話の相手は犯人ですかねぇ?

いや、でもさ、犯人はアレックスに対して、「これで最後だ」みたいな事を前回言っておきながら、またアレックスを巻き込むっつうのも、違和感…。

う~む、それ以外となると、、、。


あ。


ライアン ?

だとしたら、ウザいわー( ̄▽ ̄)ゲラゲラ



とにもかくにも、ワタクシが怪しんでいるツートップのうちの一人・ケイレブが怪しい行動を見せてくれまして、俄然テンション上がりましたっ

テロで使われた車を借りたのも、マーク・レイモンドでしたしねぇ。

サイモンとか前回犯人サイドに行っちゃった人達が今回出てこなかっただけに、ケイレブが十分ミステリアスに盛り上げてくれましたっ


この調子で、次回もお願いします!
そして、ツートップ対決をいずれ期待~っ( *´艸`)




さて、その他のところでは、、、


双子(ヤスミーン・アル=マスリー)&ライアン
・爆破テロ後は、ニマの仕打ちによって(これが全く思い出せませんが)、実家で暮らしていたようですね。
でも、アレックスの協力要請に応えたレイナ。
ライアンやニマに詰め寄られても、窮地の友達を助ける事こそ正しく、罰を受ける覚悟も見せておりました。
レイナ、カッコ良い~

それに比べてライアンが、回を重ねるごとにウザ度が増してるんですけどーっ。
フラれたのを未だに根に持ってる男のようにしか見えなくなってきました( ̄▽ ̄)


ミランダ(アーンジャニュー・エリス)&リアム
・双子利用問題でミランダはアカデミーでの職を解雇されるも、「なんでミスばっかりのおっさんは辞めてないのよ!」とご立腹だったようで、ちょっと復讐めいた事をしておりましたねぇ

過去にダブル不倫してた仲だったのもありまして、ミランダがリアムをなんと誘惑っ!
さらには、アレックスと寝た事を話すリアムとの会話を録音っ!
これを材料にして、クレイトンに勝負を挑むも、男性社会のFBIの壁は厚く、あえなく撃沈でございました。

ミランダさん、あそこまでしたのに、ご愁傷様です

でもさ、現在の方では、ちゃっかり役職についてる訳で(部長でしたっけ?)、、、あのリアムとの描写は、こちらの怖いもの見たさを煽っただけだったんじゃ ( ̄▽ ̄)?


.................................................................

残すところ、シーズン1も4話となりました。
畳みかけるようにして終盤盛り上がるといいなぁ~と期待していますが、いかんせんアカデミーのネタ切れ感と緊迫感のなさが最近特に気になります…







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第17話「裏切りの連鎖」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第17話「裏切りの連鎖(Care)」感想です♪


コロンビア大での一件後、再び犯人からアプローチがっ。
意外な人物達が関わり、次なる展開が非常に楽しみになるエピソードです。



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>







今回のアカデミー時代は(も)、心惹かれる内容ではなかったものの、シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)の両親の件は進展が見られましたね~。

会いたいという両親に対して躊躇するシェルビーでしたが、背中を押したのは、や~は~り~のケイレブ君(グラハム・ロジャース)!(一応アレックスもっ)

相変わらず男前なんですけどーっ


クワンティコs1_17_1
実習もそっちのけ



今回の面会によって、なぜ生きていたのにシェルビーに黙っていたのか?という謎な部分が明らかになりまして、、、

“会社の兵器システムソフトを、仲介者を通してアフガニスタン政府に売ったら、実際は仲介者がタリバンに渡し、9.11のテロで使用されてしまった。
そうとは知らずに売ったものの、逮捕はまぬがれないと思い、搭乗者名簿を自社システムで変更し、9.11で亡くなったように偽装した。”

という事でした(両親の説明によれば)。

家族を守る為、身を潜めていた両親…。
シェルビーも理解を示して、許しておりましたねぇ。

がっ
がっがっがっ


両親は、お金目当てだったぁ~~~っ

ぬおぉ~~~っ


これを暴いたのも、や~は~り~のケイレブ君っ

んもぉ~、どんだけ冴えっちゃってんのよぉ~

しかも、お金払って両親を退散させるとはっ

あっぱれすぎるでしょーっ。

そしてシメは、ハース家の自家用ジェットで実習もクリアしちゃうというねっ( ̄▽ ̄)

おぼっちゃま、大活躍っ

一応シェルビーの件は落ち着いた感じはありますが、両親が真っ黒クロスケだった事を、いずれシェルビーも知ってしまうのでしょうか?
そうなると、ケイレブがまた責められちゃうかもしれないなぁ



一方、現在の方は、、、驚きの展開にっ

再びボイスから接触がありまして、CIAに拘束されている人物を引き渡す事に。

その人物が、まさかまさかの、


オタク君ウィル!

(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)

現在の方に、初めて新規参入の3人の中から登場してきましたね~。

睡眠パターンから自分が捕まった日を割り出したりと、なんだかサイボーグ化してましたがっ ( ̄▽ ̄)

しかもCIAに拘束されたのは、第3次世界大戦を防ぐために、国家安全保障局から軍事コードを盗んじゃったからという、、、どえらい強者に成長されたご様子っ

アカデミー時代にケイレブに協力する姿を見せていたウィルだけに、正義が脅かされる何かが起きそうになると、とんでもない行動にでる傾向があるのかもしれません ( ̄▽ ̄)


軍事コードを記憶しているウィルがボイスの手に渡るとなれば、世界レベルの脅威となるわけで、それは阻止したいところでしたが、、、

なんだかんだアレックスはボイスに振り回されっぱなしで、今回もすんなりウィルをお渡しに ( ̄▽ ̄)
しかも、サイモン(テイト・エリントン)まで奪われてもうたよぉ~っ!

さ~ら~にっ!

ボイスが用意した車の運転手は、なんと、、、



シェルビーちゃん!


マジかーっ


クワンティコs1_17_2
賊の一味と化したシェルビーちゃん


そのメイクっ!
どうしてもうたのぉ~

捜査本部が爆破された後は、家業を継いでいるという情報が以前出てきていましたが、このやさぐれ具合はハンパないなー。
何があったのでしょう・・・。

そして、アレックス(プリヤンカー・チョープラー)の方は、ボイスに振り回されっぱなしのまま、これにてお仕事終了


って、この展開、、、

シェルビーはボイスに協力させられてるだけで、やっぱり、サイモンが犯人なんじゃないですかね?

「サイモンをよこせ」とボイスが言った時点で違和感を覚えまして、もうワタクシの中では、犯人=サイモンで確定してしまったのですけどっ。

しかも、なんの躊躇もせずサイモンは歩き始めましたよね?
まるで分っていたかのように…。

サイモンかなぁ~サイモンかなぁ~。

と思わせておいて~の~!っつうパターンだったりして ( ̄▽ ̄)


いやぁ~、なかなかシビれるラストで、次回が楽しみです



さて、その他気になったのは、、、

アレックス&ペラレス(レニー・プラット)
・取り上げるのもどうかと思いましたが、ねんごろな関係になりましたので、一応 ( ̄▽ ̄)
アレックスさんの、あの節操ない感じはどうなんっすかね?
これでちちくり合うの3人目だもんなー。
しかも、仲間よりもいち早く実習をクリアしたいだろうに、性欲が勝るとはっ!

あと、ライアン教官(ジェイク・マクラフリン)にペラレスと組むのを阻まれたと思っちゃってたのも、なんだかなー。

アカデミー時代のアレックスには、どうもイラッとさせられます ( ̄▽ ̄)


.....................................................

衝撃のラストではありましたが、まだコロンビア大のラボで何が盗まれたかは分からず…。
もしかすると、侵入したのってシェルビーちゃんだったりしてねっ( *´艸`)

シェルビーやウィルが今後どう絡んでくるのか?
再びお一人様になっちゃったアレックスはどうするのか?

そろそろアカデミー時代もネタ切れなんじゃないかと思うんですけど、そちらの盛り上がりはあまり期待せずに鑑賞続けたいと思います ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第16話「黒幕の狙い」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第16話「黒幕の狙い(Clue)」感想です♪


テロリストからの要求に対し、ハンナ(イライザ・クープ)の協力も得たアレックス(プリヤンカー・チョープラー)はどう立ち向かっていくのでしょうかっ

そして、アカデミー時代の方では、ケイレブ(グラハム・ロジャース)の思惑がついに明らかにっ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>










アカデミー時代の実習は、スタートレックの“コバヤシマル”のシナリオを想起させるもので、ハイジャック犯に対してどう行動しても失敗する事になっている、というものでしたねぇ。

現在のテロリストに対しても、、、今回“ボイス”という名前がついておりましたが、、、そのボイスに対し、今のところ打つ手がないように見えておりますが、実はあるかもっという内容のエピソードだったでしょうか。


その“あるかもっ”はアカデミー時代でも現在の方でも表現されて、、、

まず、アカデミー時代でのケイレブストーリーでは、ついにケイレブの目的が明らかになりまして、かつて自分が入団していた教団“システミックス”にいる親友のロスを救い出したい、というものでした。


クワンティコs1_16_2
なんだかんだオタク君には心を開くケイレブ君


ケイレブ君ったら、この前のシェルビー(ジョアンナ・ブラッディ)の件といい、やっぱり男前っ

んもぉ~、惚れてまうやろぉ~~~っ

あ、もう惚れていたんだっけ ( ̄▽ ̄)


んで、ビックリだったのが、なんとオタク君のウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)が、教団潜入を志願っ

あんだよぉ~、オタク君もやるのぉ~っ

ウィルはウィルで、事故に遭った妹の輸血を父親が宗教上の理由から断った事で、妹を失っていたという悲しい過去をお持ちでございました。

このウィルの志願によって、ケイレブの計画続行困難と思われた状況に進展が見られそほっ。
今後面白くなるといいなぁ~。

そういえば、ケイレブ君、おとっつぁんに電話してましたよね?
さすがに相手が相手だから、おとっつぁんの力も借りて遂行しようとしているのでしょうか?



と、アカデミー時代でケイレブの件に進展の兆しが見られたのと同様、現在の方では、やられっぱなしだったアレックス達に、初めて“手掛かり”という兆しが登場してきました。

アレックスが犯人の指示で設置したチップによって、クレア(マーシャ・クロス)の演説会場が停電。
暗殺かっ?と思われましたが、実は会場下にあるラボに侵入者がいたという情報をサイモン(テイト・エリントン)がキャッチしておりました。

いやぁ~、さすがサイモン
視野が広いわぁ~。

なんつって、今回もワタクシはサイモンを疑いの目で見ておりましたけどもー ( ̄▽ ̄)

アカデミー時代優秀だったアレックスと、優秀だったにも関わらず退学処分を受けた自分、、、真のトップを決める勝負をしているようにも見えてしまうのですよねぇ。

今回の電話も、最後のものはサイモンも居る場でかかってきましたけど、一方的に犯人がしゃべってても問題ないような内容の電話だった気がっ。

もしくは、腹話術 っ?!

いや、それはさすがにバレるかっ( ̄▽ ̄)

とにもかくにも、依然として怪しさは拭い切れないサイモン。
ホント良いキャラだわぁ~


ハンナ姐さんも張り切ってましたけどねぇ、、、結局、クレアの演説会場で威嚇射撃(?)しちゃって、停職処分になってしまいました


クワンティコs1_16_1
ハ「今日の合コン、キャンセルだって~」


演説会場では、「潜入捜査中に組んだ女性捜査官と恋に落ちた」とカミングアウトまでしたのに、お役御免とは、、、。

戻って来る可能性もありますけど、しばらくはハンナの協力は得られそうにないかなぁ。




さて、その他気になったのは、、、


ライアン(ジェイク・マクラフリン)
・なんか、どえらい面倒くさい男になってたんですけどーっ。
この前までは取り乱していたアレックスを見て味方するのかと思ったら、今度は「君を捕まえる!」とか言っちゃってさー、、、こういうブレブレな人嫌だわー ( ̄▽ ̄)
犯人追及のお邪魔虫的存在になっていきそほっ。

シェルビー
・こちらもちょいと面倒な女になっておりまして、ケイレブ君も若干引き気味になるぐらいテンションアゲアゲでございましたねぇ
両親が生きていた、という真実がそうさせていたようですが、、、。
でも、アレックスが言っていたように、両親にもそうしなければならなかった理由があったかもしれない訳で、この解明も気になるところです。


.........................................................................

再びアレックス&サイモンで犯人を追っていく事になりましたが、コロンビア大のラボでは何か盗まれたのか?
はたまた、何か仕込まれたのか?
犯人の真の目的が明らかになるのを、次回以降楽しみにしたいと思いますっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪





「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第15話「憎悪と偏見」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第15話「憎悪と偏見(Turn)」感想です♪


いやぁ~、アカデミー時代の方は大変な事になりましたっ

そして現在の方では、アレックス(プリヤンカー・チョープラー)のもとに再び犯人から接触がっ



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>









ここのところ、ライトタッチだったアカデミー時代でしたが、大事件発生っ


チャーリー(J・マロリー・マックリー)が関わっていたテロ組織が、アカデミーを襲撃!


ひぃ~~~っ((;゚Д゚))


守衛さんたちは皆殺害されてもうたよぉ~(T△T)


アカデミー内は隔離され安全を確保しておりましたが、敷地内にはテロリストたちが侵入しており、“ここでいっちょやったろ!”と息巻いて出て行ったのが、リアムっ(ジョシュ・ホプキンス)

「仕事する!」なんつって、アレックスやドリュー(レニー・プラット)を前にカッコよくキメて、外へ出て行きましたが、、、


おっさん、撃たれそうになるの図。
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


爆笑してもうたがなっ!


どこまでヘタレなのよぉ~っ( ̄▽ ̄)

しかも助けてくれたのが、ドリューという、、、憎悪もあっただろうに、ドリュー君大人~っ!

なんかもう、リアムの教官としての威厳が微塵も感じられんっ


クワンティコs1_15_3
ちゃっかり助かったリアムおじさん


あ、そういえば、ドリューは正式に退学してなかったんですね。
リアムが通告しただけで、まだミランダ(アーンジャニュー・エリス)の承諾は得ていないという状況でございました。

そして、命を救ってもらったのを機に、リアムは退学発言を撤回!
んもぉ~なんなのぉ~( ̄▽ ̄)

一時はリアムのおっさんも犯人候補?と思っておりましたが、一連のヘタレ具合を見ますと、どんどん犯人候補から遠のいております。


んで、この事件に関わっていたのが、やはりなチャーリーだったわけですけど、、、
アカデミー内のセキュリティ状況を把握する為、自分の誘拐やミランダ襲撃を偽装し、聴取でアカデミー施設内に入る事が目的だったと告白しておりましたねぇ。

完全にテロリストのパシリやないのぉ~


そして、犯人の一人であるデリック(ジャー・スミス=ジョンソン)はイスラム教徒で、それゆえにアメリカで味わってきた憎しみが、テロ行為へと駆り立てる源になっているようでした。

今回アカデミーの実習で行われた、ヘイトクライムなのか暴力犯罪なのかを見極める、というテーマは、デリックの犯行とリンクさせていたのかな。


デリックはミランダの家でチャーリーによって射殺されましたが、発砲が起きたので、チャーリーはFBIの狙撃対象にっ

おっかさんの言う事も聞かず、チャーリーはパニック状態っ!

んもぉ~、四の五の言ってないで、とっとと刑務所入って、更生してこぉ~いっ


がっ、断固刑務所は拒否でして、、、こういう所がチャーリーの甘ちゃんな部分というか…。
ま、肝心なおっかさんがチャーリーを理解できず、こちらも子育てパニックになってる感じはあったので、親の責任という部分は大きいかもしれません。

ミランダはチャーリーを最後まで守ろうとするも、FBIの狙撃班によって、結局チャーリーは撃たれてしまいました

あぁ、、、。

チャーリーは亡くなってはいないようだけど、どうなってしまうのかなぁ


そして、この現場を指揮していたのは、
リアム!


って、またアンタかぁ~いっ!
(のけ反ってツッコむの図)

ミランダの家で見せた、やっちまった感がハンパなかったんですけどー ( ̄▽ ̄)


クワンティコs1_15_4
やっべぇ~な感じがダダ漏れなリアムおじさん


この人、なんでアカデミーの教官やってんのか、ホント謎だなぁ。
それ以前に、捜査官っつうのもねぇ?
パートナーでもあったミランダのコネもあるんだろうけど、、、ちょっとヤバイでしょー。


おっと。

気づけばアカデミー時代の感想が、リアムおじさんをフィーチャーしたような内容になってもうた。

やだー、もー、不本意っ



気分を変えて、現在の方へ話題を移します ( *´艸`)



アレックスは再び犯人から接触され、ケイレブのおっかさん・クレア(マーシャ・クロス)の常備薬と、送った薬をすり替えろ、という指示を受けておりましたねぇ

結局アレックスは失敗しちゃいますけど、ハンナ(エリザ・クーペ)に釘を刺されて薬を奪われちゃった事が、犯人には逆に好都合だったよう。

んで、薬のすり替えがタイムリミットを迎えた時、前回ワタクシが懸念していた、サイモン(テイト・エリントン)がいる場で犯人がアレックスに電話してくる、という、サイモン犯人説を押している者としては致命的なシーンがあったわけでして ( ̄▽ ̄)


しかしですよっ

犯人はアレックスと会話した訳ではなく、一方的に話して電話が切れて、、、もしやサイモン、「タイムリミットだ」と言いながらピッと電話を操作した際に、アレックスに電話をかけて録音テープが流れるように仕込んでいたのではっ???

どうっすかー、往生際の悪いこの読みはーっ!
我ながら、結構イケてる線だと思っちゃってるんですけどーっ( *´艸`)

あと、最初の方で、「生き残った方が勝ち」なんてサイモンが言ってましたけど、犯人サイモンとアレックスの勝負!という風にも捉えられるわけで、、、今回のところは、まだサイモン犯人説を押せそうです ( ̄▽ ̄)


んで、最後には、アレックスを目の仇にしていたハンナが、協力姿勢を見せておりましたねぇ。

ナタリーの休職願メールが追跡不能だった事などから、アレックスが正しいかも?と思ったそうで、、、一応アレックスの言い分も聞いて、ちゃんと調べたのだなー。

ハンナさん、さすが捜査官!
リアムのおっさんとは違ったバリバリ感っ!

ただ、ハンナの協力が、犯人をますます乗せちゃう材料になりやしないかと、ちと心配です



さて、その他のところでは、、、


シェルビー(ジョアンナ・ブラッディ)
・なんとなんと、両親が生きている事が判明っ!
マジかーーーっ!
おとっつぁん、おっかさん、なんでぇ~~~っ?

この情報をゲットしたのは、ケイレブ(グラハム・ロジャース)でして、、、うぅ、なんて男前なのぉ~
シェルビーちゃんの復縁希望ビームをかわしながらも、こういう大切な部分はちゃんと動いてあげてさー。
優しすぎるっ
(なのに、のちにシェルビーがパパと不倫って、、、そりゃあねぇーわな)

前回、ニセ姉サマル(マルジャン・ネシャット)からヤバイ仕事でも頼まれたんじゃ?なんてちょっと思いましたけど、両親が生きているという情報をケイレブに託しただけだったんですかね?

しっかし、謎な展開になったなぁ。
なんで隠れて生きてるんだろう?
しかも、サマルを利用して、両親はお金を工面してたってことですよね?
自分たちのお金だからいいでしょ?問題ある?ぐらいな軽いノリだったらどうしよー ( ̄▽ ̄)

もうしばらくシェルビーちゃんの憂鬱は続きそうです…。


アレックス&ライアン(ジェイク・マクラフリン)
・会いたい想いを募らせていたのに、いざ会ったら別れを切り出したアレックスさん。
FBIの事だけ考えていたいそうです!
ま、理由は分かるんですけど、どうもアレックスが言うと、自分本位に見えてしまって、、、やっぱり苦手~

...................................................


今回はアカデミー時代の方がメインっぽくて、現在の方はあまり動きはなかったかな。

ただ、アカデミーがド派手に襲撃されたにも関わらず、個人的にはそれほど強く印象に残らなかったんですよねぇ
(リアムのおっさんのヘタレ具合は凄く印象に残ってますけどもー)

やっぱり現在のテロ事件の方がバンバン動いていた方が、面白い気がする~。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪




「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1 第14話「答えを求めて」感想♪

「クワンティコ FBIアカデミーの真実」シーズン1、第14話「答えを求めて(Answer)」感想です♪


犯人の怒りに触れ、衝撃的な展開となった前回
新たな協力者が必要になったアレックス(プリヤンカー・チョープラー)は、サイモン(テイト・エリントン)のもとへ。

サイモンが再びクローズアップされながら、アカデミー時代ではケイレブ(グラハム・ロジャース)の動きに注目っ!な内容になっております。



「クワンティコ FBIアカデミーの真実」S1 感想ネタバレ記事一覧はコチラです♪


以下、ネタバレあります>









待ってましたのサイモン君!

やっぱりサイモン出てくるとドラマが締まるわぁ
ライアン(ジェイク・マクラフリン)にはない、安定感と存在感っ
(ライアンファンの方、すみません)

犯人からのアプローチなし、という内容的には繋ぎのエピソードっぽい中、アカデミー時代の教習所ごっこも結構長尺ときたもんですから、どうしようかと思いましたが、サイモンのおかげでなんとか飽きずに観られました( ̄▽ ̄)

いや~、サイモン君、すっかり憔悴しちゃってたなぁ

自分が練った計画が犯人に利用され、結果多くの犠牲者を出し、しかも2度目の爆破は自分がスイッチを離した事で発生したわけで、、、自責の念に苛まれておりましたねぇ。

そして、雪深い森の小屋にこもり、銃を自分に突きつける毎日…。

あぁ…。

こりゃあいよいよサイモンは犯人じゃないかもなぁ、、、


いやっ!

先を読む男ですよっ?
本心が見えない男ですよっ?

まだ分からんっ!
サイモン犯人推しは続行いたしますっ
(往生際が悪いワタクシ)

となるとですよ?
命を絶とうとする毎日を送っていたのが、どうも引っ掛かっちゃうんだよなぁ

純粋に見れば、自責の念にかられて、という風に捉えられますが、、、

もしかすると、サイモンは自らの命も捨てる覚悟を持って犯行に及ぶも、その機会を失ってしまい、それが出来ない自分との葛藤で悩んでいた…?

計画を進める事、もしくは新たな計画を練る事で、なんとか精神バランスを取っているのでは?


たぶん、ナタリーを葬った事で、アレックスが頼ってくるのも想定の範囲内だったでしょうよっ


クワンティコs1_14_2
どえらい血色の悪さのアレックスさん


雪山では終始アレックスを拒絶したサイモンでしたが、結局は協力することに。

いやぁ~、これがやっぱり怪しいんですよねぇ。

がっつりアレックスの心を掴み、一番近くにいながらコントロールするっつうパターンなんじゃないのぉ???

あとさ、アレックスに会いに行く前に、雪山の小屋を燃やして、カッと目を見開いた時のサイモンの表情ね!

ありゃあ犯人の顔でしょうよぉ~。

とことんやったるでぇ!と、気合を入れ直したように見えたぁ~~~。
アタイにはそう見えたぁ~~~っ。

なんちって。

だいぶ無理があるように自分でも感じておりますがっ( ̄▽ ̄)

はて、どうなりますことやら…。

でも、これで2人が一緒にいる時に、犯人からアプローチあったら、サイモン犯人説もいよいよボツかもしれぬ…。




さて、そのサイモンといい勝負で怪しい男なのが、ケイレブ君ねっ!

きゃぁ~~~っ

好きぃ~~~っ



はっ!



いつの間にかケイレブ君が萌えキャラに浮上しているっ!

きゃぁ~~~っ

シェルビーちゃん(ジョアンナ・ブラッディ)とラブラブじゃなくても萌えるようになってもうたっ。
ぐふっ。

サイモンは序盤から安定したミステリアスキャラでしたけども、ケイレブは中盤から一気にミステリアス度を上げてきまして、そういう所も、、、
あはぁ~ん


んで、今回はなんといっても最後ですよね~。

シェルビーのニセ姉・サマル(マルジャン・ネシャット)と会っていたケイレブ!

なにそれぇ~~~???

クワンティコs1_14_3
ケ「奥さん、壺を買えば幸せになれますよ」


ケイレブはサマルと取引したようで、シェルビーちゃんのお金を返してもらう代わりに、サマルからの依頼を引き受けた、、、そんな風に見えました。

危険な匂いプンプンだなぁ~っ。

でも、これはアカデミー時代の話なので、爆破テロの時のケイレブの様子を見るに、特に大事には至らない案件っぽいですよね。

とはいえ、この関係はめっちゃ気になるぅ~。


そして、この2人を目撃していたのが、ケイレブの二つの顔を知る男・ウィル(ジェイ・アームストロング・ジョンソン)。

分析マニアの血が騒いじゃって、首つっこみたくなっちゃったんかな?
オタク君がどう行動に出るのかも注目ですが、、、シェルビーちゃんにチクったりしてっ( *´艸`)


なにしろ、ケイレブは現在の方では全く出てこなくなっちゃったのが、なんか怪しいよな~。

犯人は、サイモンかっ?
はたまた、ケイレブかっ?

2トップの争い!
ワクワクっ

と、あくまでもワタクシの中ではそうなっております ( ̄▽ ̄)



さて、その他のところでは、、、


リアム(ジョシュ・ホプキンス)&ドリュー(レニー・プラット)&アレックス
・シカゴ事件の詳細が明らかになりましたっ。
武装集団を追う中、犯人たちに武器を密売し、逮捕へ結びつけようと計画するも失敗してしまったリアム。
のちに、その武器が使用された事件が起こり、ドリューの恋人も巻き込まれてしまった…、という流れのようです。
これを授業中に弾劾したドリューは、退学に

って、どえらい早いお役御免なんですけどっ!
ホントにこれで終わりなのかなぁ…。
何かのタイミングでドリューの再登場はあるんでしょうか?

しっかし、この件の発端となったアレックス、、、あのお節介おばさんぶりはどうにかならんのかね( ̄▽ ̄)?

リアムとも勢いとはいえ関係持っちゃってさー、、、騒動を大騒動にしちゃうタイプのように思えて仕方ないんですけどー。
前にも書きましたが、このドラマの一番残念な所は、主人公に共感できないところです(-_-)zzz


ニマ&レイナ(ヤスミーン・アル=マスリー)
・怪しい動きをするレイナが気になってしょうがないニマは、ついにレイナのフリをして潜入捜査っ。
ターゲットは異変に気付いてしまった様子でしたが、、、
って、なんだかアレックスのお節介おばさんと同じような展開になっておりますけどもー ( ̄▽ ̄)
チャーリーの件が絡んでいるだけに、危険な状況にならなければいいのですが…。

ここにきて、ニマとレイナの性格の違いが際立っておりますが、ヤスミーン・アル=マスリーさんの演技は素晴らしいですね~
毎度ニマにはイラッとし、レイナにはエールを送ってしまいます ( ̄▽ ̄)


.....................................................................

次回は犯人からのアプローチあるかなぁ~。

犯人は大統領候補に関する情報を前回欲しがってましたが、最終目的が何かはまだ明確になっていないので、その辺も気になるところです。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪