殺人を無罪にする方法の記事 (1/2)

「殺人を無罪にする方法」シーズン1 感想ネタバレ目次♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想・ネタバレ記事の目次です


「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」や「スキャンダル 託された秘密」のションダ・ライムズ製作総指揮のリーガルサスペンスドラマ。

フラッシュバック方式を使いながら、敏腕弁護士アナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)と事務所のインターン生達が巻き込まれる事件の謎を追っていきます。




※各感想記事はネタバレ有りで書いておりますので、まだエピソードをご覧になっていない方はご注意ください。



殺人を無罪にする方法・シーズン1 
感想ネタバレ記事一覧


第1話「無敗の弁護士(Pilot)」

第2話「性格証人(It's All Her Fault)」

第3話「洗脳(Smile, or Go to Jail)」

第4話「証言録取(Let's Get to Scooping)」

第5話「陪審選定(We're Not Friends」

第6話「人身保護令状(Freakin' Whack-a-Mole)」

第7話「専門家証人(He Deserved to Die)」

第8話「DNA鑑定(He Has a Wife)」

第9話「死の真相(Kill Me, Kill Me, Kill Me)」

第10話「起訴取り下げ(Hello Raskolnikov)」

第11話「司法取引(Best Christmas Ever)」

第12話「捜索令状(She's a Murderer)」

第13話「母の告白(Mama's Here Now)」

第14話「無罪答弁(The Night Lila Died)」

第15話「真犯人(It's All My Fault)」


↓当ブログの海外ドラマ感想記事一覧はコチラです
●海外ドラマ感想記事・目次



殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part1 [DVD]




殺人を無罪にする方法 シーズン1 Part2 [DVD]





「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第15話「真犯人」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第15話「真犯人(It's All My Fault)」感想です♪


いやぁ~、最終話面白かったですっ!

ライラ(ミーガン・ウェスト)を殺害した犯人の正体や、ラストの展開など、シーズン1の謎な部分の解明あり、次シーズンへの布石ありで、大満足でございましたっ

ではでは、早速いつものようにダラダラと感想を綴ってまいりますっ( ̄▽ ̄)


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









【誰がライラを殺害したのか?】

今回のフラッシュバックでは、ライラが殺害された夜のサム(トム・ヴェリカ)の行動が克明に描かれ、ついに真相が明らかになりました。

妊娠したライラは、あの夜サムに電話し、女子寮の屋上で落ちあうことに。

「結局奥さんをとるんでしょ!」と責めてくるライラに対して、サムは戸惑いながらも、「妻を愛してはいない。君を愛してる」と甘い言葉をライラにかけておりましたねぇ。

久々にサムさんのこういう姿を見ましたけど、なんであんなカワイ子ちゃんが惚れちゃったのか、相変わらずの違和感っ(サムに失礼)。

んでまぁ、キスなんぞをしたわけですけども、直後、サムはライラの首元に手をかけて、、、


うぉっ!うぉっ!

やっぱり、あんたかーーーっ!



って、あり?


“アナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)に今すぐ話したいから帰る”、だとぉっ?


ちょっとちょっとー。
首に手をかけるとか、思わせぶりな仕草やめてぇ~っ( ̄▽ ̄)


ってなわけで、サムは殺していない事が判明!


じゃあ、、、レベッカ(ケイティ・フィンドレー)?


となるわけですが、レベッカが屋上にやってきた時には、すでにライラは貯水槽の中・・・。

レベッカは助けようと手を伸ばすも、直後に女子学生たちが屋上に来ちゃったようで、貯水槽に隠れた模様。
(あの屋上は女子達の憩いの場なんっすかね?)

だから濡れて帰ったのかぁ。

とりあえず、お気に入りキャラのレベッカちゃんが潔白でホッ


えーえーえー、じゃあ誰~?!


あ、、、。



サムが外で電話しとる!
「貸しがあるだろ」なんつって、弱みをチラつかせて、ライラ殺しを頼んどるやないかぁ~いっ!


誰だろ誰だろ、、、ドキドキ、、、。


そして、屋上でライラを殺しにやってきたのは、、、



うわー、マジっすかー!




フランク!


あなたでしたかーっ!


ぬおぉ~~~っ!

完全にノーマークだったぞいっ!

「俺を殺し屋だと思ってるのか?」ってローレル(カーラ・ソウザ)に言ってたシーンがありましたけど、ここへの伏線だったんだなぁ。

やられたっ( ̄▽ ̄)


殺人を15話1



ってなわけで、ライラ殺しは、実行犯がフランク(チャーリー・ウィーバー)、首謀者はサム、という真相でした。


いやぁ、フランクがここまで汚い仕事を引き受けるとはなぁ・・・。

ヨゴレ仕事担当だったけども、フランクも結構お気にキャラだったので、正直、ショックですっ


でも、これ解明するの難しそうですよね。
フランクが吐くとは思えんしなー。



【シーズン2の核となりそうな新たな展開】

結局ライラ殺しに関しては潔白だったレベッカ。

ただし、当時の隣人・ルディ(ジャック・マイクセル)に濡れて帰って来たところを見られ、疑われると思ったレベッカは、ルディに薬物を使用し、精神を崩壊させてから警察を呼んで逮捕させたようです。

殺しまではしてなかったけど、ワルい子ちゃんよのぉ~。

そんなワルい子ちゃんなので、サム殺害の件を警察にタレこむんじゃないかと恐れたミカエラ達は(ウェス君以外)、レベッカに罪を着せようという案をアナリーズに提案しますが、即却下。

んもぉ~、ワルい子ちゃんばっかりだことっ

レベッカだって、そこまでワルじゃないだろうに、、、



って、



まさかの逃走っ!
( ̄▽ ̄)


事務所の地下に監禁していたレベッカちゃん、いなくなってもうたよぉ~。




あー、こりゃあ学生たちが追い込まれる感じのシーズン2になるんかな・・・



って、、、


えっ!


えっ!


えぇーーーーーーっ?!



まさかのラストきたぞいっ!!!




レベッカがーーー!


殺されてもうたぁ~!



ひぃ~~~っ(((;゚Д゚)))ガクブル



ちょ、ちょ、ちょ、、、
ウソでしょ~っ?

悲しすぎるんですけどぉ~


お気に入りキャラだったのにぃ・・・。
アタイのレベッカを返してぇ~~~っ!!!

くっそぉ~、レベッカ殺したの誰やねんっ

レベッカの死を知っているのは、今のところアナリーズ先生とフランクだけですけど、2人のどちらかっつう展開じゃ単純すぎるしなぁ~。

学生たちの誰かなのか、意表をついてボニー(ライザ・ウェイル)なのか?

あぁ、とにもかくにも悲しすぎちゃって辛いどぉ~っ




【レベッカの死を知らないウェス君は・・・】

レベッカが逃走しちゃって(ホントはもうこの世にいないけども)、“全部僕のせいだ!”と罪悪感でいっぱいになっちゃったウェス君(アルフレッド・イーノック)。

ウェス君にはとことん甘いアナリーズ先生が、そんな姿を見て黙ってるわけないよね~( ̄▽ ̄)


殺人を15話2
もはやオカン



2人して、

「サムがライラを殺した」とブツブツつぶやいて安心しよう作戦♪を敢行しておりました( ̄▽ ̄)

ま、それは本当の事なのでいいけども、アナリーズはこの時点で、レベッカが殺されてるのを知ってるわけで。

んもぉ~、オカン怖いわぁ~。

これまではアナリーズに協力するような姿勢だったウェス君だったけども、この真実を知ったら、アナリーズとの関係も変わっていきそうだなぁ。

ウェス君は執念深いところがあるから、アナリーズを敵に回してでも、レベッカ殺しの犯人を捜しそほ~。

っつうか、ウェス君が殺したんじゃないことを前提に書いちゃいましたけどっ。
さすがにレベッカを殺さないよなぁ。
そんなまさかの展開はないと思いたい・・・。



【ミカエラの婚約指輪】

最終話まで引っ張りまして、ついにミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)の婚約指輪が再登場

待ってましたっ


なんと、


ローレルが隠し持ってた!
( ̄▽ ̄)


なによ、それ~っ!

ずっこけたわいっ!


コナー(ジャック・ファラヒー)の車の中で見つけたんだって~。

動揺しまくってて警察に行きそうだったミカエラに対し、指輪を落としたとなったら警察に行くのを諦めると思って、隠し持っていたようです。

サムを殺し、てんやわんやだったあの状況で、ローレルのこの冷静さっ!

逆に恐いわぁ~っ( ̄▽ ̄)

もしやレベッカ殺しはローレルだったりしてっ?!
この恐さだったら、平気な顔してやっちゃいそほ~。

ま、そんな想像は置いときまして、とりあえずミカエラの指輪の在処が分かり、この線から学生たちのサム殺しがバレる危険性は回避された印象になりました。

はて、このまま逃れることはできるのでしょうか?


................................................................................................


なんといっても、レベッカが殺されちゃったのがショックすぎたー

シーズン2ではフラッシュバックで出てきてくれるかもだけど、やっぱ寂しいよなぁ。


んで、上記で挙げた以外にも、まだ気になったポイントはあったわけで、、、

レベッカが地下に監禁される前、助けを求めようとした“エッグス911”とは誰なのか?

検察官が、事務所の中で唯一サム殺しの件を知らないアッシャー(マット・マクゴリー )のもとに訪ねてきましたが、アナリーズの何について聞きたがっているのか?

損な役回りとなっちゃったネイト(ビリー・ブラウン)の無罪は証明できるのか?

あと、フランクの過去とか、アナリーズとボニーの関係とかも気になるしなぁ~。

ふむ、しばらくネタは尽きなさそうですねっ( *´艸`)


いやはや、シーズン2の展開も非常に楽しみになるシーズン1最終話でございました








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪






「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第14話「無罪答弁」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第14話「無罪答弁(The Night Lila Died)」感想です♪


原題の方は、“ライラが亡くなった夜”となっておりますが、今回久々にフラッシュバックが登場しまして、ライラ(ミーガン・ウェスト)が殺害された日の様子が少しずつ明らかになっていきます。

果たして、レベッカ(ケイティ・フィンドレー)はライラ殺害の犯人なのかどうか?

通常案件では、教会内で主任神父を殺害したとされるアンドリュー神父(トム・エヴェレット・スコット)を弁護。
今回はちゃんとアナリーズ先生(ヴィオラ・デイヴィス)がお仕事しておりますっ( *´艸`)


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










しばらくフラッシュバック手法がなかったので、久々のフラッシュバックになんだかワクワクっ
(単純な人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)

しかも、5か月前のライラが殺害された日の様子っ!
ますますワクワクするやないかぁ~いっ

まずは、あの日の昼間、ライラはレベッカの部屋を訪ね、

“もう売人なんて辞める!あなたとは育ちが違う”とかなんとか言っちゃって、レベッカと言い争いをしておりましたねぇ。

隣の部屋のルディ(ジャック・マイクセル)はそれを聞いてましたけど、関わったのはそれぐらいなもんで、今回はライラの殺害に絡むような動きをルディは見せておりませんでした。


んで、その日の夜、レベッカは男子寮でのパーティーに参加し、グリフィン(レニー・プラット)とお薬。
更にはグリフィンを半ば誘惑するような形でベッドイン!

おっと、その前に、レベッカちゃん、不審な動きをしておりましたっ。

グリフィンのスマホから「来いよ。どうしても会いたい」と、ライラに偽装メール。
ベッドインの光景をライラに見せようという魂胆だぞいっ!

見事レベッカの作戦は成功しまして、ライラは「2人とも二度と顔を見たくない!」と激怒っ。
レベッカはしてやったりな顔をしておりましたねぇ。

なんでそんなことをしたのか、、、

レベッカとしては、俺様なグリフィンとやり直そうとしてたライラを心配して、わざと仕向けたんですかね?

結構優しいところあるもんね〜。
ま、やり方が突飛だけど、それがレベッカちゃんっ(≧∇≦)


この騒動があった後、レベッカが男子寮から女子寮に向かう姿もあり、犯人だと思わせるような描写になっておりましたけども、んー、まだ分からないですねぇ。

やっぱり、これといった動機が浮かんでこないっ。
あんな口論ぐらいで殺すとは思えないしねぇ。
ま、レベッカちゃんが本当は極悪人だったらあり得るかもしれないけどっ


そんなフラッシュバックがあった中、現在ではウェス君(アルフレッド・イーノック)が相変わらず調査しまくりで、レベッカの取り調べに関する資料なんかを読み漁っておりましたねぇ。

調べれば調べるほど怪しくなっていくレベッカ・・・。

コナー(ジャック・ファラヒー)やミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)にも、レベッカを怪しんでることがバレちゃいまして、皆でレベッカを問いただそう作戦を敢行っ

ミカエラが一番張り切っておりまして、「何があったのか言わなきゃ殺す!」っつう鬼の形相で迫る迫るっ!

ウェス君は複雑な心境かと思ったら、案外冷静に、しかもちょっとシブく「質問に答えろ」っつってたなー。

もう完全にレベッカを犯人だと思っとるやないかぁ~いっ!

これにはレベッカちゃんも悲しげな表情になっちゃって、、、あぁ、涙ながらに罪を告白か、、、


と思ったら、


逆に4人を脅すっつうタフっぷり!

ひぃ~~~っ!

あ~あ、ウェス君作戦ミスだったんじゃないのぉ?
シブく決めるんじゃなくて、情に訴えかける方がまだ良かったんじゃ?


レベッカが言うには、サムを殺害した日、事務所にやってきた警官は、アナリーズとフランク(チャーリー・ウィーバー)の差し金でクビになっていて、今はスーパーの警備員をしているそう。
その警官を見つけたから、電話しちゃうよ~んと、肝のすわったところを見せつけておりましたねぇ。

大学警察に入っていったシーンは、これを調べる為だったのかな?

んで、気づけばレベッカちゃん、皆に縛られちゃったようで、バスルームに監禁されとったー( ̄▽ ̄)


レベッカ監禁
一応しおらしい表情のレベッカちゃん



よっぽど手に負えないと思ったのか、アナリーズまで呼び出されておりましたねぇ

先生のことだから、一緒になって問い詰める可能性もあるなー。
次の最終回でレベッカをどう扱うのか楽しみでございますっ。



そして、通常案件の方は、罪を認めたけど、やっぱりや~めたっつって無罪を主張し、それもやっぱりや~めたっつって、再度罪を認めるという、とんだ自己中神父さんのお話でございました。

せっかくアナリーズが無罪に向けて準備し、神父と深い仲だったアグネス(リリー・バードセル)に辛い証言までさせたのに、、、あれ逆効果だったっつうことですよね?
まさか、アンドリュー神父があんなに過敏に反応するとは思わなかったんだろうなぁ。

っつうか、神父とアグネスがデキてたという解釈で良いのかしら?
おバカなもんですから、プラトニックを貫いてたんだか、一線を越えちゃってたのか分からなかったんですよね( ̄▽ ̄)

アナリーズがアグネスに証言を頼んだ時に、「正しくあろうとする気持ちも分かる」と説得してたので、一線も越えちゃってた恋人だったと思ってたんですけど、結局アンドリュー神父は黒だったからなぁ・・・。

付き合ってたのはホントで、アグネスの証言はウソなのかな?
それとも、付き合ってもいなくて、尊敬してるだけだったとか?

んー、ちょっとモヤっちゃいましたけども、、、
アナリーズの作戦が失敗に終わったっつうところが大事だったっぽいので、ま、いいかっ( ̄▽ ̄)

今回、もう一つ失敗がありましたもんねぇ。

ネイト(ビリー・ブラウン)を保釈させようと、フランクのツテを使って拘置所内で襲わせますが、失敗。

結局はネイトの案件を担当するレディング判事(マリ・ワイス)と、パパが連邦判事のアッシャー(マット・マクゴリー)が話している所を写真に撮り、利益相反だと弁護士に抗議させて、保釈。

襲わせたのはなんだったのでしょうかっ( ̄▽ ̄)

んもぉ~、ネイトさん、どんだけ損な役回りなのよぉ~っ

シーズン1でネイトの無罪が証明されるのかは微妙ですけど、ちゃんと潔白が証明される流れになるといいなぁ。



さぁ、次回はいよいよシーズン1の最終話!

なんといっても、レベッカがライラを殺したのかどうか?が一番のポイントですよねぇ。

あと、未だ出てこない、ミカエラちゃんの婚約指輪っ( ̄▽ ̄)

あー、最後めっちゃ楽しみですっ



ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第13話「母の告白」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第13話「母の告白(Mama's Here Now)」感想です♪


ネイト(ビリー・ブラウン)に罪を着せたアナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)はすっかりパワーダウン
そんなアナリーズの元に、前回電話で助けを求めたママ(シシリー・タイソン)がやってきまして、アナリーズの過去が明らかになっていきます。

通常案件の方は、アナリーズに代わってボニー(ライザ・ウェイル)が担当。
ボニーの実力やいかにっ?

さらに、ウェス部屋の前住人・ルディ(ジャック・マイクセル)に関しても進展が見られ、今回もテンコ盛りな内容になっております。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









アナリーズのおっかさん、どんな方かと思いましたら、威勢のいい肝っ玉風で、口は悪いけども根は優しいタイプ。


殺人を13話1
「あんたの上司は
私のアソコから産まれたんやで!」



このおっかさんの登場で、アナリーズの過去が色々明らかになりました。

元々はアナ・メイという名前で、過去から逃れるために改名したそう。

その過去というのが、、、幼い頃、家に居候していた叔父さんから性的虐待を受けてしまったという辛いもの。
で、アナリーズは、おっかさんが黙殺していたと思っていて、怒りを抱えていたようです。

しかし、おっかさんは家が火事になるよう仕向け、叔父さんを意図的に葬った事を告白。

おっかさんが自分を守ってくれたことを知り、アナリーズの心の傷が癒されていく、というビューティフルな(?)ストーリーでございました。


この母娘関係の雪解けによって元気になったアナリーズ先生、いつもの調子に戻りまして、まずはネイトに突撃面会
“今の弁護士をクビにしろ”というメッセージに電話番号を添えたメモを渡しておりましたね。

アナリーズがネイトの弁護をするとは思えないわけで、誰か信頼できる知り合いの弁護士に頼むんかな?

とにもかくにもネイトさん可哀想だから、早く出してあげてぇ~



そのネイトと接触していた事が携帯履歴からバレてしまい、取り調べを受けることになっちゃったのがレベッカちゃん(ケイティ・フィンドレー)。

ボロが出ないか心配でしたが、
「ネイトに協力を求められたけど断った。断ったら“別の手を探す”と言っていたけど、サムが殺されたので、その別の手を使ったのでは?」
と、堂々とお答えに( ̄▽ ̄)

この証言を警察がどう捉えたのかは不明ですけど、隠し通せるのかなぁ。


なにしろ、レベッカがまた怪しくなってきたぞいっ!

この取り調べとは別に、前回からレベッカに対して不信感を持ち始めたウェス君(アルフレッド・イーノック)が、ルディについての新たな情報をゲットしておりましたねぇ。

レベッカの話では、ルディは心を病んでたっつう事になっていたけど、本当は薬の過剰摂取であり、現在、精神科病院に入院中。
薬、遺伝的要因、トラウマなど複合的原因によって精神のバランスが崩れてしまった、とのこと。

さらに、ルディが逮捕された日は、ライラが殺害された日と一致!

いやぁ~、偶然とは思えんよなー。

ウェス君の追及は止まらず、ローレル(カーラ・ソウザ)の協力も得ながら、ついにルディと面会!

ルディはなかなか話せない状態でしたが、レベッカの写真を見せるや、

「濡れてる」とな。

一瞬下ネタかと思ったのはワタクシだけだったようで、ウェス君は“ライラが見つかった貯水槽だ”と推測しておりましたねぇ。

そして、その頃、ウェスが病院にいることを位置検索で知ったレベッカ・・・。

何かしらの形で、ライラ殺害にレベッカが関わっている可能性が濃くなってまいりました。
本当に悪党だとしたら、相当なタマだよなー。

あぁ、好きなキャラなだけに、今後の展開にドギマギでございます。



さぁさぁそして、ボニーのストーリーも外せませんっ

今回の通常案件は、入院中の男性患者・チャド(クリス・コス)を女性看護師・ジョリーン(マゲイナ・トーヴァ)がレイプしたとして、その看護師を弁護するというもの。

寝込んじゃってるアナリーズに代わって、ボニーがついに弁護を担当しておりましたね~。

ひゅ~ひゅ~っ

結構やるときゃやるタイプなんじゃないかと思って観てたんですけど、しょっぱなから、

「無罪に」と言わなきゃいけないところを、「有罪に」なんて言っちゃうとっちらかりぶり!

ウソでしょーっ( ̄▽ ̄)?

ワザとかと思いましたが、ガチで間違えたようで、さらにビックリ!

その後も、学生たちが戦法について口を挟んでくるのに対して、「アナリーズに口答えしたことあるんかっ!」とブチギレたりしてまして、うまく進めることが出来ないイライラが募るボニー。


が、今回助け舟を出したのは、アッシャー(マット・マクゴリー)でございましたね~。

殺人を13話4
ショータイム中のアッシャー君



チャドが診察室だけでなく、病院の法務部に出入りしていたことを突き止め、これによって、チャドが病院側の弁護士(マーク・ファミグリエッティ)とデキており、ジョリーンを罠にはめてレイプをでっち上げ、賠償金を得ようとしていた、、、という真実が明らかになりました。


ボニーが負けちゃうんじゃないかと思ってましたが、“アタイだってやれるのよ!”っつう所を見せてくれてホッといたしました(ま、ちょっと頼りない感じはあるけども)。


そして、気分を良くしたボニーは、帰りの駐車場でアッシャーと濃厚キス!

だけかと思ったら、、、

そこでおっぱじめる気っすかー!

まだ真昼間なんっすけど!

あんな落ち着かないシチュエーションでおっぱじめようとは、、、ボニーさん、よっぽど気分良かったんだろうなぁ( ̄▽ ̄)

しかも、フランク(チャーリー・ウェバー)がちゃっかり目撃しちゃってるというねっ。


ま、ボニーとアッシャーの関係が色んな案件に影響していくとは思えませんが、そのうちアナリーズにバレちゃって、嫌味言われなきゃいいんだけどっ



さて、ついにあと2話っ。
シーズン1がどういう終わり方をしていくのか楽しみ~

レベッカがもし犯人だとすると、今回ウェス君が戸惑っていたように“僕らがした事って一体何だったの?”状態なわけで、サム殺害の今後の展開が非常に気になります。

まだミカエラちゃんの婚約指輪も出てきてないしね( ̄▽ ̄)
ここまで引っ張るっつう事は、結構ヤバイ状態で出てきそうな気も・・・。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪


「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第12話「捜索令状」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第12話「捜索令状(She's a Murderer)」感想です♪


サムの遺体の一部が見つかり、学生たちは戦々恐々。
ラストではマジっすかーっ!な展開がっ

さらには、ウェス部屋の元住人・ルディの情報がちょびっと明らかになるなど、終盤の畳みかけが始まってきた感がモリモリするエピソードでございます。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










警察からサムの死の知らせを聞いたハンナ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は、完全にアナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)を犯人扱いっ

前回、アナリーズから本音を聞き、落ち着いた雰囲気をハンナが醸し出してたので、少しは納得したのかと思ったら、全然だったぞいっ!

いやぁ~、どえらい取り乱しようだったなー。

ここぞとばかりに「アナリーズが犯人だ!」「早く逮捕しろ!」と言いまくるやら、勝手に刑事の部屋に入って行くやら、、、

んもぉ~引くわ~( ̄▽ ̄)
(ミカエラちゃん以外でも引いてもうたっ)。

殺人を12話2
ちょっとマイコー風なハンナ姐さん



事務所の捜索令状の件では、ハンナとボニー(ライザ・ウェイル)が法廷で対決っ

ボニーには荷が重いんじゃ、、、と思いましたら、やっぱりハンナにやりこめられてもうたよぉ~

3年前のパーティーで、アナリーズとサムが喧嘩したことで、パーティーがお開きになり、その後2人が激しくやり合うのを聞いたというハンナ。
じゃあ喧嘩が原因でパーティーがお開きになった事を出席者全員は認めるのか?とボニーが質問するや、

「あきれた。それぐらい自分で調べてよ」

だってよー。

ハンナ姐さん、こえぇ~((;゚Д゚))

この敗北で、事務所が捜索されますが、例のサムが亡くなった場所は、アナリーズがめっちゃゴシゴシ掃除したようで、血液反応はどこからも出ず、終了。

ウェス君(アルフレッド・イーノック)がレベッカ(ケイティー・フィンドレー)の血を拭いた浴室も危ないんじゃ、、、と思いましたが、意外とスルーだったなぁ。

なんとか乗り切ったけども、捜索の際に、トロフィーの天秤が棚下から見つかった事を不審に思ったボニーは、学生たちがサムを殺した事を察知。

“ハンナは賢いから真相を突き止めるはず。だから、学生たちの為に犠牲になるな”と、アナリーズに忠告しておりましたねぇ。
至極まっとうなアドバイスでございます( ̄▽ ̄)


はて、アナリーズ先生どうするかしら・・・



ハッ!


えぇっ???



マ、マ、マ、マジっすかー!





愛人のネイトを
犯人に仕立て上げたー!



ひぃ~~~っ((;゚Д゚))ガクブル


殺人を12話1
ご愁傷さまなネイト&
またもや警察にいるハンナ姐さん



森から指輪が見つかったという報道があり、ミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)がガクブル状態になっておりましたが、発見されたのは婚約指輪ではなく、サムがしていた結婚指輪。

アナリーズがフランク(チャーリー・ウィーバー)に頼み、ネイト(ビリー・ブラウン)の指紋をつけて結婚指輪を森に捨てておったよー。


ひぃ~~~っ((;゚Д゚))ガクブル



特にビビってたコナー(ジャック・ファラヒー)を呼び出して、“心配をなくすには私を頼るしかない”と納得させ、改めて学生たちを守る意思を感じられる場面もあったけど、まさか愛人を逮捕させるとは思わんかったぞいっ

さすがにアナリーズもいっぱいいっぱいな中での決断だったようで、マムに「助けて」電話してたけども。

でも、ネイトが意外と冷静な態度だったので、もしかするとこうなる展開は予期してたのかもしれないなぁ。

弁護は誰がするんだろ?

いやぁ、アナリーズがどういうつもりで犯人に仕立て上げたのか気になりますねぇ。

今回の通常案件は、アナリーズが顧問弁護士になっているマフィアの案件で、でっち上げでマフィアを不当に逮捕した検察を見事追い詰めましたが、そのアナリーズがでっち上げでネイトを逮捕させるっつう、皮肉たっぷりな展開になっていたように感じました。



さて、もう一つ気になるのが、前回からフィーチャーされ始めたウェス部屋の元住人・ルディ。

ウェスはアパートの大家さんにルディについて聞くと、レベッカが通報してルディを警察が連れて行ったとな。

これまでレベッカは、ルディのことを知らない様子で話していたわけで、ウェス君不信感・・・。

レベッカはルディが明らかに変で意味不明な事を叫んでいたから警察を呼んだと弁明しましたが、、、はて、レベッカは本当にシロなのか?
はたまた、ウェス君を巧みに騙しているのか?

レベッカは結構好きなキャラなので、後者でないことを祈ります・・・。







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪








「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第11話「司法取引」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第11話「司法取引(Best Christmas Ever)」感想です♪


サムが行方不明だと嘘を貫き通す中、サムの姉・ハンナ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)が引っ掻き回し役として登場っ
弟の無罪を信じているハンナに対して、アナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)はどう対応していくのか?が、ポイントの一つでしょうか。

また、通常案件も今回ありまして、こちらもなかなか不気味な内容になっていて面白いです。

そして、最後にはまたもや衝撃の展開がっ!

あぁ・・・。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









クリスマスから年明けまでの皆さんの様子が描かれておりましたけど、もうアナリーズ先生ったら、ボロッボロ

ホテルにこもって、ゴロゴロして、お酒飲んで、泣いて、、、大失恋した乙女のような状態でございました。

状況証拠だけでサムに疑いをかける事に成功したけども、その旦那は学生たちに殺され、自分もそれに加担しちゃって、、、そりゃあ精神的にまいるわな。


あとヤバそうだったのは、ミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)ですかねぇ。
ニューヨークでエイデン(エリオット・ナイト)と過ごすものの、家ではずっと寝ているような状態で、あのパワフルおっかさんが精神科医を呼ぼうとしたぐらいだった模様。

さらに、エイデンと出席したパーティーで、見知らぬ男性が仲良さげにエイデンと話す姿を見て、“ねぇねぇ、アンタたち寝てるの?”と、ブっ飛び発言っ。

いや~、ミカエラちゃん、やらかしてますねー。

引くわ~( ̄▽ ̄)
(もはや、定番になってまいりました)

勉強が~っつう理由ではもうカバーできない、とっちらかりぶりだぞいっ。

あー、婚約指輪の行方も相変わらず気になるしなー。
(今回から中華街で買ったイミテーションを装着っ)



そんなこんなで、それぞれの年末年始を過ごし、リフレッシュが全然できなかった皆さんは、ハンナの対応やら通常案件やら、早速仕事に追われておりました。


ハンナはしつこくアナリーズに迫り、警察にも足を運んだりと、とにかく熱心。
ま、実の姉としては、弟の無実を信じながら行方を案じるっつうのは、当然の行動でしょうねぇ。

そのハンナの行動を妨害すべく、サムが目撃されたという情報をフランク(チャーリー・ウィーバー)が流し、捜査をかく乱させておりました。

ちなみにフランクは、コナー(ジャック・ファラヒー)の車も処分した模様。
尻拭い、ご苦労様です!

でも、どれもこれも、時間稼ぎにしかならなそうで不安だわー


ハンナとしては、サムが無実であることはもちろん願ってるけども、妻であるアナリーズがどこか他人事のように振舞ってるのが気に入らなかったみたいですね。


ハンナ



その後、ハンナとじっくり向き合う時間を持ったアナリーズは、サムがライラと浮気していた事を話し、ハンナも少し納得するような表情を見せておりました。


ま、完全に納得はしてないだろうけど、少し落ち着いた雰囲気になったかな・・・。



なんて、ホッとしたのも束の間!



ラストで、、、



サムの遺体の一部が発見されてもうたよー!




あーあ・・・。


所詮、学生たちのやったことですから、ボロが出るのはちょっと予測できましたが、まさか遺体の一部が出てきちゃうとはっ。

絶対マズいよなー。

そこにミカエラちゃんの婚約指輪でも転がっていようものならっ( ̄▽ ̄)
一応、遺体を入れた袋もチェックしてたけど、動揺してる状態だったから見逃してる可能性だってあるよなー。

あー、非常にヤバイ状況になってきました。

っつうか、ヤバイって言うのも変か。
そもそも罪を犯したのは学生たちなのにね( ̄▽ ̄)

やだー、なんか、倫理観が変になるー。
コワイーっ



さて、通常案件の方は、旦那が2人の女性を監禁しているから助けて欲しい、というジャッキー(ジャッキー・ギアリー)の依頼。


ジャッキー



かつてジャッキーも虐待されていたようですが、子供が出来ない事が分かると、旦那はレイチェル、そしてリンという女性を連れてきて性的虐待。

恐ろしい旦那に怯えるジャッキーに、アナリーズも手を貸すものの、だんだんとジャッキーの隠し事やウソが明るみに。

監禁されていた女性に睡眠薬を飲ませ、結果的に旦那のレイプを手伝うような行為をしていたり、“最初の子は死産だった”と話していたリンの子供が、実は生きていた事が判明しておりましたね。

んー、自分も虐待を受けてきたようなので、ジャッキーの心も次第に蝕まれてしまったのかもしれません。

でも容赦ないアナリーズ先生は、ジャッキーの弁護を降り、進めていた司法取引ももちろん無効で、ジャッキーを刑務所送りに。

なかなか恐ろしい女性でしたけど、ちょっと悲しい事件でございました



さてさて、ここにきて、気になる名前が出てきましたね。

ウェス(アルフレッド・イーノック)の部屋に以前住んでいたという、ルディ!

名前しか出てきてないけど、怪しさ満点~

最初の頃から、部屋の壁やベッドに残されたキズがちょこちょこフィーチャーされておりましたが、絶対ルディ絡みで何かあったに違いないっ!

しかも、レベッカ(ケイティー・フィンドレー)が何かしら知ってそほっ。

そこにもしやライラも絡んでたりするのか?

ん?

となると、本当はルディが犯人だったりしちゃうとかっ?!


だったら、まじでキーティング事務所の皆さんヤバイんですけどー。


なんか、ホントにそんな気がしてきました( ̄▽ ̄)


シーズン1もあと4話ですし、もうひと盛り上がりするネタとしては充分考えられます。

あぁ、ウェス君がレベッカに裏切られませんようにっ







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第10話「起訴取り下げ」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第10話「起訴取り下げ(Hello Raskolnikov)」感想です♪


サム(トム・ヴェリカ)が殺害された事を機に、レベッカ(ケイティー・フィンドレー)の起訴を取り下げようと画策しまくるエピソード。

たとえ夫が殺害されようとも、たとえ夫がライラを殺した可能性があろうとも、自分が担当した案件は絶対負けねぇ~っつうアナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)の信念が炸裂しております。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










アナリーズがサム殺害を知っているのは前回描かれおりましたが、鉢合わせしたウェス(アルフレッド・イーノック)とどんな会話があったのかが、今回明らかに。

サムの遺体を発見した時は、かなり動揺した様子の先生でしたが、ウェスが事務所に戻ってきた時には少し落ち着いたようで、しっかり指示しておったー

“私が必ず助けるから、遺体を運び、証拠を消す為に燃やし、確実に残骸を処理しろ”、だってよ!


ひぃ~~~っ((;゚Д゚))


殺害されたのは必然だったし、ライラを殺した報い、だからだってー。


いやいや、だったら法のもとで裁いたらどうでしょう?

んで、学生たちの罪を軽くする方向で進んだ方がよろしいんじゃ?


という個人的な思いとは裏腹に、警察には失踪という形で届け出て、事務所の皆が取り調べを受けることに。



アナリーズ10話2
この回からウィッグを変えた先生



ウェス以外の学生たちは、アナリーズがサム殺害を把握してる、っつうのを知らないわけで、一応取り調べは無難にこなすものの、隠し通せるのかという恐れが襲っておりましたねぇ。

自首しようと言い出したコナー(ジャック・ファラヒー)の気持ちはよく分かる。

っつうか、コナーが一番まともっ( ̄▽ ̄)

ミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)も、あんだけ上昇志向が強いから、意地でも罪を隠し通すかと思ったら、罪の重さにはさすがに耐えきれず、結婚を諦める覚悟もしておりましたねぇ。

あんだよー、ちょっと見直しちゃったー。
いつも、引いちゃっててごめんね。
(引いちゃった回は、第3話第8話


コナーとミカエラはローレル(カーラ・ソウザ)も説得し、警察へ行きますが、そこにはアナリーズとウェスが待ち伏せ!

フランク(チャーリー・ウィーバー)が真実を知っていると気づいたローレルは、アナリーズも知っていると読み、警察に行く前に、コナー達が罪を着せる気だとウェスに報告。

んでもって、「もう手に負えないよ~」とウェス君に泣きつかれたアナリーズは、コナー達に真実を話すことにっ


殺人無罪10話



かわいがってるウェス君に、あんな切ない顔してお願いされちゃったら、言うしかないよねー( ̄▽ ̄)

「責める気はないし、私が助けてあげる。うまく逃げ切れる!」と、コナー達の説得に成功しておりました。

コナー達も、先生が知らないと思ってたから恐怖も倍増してたわけで、知ってると分かって、ちょっと安心しちゃったのかもなぁ。

ま、なんつったって、無敗の弁護士ですからね( ̄▽ ̄)


んで後日、授業でサム殺害事件を彷彿とさせるようなお題を出す先生ったら、、、

どんだけドSやねんっ!
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ




そんな学生たちの動きが描かれる中、なんとか公判前にレベッカの起訴を取り下げようと、サムがライラを殺害したという証拠集めも急ピッチで進行。

サムが犯人じゃないと色々困るもんね。

んで、結局、

・DNA鑑定の結果、父親はサム。
・スマホのGPSによって、事件当夜、サムはライラがいる学生寮に滞在。


という状況証拠が出てきまして、少なくともレベッカは関与していない、という流れになりまして、自由の身にっ


ウェスとレベッカ10話




今回出てきた状況証拠を見るに、サムが犯人の可能性はかなり高まりましたねぇ。


と思わせておいて~の~!

お邪魔虫っぽいニューキャラ登場っ!


その名は、

ハンナ・キーティング!
(マーシャ・ゲイ・ハーデン)

サムの姉だってよ!

「サムは殺してない」と、刑事に話しておりましたねぇ。

その根拠が、決定的な証拠だとしたら・・・。

くぅ~、ゾクゾクするわー。


まさか小姑が出てくるとはなー。
アナリーズがどう受けて立つのか、見ものでございます( *´艸`)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!



「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第9話「死の真相」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第9話「死の真相(Kill Me, Kill Me, Kill Me)」感想です♪


ついに、サム(トム・ヴェリカ)が殺害された時の状況が明らかになるエピソード

待ってましたーっ!

いやぁ、サムさんも本性出してきまして、なかなかのスリリングさでございますっ。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










“ライラが妊娠していたことをサムは知っていた?”という前回の流れを受けまして、冒頭からアナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)とサムの激しい夫婦喧嘩が勃発っ

この夫婦喧嘩がなかなかのカオスっぷりでして、
激怒するアナリーズに対してサムが「見捨てないでくれ。愛してる」とか、ま~だ言っちゃってたり、
急にネイト(ビリー・ブラウン)との関係をアナリーズは自分で暴露しちゃったり、、、

夫婦喧嘩って色んなネタのブッこみ合いになったりするよねっ( ̄▽ ̄)

で、最初はここ数話で見せているキーティング夫妻の喧嘩っつう感じでしたが、ネイトの話を聞かされた辺りからサムに火がついちゃいまして、アナリーズの首を絞めるという本性を解禁っ!


サム先生を襲う
サムの本性・その1



途中で思いとどまったものの、「君の取り柄は下品で乱暴なセックスだけで、恥ずかしくて人に言えやしない」なんつってアナリーズを罵倒しておりましたねぇ


いやいや、サムさん。
そもそも夫婦生活の生々しい描写とか、人に話さないでしょー( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

しかも、「恐ろしい女だ」とか言っちゃってさー。

おいおいおい~っ!

あんたの方が数百倍恐ろしいわいっ!

いっくらムカついたからって、首絞めるかよー!


あぁ、先生ご無事でなによりでございました。


20年の結婚生活で、ようやく本音でぶつかりあったという印象でしたけども、これでアナリーズは外出してしまい、事務所にはサムが取り残され・・・。


はいはいはいーっ!

いよいよでございますーっ!


サム殺害時の詳細がついに明らかにっ!



アナリーズが出て行った後、サムは1人でヤケ酒。

するとそこに、アッシャー(マット・マクゴリー)からトロフィーを盗んだミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)がやってきて、「先生と話して試験免除してもらうのっ」と居座ったー!

んで、時同じくして、レベッカ(ケイティー・フィンドレー)がサムのPCからデータを盗もうと事務所に侵入っ。

こっそりやろうと思ったのに、すぐに見つかっちゃって、強行突破!
レベッカにはとことん嫌悪感を抱いているサムは、阻止しようと必死でございましたねー。

その頃、ウェス(アルフレッド・イーノック)は勉強会をするつもりでやってきたコナー(ジャック・ファラヒー)やローレル(カーラ・ソウザ)と共に、レベッカを止めに行く為、事務所へGO。


レベッカが殺しちゃったところに、皆がやって来る、、、という流れかと思っておりましたが、サムが殺される時には、すでに事務所に皆いたんですねぇ。


さぁ、これで役者はそろったよー。

ついにサムが殺害されてしまうまでの流れに突入でございまぁ~すっ


ここも、これまで予想していた流れとは違っておりまして(ま、予想通りだったらつまんないですけどっ( ̄▽ ̄))、レベッカがサムに襲われそうになり、とっさにトロフィーで殴ったのかと思っておりましたら、


なんと、、、





サム、2階から落下!


PCのデータが入ったUSBを奪おうと必死だったサムと皆がもみ合いになり、ミカエラがとっさに突き落としてしまった模様。

あ~、打ち所が悪かったんかぁ~。


って、、、ありっ?

トロフィーは?

凶器じゃないじゃん!?


いやいや、まだ先があるという2段階戦法できたぞいっ!


皆でサムの処理をどうしようか話している間に席を立ったレベッカが、どさくさに紛れてサムに襲われてるぅ~!

サム生きとったー!

ひぃ~~~っ((;゚Д゚))ガクブル


レベッカの首を絞め、殺す気マンマン!


サムレベッカを襲う
サムの本性・その2



あんだよー、サムってすぐ首絞めちゃうのなっ!



この危機一髪な状況、トロフィーでとどめの一発を食らわせたのは、、、




ウェス、でございました。


あー、ウェス君だったかー。

第7話で、ウェスとレベッカがモーテルで話していた内容から、

“ウェスも現場にいて、サムにウェスがやられそうになったから、レベッカがトロフィーでとっさに殴った?”

という予想もしていたのですが、逆だったなー。
でも、意外といい線いってたかもっ(なんちって)。


いやぁ、しっかしこの夜のサムは、恐ろしかったですねぇ。

これまで頑なに「ライラを殺してない」っつう態度だったもんですから、どこかで“犯人はサムじゃないかも?”と思っておりましたが、今回のサムを見たら、確定かもなー。

これで真犯人出てきたら、おもろいですけどね( ̄▽ ̄)
ただ、そうなると、サムがなんでレベッカを殺そうとしたのかが分からなくなってきちゃうか。


ま、その辺は、この先の楽しみといたしまして、、、


もう一つ気になるポイントとして存在していたのが、“アナリーズがサム殺害に関してどこまで知っているのか?”でございます。

で、これに関しては前回、取り乱した様子でボニー(ライザ・ウェイル)に電話するアナリーズの姿が最後に描かれていましたので、先生は全く知らないご様子。


と思っておりましたら、、、




知ってたんかぁ~いっ!
(のけ反ってツッコむの図)




サムの遺体を前にしてデスクに座っておったー!

コナー達が森に、ウェスとレベッカがモーテルに行ってる時間帯に帰宅したっぽいですね。

現場を見た時は、さすがに先生ビックリしただろうなー。


んで、凶器のトロフィーを取りに一旦事務所に戻ってきたウェスに、「いいのよっ」って・・・。

ウェス君には甘い先生ですが、ここまで甘いとはっ( ̄▽ ̄)


サムと喧嘩した後、ネイトに慰めてもらい、ちゃっかり情事も楽しんじゃってたアナリーズ。
その後、一時はサムの留守電に「隣で守る。愛してる」と入れていて、どうしても旦那への愛に囚われてしまう様子を見せていましたが、殺害されたことで吹っ切れちゃったのかもしれませんねぇ。


いや、待てよ・・・。


あの留守電って、今思えば、、、もしやアリバイ工作?!

留守電のシーンと、ウェスたちが遺体処理するシーンがリンクしてましたから、アナリーズはサムが殺された事を知った後ですもんね。


ひぃ~~~っ((;゚Д゚))ガクブル

先生、こえぇ~~~っ


確かに、あの留守電のシーンはちょっと違和感ありましたよね。
DNA鑑定依頼したり、あんな大喧嘩しておいて、まだサムを愛してるって、どんだけダメンズ好きやねん!とツッコミたくなる感じだったもんなぁ。

あー、先生、何をお考えなんでしょうか・・・。


ウェスはどこまで先生に話しのか?
アナリーズは何か指示をしたのか?

この辺りの流れも気になるなぁ~。

しっかし先生って、ウェス君と秘密握るの大好きだよねっ( *´艸`)




そして、朝。

事務所にはボニーやフランク(チャーリー・ウィーバー)も含め、皆集合。

トロフィーの件を頼まれていたフランクはここで、「玄関の前にあったよ」と、シレッとアッシャーにウソをつき、トロフィーはすんなり事務所に戻ってきておりました。


そこに、先生が非常に疲れた様子で登場。
サムがライラと浮気していた事で喧嘩になり、今行方知れずだと説明し、警察の質問に答えるようお願い。


先生懇願
知らないフリを熱演中の先生



正直に答えてね、って言ってましたが、学生たちがホントに正直に話しちゃったりしてねっ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ
ミカエラとか危なそうだもんなー。

学生たちはある程度ウソをつくだろうと見越して、アナリーズは演技をしたのかもしれませんが。


さぁ、これからアナリーズはどういう手を打つのか?
後半戦の見どころになっていきそうですね~っ


あー、今回ミカエラの婚約指輪が見つからなかったのが気になるなー。
かがり火に出てたっつうアリバイが崩れるような場所から出てきませんように・・・。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!



「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第8話「DNA鑑定」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第8話「DNA鑑定(He Has a Wife)」感想です♪


いやぁ~、サム(トム・ヴェリカ)さん、ホントしょーもない男ですね。

今回は特に際立っておりまして、いかにサムがしょーもない男であったかが、生前のライラ(メーガン・ウェスト)や、ボニー(ライザ・ウェイル)との関係を通して描かれております。


あと裁判の方は、前回レベッカ(ケイティー・フィンドレー)の案件だったので、今回もその方向かと思いましたら、通常案件っ。
睡眠薬の副作用によって殺人を犯したとされる不動産業者の女性・グレチェン(ステイシー・エドワーズ)を弁護していきます。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>









嘘ばっかりなおっさん(サム)なので、「ライラの妊娠は知らなかった」っつうのもどうせ嘘だろうなぁ~と思っておりましたが、やはり知っていた模様。

以前、事務所に訪ねてきたライラの応対をしたのがボニーで、その時は気づかなかったものの、ライラが殺害され、妊娠していたことが発覚し、訪ねてきた理由がその件だったとボニーは気づいたわけで・・・。

その件をサムに話すと、おっさんったら、しょーもない男っぷりをこれでもかと披露!


「今こそ君の助けが必要だ」とか言っちゃって、


ボニーにキス!


おいおいおい~っ!


自分が妊娠させた学生の話をしてるっつうのに、しかも、殺されちゃってるっつうのに、また違う女性にキスって!

理解不能すぎちゃって、もはや笑ってもうた( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


ボニーにキス




ボニーも、まんざらでもない感じだったから、サムに協力しちゃう流れ?と思ったら、さすがに恐ろしくなったようで、アナリーズ(ヴィオラ・デイヴィス)に全て報告。


そして、クビになるっつうねっ

ボニーは今回、散々だったなぁ。

裁判では、想定外の予測ができず、アナリーズに「仕方なく置いてやってるのに!」と、怒りをぶちまけられる一幕もありましたもんねぇ。

はて、ボニーは過去に何かやらかしてるんでしょうか?

これまでのボニーの様子を見る限り、サムと何かあった線が濃厚だと思っておりますが・・・。

じゃないと、今回サムがボニーにキスしたシーンも、突発的すぎちゃうと思うしなぁ。
アナリーズに告白した際も、「サムは私が望んでると知ってて・・・」とキスの件を言ってましたしね。

何があったのか?そして、何故今までボニーを雇い続けていたのか?も気になるところです。

で、このクビになっちゃった件があったから、アッシャー(マット・マクゴリー)と寝ちゃったんかな。

それもボニーさん、どうかと思うけどー。


しっかしさ、おっさんがモテキャラ風なのが納得いかないんですけど、どこに魅力があるんかなぁ。


サム1
「“避妊”という文字は僕の辞書にありません」



ま、心理学の先生だから、女性の扱いも心得てるのかもしれないですけどねぇ。
でも、浮気相手の妊娠発覚で即別れるって、最悪な男だよなっ



で、今回の裁判は、しょーもないサムさんとリンクしたような内容に。

マシュー(デヴィッド・バーク)はメイドのエルカと浮気していましたが、なんと息子のコーディー(マックス・グレイ・ウィルバー.)もエルカと関係を持っていたことが判明!
判明したきっかけが、同じ性病にかかってたからっつうのが、もう呆れすぎちゃってなんも言えね~( ̄▽ ̄)

マシューは嫉妬が大爆発しちゃってエルカを殺害し、睡眠薬の副作用で夢遊病になってしまう妻・グレチェンに罪を着せたという、恐ろしい旦那のお話でございました。

最後にグレチェンが、「真実は明らかになったけど、家庭は壊れた」とご立腹な様子でしたけども、アナリーズがすかさず「旦那はあなたを裏切り、信頼を逆手にとった」と、自分の状況と重ね合わせながら言っていたのが印象的でした。

ま、アナリーズの場合は、惚れた弱みにつけこまれたっつう感じがしなくもないですけど( ̄▽ ̄)


でも、裁判が終わり、ボニーの件もきっかけとなって、アナリーズはサムへの攻撃開始と言わんばかりに、ライラと関係があった全ての男性のDNA鑑定を依頼しておりました。

サムの子供なのかどうか?が大きなカギになりそうですが、この件には、ネイト(ビリー・ブラウン)とレベッカも別ルートで参戦っ。

んもぉ~、レベッカが危なっかしいったら( ̄▽ ̄)

ウェス(アルフレッド・イーノック)にもあっさりバレちゃって、怒られてたし。


ウェスに怒られる
冷蔵庫に入れといた僕のプリン食べただろ!



それでもレベッカは、サムのPCからデータを盗もうと事務所へ・・・?


おぉっ!

いよいよ事件勃発ですかね?!

間もなくな雰囲気がプンプンだどー!

勉強会やろう♪って誘っているコナーの姿も描かれ、皆が集まる流れがなんとなく出来ておりましたしねっ。

この調子だと、次回にはサムの殺害シーンがきそほ~。

どんな展開になるのか、非常に楽しみです。



さて、事件関係以外では、、、って、なんだか今回はテンコ盛りなエピソードだな、、、えぇっと、女子チームのプライベートですかね。

ローレル(カーラ・ソウザ)はフランク(チャーリー・ウィーバー)と肉体関係を持ちますが、家に行ったらなんと彼女がいて、「今月の学生?」と余裕であしらわれるという仕打ち( ̄▽ ̄)

そういえば、ライラが事務所に訪ねてきた際、ボニーが「フランクの件?」って勘違いする一幕もありましたよね。

ったく、フランクもしょーもない男だなぁ

サム殺害の夜、ローレルが怒っていたのは、たぶんこの一件ですね。


んで、ミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)は、エイデンママ(リン・ウィットフィールド)と対決!
どうせ財産目当てでしょ?と、婚前契約にどうしてもサインさせたいママと、愛してるから離婚するつもりない!と、絶対サインしないミカエラ。

もう、火花バッチバチ

ママもママだけど、ミカエラもすんげ~気が強いのなっ((;゚Д゚))
カッとなったからって、彼氏のママに手をあげようとするかね?

引くわー( ̄▽ ̄)
第3話以来、また引いてもうた)


あとさ、アッシャーの家に行って、トロフィーを盗むという執念!


引くわー( ̄▽ ̄)


そのトロフィーが、のちに殺人の凶器に変身するとはねぇ。
ミカエラちゃん、せっかく盗んだのに、ご愁傷様です(ちょっと嫌味)。









ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!




「殺人を無罪にする方法」シーズン1 第7話「専門家証人」感想♪

「殺人を無罪にする方法」シーズン1、第7話「専門家証人(He Deserved to Die)」感想です♪


フラッシュバックはサム(トム・ヴェリカ)が殺害される2週間前のお話。
だいぶ迫ってきたからか、裁判の方もライラの案件が描かれております。

そして最後には、殺害されたライラに関して、意外な事実も判明する注目のエピソードです。


「殺人を無罪にする方法」シーズン1、感想ネタバレ記事一覧


以下、ネタバレあります>










冒頭、現在の描写では、返り血を浴びまくったと思われるレベッカ(ケイティー・フィンドレー)を、事務所の浴室で洗ってあげるウェス(アルフレッド・イーノック)の姿がありましたね。

その後、隠れるためにウェスが連れてきたモーテルでは、レベッカがサムを殺害したことを認める発言も。

マジかーーーっ!


ただ、サムに殺されると思い、正当防衛で殴ってしまったようで・・・。
「あんな奴、死んで当然よ」、とレベッカが言っていましたが、これが、原題タイトルの「He Deserved to Die(彼は殺されて当然)」、という物騒なタイトルにもなっていて、キーになるポイントかもしれませんね。

んー、最初は、何か悪さをしたサムがレベッカを始末しようとした、、、と素直に解釈してたんですけど、レベッカがウェスに「一度ぐらい助けさせて」って言ってたのが後からどうも気になってきちゃって。

もしかして、ウェスも現場にいて、サムに詰め寄ったりなんかしちゃったウェスがやられそうになり、レベッカがトロフィーでとっさに殴っちゃったとか?

アッシャー(マット・マクゴリー)のところにあるはずのトロフィーが、事務所にあったのも謎ですもんね。


アッシャートロフィー
こんなに大事にしてたのに・・・



あとは、アッシャーを除くキーティング5が、どの時点で集まったのか?とか、なんで皆手伝ってるのか?、、、ミカエラ(アジャ・ナオミ・キング)は動揺してるけども、警察呼ばなきゃ!っていう感じの人が誰もいないっつうね( ̄▽ ̄)

んー、サム殺害に関して、少し判明したものの、核心部分はまだまだ謎だらけでございます。

いずれにしても、サムは悪役キャラで決定っぽいっす( ̄▽ ̄)



さて、現在ではすっかりお熱いウェス君とレベッカちゃんですけども、今回のフラッシュバックでは、ついに、ねんごろな関係になった時の様子が描かれておりましたねっ。

たぶんレベッカは、これまでもウェスに好意は抱いていたとは思うんですけど、今回セリフに出てきた“なぜ自分に肩入れするのか”、“他人を正そうとするのか”が理解できずにいて、一歩を踏み出せずにいたのかもしれません。

そんなレベッカに、ウェス君は、

「君を助けたいんだ」と、シンプルなお答え。

好きだから、、、とか言っちゃうのかと思ったけど、助けたいと思ったから助けてる、という自分の直感に従うようにして行動している感じで、結果、レベッカに好意を持った、、、ように見えて、なんだか好印象~。

やだ~、ウェス君かっこえぇ~っ

エリートなお坊ちゃんじゃなくて、夜学に通ってロースクールを目指したという努力家なところも良いっすよね~。


おや?
ワタクシにしては珍しく、ナイスミドルじゃなくて、ヤングマンにきゃぁっな予感( ̄▽ ̄)


なんかさ、ウェス君はハリポタに出てた時の少年なイメージもあるから、ベッドシーンやるようになったんだ~っつう、ちょっと感慨深いような、こそばゆいような、不思議な感覚もありますね。


あ、そういえば、てっきりウェス君はチェリーボーイかと思ってましたけど、今回のねんごろを観た限りでは、経験豊富そうなレベッカをリードしてるご様子だったので、意外とやり手なのかもっ( ̄▽ ̄)

ぐふっ、ギャップ萌えぇ~


あ、すんません。
どうでもいい所に鑑賞ポイント置いちゃいました。



お済ませになった後は、しっかり腕枕っ


ウェス君ベッドシーン
このレベッカの笑顔ったらっ(≧▽≦)



でも、このシーンは、ちょっと切なかったですねぇ。

ウェスが子供時代を語っていく中、12歳の時にお母さんが自殺してしまったことをサラリと告白して・・・。

心に傷を負っているかもしれないのに、チョコミントアイスが好きで~って、とっとと普通に話を続けたりして、、、ウェスの意外な過去に、レベッカも何か感じるものがあったようで、その後、スーパーでチョコミントアイスを買いに行くという優しさを見せておりました(チョコミント売ってなかったけど

アナリーズ達に対して、生意気な態度ばかりとってきている印象のレベッカですが、本当はええ子やないのぉ~。

レベッカは警戒心が強いのかもなぁ。
だから、他人に攻撃される前に、相手をぎゃふんと言わせて、身を守ってるのかも。

あー、サムの事がなければ、素直に応援したいカップルですけども、いかんせんサムを殺しちゃってるからなぁ~。



で、ウェス&レベッカのベッドシーンは今回の注目ポイントでもあったように思いますが、そこにライラの再解剖シーンが挟み込まれるという、なんとも不気味な演出になっておりました。

ライラの首にあったアザが、女性(レベッカ)の爪の痕なのか、虫刺されなのか、、、結局、蟻の仕業。

しかし、ホッとしたのも束の間、なんとライラが、


妊娠6週だったとな!


最初の解剖で見逃してるっつうのもビックリでしたけども、ボニー(ライザ・ウェイル)から報告を受けた、アナリーズ先生(ヴィオラ・デイヴィス)は思わずサムをガン見。


アナリーズご立腹
てめぇ~っ



これが動機となったのかどうか・・・。
サムが犯人の可能性が結構高くなってきたかも?

しっかし、ほんっと、しょーもない男ですなぁ。

そして、そんなダメンズを愛しちゃってるアナリーズもアナリーズっ

検事のパークス(アリシア・ライナー)が裏切った理由を調べてもらおうと、またネイト(ビリー・ブラウン)に会ってたけども。
どんだけ引きずっとんねんっ!
( ̄▽ ̄)ゲラゲラ


で、ネイトはネイトで、犯人を知っているであろうレベッカに近づくという謎の行動もっ。

不気味だわ~。

警戒心が強いレベッカ、果たしてネイトの話に乗るのかどうか?

ネイトがまだ本気出してないようにも見えるので、今後ブリブリ出てくると面白いかもっ( ̄▽ ̄)







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!