NCIS~ネイビー犯罪捜査班 の記事 (1/5)

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 感想目次

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想目次です


各感想記事はネタバレ有りで書いておりますので、まだエピソードをご覧になっていない方はご注意ください。


第1話「愛ゆえの嘘(Bury Your Dead)」(別邦題は「真実との対面」)

第2話「家族の絆(Family)」(別邦題は「家族のかたち」)

第3話「ギブスをめぐる三角関係(Ex-File)」(別邦題は「ラブ・トライアングル」)

第4話「イレイザーを追え!(Identity Crisis)」(別邦題は「イレイザー」)

第5話「自殺と他殺(Leap of Faith)」(別邦題は「崖っぷちの大尉」)

第6話「極秘調査船キメラ号(Chimera)」(別邦題は「幽霊船」)

第7話「レクイエム(Requiem)」(別邦題は「娘の面影」)

第8話「狙われたタクシー(Designated Target)」(別邦題は「標的」)

第9話「未解決襲撃事件(Lost and Found)」(別邦題は「秘密の過去」)

第10話「人体実験(Corporal Punishment)」(別邦題は「勇気の証し」)

第11話「謎のリクルーター(Tribes)」(別邦題は「リクルーター」)

第12話「張り込み(Stakeout)」(別邦題は「盗まれた極秘レーダー」)

第13話「猛犬注意(Dog Tags)」(別邦題は「凶暴な牙」)

第14話「ラ・グルヌイユの死(Internal Affairs)」(別邦題は「FBIの追及」)

第15話「グリーンゾーン(In the Zone)」(別邦題も同タイトル)

第16話「軍人の妻連続殺人事件(Recoil)」(別邦題は「モサドの素顔」)

第17話「盗まれたパスポート(About Face)」(別邦題は「パーマーの試練」)

第18話「審判の日(前半)Judgement Day」(別邦題は「ジェニーの戦い」)

第19話「審判の日(後半)Judgement Day」(別邦題は「ジェニーの戦い」)


↓よろしければ、併せてご覧ください♪
★「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン4 感想ネタバレ記事目次



NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン5 DVD-BOX Part1(5枚組)




NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン5 DVD-BOX Part2(4枚組)




「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第19話(最終話)「審判の日(後半)」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第19話(最終話)「審判の日(後半)Judgement Day」(別邦題は「ジェニーの戦い」)感想です♪


衝撃のラストとなった前回を受け、ジェニーが追っていた案件を紐解いていくエピソードっ。
ジェニーの真の目的が明らかになります。



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









冒頭から、何とも言えない重たい空気でしたねぇ
やはり局長の死というのは、あまりにも影響が大きかったでしょうか

特にトニー(マイケル・ウェザリー)は思いっきり責任を感じてしまっていて、ギブっさん(マーク・ハーモン)に「おまえのせいじゃない」と言われるも、なかなか消化できずにいる姿がとても辛かったです。

マクギー(ショーン・マーレイ)には思いっきりあたってましたしねぇ


そして、アビー(ポーリー・ペレット)も大打撃で…。
ジェニーの死にそれほど心が動かなかった冷めたワタクシでしたが、アビーの涙には思わずもらい泣きしてもうたよぉ~


nciss5_19_2.jpg
思わずボスに涙を見せてしまったアビー


愛深いアビーゆえの悲しみだったように思いますが、いつ突然の別れが来るか分からないから、言いたい事は言っておかなきゃ!と、チームの皆に声をかける姿も印象的でした。

でも、そんなしっぽりムードの中でも、クスっとしちゃう台詞が放り込まれちゃうのが、NCISっ!

トニーに対してアビーは、「仕事の他ではすごく良い奴!」って、、、仕事中結構ムカついてるんかなっ( ̄▽ ̄)?
あんまりそういう印象はなかったし、逆にトニー大好き!なのかと思ってたー( *´艸`)

分からんもんだねぇ~。

んで、マクギーにいたっては、「マクギーは……マクギーだよね!」と、何もなしというねっ( ̄▽ ̄)
マクちゃん普段から頑張ってると思うんですけどねぇ( *´艸`)

今回も暗号が事件ファイルだと気づいたのはマクギーでしたっ。


nciss5_19_3.jpg
楊枝シーシーでレオン化っ





さて、悲しみが広がる中、ジェニーが関わっていた件の詳細が徐々に明らかになっていきましたねぇ。

9年前にギブっさんとジェニーがパリで潜入捜査した際、それぞれ一人ずつ始末するはずが、実はジェニーの方は仕留めてなかったという、とんでもない事実が判明しておりましたっ!

あんだよぉ~!
自分で蒔いた種だったのかよぉ~

そりゃあ危険にさらされても、おかしくないわなー。

空港でヴィゴと一緒にいた女・ナターシャ(キャスリーン・ギャティ)の防犯カメラ映像を見た瞬間、ギブっさんはスルリと消えましたけども、一発で分かったんでしょうねぇ。

そのナターシャの本名は、スヴェトラーナ・チェニツカヤで、当時ギブっさん達が追っていた殺し屋ズコフの女。
ズコフがギブっさんに始末されるも、自分はジェニーに見逃された為、ズコフを殺した男をずっと追っていたという、超執念深いヒットウーマンでございました。


nciss5_19_4.jpg
THE・殺意!



いやぁ~、ギブっさん、危機一髪!
肩ぐらい撃たれちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、この窮地を救ったのは、、、



フランクス!(ミューズ・ワトソン)


nciss5_19_5.jpg
俺はまだまだ現役だぞ、新米っ!


出ました
おじたんっ

きゃぁ~~~っ


今回はフランクス様様だったんじゃないですかねぇ?

ジェニーは残念ながら守れませんでしたけど、デッカーが残した数字をしっかり頭にインプットし、ギブっさんとちゃっかり待ち合わせしてるあたり、さすがだったよなー(ギブっさんの方から呼び出したのかもしれませんがっ)。


nciss5_19_1.jpg
素直にギブっさんに謝る一幕も



暗号がNIS時代の事件ファイルだと気づいたのも、ギブっさんじゃなくてフランクスかな?

暗号を渡した時点で、ギブっさんはフランクスに「メキシコに帰れ」と言ってますから、カフェ以降は連絡していないんじゃないかと思いますし、だとすると、フランクスが暗号の意味に気づき、独断でファイルを持ち出した、、、という流れですかね?

(と、勝手に、ワタクシお気に入りのフランクスの手柄にしております ( ̄▽ ̄))


んで、ラストはスヴェトラーナを仕留めちゃうわけでしょぉ?

んもぉ~、おいしいところ全部持っていっちゃったなー

ジェニーの家にギブっさんがいるのも勘付いてるって、どんだけツーカーの仲なのよぉ~。

メキシコで同棲生活送ってた時代に、一段と絆が深まったのかしらっ


しっかし、フランクスおじたんは、出てくると大概ぶっ放してますよね ( ̄▽ ̄)
引退してメキシコにいるっつうのに、、、ついつい血が騒いでしまうのかもしれません。

はて、フランクスが持ち去ったデッカーの保険は、どんな事件ファイルだったのでしょう…。

「84年以前のファイルはデータ化されていない」と、マクギーが言ってましたから、ギブっさん達が担当したパリの潜入捜査以前の事件ってことですよね?

知りたいけども、フランクスの言いっぷりだと、明らかにならなそうな雰囲気もあったなー。


んで、事件ファイルも気になるんですけど、あのぉ~、ジェニーパパの件は( ̄▽ ̄)?

グルヌイユを殺害したのはジェニー?という流れが前回あったので、そのままジェニーパパの方にも触れるのかと思ってたのにー。

そう思わせておいて、別のネタを、しかも同じジェニーネタだったわけで、うまく煙に巻かれた感がハンパない~っ( ̄▽ ̄)

ジェニーは亡くなってしまいましたが、これは是非ともシーズン6以降でスッキリさせて欲しいところです。



さぁ、そしてラスト!

毎度NCISは気になる終わり方でシーズンをまたぎますが、今回はなんと、、、


チーム解散!


ジェニーの後任はやはりなレオン(ロッキー・キャロル)でしたが、早速の仕事がそれかいっ


nciss5_19_6.jpg
悲しみがまだ癒えぬ中、衝撃の通達!


ジヴァ(コート・デ・パブロ)は、モサドとの連絡任務終了で帰国。
トニーは、ロナルドレーガン号で海上勤務。
マクギーは、サイバー犯罪専門チームに異動。

見事にバラバラですっ(T△T)

そして、ギブっさんは、新しいチームのファイルをレオンから渡されて…。


この流れだと、シーズン6の序盤は新チームが登場しそうですが、、、どうやって再集結するのか楽しみだなー(楽観的っ)。

あと、局長室にあった自分のファイルからページ一枚を処分したレオンの怪しい行動も気になるところですねぇ。

一体なにが記載されていたんでしょうか…。



と、シーズン6への期待も膨らむラストでございました

シーズン5はいつもより短めでしたが、今回も安定の面白さでございました。
NCISはやっぱり裏切らないわぁ~

個人的には、最後にフランクスが大活躍してくれたのもありまして、大大大満足っ!

あ、でも一つだけ残念だったことがあった…。

ギブっさんとラブラブだったホリっさん(ホリス・マン中佐)の、フェイドアウト~
大人の恋の行方を楽しみにしてたのにぃ~。

今後、新たな恋がギブっさんに訪れる可能性も大いにありますが、ホリっさん以上の新カノでないと、わたくしは認めませんよぉっ(何様?)!


はて、シーズン6は、レオン新局長のもとで、どんな展開になるんでしょうね~。
ここ最近レオンは出てましたけど、厳しくてクセのある人物ではあるものの、ワルい人じゃなさそうなんだよなぁー。
ジェニー関連の件も、結局揉み消しに協力してくれたわけだもんねぇ。
(自分の立場がヤバくなるのもあるでしょうが ( ̄▽ ̄))

この新しい展開を楽しみにしつつ、ジェニーパパの件も出てきますように… ( ̄▽ ̄)
あと、フランクスおじたんも、たまにはお願いしまぁす



ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第18話「審判の日(前半)」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第18話「審判の日(前半)Judgement Day」(別邦題は「ジェニーの戦い」)感想です♪


シーズン5もいよいよラストエピソードに突入っ

ギブっさん(マーク・ハーモン)とジェニー(ローレン・ホリー)が関わった過去の潜入捜査にまつわるエピソードで、前後半の2話構成になっております。



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>








いやぁ~、衝撃的なラストでした

ここのところジェニーがお休みでしたし、病気なのを匂わせるような内容もこれまであったので、なんとなく“お役御免”な匂いもしておりましたが、


まさかまさか、、、



凶弾に倒れるとはっ!


NCISが容赦ないの忘れてたよぉ~

正直ジェニーは苦手でしたので、ケイトの時のようなショックはありませんでしたが(ぶっちゃけてもうた)、ああいう亡くなり方になるとはなぁ…

ギブっさんとの関係を終わらせたことを後悔していましたけど、そういう秘めた思いを吐露した姿を見ますと、今回の件に対して死を覚悟して臨んでいたのかもしれません。


事の発端は、約10年前にギブっさんとジェニーが行っていたヨーロッパでの極秘作戦。
ロシアのスパイ組織に潜入するという任務で、連絡役の捜査官だったのが今回冒頭で亡くなったデッカー。

その作戦時の緊急暗号が“オシマイダ”で、デッカーの葬儀の場で「オシマイダ」と名乗った謎の男に遭遇したジェニーは、危険を察知し、過去の任務にまつわる全てを終わらせようとしていましたが…。

あぁ…


ちなみに、“オシマイダ”って日本語の“お終いだ”なんですかねっ?!
意味としても、作戦続行がヤバイ!という局面に合ってると思うので、その可能性は高いですよねぇ。


んで、ジェニーが今回相棒に選んだのは、なんとフランク(ミューズ・ワトソン)!

あぁ~ん、おじたん、久しぶりぃ~~~っ
会いたかったよぉ~っ


nciss5_18_4.jpg
相変わらずシブさ全開っ!きゃぁ~っ


メキシコでのんびりしてたのに、思いっきり危険な現場に呼び出されちゃったというねっ( ̄▽ ̄)

断りそうなもんだけどなー、、、ジェニーがどう口説いたのか気になりますっ。


おじたんもブランクあるだろうに、デッカーの食堂の構造やら、ジェニーの持ち物とか、抜かりなくチェックしてて超カッコ良かったんですけどー

これまでフランクが出てくると、ちょいと危なっかしい印象も受けていましたが、今回は頼りになる男っぷりがハンパなかったなぁ

最後の銃撃戦でも、2発遅れて聞こえてきた銃声がフランクおじさんですかね?

敵は4人いましたから、ジェニーはなんとか2人を仕留めるも撃たれてしまい、その後フランクおじさんがとどめをさした、と想像しているのですがっ。

あの後、どこ行っちゃったんだろ?
トニー達が来た時にはいなかったですもんねぇ。

デッカーが残した数字を持って、もしかすると新米ギブっさんのところへ向かっているかもしれませんっ



そして、心配なのが、局長の護衛でカリフォルニアに来たのに、最悪の事態を迎えてしまったトニー(マイケル・ウェザリー)とジヴァ(コート・デ・パブロ)

ギブっさんのカミナリが落ちるんじゃないかと、今からドギマギしてしまうーっ((;゚Д゚))

局長と別行動してるってだけで、ジヴァはボスのカミナリを気にしてたのに、、、こりゃあ相当マズいよなー。

なんつって、意外とギブっさん完全スルーだったりして。
逆にめっちゃ怖いパターンね( ̄▽ ̄)


ま、局長が遠ざけてたんだからしょうがないですよねぇ。
トニオさんもなるべく関わらないようにしてるのが、もうあからさまでしたしっ

ジャンヌの件で振り回されたのが相当堪えたんだろうなぁ。

でもジヴァがしつこく関わろうとしてくれて良かったですし、そうでなかったら、局長の発見もかなり遅れて、それこそギブっさんの特大カミナリが落っこちそほっ ( ̄▽ ̄)



さぁ、そして、もう一つの案件が今回進行していて、ギブっさんがグルヌイユの死を洗い直しておりましたねぇ。

この件がフィーチャーされたシーズン5・第14話ではCIAのコルトが殺害したという事に一応なっていましたが、謎な部分も多くてモヤッとした終わり方ではありました。

今回は、現場に落ちていた薬きょうの傷から、ジェニーが撃った?というような流れに。


nciss5_18_5.jpg


ただ、第14話の時に出てきたグルヌイユの手にあったアザの事を考えるとジェニーではないような気もするわけで、ジェニーパパの件も含め、次回スッキリ解決するのを楽しみにしたいと思いますっ



さて、その他のところでは、、、

緊迫した内容でも、ちょいちょいユーモアを盛り込んでくるのがNCISっ

今回も冒頭から、ダッキー達がデスクを占領しているという珍しい光景でスタートしておりましたねっ( *´艸`)

皆それぞれのキャラを意識していて、ダッキー(デビッド・マッカラム)はトニーばりにデスクに足を乗せ、ジヴァデスクのアビー(ポーリー・ペレット)は手にナイフ。
パーマー君(ブライアン・ディーツェン)なんてコーヒー片手にギブっさんのデスクへ、、、怖いもの知らずなんだからぁ~

その割に、前回ギブっさんに思いっきり叱られたパーマー君は、ギブっさんと会うたびにビビりまくりっ( *´艸`)

心肺蘇生の資格更新の為にマネキンのアニー(マイケル・ジャクソンの「スムースクリミナル」の歌詞にも出てきますねっ)に張り切って蘇生術を施していた際も、ギブっさんが来たと分かるや動きが止まっちゃうパーマー君

前回の事件が変なトラウマになってないといいんですけどっ( ̄▽ ̄)


マクギー(ショーン・マーレイ)も中盤ではトニーのデスクでGSMを読んで寛いでましたね~。
それを見抜いたトニーの鋭さったら!(いや、当てずっぽう?)
お返しにマクギーも、ジェニーを見失った事を指摘!

マクちゃん、やるのぉ~
シーズン5ではトニーに切り返す力をメキメキつけちゃったよね~。
この調子でますます逞しくなるのを期待しております。


あとは、、、アビーが今回もキュートさ全開っ

トニーとジヴァが出張中で寂しくなっちゃったアビーは、、、


nciss5_18_1.jpg
トニーとジヴァを、かかしに!


なんというアイディアっ
さすがとしか言いようがありませんっ


さらに、心肺蘇生マネキン・アニーの代わりに、、、


nciss5_18_3.jpg
かかしトニーとバート!


んもぉ~、どんだけカワイイのよぉ~
そして、クールにお父さん風でアビーを見つめるギブっさんにも、萌えぇ~っ

アビーのこういったシーンはホント癒されるぅ



さぁそして!
最後になりましたが、今回特大のサービスショットがございましたので、そちらでシメたいと思います。


nciss5_18_2.jpg
ナンパ師に襲われるジヴァたん


きゃぁ~~~っ
水着ぃ~~~っ
ナイスバディ~~~っ

胸元に目が行くのは勿論ですが(ワタクシ中身は男です)、ちょっとちょっとー、めっちゃ足長いんですけどーーーっ

きゃぁ~~~っ

よくトニオさん我慢したなー。
絶対エロスな目で見てたと思うっ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ(≧▽≦)

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第17話「盗まれたパスポート」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第17話「盗まれたパスポート(About Face)」(別邦題は「パーマーの試練」)感想です♪


パーマー君(ブライアン・ディーツェン)を大フィーチャーしながら、海軍施設に隣接する改修工事現場で起きた事件を追っていくエピソード

頼りなく終わってしまうのか、はたまた、大活躍となるのかっ

パーマー君の動向に大注目でございますっ



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









改修工事現場で見つかった遺体から、こぼれ落ちたパスポート。
事件の鍵を握る証拠品でしたが、パスポートの第一発見者だったパーマー君がちょっと目を離している隙に、パスポートがドロン!

しかも、パスポートを盗んだと思われる男に発砲されてもうたよぉ~

でも、弾には当たらず!
無事でよかったっ


んで、パスポートのフォルムを唯一知っているパーマー君は、ここから大いに苦しむ事になるわけですが、、、

あのー、レオン副局長(ロッキー・キャロル)、厳しすぎじゃないっすか?
パスポートのデザインや犯人の顔を思い出せないからって、キツく当たりすぎでしょーよー。

パーマー君は検視官助手だっつうのっ!

しかもサンディエゴ帰って子供に会いたいからって焦っちゃってさー、、、家族が大切なのは分かりますけど、事件なんだから諦めなさいよー。

ワタクシ、それほどパーマー君には思い入れはありませんが ( ̄▽ ̄)、さすがに楊枝シーシーなヒゲのおっさんには腹が立ったわいっ


パーマー君も気にしないタイプだったら良かったんですけど、NCIS職員であるという責務からか、思い出せない自分をどんどん追い込んでしまって…


nciss5_17_4.jpg
なかなか見られないシリアスパーマー君!


でもさ、チームの皆は優しかったですよね~

ダッキー(デビッド・マッカラム)
・犯人に顔を見られたかもしれないパーマー君を心配したり、捜査官じゃなくて検視官である事を強調して伝えておりました。
大切な助手を守ろうとするマラード先生の愛、素敵ぃ~

アビー(ポーリー・ペレット)
・「見た目はソフト。心は鋼!ギブスの若い版じゃん!」と、ギブっ子なアビーらしい言葉で励ましておりましたねぇ( *´艸`)
んもぉ~、可愛えぇ~
さらに、催眠術を実践し、なんとかパーマー君の記憶を引き出そうと努力っ
犯人情報は得られなかったけど、催眠術までかけられるとはビックリでございました( ̄▽ ̄)


nciss5_17_6.jpg
靴フェチなのをポロリしちゃったパーマー君


マクギー(ショーン・マーレイ) 
・「銃を向けられても回避したのは凄いよ」、とクールにお声がけ。
心配しつつも、普段通りに接しようとするマクちゃんったら、大人~

ジヴァ(コート・デ・パブロ) 
・犯人から身を守るスキルを伝授(?)!
あれはパーマー君には、ちと難易度高かったかっ

トニオ(マイケル・ウェザリー)
・あれ?なんもなかった ( ̄▽ ̄)?
トニーは冷たいキャラではないですけど、さすがに皆それぞれ励ましてるから、省かれちゃったのでしょうか。
前回ジヴァを励まそうとして拒否られちゃった影響も出てたりして( *´艸`)


さぁさぁ、そして、なんといっても、ギブっさん(マーク・ハーモン)ですよっ!

きゃぁ~きゃぁ~

今回のギブっさんはヤバかったぁ。
いつもに増してメロリンコだったんですけどーっ。

レオン副局長の催促からパーマー君を守り、ギブっさんもパーマー君の様子を常に気にかけていて、、、さすがボス~っ

特にメロリンコだったのは、パーマー君がパスポートに書いてあった名前を思い出した時ねっ!


nciss5_17_3.jpg
なにその笑顔~っ


きゃぁ~きゃぁ~っ
ギブっさん、その笑顔をワタクシにもぉ~~~っ
きゃぁ~~~っ(今回うるさくてすみません)

こんな優しい笑顔、、、トニーには絶対見せない顔だよねっ( ̄▽ ̄)

それまでパーマー君をすごく心配してたのが伝わってくるようでありました。

そして最後には、暴走モードで男気見せちゃったパーマー君を厳しく叱るも、ティッシュを差し出すギブっさん。

あぁ~ん、アメとムチ~っ


nciss5_17_8.jpg
ギブっさんの魅力にパーマー君もメロリンコ


サッとティッシュ出てくるって、どんだけナイスエチケットなのよぉ~

でもさ、ティッシュを差し出した時点ですでに丸まっておりましたが、まさかギブっさん、使用済みのじゃないよね?(なんちって)


最後は大暴走しちゃったパーマー君でしたけど、ものすごく責任感が強くて、命も惜しまない男気を持ってる事が判明しまして、シーズン4でちちくり合っていたパーマー君とは別人のようでございました( ̄▽ ̄)
(そういえば、リー捜査官はどうしちゃったんかな?)



んで、パーマー君が鼻血出しながら追い詰めた犯人は、、、


工事現場で見つかった遺体の兄・テスラ!(ジェームズ・ローガン)でございました。

かつて建設現場で負傷し、示談金210万ドルを得たリック・バクスターという人物がおり、その示談金を狙ったのが、ススカヴセヴィッチ兄弟(舌噛みそほな名前っ)。
バクスターを殺して身元を盗む事に成功するも、本物のバクスターの遺体を柱に埋めた建物が、改修工事に。
遺体発見を恐れた弟のミロスは、遺体を溶かそうと現場で作業をしていると、銅線を盗みに来ていたワトリー(フランク・ジョン・ヒューズ)と鉢合わせてしまい、ワトリーに殺害される。

そして、パスポートを盗んだり、パーマー君に発砲したりと、証拠隠滅に奔走していたのは、ミロスの兄・テスラだった…という事件でございました。


今回は、ミロスの殺害に使われた凶器の断定や、埋められていたコンクリートから本物のバクスターの顔を再現したりと、アビーが大活躍でしたねぇ~

ギブっさんからもご褒美っ


nciss5_17_7.jpg
アビーのキュートな笑顔ったらっ


きゃぁ~きゃぁ~っ
ギブっさん、ワタクシにも~、そのご褒美Kissをぉ~っ

ぬおぉ~~~っ
(そして、された気になった人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)


なんだか今回は、きゃぁきゃぁモードが止まらないんですけどーっ。
こんだけギブっさんで萌えるのも久々~っ。


では、きゃぁきゃぁついでに、もう一つ、、、


nciss5_17_5.jpg
顏復元を映画気分で鑑賞するお2人さん



きゃぁ~、ギブっさん、ポップコ~ンっ
萌えぇ~~~っ

NCIS内でこんだけリラックスしてるギブっさんが見られるのは、アビーと一緒の時だけかもなぁ。

ギビーコンビ、やっぱり最高ですっ


今回はパーマー君大フィーチャーでしたけども、何気にギブっさん萌え祭りなエピソードでございましたっ


さて、シーズン5もあと2話で終了っ。
あのジェニーパパの件も、いよいよフィーチャーされるのかな?
っつうか、フィーチャーしてくれないと、モヤっとしちゃうから困る~っ( ̄▽ ̄)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



↓拍手ポチッも大歓迎ですっ♪(欲しがるねぇ~)

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第16話「軍人の妻連続殺人事件」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第16話「軍人の妻連続殺人事件(Recoil)」(別邦題は「モサドの素顔」)感想です♪


今回はジヴァ(コート・デ・パブロ)がフィーチャーされながら、連続殺人事件を追っていきます。

普段とは違ったジヴァが見られる貴重なエピソードですっ



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









クールで自分の気持ちを表に出さないジヴァですが、連続殺人事件の犯人だったホフマン(マイケル・ハガティ)を射殺した事で、今回相当なダメージを受けておりましたねぇ

一歩間違えば、自分が命を落としていたかもしれない…という状況でもあったわけで、ジヴァは自分の判断に疑いを抱きながら憔悴しておりました。


nciss5_16_6.jpg
皆さん心配なご様子


この後どんどんゲッソリしていっちゃって、、、あんなジヴァたん、初めてだったんですけどー。
うえぇ~んっ(T△T)


んで、すっかり弱ってしまった自分を委ねたのは、潜入捜査中に出会ったマイケル(スティーヴ・カジ―)。

マイケルも彼女のデヴォンと別れ(連絡もつかず)、元気がないところに現れたのがジヴァだったわけで、2人は一夜を共に過ごすまでにっ。

なんかこれも、非常に切なかったです

トニー(マイケル・ウェザリー)には頼らずに、出会ったばかりのマイケルと過ごして、、、こういう所がジヴァらしいと言うか…。
ま、でも悩みを抱えてるような時って、自分の事をあまり知らない人の方が、話しやすかったりする事あるもんなぁ。
(カウンセリングとか良い例ですよね)

いつもはトニーに何かあったら心配しまっくっちゃうジヴァなのに、自分が心配される側になったら、途端にシャットダウン

特に、トニーには弱い自分を見せたくなかったのかもしれませんねぇ。
いや、“トニオじゃ役不足!”っつう冷静な判断だったりしてっ( ̄▽ ̄)


ただ、“自分の判断ミスだったかも”と自分を責めるジヴァに対して、「自信を持て」とギブっさん(マーク・ハーモン)に言われて、、、結果、マイケルが触った銃を鑑識にまわしておりました。

ギブっさんの言う事は結構聞いちゃうのなー。
ジヴァたん、可愛えぇ~

これまでも、シーズン3のラストでギブっさんの記憶を取り戻させた時とか、シーズン4・第1話で、モサドのややこしや~に巻き込まれて涙ながらに電話した時とか、、、ギブっさんと対峙すると比較的素直になれるのかもしれません。


nsics5_16_2.jpg
ジ「こんなところで、、、ダメだってばぁ
(ワタクシの妄想)


アビー(ポーリー・ペレット)には普段から優しいけど、今回ジヴァをちょいちょい心配するギブっさん、たまらんかったなー

あはぁ~ん、ギブっさん、しっぶぅ~


結局ジヴァの勘は正しく、ホフマンの共犯者か?はたまた模倣犯か?と疑われていたマイケルはシロ。

最後に浮かび上がったのは、、、

4番目の被害者の夫!(スコット・ホルロイド)でございました。


ホフマンと一緒にいた妻の後をつけ、ホフマンがいなくなった隙を見て妻を殺害したようです。

妻が浮気してるのを目撃して殺害って、、、んもぉ~理解できんっ
そこはまず話し合いでしょうよぉー!
もしかすると、前々から浮気癖がある妻だったのかもしれないし、夫も職業柄、妻とコミュニケーション取る時間が少なかったのかもしれないけどさー、にしても、殺したらアカンわー。

ま、世の中そういう事件も多いですけどねぇ


そしてラストは、マイケルにデヴォンの連絡先を渡すジヴァ、という、これまた切ないシーンで終了

疑ったお詫びの意味合いもあったけど、どんだけイイ人なのよぉ~
こういう所が、ジヴァはホント男前~。

そういえばデヴォンの留守電に謎の男からメッセージが残ってるのをマクギー(ショーン・マーレイ)が発見してましたけど、あれはデヴォンの元夫なのか、それとも新しい彼氏なのか?
ま、元サヤに戻るにしても、そうでないにしても、マイケルとしてはちゃんと話して決着したかったのかな…。


あぁ、男前なジヴァに素敵な春がきますようにっ




さて、その他のところでは、、、

アビーがローラーブレード姿を披露しておりましたね~


nciss5_16_5.jpg
時間短縮で効率化!


ジヴァの切ないエピソードだっただけに、アビーのこうした無邪気さが普段よりも際立って見えた気がいたします。

ま、ギブっさんには却下されてましたけどもー( *´艸`)

お次の時間短縮方法もアビーは考えてるのかなぁ、、、突飛なアイディアを期待しておりますっ








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪





「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第15話「グリーンゾーン」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第15話「グリーンゾーン(In the Zone)」感想です♪


イラクのバグダッドで、安全区域にいた海兵隊員が迫撃砲により死亡。
爆撃によるものと思われましたが、意外な事実が判明して…。

今回はバグダッドへ意外なコンビが派遣っ
相変わらずのユーモアに加えて、ホロっとさせるテイストもあるエピソードです。



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









死亡したランキン大尉は、爆撃によって亡くなったと思われましたが、実は銃殺された事が判明っ

大尉はリッジウェイ(リック・ホフマン)から土地を買おうとしていましたが、、、大尉はギブっさん(マーク・ハーモン)と同じ勘の持ち主だったようで、怪しさを察知し、土壌汚染している事を独自に掴んだよう。

それで契約破棄で済む話だったら良かったのに、、、まさかこれで殺されるとは思ってなかっただろうなぁ

リッジウェイも曲者風でしたけど、犯人は土壌調査を請け負っていた気弱そうなステナー(パトリック・フィッシュラー)でございましたっ

気が弱いから、逆に追い込まれて、やってしまったんですかねぇ

そのステナーは、イラクにいる知り合いの建設作業員・ヘイズ(マット・マクタイ)に大尉の殺しを依頼。
ヘイズは地元のイラク人を買収し、あの迫撃砲と殺人を実行したという、、、どんだけ大掛かりな殺人なのよぉー。

お金に困っていたステナーの欲が、隠蔽の為に迫撃砲まで使った殺人に発展したという、恐ろしい事件でございました。


んで、今回のMVPは、なんといっても、ジャーディーン(スーザン・ケレチ・ワトソン )でしたね~

ヘイズから感じた化学物質の匂いと、アリが殺害されていた部屋で嗅いだ匂いが同じだった事がきっかけとなり、犯人逮捕へとつながりました。

警察犬のような活躍でございましたが、ジャーディーンでなければ気づかなかったポイントでしたっ。

そして、この活躍だけでなく、超潔癖症なのにバグダッド行きを志願した理由が心打たれるもので…。

最初は“裏の顔があるのでは?”と思わせるような展開でしたけども、実はお兄さんや、その兄を救ってくれた家族のため

兄を救った事で誤解され、殺害されてしまった男性の子供たちに対し、何か出来ないだろうかとずっと気にかけていたのかと思うと、ジャーディーンの愛深さが伝わってくるようでありました。

ただ、そんな彼女も、実は“だらしない”という、結構驚きの事実が判明っ( *´艸`)
あの脱ぎっぱなしっぷりは、超潔癖のジャーディーンからは想像できなかったなー。

今回、意外なコンビとなったトニー(マイケル・ウェザリー)にも驚かれておりましたねっ。

ちなみに、凸凹コンビかなぁ~と最初思いましたけど、意外とこのコンビも面白かったです
トニオさんは、危険と隣り合わせだからか、バグダッドではチャラ度も下がって、男前だったしーっ( ̄▽ ̄)

あぁ、ギャップ萌えっ


nciss5_15_1.jpg
トニオだとは思えない真剣さっ!


バグダッドに行く前は、マクギー(ショーン・マーレイ)をひとイジリするいつものトニーが見られましたが、今回はキーボードをワンワンモードにされちゃうという仕返しもありましたよねっ( ̄▽ ̄)

トニーがイジられるのは、張り込みでパンダになっちゃった以来っ?

こういうの今後もっと増えてくるのかなぁ。
だったら、超楽しみなんですけどー。


nciss5_15_2.jpg
イジり合いのきっかけになったマクギー&ジェスロ
マクギーに懐いてくれて良かった~



あ、そうそう、お留守番組のジヴァたん(コート・デ・パブロ)が、またカワイイ事になっておりましたねっ。

トニーとジャーディーンの動向が気になっちゃって仕方ないという、、、イラクと回線が繋がった時のジヴァの作り笑いったら!

めっちゃウケましたっ( *´艸`)

あのヤキモキしてる感じは、やはりトニーにホの字と見て良さそう


nciss5_15_3.jpg
再び出ました!前髪ジヴァたん!ステキ~









ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第14話「ラ・グルヌイユの死」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第14話「ラ・グルヌイユの死(Internal Affairs)」(別邦題は「FBIの追及」)感想です♪


ついにグルヌイユの遺体が発見され、捜査が進んでいくエピソード!

やっとグルヌイユ事件きたぁ~
わぁ~いっ

FBIのフォーネル(ジョー・スパーノ)も登場しながら、普段とは違った雰囲気でストーリーが進んでまいります。

そして、久々にあの人もっ!



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>










機器操作中のマクギー(ショーン・マーレイ)を、コーヒーの入っていないカップを持って脅すという相変わらずチャラっとしたトニオさん(マイケル・ウェザリー)でスタートしましたが、グルヌイユの遺体発見でチャラっとしていられなくなる状況になっておりましたねぇ


nciss5_14_3.jpg
軟禁状態の皆さん


グルヌイユ殺害の証拠が出たとしてNCISの面々が疑われ、フォーネルの取り調べを全員が受けるという、なかなかレアな展開にっ。

とはいえ、ちょいちょいユーモアも織り交ぜつつなのが、NCIS!

「(トニーとは)同僚として親しくしているんだろ?」というフォーネルの言葉に、マクギーの脳内ではトニーの悪行の数々が、、、って程ではありませんでしたが、イジり魔トニオがわんさかっ( *´艸`)

んで、てっきり、「別に親しくはないですけど」とか答えるのかと思いましたら、「えぇ。それはまぁ、プロ同士ですから」と、大人な対応っ!

ホント、マクちゃん偉いわぁ~
あんた出世するよぉ~( ̄▽ ̄)


あと、アビー(ポーリー・ペレット)の回想もユーモア路線で、「ギブスはよく怒るか?」というフォーネルの質問に、アビーの脳内ではトニーをしばく数々のギブっさん(マーク・ハーモン)がっ!

頭をはたくのは日常茶飯事ですが、整体師バリに首をひねってるのまで登場しておりましたねぇ。
ギブス整体師のおかげで、トニーは身体の調子が良くなったに違いないっ( ̄▽ ̄)


nciss5_14_1.jpg
挑発アビー!



そして、この取り調べと同時進行で、ギブっさんはなんでNCISが疑われちゃってるのかを探る為、聴取終了組と共に自宅で独自捜査することに。

こちらではギブっさんがユーモアを提供してくれまして、PCを必要とするマクギーに対して、とんでもなく古いPCとプリンターを渡して、いちいちドヤ顔っ

なにそれ~!
かわえぇ~っ
ギブっさん、萌えぇ~っ


それを使って捜査に利用できちゃうマクギーも凄いよねっ( *´艸`)


はて、グルヌイユ殺害容疑でFBIが何故NCISを疑っているのか?

序盤では一時停職もさせられちゃったジェニー(ローレン・ホリー)に容疑がかけられているのか思いましたが、本命はなんとトニー!

トニオがグルヌイユを殺したという目撃情報があったですとぉっ?

グルヌイユ関連で散々な目に遭ったのに、また悩まされるとは…


そして、ギブっさん達の捜査で、目撃証言をした人物が特定されました。


いやぁ~、ここであの人がご登場ですよ!

はいはいはい、、、


ジャンヌ!
(スコッティ・トンプソン)




お前かぁーーーっ


おとっつさんの死に関連して登場するのではないかとは思っておりましたが、トニーを殺人犯扱いしながらの登場というねっ

結局、ジェニーが女の勘を働かせて、ジャンヌから真実を引き出し、実際は何も目撃していなかった事が判明。

久々に出てきたと思ったら、とんだリベンジ女になっててビックリしたわいっ!

ったく、なにしてくれとんねんっ

辛かったのは分かりますよ?
トニーに怒りや憎しみを抱いたのは分かりますよ?

でも、殺人犯にしちゃうって、やりすぎだろーっ。

ジャンヌは元々ワタクシ苦手でしたけど、もう決定的に嫌いになりました( ̄▽ ̄)


そのジャンヌに対して、トニーはちゃんと整理すべく向き合っておりましたねぇ

本気で愛してしまったのに、あくまでも捜査の為だったと嘘をついて…。

あぁ…。

変に気を持たせるような事は言わず、本当に愛していたからこそドライに告げたであろうトニー

ジャンヌにとっても、これで良かったんだよね、、、って、もう決定的に嫌いなんで、どうでもいいですけどもー ( ̄▽ ̄)



さぁ、そして、最後はめっちゃ気になる終わり方っ!

なになになに、あれなによー!

ジェニーが渡した銃をグルヌイユが持って行ったと思いきや、実は置いていった?!

撃ったのはCIAのコルトさん(デヴィッド・ダヤン・フィッシャー )じゃなくて、まさかのジェニー?!

いや、でもグルヌイユの手の甲についていたアザと、ジェニーパパの手にもあったものが似ているってダッキー(デビッド・マッカラム)が言ってたから、ジェニーではなさそうだよなぁ…。

コルトもさ、撃ったのでないとしたら、なぜ今回自分がやったかのように振る舞ったのでしょう?
ギブっさんと何か交渉したんかなぁ…。

まさか、これでこの件終わりじゃないよね?

ジェニーパパの件も、まだ解決はしていないので、その辺で出てくるといいのですけど…。
続きがある事を切に願います!



さて、今回はニューキャラとして、NCIS副局長のレオン・ヴァンス(ロッキー・キャロル)が登場してきました。

ギブっさんとは旧知の中らしく、9年前に借りたチーズデニッシュ代・2ドル42セントをヴァンスが返しておりましたねぇ。

癖のある人物っぽいですが、なかなか律儀っ( ̄▽ ̄)
結構やり手かもしれんなー。

今後も関わってくるようなので、どんな絡みを見せてくれるのか楽しみにしたいと思いますっ( *´艸`)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪




「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第13話「猛犬注意」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 、第13話「猛犬注意(Dog Tags)」(別邦題は「凶暴な牙」)感想です♪


麻薬の密輸に関わっている疑いがある海軍兵曹の自宅を訪れたNCISの面々ですが、そこには大型犬のシェパードがいて、、、。

今回はこのワンちゃんが素晴らしい演技を見せてくれまして、ワンコ好きにはたまらないエピソードになっております( *´艸`)



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>










NCISが向かったのは犬の訓練士・ハンソン兵曹の自宅で、すでに死亡。

しかし、相棒と思われる麻薬犬ブッチ君がおりまして、挨拶代わりと言わんばかりにマクギー(ショーン・マーレイ)へダイブ!


nciss5_13_3.jpg
どつきまわされちゃったマクギー


まさか、どつきまわされる危機から脱する為に撃っちゃうとはなぁ(;・∀・)

犬は飼いたいとは言ってましたけど、どう見ても得意そうには見えなかったよねぇ ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

んで、このワンちゃんがハンソン兵曹を襲ったのか否かという点がフィーチャーされまして、終盤までは有罪の方向で進んでおりました


がっ!

一人信じていたのは、アビー(ポーリー・ペレット)!

鑑識の為にNCISにやってきたブッチ、改め、“ジェスロ”を可愛がりまくり~

“強くてハンサムで静かな子”だからジェスロと名付けて、、、犬のジェスロ君だったら思う存分ナデナデ出来るもんねっ( *´艸`)

「撫でまわして大騒ぎするぞ」というトニー(トニー・ウェザリー)の予言通りになっておりました。

アビーの愛って、命あるものすべてに向けられているのねぇ、きっと

その後、超ビッグサイズのカフパウ&ジェスロ君のご飯を用意し、ラボにこもって無実の証明に全力投球っ。

かなり不利な条件が揃っていましたが、ジェスロ君の容態が急変した事で、事態も急変っ!

ジェスロ君の体内から海軍支給のナイフの刃先が見つかり、これをきっかけに逮捕されたのは、、、



女性訓練士のエリカ!
(レイチェル・キンゼイ)



エリカ・ペレッリ兵曹は、輸送班のビッドウェル兵曹(トリップ・ピケル)と共謀して麻薬の密輸を行っていたようですが、ハンソン兵曹に疑われた為に殺害。
犬のジェスロ君が殺したように隠蔽工作をし、さらには口封じの為にビッドウェル兵曹も殺害したという悪女でございました。

あ、もう一つあった。

戦闘犬を自分の犬にするために、麻薬犬も殺しておったわいっ

くぅ~、アビーの爪の垢を煎じて飲ませてやりたいですなーっ

ギブっさん(マーク・ハーモン)は過去72時間にナイフを注文した人物で絞り込んでましたけど、麻薬犬を殺した時にナイフの刃先が折れちゃったから、ハンソン兵曹を殺害する為にまた支給要請したんですかね?

エリカが軍用ナイフにこだわった理由がちょっと分からなかったなぁ。


しっかし、今回マクギ―は散々でございましたね
ジェスロ君に襲われるやら、仲良くなったエリカが犯人やら、トニーとジヴァには「仕事押し付けて先に帰るなんて!」って怒られるやら、、、

そして、最後には、ジェスロ君の飼い主にっ

ちゃんと飼えるのかなぁ。
でも、アビーが逐一チェックしそほっ( ̄▽ ̄)


マクギーは襲われた恐怖心があるから、仲良くするのは難しい様子でしたけども、ジェスロ君はとってもイイ子でございましたねぇ

ジェスロ君の本名はRowdy(ラウディ)君のようですが、演技力抜群でストーリーを盛り上げてくれましたっ。

っつうか、ラウディって、、、“乱暴者”という意味もあるようで、、、マクギーを襲った場面は素だったりして( *´艸`)


nciss5_13_4.jpg
アビーとは超仲良しのジェスロ君


このコンビで探偵ものとか出来そうな雰囲気ですね~。
アビーの車も凄くオシャレで、個性的な探偵さんが乗ってそほ( *´艸`)

車種は、1931年のFord Coupe Hot Rod、だそうです。


nciss5_13_5.jpg


この日は着てたケープも赤で、車との相性も考えてのコーデだったのかなっ?
アビーが外出するシーンってあまり出てこないので、全身コーディネートが見られてうれしかったですっ



あと、何気に活躍してたのがパーマー君(ブライアン・ディーツェン)っ!

学生時代に獣医さんのところで助手をしていた、という経験が活きまして、ワンちゃんに関してはダッキー(デビッド・マッカラム)よりも知識豊富でございました

ここのところ、優秀じゃないのぉ~。
そろそろ独り立ち?( *´艸`)



ジェニー(ローレン・ホリー)のその後も描かれましたが、ギブっさんが体調が悪いのか聞くも、「何でもない」と言っておりました。
はぐらかしたのか、ホントに何でもないのか、、、?

もしかすると、ジェニーはダッキーにも誰の血液かを言ってないのかも?
それをダッキーが早とちりしちゃって、ジェニーのだとギブっさんに報告したっつうパターンかなぁ…。

いずれにしても、この件が終盤に向けてのプロローグかもしれないですね。
グルヌイユ~、ジェニーパパ~、まだかなまだかなぁ~。








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪





「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第12話「張り込み」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第12話「張り込み(Stakeout)」(別邦題は「盗まれた極秘レーダー」)感想です♪


最新型レーダー装置が海軍から盗まれ、誰が盗んだのかを突き止めようと張り込みをするNCISの面々でしたが、その現場周辺では、新たな展開も生まれて…。

張り込みでイライラモードなのも相まって、トニー(マイケル・ウェザリー)とジヴァ(コート・デ・パブロ)のバトルも面白い事になっておりますっ( *´艸`)



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









盗まれたレーダーは匿名のメールによって在処が分かり、そこにやって来る人物を見張っていたギブっさん達。

海軍のステルス駆逐艦に搭載する予定のレーダーで、納期ギリギリで開発を間に合わせたという技術者のチャウ(レジ―・リー)はご立腹でございましたねぇ。

そして張り込み現場近くでは、売人と取引していたとみられたロウ(ジェリー・カーニオン)が殺されるという事件が発生っ!

点と点が線になっていく展開を匂わせるものでしたが、ロウがレーダー事件の方にも関与していたという、やはりな流れでございました

結局犯人は、レーダーを開発したチャウ!

レーダーの重大なバグを隠す為、盗まれたと自作自演。
協力者だったロウは、失敗作だという事を公表すれば株で大儲けできると考え、裏切りの匿名メールをNCISにするも、これにチャウが気づいて殺してしまった、、、という事件でございました。
今思うと、冒頭の張り込みで、モニターが一時調子悪くなったのは、チャウかロウがカメラをいじったせいだったのかな?


今回は事件内容が結構シンプルな印象で観やすかったですけども、そこに投入されたのが、トニーとジヴァのいたずら合戦!
というより心理戦がメインだったかしら ( ̄▽ ̄)?

いやぁ~、トニオさんのアライグマ最高だったぁ~
ジヴァたん、グッジョブ


nciss5_12_2.jpg
トニオさんお薦めのハロウィンメイク


あのクールなギブっさん(マーク・ハーモン)が、2度見しちゃってたもんねぇ。
ま、2度見する姿も実にクールでしたけどもっ

そして、トニーに誰もツッコまないというチームプレーも飛び出しまして、非常にトニーらしい扱われ方でございました( *´艸`)

ただ、ジヴァはイタズラ成功も、仕返しに戦々恐々っ

何か仕掛けられていないかと、くまなくチェックしちゃって、、、んもぉ~、かわえぇのぉ

トニーは分析官のジャーディン(スーザン・ケレチ・ワトソン)を使って偽のイタズラ情報を流したりと、心理戦でジヴァを追い詰めまして、最後にはジヴァが椅子から転げ落ちて、仕返し成功っ。

勝負としては、精神的に追い詰められてたのがジヴァだったように見えたので、トニオさんに軍配でしょうかねぇ( *´艸`)

ちなみに、捜査では久々にチャラっとしたところを警察のアンドレア(グレッチェン・エゴルフ)に見せておりました。


nciss5_12_3.jpg
THE・女性刑事ってな貫禄だったアンドレアさん


アンドレアも「2か月後に誘って」とか言っちゃって、まんざらでもなさそうだったなー。
トニーって、気が強いタイプの女性結構好きだよね。



さて、そんなトニーに今回かましてくれちゃったのがマクギー(ショーン・マーレイ)!

張り込み中、トニーご所望のスクランブルエッグじゃなくて目玉焼きを買ってきたら、ネチネチが始まった上級捜査官 ( ̄▽ ̄)

これにマクちゃんは、深いため息か~ら~の~、、、

目玉焼きが入った容器を振ってスクランブルエッグにする!というナイス切り返しを披露っ!

やるのぉ~っ
マクちゃん、ひゅ~ひゅ~っ

ロウと売人・デニス(ケヴィン・ランキン)の取引にも目を付けていたのはマクギーだったわけで、今NCIS内で一番ホットな捜査官はマクギーかもしれませんっ ( ̄▽ ̄)


あと、この冒頭の張り込みシーンはなかなか見どころ満載でして、前髪ジヴァたんとか、赤いちゃんちゃんこ、、、じゃなかった、赤いパーカー&ブルゾンのギブっさんとか、普段あまり見られない姿を拝めました


nciss5_12_1.jpg
ZARD風のジヴァたん

nciss5_12_4.jpg
昔ホリっさんとのデートでも着てたパーカー?




さぁ、そして、ラストですよねぇ…。

ダッキー(デビッド・マッカラム)が個人的に血液サンプルやレントゲン写真を調べていて、“誰のだろ?まだ遺体の話が出てきてないグルヌイユ?”なんて思いましたが、、、


なんと、


ジェニー!


マジかーっ!


なになに?
病気なのっ?
ヤバイのっ?


ワタクシ、ジェニーは苦手ですが、いざヤバイのっ?!っつう状況になると心配だなぁ

まだジェニーのおとっつぁんの件がなんも解決してないわけで、そんな中でジェニーがいなくなるっつうのもねぇ?

ただ、ケイトをああいう形でお役御免にしたNCISなので(降板だったにせよ、あの最後ったら!)、分からんなー。


とにもかくにも、シーズン5も中盤に入りましたし、グルヌイユの件やジェニーパパの件がどう登場してくるのか楽しみです








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪



「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5 第11話「謎のリクルーター」感想♪

「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、第11話「謎のリクルーター(Tribes)」(別邦題は「リクルーター」)感想です♪


今回は宗教問題を絡めた事件で、イスラム教徒の海兵隊員・アブドゥル(ワリード・アミニ)が殺害された事から、NCISが捜査に乗り出します。



※「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」シーズン5、感想記事一覧はこちらです♪



以下、ネタバレあります>









宗教問題が絡んでくると、途端に難しく感じちゃって、今回はあまり事件にのめり込めずだったなぁ(;・∀・)

自分の頭を整理がてら、一応内容をおさらいしてみますと、、、


モスクがアルカイダのメンバー勧誘の場に使われている疑いがあり、FBIが密かに監視。

アブドゥルもその勧誘に関わっていたと思われましたが、実は政府のスパイとして情報収集活動をしていて、それを知らないアルカイダのリクルーターであるシュタイガーはアブドゥルに接触。

FBIが捜査をしていたのは、これを知った父のカリド(ショーン・トーブ)がFBIに盗聴を依頼した為でした。

そして、勧誘を断られたシュタイガーはアブドゥルを毒針で殺害(針が折れてしまったので、とどめに一発撃ったよう)。

また、人事将校のミルズ(デイビット・ヘイドン・ジョーンズ)はシュタイガーに買収されており、勧誘を手伝っていましたが、過去にも断った海兵隊員が2名殺されておりました

父のカリドは自分がFBIに依頼した事で殺されたと思ってしまって、NCISが到着する前にシュタイガーを殺害。

カリドの仕業だと分かったギブっさん(マーク・ハーモン)でしたが、なんと黙認して事件終了!

という流れでございました。


ちょいちょい分からない点もあったりして、、、たとえば、カリドが電話でモスクへの寄付という形でシュタイガーに送金を頼んでいて、一時犯人候補でしたけども、これは結局、FBIのおとり捜査みたいな事だったのかな?

あと、毒を横流ししていたライアン・サイクス(ジェームズ・パークス)が、自分がやったと偽証したのはなんだったんっすかね?
シュタイガーを(ミルズも?)かばう理由が見えてこなかったなぁ


と、モヤっとしてしまいましたが、、、その他のところがなかなか面白い事になっておりましたので、話題をそちらに移します ( ̄▽ ̄)


まずは、ジヴァたん(コート・デ・パブロ)。

言葉の勉強の為、映画を観まくっているというジヴァは、トニー(マーク・ウェザリー)とも映画ネタを応酬しておりましたねぇ( *´艸`)

が、実は本からの知識がほとんどだったのぉっ


nciss5_11_3.jpg
今にも殺しちゃいそうな眼光のジヴァたん


こりゃトニーにバレちゃアカンやつだわー。
ジヴァの引き出しにあった「バカでも分かる映画」を見つけて、ここぞとばかりにイジり倒すトニオ!

ギブっさんの前とは大違いでございます(今回、取り調べ中にギブっさんを呼び出さなきゃいけなくて、「すみません」を3回も言ってたシーンもありましたねぇ( *´艸`))

このイジり魔トニオに対して、ジヴァは「本が好きなの」って、、、どストレートな言い訳がかわいすぎるぅ~

映画通になろうとしたのって、やっぱりトニーともっと仲良くなりたいっていう事だったのかしら?

前々回の第9話で、トニーより知識豊富だったカーソン君が出てきましたけど、トニーと最後にコミュニケーションしてたのを見て、“詳しい方がトニーと仲良くなれるかも!”と思っちゃったんかなっ

本からの知識とはいえ、相当覚えてましたよねぇ。
ジヴァのフィルターを通すと、「明日に向かって撃とう!」になっちゃってたのがツボでしたけどもっ( *´艸`)


んで、この映画ネタ以外では、FBIのランガー捜査官(ジョナサン・ラパーリア)に熱視線?なところを見せていたジヴァ。

前回ムキムキ伍長にグッときたばっかりなのにぃ~。


nciss5_11_4.jpg
カワイイとも言われちゃったランガーさん


もしや、これもトニーの気を惹こうっていう魂胆だったりしてっ( ̄▽ ̄)
惹かれる男性のタイプがバラバラだもんなぁ。

なんつって、単に惚れっぽいだけだったら、ワタクシの中のジヴァの印象がちょっと変わりそうです。


んで、ジヴァがカワイイと言っていたランガーさんは、なんとギブっさんの後輩でございましたねぇ。
元々はNCISにいて、その後FBIに移ったそう。

ルール好きなギブっさんは、“難しい言葉を使うと罰金”というルールも作っていたようでして、今回は「不都合な遭遇」と言ってしまったランガーに対して、1語3ドル・合計6ドルを払わせておりましたっ。
結構高めの設定っ?!



さて、続きましてはダッキー(デヴィッド・マッカラム)。

今回は宗教上の問題から、解剖をせずに、MRIなどを使って検死しておりましたねぇ。

アブドゥルの首で何やら動いてるものが出てきた時にゃあ、“なになに、エイリアン系っ?!”と、おバカは思ってしまいましたが、磁気に反応した針でございました

今回はダッキーが一番宗教を尊重していたような印象で、背景として、過去にボスニアで検死のボランティア活動をした事があり、宗教上の争いから多くの子供たちが犠牲になったのを目の当たりにしてきた経験を話していました。

尊重するあまり、危ない橋を渡るダッキーの姿勢にパーマー君(ブライアン・ディーツェン)はちょっと理解できないところを見せてましたけど、今回は「将来良い検死官になる!」と、ダッキーからお褒めの言葉をもらう場面もっ

そういえば、リー捜査官が全然出てこないですけど、その後どうなったんかな?
あんなに情熱的に愛し合ってたのにねっ ( ̄▽ ̄)



さぁそして、最後はアビー(ポーリー・ペレット)とマクギー(ショーン・マーレイ)のキュートショットでっ

アビーはスコープ姿で沢山登場してくれました


nciss5_11_2.jpg
なんも見えねぇ~


アビーのラボだから、“ラビー”なんていう発言もありましたね~。


そして、マクギーは、、、


nciss5_11_1.jpg
顔が洗えそうなマグカップを使用


「ネバーランドのマグカップ?」とイジリ魔トニオにツッコまれていたこのマグ、お値段6個で10ドル!

やっすぅ~~~っ!

でも、6個もいらなぁ~いっ( ̄▽ ̄)

あ、パーティーとかだったら使えるか、、、マクちゃんパーティーするんかなぁ。
6個の使い道を知りたいです( *´艸`)








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!
励みになっております♪