ワンスアポンアタイムの記事 (1/4)

「ワンスアポンアタイム」シーズン1 感想ネタバレ目次♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、感想・ネタバレ記事の目次です


おとぎの国の登場人物たちが、悪い女王に呪いをかけられ、現代の街・ストーリーブルックで記憶を失くした状態で暮らすというファンタジードラマ。

ファンタジー好きな方には、めっちゃオススメですっ





【ワンスアポンアタイム S1】
感想・ネタバレ記事一覧



第1話「物語の始まり(Pilot)」

第2話「この世で一番愛するもの(The Thing You Love Most)」

第3話「白雪姫の恋(Snow Falls)」

第4話「魔法の代償(The Price Of Gold)」

第5話「小さな希望(That Still Small Voice)」

第6話「王子と羊飼いの男(The Shepherd)」

第7話「孤独な狩人(The Heart Is a Lonely Hunter)」

第8話「追い詰められた心(Desperate Souls)」

第9話「羅針盤の指す先(True North)」

第10話「午前7時15分(7:15 A.M.)」

第11話「毒された果実(Fruit of the Poisonous Tree)」

第12話「臆病者の愛(Skin Deep)」感想(前編)

第12話「臆病者の愛(Skin Deep)」感想(後編)

第13話「誘惑の湖(What Happened to Frederick)」

第14話「ドリーミー(Dreamy)」

第15話「赤ずきんの恋(Red-Handed)」

第16話「愛を失った女(Heart of Darkness)」

第17話「帽子の男(Hat Trick)」

第18話「うまやの青年(The Stable Boy)」

第19話「息子の帰還(The Return)」

第20話「見知らぬ男(The Stranger)」

第21話「朽ち果てたリンゴ(An Apple Red as Blood)」

第22話「魔法のない国(A Land Without Magic)」

第22話「魔法のない国」感想(ルンベル編)


↓当ブログの海外ドラマ感想記事一覧はコチラです
●海外ドラマ感想記事・目次





よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

クリックありがとうございます!

「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第22話「魔法のない国」感想(ルンベル編)♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第22話「魔法のない国」感想(ルンベル編)です♪



はいはいはいーーー!


きゃぁきゃぁうるさくいきますよー!


ルンベルカップルーっ


いやっほぉ~いっ

(比較的うるさくない第22話感想は、コチラです)


※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>




もしかすると、ルンペルシュティルツキン(ロバート・カーライル)とベルちゃん(エミリー・デ・レイヴィン)の再会は、シーズンまたいじゃうのかな・・・なんて思ってましたら、対価を支払わなかったレジーナへの報復として、ジェファーソン(セバスチャン・スタン)がやってくれました!


よっ!
帽子屋っ!


「ゴールドの所に行き、レジーナ(ラナ・パリラ)に監禁されていたと言え」と、病院の地下にいたベルちゃんを解放っ。


ベルとセバスチャン


自分は手を汚さず、ルンさんにレジーナを懲らしめてもらおうっつう魂胆が見え見えでございます!

そういえば、ベルちゃんのお隣の部屋のプレートには、シドニーの名前が書いてありましたよね?
シドニーも過去に監禁されてたわけ?
キャスリンもここにいたのかな?
ったく、、、レジーナさん、閉じ込めるのが好きだよねぇ。




さて、ジェファーソンの言葉を素直に受け入れたベルちゃん。

早速、ゴールドの店へレッツラゴー



ゴールドびっくり
ベ、ベ、べ、べ、べ、べ、、、ベル?!



亡くなったと思っていた愛しのベルちゃんが、目の前に現れて、、、ゴールドに、いや、ルンさんにしてみれば、奇跡としか言いようがない光景がっ


信じられない!という表情、、、そして、本物だ!とベルちゃんの腕を掴んで確かめて、、、

思わずギュッとベルちゃんを抱きしめたルンさん


きゃぁ〜〜〜っ


あ~、ルンさんホント良かったねぇ。



うっ、うっ、うっ、、、


どぉ~~~(号泣)


きゃぁ〜どぉ〜きゃぁ〜どぉ〜
(感情が錯綜中)



あのぉ、ロバート様、、、

アタイにも抱擁をお願いします・・・ポッ
(錯綜ついでにお門違いなお願い)



再会時は思いっきり不審顔だったベルちゃんでしたけども、

呪いが解けたら、話は別やでぇっ!



ぐふっ。

ぐふふっ。

ぐふふのふーっ。


はいはいはいーーー!


やってきました、メインイベントー




ベルIloveyou
「思い出したわ!あなたを愛してる



きゃぁ~~~(≧▽≦)



ルンさん、またもや思わず抱きしめて、、、



ルンベルS122話
「俺も愛してる





きゃぁ~~~っ

ツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツーツー(鼻血音)



あのぉ、ロバート様、、、。

アタイにも愛の言葉をお願いします・・・ポッ
(鼻血を垂らしながら再度お門違いなお願い)


第12話ではすれ違ってしまった2人でしたが、相思相愛だったことを確認できてホント良かったー

あー、なんとも言えない、晴れ晴れとした気持ちでございます。

ルンさんの喜びはもちろんだけど、ベルちゃんも一度はルンさんに愛を拒絶されて追い出され(第12話)、酒場でやさぐれ気味だったわけだから(第14話)、ルンさんから「愛してる」って言われたのは、めちゃめちゃ嬉しかったと思うな~


はいはい~!


んでんで~~!



・・・・・・・。


あり?



ちょっとちょっとー!



キ、キ、キスはないのですかぁーーー?!



マジかーーー!



どうやらルンさん、キスよりも魔法を取り戻したい気持ちが勝っていたようで、感動シーンもそこそこに、とっとと井戸へ


んもー、ビックリしたわいっ!

あんなに恋焦がれていたベルちゃんですよ?
思い出のカップを返して欲しくて、レジーナに「オラ、ルンってんだ」って大告白して、取引したのに?


ちょっとガッカリ~。

やっぱり闇王の血が騒いじゃったんかなぁ。



でも、今回の再会では、ルンさんがベルちゃんを思いっきり愛を持って抱きしめたり、「俺も愛してる」って言ったり、ルンさんがめっちゃ素直に愛を表現してて素敵だったな~

魔法のないストーリーブルックだと、闇王としての力を発揮しきれず、心の闇も薄っすらで、こういうモードなのかな?

そういえば第19話では、ベルファイア君になりすましたオーガストに対して、涙ながらに謝罪したりもしてたし、、、。


ただ、、、魔法が戻ってきちゃったからなぁ。

ルンさんが魔法を使い出したら、またディープスキンな闇王に戻ってしまうかもしれん!

ベルちゃんを監禁していたレジーナに容赦なく攻撃しそうだしねぇ。

そこで出番なのが、ベルちゃんだわね!
しっかり愛の力で見張ってもらって( *´艸`)、ベルファイア君の願いでもあった元のルンペルシュティルツキンに戻ってくれるのを期待したいですっ。

ベルファイア君も引き続き探さなきゃだしねっ。

あと、ずっと気になっているのが、ルンさん(ゴールド)の足の具合でして。
シーズン1では、なんの説明もありませんでしたけど(見落としてたらすみません)、杖をつくようになった理由が絶対あるはずですよねぇ。



あー、シーズン2観るのめっちゃ楽しみだなー。

魔法が使えるストーリーブルックで、次は何が巻き起こるのか?!
超絶ワクワクっ



ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!

「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第22話「魔法のない国」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第22話「魔法のない国(A Land Without Magic)」感想です♪


ついにこの時が来てしまいました・・・。

あぁ最終話、、、シーズン1とはいえ、寂しさが押し寄せてきまして、ホント泣いちゃいそほー。

また観たらいい話なんですけどねっ( ̄▽ ̄)
なんだったら、シーズン2をさっさと観たらいい話なんですけどねっ( ̄▽ ̄)


いや~、しっかし、面白すぎたよーーー!!!

最終話のエンドロールが流れた時、思わず

「どんだけ面白いねんっ!!!」

と、一人部屋で叫んだぐらいです(決して盛ってません)。


あー、名シーン多すぎちゃって、感想が全然まとまらねー


とっちらかった文章になりそうですが、よろしければご覧ください( ̄▽ ̄)



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>







救世主であるエマ(ジェニファー・モリソン)は、未だその役目に気づかず、、、でしたが、息子ヘンリー君(ジャレッド・ギルモア)が窮地に陥り、

ついに!ついに!ついに!

覚醒~~~

いやっほぉ~いっ


何度もおとぎ本には触れているはずですが、エマのヘンリー君に対する愛が覚醒へと導いたのかもしれませんねぇ。


そして、、、


チャーミング王子(ジョシュ・ダラス)がスノウ(ジニファー・グッドウィン)を目覚めさせたように、エマがヘンリー君にキスをして、真実の愛がストーリーブルックを駆け抜けて、皆さん記憶が戻ったーーー!


いやっほぉ~いっ



デヴィッドとメアリー


やっぱりこの2人の記憶が戻ったのは、めっちゃうれしかったですー
やっと純粋に愛し合えるようになってねぇ(≧▽≦)

ストーリーブルックで聞く「スノウ!」「チャーミング!」は新鮮でございました( *´艸`)


あぁ、これで、王子(デヴィッド)を“すっとこどっこい”と呼ぶこともなくなるのか・・・。

なんか寂しいっ( ̄▽ ̄)



呪いの契約書には、安全装置として真実の愛が一滴垂らされていて(ルンさんの仕業)、それで解けるようになっていたのだなぁ。


ん?
待てよ?

真実の愛で呪いが解けるようにルンペルシュティルツキン(ロバート・カーライル)が作っていた、となると、エマが愛を示す対象が必要になりますけど、第2話でゴールドがレジーナに「ヘンリーを連れてきたのはあんたの仕業?」って疑ってたのも辻褄があってきますよね。

エマが実の息子に愛を示せば、呪いが解けることを分かっていて、ぜ~~~んぶ、ゴールドが描いたストーリー通りに事が運んだっていうことぉ?

そのストーリーの中には、チャーミングに真実の愛を隠させて、エマにそれを取ってこさせる、、、っていうのも含まれてたんだろうなぁ。

恐るべしっ、闇王っ!


しかも、ちゃんと取引した上で達成しちゃうのが、すごいよねぇ。

一番大切な人であろうベルファイア君との約束(第19話)は破っちゃったけども( ̄▽ ̄)


まず、チャーミングとの取引は、スノウを見つけられるようにする代わりに、真実の愛をマレフィセントに隠してくること。

さすがに最初は王子も抵抗しまして、ルンさんとひと勝負!


ルンさんと王子勝負



ぐふっ。

ルンさんったら、フフゥってお茶目さを取り入れた剣さばき!
萌えぇ~~~っ


王子は闇王にかすり傷を負わせるも、勝てない勝負と判断してか、取引に渋々OK。

でも、さすが王子!
めっちゃ勇敢に戦っておりましたね~
前回から王子然とした姿を拝めまして、嬉しい限りでございます。

んで、ちゃんと仕事した王子に対して、ルンさんは王子ママの指輪に魔力を与え、スノウを探せるようにしてあげて、さらには綺麗なお洋服も着せてあげちゃう大サービス!

あんだよ~、気が利くねぇ~。

そういうところが憎めないのよ( *´艸`)

なんだったら、ポッ
(なんつったってロバート様なのでね)



スノウにプロポーズするシーンも素敵だったなぁ
実生活でもこんな感じだったのかしら?ってちょっと照れながら観てもうた( *´艸`)


チャーミングプロポーズ2



そういえば、レジーナの城からチャーミングを逃がすシーンで、ハンツマン(ジェイミー・ドーナン)出てきましたね~
心臓は奪われちゃったけど、友達のスノウの為に!という気持ちは残っていたご様子。

んもぉ~、最終話におまけ出演じゃなくて、もっとレギュラーで登場して欲しかったどー(ToT)


最終話ハンツマン
久々登場でもブレない男前っぷり





さて、エマとゴールドの取引ですが・・・。

こちらは、第4話でアシュリー(シンデレラ)の子供を取り戻す為に「なんでもする!」ってエマがゴールドに言った時の対価かな?

(違う可能性もありますが・・・)

その「なんでも」に相当する仕事として、図書館の地下に幽閉されていたドラゴン(マレフィセント)から真実の愛を取ってきてもらい、、、って、人使いが荒いのぉ。

あんなん、普通の人はできんわいっ!

まずチビるよなー。

でも、普通じゃないのがエマたん。
ピノキオ(アイオン・ベイリー)も「普通じゃないから出来るよ♪」って言ってましたもんねぇ。

木になる間際に・・・。

うぅっ・・・(ToT)


木になったピノキオ



もうちょっと早ければ・・・。
呪いは解けたけど、ピノキオはどうなっちゃったんかなぁ。

まさか、あのまんまじゃないよね?
ゼペットの記憶も戻っただろうから、なんとかしてくれるといいんだけど。


あ、魔法も戻ってくるから、大丈夫か( ̄▽ ̄)


ってなわけで、真実の愛を取り戻したゴールドさん。

何をするのかと思いましたら、“失われたものを取り戻す井戸”に、瓶をポ~ン!


ゴールドと井戸




これでなんと、

魔法、復活!


真実の愛だから、ベビーピンクみたいなモクモクが出てくるのかと思ったら、陰りのあるピンクで怪しさ満点!

やっぱり、ルンペルシュティルツキンは、魔力の虜なのか・・・。
うぅ・・・。

しっかし、ほんと、ルンさんはぬかりないですねー。
先の先まで読んでおる!
万が一ベルファイア君が見つからなかった場合、魔法を使えるようにして、違う策を練ろうっつうことだったのかもなぁ。


でも、魔法が使えるストーリーブルックも面白そう~( ̄▽ ̄)

魔法のない国であるストーリーブルックを作った代わりに、おとぎの国はなくなっちゃった、、、という解釈をワタクシはしておりますが(第19話の印象で)、みんな記憶が戻っても、ストーリーブルックで暮らし続ける展開になるのかな?

レジーナ(ラナ・パリラ)は立場的にヤバイ状況ですけども、魔法が戻ってきたのを察知しニンマリしておりましたので、引き続きお邪魔芸を繰り出しそうですねぇ( *´艸`)


でも、レジーナさん、これまでのようにはいかないかもですよ?


なんつったって、あのベルちゃん(エミリー・デ・レイヴィン)が、ジェファーソン(セバスチャン・スタン)によって解放~っ


ふふっ。

ふふふっ。



はいはいはいーーー!


待ってましたーーー!

ひゃっほぉ~~~いっ


おまっとさんのルンベル~


きゃぁ~きゃぁ~っ



あ、、、

この後きゃぁきゃぁうるさくなりそうなので、次記事へと続く・・・( *´艸`)



ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!


「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第21話「朽ち果てたリンゴ」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第21話「朽ち果てたリンゴ(An Apple Red as Blood)」感想です♪


白雪姫の物語と言えば、毒リンゴ!
その有名なシーンが盛り込まれたエピソードがやっとこさ登場でございます~。

スノウ(ジニファー・グッドウィン)が毒リンゴを口にしてしまった経緯が描かれる他、ストーリーブルックではエマ(ジェニファー・モリソン)をどうにかしたいレジーナ(ラナ・パリラ)が慌ただしく動き回っておりますっ



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。


以下、ネタバレあります>






おとぎの国の方は、第16話の続きで、チャーミング王子(ジョシュ・ダラス)がジョージ王(アラン・デイル)に捕まり、処刑されそうになるところからスタート。

いや~、王子が王子然とした態度を見せてくれまして、カッコよかったなー。


ワンスS1_21_9
愛のためなら命など喜んでくれてやる!



きゃぁ~きゃぁ~
(王子で初きゃぁきゃぁ)


これこれ~!

こういうすっとこどっこいの姿を、、、いや、王子の姿を観たかったのよぉ~(≧▽≦)

んもぉ~、スノウに一途すぎちゃって、
「白雪愛羅武勇!」って、ジャケットの裏地に刺繍入れてそぉー(ないかっ)。


王子は命を惜しまず、処刑される気マンマンでしたが、そこにお邪魔芸でお馴染みのレジーナ(ラナ・パリラ)さんが登場し、スノウの息の根を止め、王子に精神的な苦しみを与えることをジョージ王に約束して、チャーミングをお持ち帰り。



んで、毒リンゴなのかーっ



スノウはチャーミングを助けようと、七人の小人達やレッド&おばあちゃんと共にジョージ王の城に向かうも、時すでに遅しで、レジーナとの取引に応じるしか道がなくなってしまって・・・。



ワンスS1_21_1
ダニエルのお墓の前で犯行に及ぶとは、悪趣味!



スノウとチャーミングって一心同体みたいなところもあるようで(愛の力かな?)、スノウがリンゴを食べた時には、王子も痛みを覚えて、スノウの身に何かが起きたことを察知しておりましたねぇ


ま、スノウが目覚めるのは分かってるので、安心して観られましたが、互いの為なら自らの命も惜しまないスノウとチャーミングの強い愛の絆が印象に残る展開でございました。




一方、ストーリーブルックでは・・・。


ヘンリー君(ジャレッド・ギルモア)を連れて、ストーリーブルックから出ようとしていたエマでしたが、「呪いも解かずに町を出るなんて!」と、ヘンリー君の猛反発をくらって、強制的にUターン( ̄▽ ̄)

前回、どうやって戻ってくるのかなぁ~と思ってましたが、、、そっか、ヘンリー君はエマが呪いを解かずに町を出る事は把握せずに車に乗ってたんか。

そりゃ猛反発するわなっ。



エマは相変わらず自分が救世主である事を信じていないものの、確実に呪いの効果は衰えているようで、レジーナ所有のリンゴちゃん達が傷んできておりましたねぇ。



ってなわけでレジーナさん、すかさず協力してくれそうな人をご訪問。


ますは、ゴールドさん(ロバート・カーライル)~


ワンスS1_21_7



切羽詰ってる感じのレジーナに向かって、シレ~っと「肥料のせいでは?」って、、、んもぉ~、ゴールドさん、萌えぇ~


もはや、完全にレジーナとルンペルシュティルツキンな会話になっておりまして、呪いのアレコレを白昼堂々としておりましたねぇ。


えっ?

エマを殺しても、呪いって解けんの?

何、その保険!


呪いが解けるように作った理由をレジーナが聞きたがってましたけど、アタイも聞きた~いっ!


そもそもルンさんが呪いを作ったのは、息子のベルファイア君を探す為、という認識でおりましたが、その呪いが破れるようになってるのはおかしな話ですよねぇ。

なんでなんでー?

ロバート様に夢中なワタクシ、ゴールドさんやルンさんに関しては特にガン見なんですけど、全然分からん。

あ、観てるポイントが違うんかな( ̄▽ ̄)


理由がすんごい気になりますが、よく分からないので、先に進みますっ



ゴールドにあっさり追い返されたレジーナ。
次に会ったのは、、、。



ワンスS1_21_8



おやっ!
ジェファーソン(セバスチャン・スタン)ではないかっ!

どこに潜伏してたのぉ~。



ワンダーランドに置き去りにしたのは完全に棚上げ状態で、またレジーナさんは帽子を使う事を要求。

もぉー、潜伏してた方が良かったんでないかい?


ただ、レジーナもホントに切羽詰まってるようで、魔力を帯びた愛しのダニエルからの指輪も帽子に使ってもうた。

毒リンゴは手に入ったけども、これ、ジェファーソンはちゃんと対価を支払ってもらえるのかしら?
イヤな予感しかしないんですけど( ̄▽ ̄)



んで、手に入れたリンゴちゃんは、毒アップルパイに変身しまして、タッパに入れてエマに渡したレジーナさん。

あれ?今食べさせるんじゃないの?と、詰めの甘さを感じたのですが、やっぱりな展開になりまして、、、



ワンスS1_21_2
ヘンリー君が食べてもうたぁー!



絶対に毒入りだ!と、エマに救世主であることを信じさせる為、自らを犠牲にしたヘンリー君・・・。

愛する人の為ならば!という、スノウやチャーミングの心意気に通ずるものがありましたねぇ。

うぅっ・・・(T_T)


ゴールドさんがレジーナに言っていた魔法の対価って、これですかね?
だとしたら、最大の対価になってもうたー。


とはいえ、流れ的にヘンリー君が目覚めないなんてことはないと思うので、どんな風に救うのかが楽しみだなぁ~。

その役目はやっぱりエマでしょうねぇ。



さぁ、次回がシーズン1最終話!

エマに救世主としての自覚は芽生えるのか?
そして、呪いを解くことは出来るのか?
そしてそして、ヘンリー君はっ?!


楽しみすぎちゃって観るのがもったいな~いっ
(貧乏性な人σ( ̄∇ ̄o) アタイ)






ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!





「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第20話「見知らぬ男」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第20話「見知らぬ男(The Stranger)」感想です♪


第9話での初登場以来、謎の作家キャラだったオーガストさん(アイオン・ベイリー)。

はいはいはいー!

待ってましたー!

ついにネタバレー!

いやっほぉ~いっ



今回はオーガストが自分の役目を果たそうと、エマ(ジェニファー・モリソン)にガッツリ絡んでいきます



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>






第18話で、「嘘がつけないんだ」なんてセリフを言っていたオーガスト。


そうか!

鼻が伸びちゃうからかっ!



ってなわけで、オーガストは、



ピノキオ!

でございましたね~。


いやぁ~、なんでしょ。
この複雑な心境( ̄▽ ̄)


ここまで引っ張ったので、もしやアッと驚くすんごいおとぎ話キャラ?!っつう期待があったもんですから、


「え?あー、ピノキオ?」

みたいな。
(ピノキオに失礼)



で、このネタバレが序盤であったわけでして、

「はて、ピノキオがなんでこんな重要キャラなのかしらん?」と微妙に悶々としながら鑑賞( ̄▽ ̄)


でも、次第に分かっていくピノキオが担った役割!

こりゃあ重要だわなっ!
悶々も吹っ飛んだぞいっ!

エマに救世主であることを伝え、呪いから皆を救うよう促すという、超重要なお役目だとはねぇ。


これまで、エマのために作られた魔法のタンスには1人しか入れない、という認識でございましたが、本当は2人までOKで、エマを入れる前に、ゼペットじいさん(トニー・アメンドーラ)がピノキオに役目を伝え、魔法がない世界へ転送。


せっかく人間の子供になったのに、別世界へ送り込むだなんて、相当な覚悟だったろうに。


ピノキオとゼペット
お父さんのお手伝いを一生懸命していたピノキオ
(少年ピノキオ役はジェイコブ・デイビーズ君)




無事に別世界へ来たものの、ピノキオ君は施設の仲間から持ち掛けられた脱走計画に乗っちゃって、ベイビーエマを置いて逃げてもうたっ

誘惑に乗ってしまうあたりは、さすがピノキオです( ̄▽ ̄)


っつうかさ、あんな坊やには、荷が重すぎるお役目だよねぇ。
本来は、スノウ(ジニファー・グッドウィン)がやるはずだった役目だもんなぁ。


でも、ピノキオ君も大人になりまして、ストーリーブルックに来てエマと接触してきたわけですが、今回は、自分達が出てきた巨木へレッツラゴー



エマとオーガスト
エ「アンタ道間違えたんでしょ?」
オ「・・・・・・・・・・・・・」




オーガストは必死に救世主であることを説明するものの、エマは全く信じず・・・。

頑固じゃのぉー!

いや、普通は信じないか( ̄▽ ̄)
マッドハッターの時もそうだったけども。


でもさ、マッドハッターの件があったから、エマもちょっとは信じる方向に行くのかと思ったんですけどねぇ。

木になりかけている自分の足を見せるも、エマには見えておらずで、オーガストさん、完全に玉砕でございました


あぁ、役目は未だ果たせず・・・。

でも、ゼペットであるマルコにようやく声を掛けることは出来て、オーガストの中にあった罪悪感を溶かすような一幕もありましたねぇ。

父親の期待を裏切ってしまった事を告白するオーガストに対して、

“間違いに気づき、それを正そうとした。
もし、自分の子供だったら、それで十分だ。”

と、温かい言葉をかけたマルコ。

この後、オーガストは、マルコの修理作業を手伝う事を申し出ますが、マルコの温かい言葉で、許してくれている、という実感を持てたからこそ、申し出ることが出来たのかもしれません。

とっても素敵なシーンだったな~



一方、エマのアニキは、もうやってられん!とばかりに、ヘンリー君(ジャレッド・ギルモア)を連れてストーリーブルックから脱出を試みますが・・・。


はて、どうなるんかな~。

2人とも、ストーリーブルックの外には出られる身ではありますけども、、、となると、急に気が変わる何かが起こってくれないと困るわ( ̄▽ ̄)

レジーナ(ラナ・パリラ)が知ったら、何してくるか分からんもんねぇ。




あ、レジーナさん、今回はえんらいベタな手を打ってたなー。

なんと、デヴィッド(ジョシュ・ダラス)を誘惑というっ( ̄▽ ̄)

こんな手口を使うとはっ!
メアリーに「あなたを許すわ」なんて言われたのが、よっぽど頭に来たのかもっ



レジーナとデヴィッド1
あはぁ~ん




すっとこどっこいだし、メアリーとも上手くいってないから、引っ掛かっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたけども、さすがに断ってたー!



S1_20ゴールドさん
「あの王子、やれば出来る子なんですねー」



すっとこどっこいキャラも、そろそろ返上して欲しい感じではありますが、シーズン1でそのタイミングが来るのかなぁ。

やっぱり、エマが信じないことには始まらないっ?!







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!



「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第19話「息子の帰還」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第19話「息子の帰還(The Return)」感想です♪


はいはいはい~!
待ってました~!

シーズン1、3度目のルンさんフィーチャー

いやっほぉ~いっ

ロバート様~~~
きゃぁ~~~っ


あ。

気持ちが先走りすぎました。


先走ったまま、ネタバレ感想へと突入します( ̄▽ ̄)



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>






今回は、第8話の続き、、、といった内容でございましたねぇ。

闇王の力を手に入れたルンペルシュティルツキン(ロバート・カーライル)は、今やすっかり村の皆さんが恐れる存在に。

そんなルンさん、たまーに見せるコミカルさがギャップ萌えでサイコーなんっすけど、今回のアレも良かったなー。


「アタタタタッ」っつうルンさんね( ̄▽ ̄)

萌えぇ~~~

ヘイヘ~イ、みたいなニュアンスの「アタタタタッ」で、、、ああいうのアドリブっぽいよなぁ。

ぐふっ。

あ、えぇっと、そのシーンは、ベルファイア君がかすり傷を負ったものの「平気だよ」つって、相手のおじさんも「問題ない」って言った後っすね。

んで、「アタタタタッ」なコミカルさとは裏腹に、おじさんを容赦なくカタツムリに変え、踏みつぶしたルンさん( ̄▽ ̄)

もぉ~、ムカデとかいかにもな生き物じゃなくて、カタツムリっつうところが、萌え~

※ルンさん&ゴールドさんに関しましては、なんでも萌え萌えに見えてしまう症状が出ておりますので、ご了承ください。




おとっつぁんが人を殺めるようになって権力を振りかざしまくってるっつうのに、ベルファイア君の父への愛はまったく変わらずでして、昔のパパに戻って欲しいと懇願しておりましたねぇ。

どんだけイイ子なのぉ~~~(≧▽≦)


ルンさんもさ、息子を愛してることに変わりはないわけで。

ベルファイア君が徴兵されそうになったあの戦争も終わらせ、子供たちを家に帰したりもして、、、ま、これも息子の為にしたことなんでしょうけど、とにかく息子が幸せになるんだったら何でもやったる!というおとっつぁんですよね。

ただ、そのやり方が極端なだけで( ̄▽ ̄)


ルンさんベイル君
ル「ヤフオクに出したらダメだって言ったよね?」



どうしても元のパパに戻って欲しいベルファイア君は、ルンさんを説得して、元の姿に戻ると約束をとりつけることに成功っ。


その後、夜を司るルールゴームにお願いし、魔法の豆を入手

ルールゴーム、と聞いて、ワタクシは怖いおっさんとか出てくるのかと思いましたが、ブルーフェアリーだったー(キーガン・コナー・トレイシー)



そして・・・


ちょっとちょっとー!

ベルファイア君だけ、違う次元に行ってもうたよぉ~

ルンさん、何やっとんねんっ!


どこ行ってもうたのぉ~~~!

はよ、帰ってきてぇ~~~



っつうか、息子がお父さんを全身全霊で助けようとしてんのに、あんな状況になっても一歩を踏み出せないルンさんの臆病者っぷりにはびっくらこいたでよ。


ルンさん横分け
ルンさんもびっくらこいて横分けになってもうた



あーあ。
消えちゃってから、俺も行くなんつっても遅いのよー。
息子との約束破るなんて、ひどいわー

ブルーフェアリーは、ベルファイア君がいるからルンさんはまだ人間としての火が灯っている、と言っていましたけど、その唯一の光が失われてしまって、、、。


とはいえ、今回のストーリーブルックでのゴールドさんの言動や、第12話でベルちゃんに息子のことを話すシーンなんかを見ると、ベルファイア君は心の中にいつもいたようなご様子なので、完全に闇に心を支配されてしまった、、、というわけではなさそうですね。

いや、もはや、ベルファイア君が戻ってくれるなら、闇の力を捨てる覚悟も出来てたことが、オーガスト(アイオン・ベイリー)との対話で見てとれました。


まさか、オーガストが息子だとはな~。


って、


違うんかいっ( ̄▽ ̄)!


すっかり騙されたわいっ。



ゴールドさんを騙すとは、オーガスト勇気あるよねー。


ゴールド涙
うまく騙せたけども・・・




お怒りゴールド
すぐバレてもうた



ゴールドさん、ベルちゃんのお父さんをぶっ叩いてた時以来の、お怒りモード


きゃぁ~っ
激昂ゴールドさん、萌え~

キレちゃう演技はロバート様の十八番でございますものねぇ。
(個人的なイメージ)

ぐふっ。

こんな至近距離でロバート様のキレキレ演技を体感できるなんて、アイオン・ベイリーさん、うらやまぁ~( ̄▽ ̄)


ルンペルシュティルツキンがゴールドであり、闇王の権利を得る儀式も知ってるっつうことは、オーガストも、おとぎの国の記憶がバリバリあるっつうことなんですかね?

エマ(ジェニファー・モリソン)に、救世主であると信じさせる為に、今回のような危険を冒したようですが・・・。



んで、オーガストさん、誰よ?
( ̄▽ ̄)


まだ分からんとは、引っ張りすぎだぞいっ!
変に期待してまうがなっ。

そろそろネタバレをお願いしたいところです。



いやぁ、しっかし今回は終盤ならではの重要な回だったなぁ。

ルンさんがなんで呪いを作ったのか?という部分が明らかになりましたもんねぇ。

まさか、ベルファイア君を探すためだったとは!
おとぎの国を失うという大きな対価を支払って、あの呪いを完成させたんかー。

で、個人的な恨みを持ってたレジーナ(ラナ・パリラ)の目的と遠からず一致して、グルのようにして皆をストーリーブルックに閉じ込めてしまったという・・・。

あ、でもさ、メアリー(ジニファー・グッドウィン)とデヴィッド(ジョシュ・ダラス)のすれ違いっぷりは、ルンさんの呪いに組み込まれてるものなんだろうか?

ルンさんの呪いは、魔法のない世界へ行くだけのもののように感じましたけど。
レジーナはレジーナで、なんか魔法をかけたのかしら?


あと、おとぎの国をルンさんが対価にしたとしたら、おとぎの国に戻るのではなくて、ストーリーブルックでみんな仲良く暮らしましたとさ、、、っつう流れになっていくのかな?


謎が明らかになっても、また謎が増えていきますのぉ。




さて、ルンさん&ゴールドさんにすっかり集中して観てしまいましたが、情けない男たちが登場しておりましたねぇ。

まず、すっとこどっこい(王子)は相変わらず( ̄▽ ̄)
キャスリン(アナスタシア・グリフィス)の病室を訪ねるや、額にキスしたくってたまらんご様子!
優しさとか、謝罪の気持ちで、、、なのかもしれないけどさー、やっぱり態度がブレブレな印象なんですよねぇ。
でもキャスリンの方は、ご自由にどうぞ的な完全に吹っ切れちゃってる感じで、すっとこどっこいぶりが際立つ仕上がりになっておりました( *´艸`)


そして、シドニー(ジャンカルロ・エスポジート)も情けなさがドドーっ

結局、キャスリンはレジーナが監禁していて、心臓を取り出された訳ではなく(良かったー)、DNA鑑定を偽装してたわけで、、、それを全部シドニーがかぶっちゃったという( ̄▽ ̄)

惚れた弱みとはいえ、もっと自分をしっかり持って~!と言いたくなりますねぇ

利用できるもんはとことん利用するブレないレジーナさん。
んもぉ~、悪女ねぇ~。


あんな分かりやすい罪かぶりで通用すると思ってるのがすごいけども、エマもさすがにキレて、ヘンリー君を取り戻すことをレジーナに宣言!

よっ!
エマのアニキ!

かっけぇ~~~っ

ひゅ~ひゅ~


こうでないとねっ( ̄▽ ̄)


どんどん力強くなっていくエマに呼応するかのように、ストーリーブルックはどんな風に変わっていくのかなぁ~








ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!


「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第18話「うまやの青年」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第18話「うまやの青年(The Stable Boy)」感想です♪


悪の女王になる前のレジーナ(ラナ・パリラ)を拝めるエピソードが、ついに来ましたぁ~(≧▽≦)

白雪姫(ジニファー・グッドウィン)になぜ強い憎しみを抱いているのか?
レジーナの意中の男性やレジーナママが絡み合いながら、徐々に明らかになっていきますっ



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>






あぁ~ん、レジーナお嬢様、めっちゃかわいいじゃな~いっ



レジーナお嬢様
ステキな笑顔~っ



ほぉっんと美しいお嬢様で、いたってまとも ( ̄▽ ̄)

で、馬の世話係をしているダニエル(ノア・ビーン)と、絶賛恋愛中っ

ノア・ビーンさんは、「ダメージ」や「ニキータ」などでお馴染みですね~。
ちなみに、「ダメージ」では、キャスリン役のアナスタシア・グリフィスさんもノアさんの姉という設定で出演されておりました。



うまやの青年
王子でもイケそうなルックスっ




密かに愛を育んでいた2人。
でも、ある日、暴走馬に乗った少女をレジーナが助けたことから、運命の歯車が狂いだしてもうたぁ~。

その少女というのが、スノウホワイトっ!

こういう出会いだったんかー


スノウ幼少期


少女時代のスノウ役・ベイリー・マディソンちゃん、めっちゃジニファーに似てないっすかっ?!

こんなクリソツな子役さんをよく見つけてくるよね~ ( ̄▽ ̄)

んで、お顔だけじゃなくて、演技もすんげ~のなんのって。

どんだけ上手いねんっ!

ジニファーのスノウそのものを表現していて、“スノウの少女時代”がものすごくリアルに伝わってきました。



この時は、とっても優しく接していたレジーナですが、スノウを救ったことで、スノウパパのレオポルト王(リチャード・シフ)が求婚に来ちゃうというとんでも事件に発展

王様ったら、再婚したくてたまらんかったんかね?
寂しかったんかなぁ。

ま、のちにレジーナの思惑にハマってしまったジーニー(ジャンカルロ・エスポジート)に殺されてしまうわけで(第11話)、王様は王様で、運命の歯車がこの時狂い始めちゃったんだなぁ。



で、諸々の流れを作ったのは、どうやらレジーナの母であるコーラ(バーバラ・ハーシー)。
すっとぼけてたけども、絶対そうだよねぇ。


レジーナが歯向かうと、すぐ魔法使っちゃってさー、タチが悪いったらありゃしないっ。

娘の思いや考えに寄り添うことなど皆無で、“子供は自分の所有物”という感じの毒母でございます。


しまいには、駆け落ちしようとしていたレジーナとダニエルを見つけて、ダニエルを容赦なく葬ってもうたー


コーラ心臓取り出す
アナタ、いい心臓してるわね



心臓を取り出す技は、元々コーラがやってたんかぁ。
うぐぅ・・・。

愛する人を目の前で失うなんて、、、、しかも、母親に殺されるなんて、こんなのいくら時間かけても傷が癒えなさそほ

で、このときは、たまたまコーラに駆け落ちシーンを見つかってしまったと思っていたレジーナさんでしたが、ウエディングドレスの試着をしていた時にスノウから衝撃の告白っ。


レジーナあんぐり
おい、聞いたか、今の?



もぉ~、このシーン、めっちゃツボだったんですけどっ
ちょっとコメディっぽい口のあんぐり感が、たまらんかったぞいっ ( ̄▽ ̄)

ラナパリさん、ブラボ~っ

この、お口あんぐり中に、、、

“コーラには絶対秘密って言ったじゃん?
なのに言っちゃっただとぉ?
このクソガキがっ

っつう感じを視聴者だけにダダ漏れさせておいて、

スノウには「怒ってないわ。私のためだったのね」と、物わかりのいい大人の女を演じたレジーナさん。

このセリフを言う前、口あんぐりから落ち着いた表情を取り戻した瞬間がありましたが、その瞬間に悪の女王が誕生したようにも見えました。


しっかし、ベイリーちゃん、ホントにすげ~なぁっ
全然悪気はなかったの、ごめんなさい、、、っつう雰囲気とか、、、もうここまで来ると、ジニファーにしか見えんのだけどっ ( ̄▽ ̄)



スノウはスノウでホントにレジーナの事を思って言ってしまっただけで、諸悪の根源は、やっぱりコーラですよねぇ。

ただ、コーラにあんな育て方されてたら、母親への恐怖心もあるだろうし、怒りや憎しみをぶつけられなかったのかもしれないなぁ。
これでレジーナパパのヘンリー(トニー・ペレス)が亭主関白タイプだったらまだ救われたのかもしれませんけど、コーラには“なんも言えねぇ~”な様子だったしのぉ。


ま、スノウを恨むなんて、やっぱりお門違いだよね。

恨むべきは、コーラだ、コーラ。

コーラをなんとかしろぉ~~~!


あ、、、コーラコーラ言ってると、なんだかコカ・コーラが飲みたくなりますね。

( ̄▽ ̄)




さて、一方ストーリーブルックでは・・・。


あのぉ、出番ちょびっとだったんですけど、すっとこどっこい王子が早々にすっとこどっこいを炸裂させてて、吹き出してもうたよ。


18話すっとこどっこい1
エマちゃ~ん、僕の話も聞いてぇ~



第16話で、「キャスリンを殺したのか?」って、メアリーに聞いといてさー、エマには「彼女がやったなんて思ってない」だなんて、よく言えるよね~ ( ̄▽ ̄)ゲラゲラ

あれでどんだけメアリーが傷ついたと思っとんねん!

今回、最後にキャスリンが突然現れましたけども、それを知ったら、すっとこどっこい王子は、なんて言うんでしょ?
その辺もすっとこどっこいウォッチャーといたしましては(いつからウォッチャーに?)、非常に気になるところですっ。


はて、キャスリンが現れたのは、ゴールドさん(ロバート・カーライル)がかけた魔法ですかね?

裁判で勝ち目がないじゃない!とエマに言われるも、余裕ぶっこいてたゴールドさんでしたので、切り札としてキャスリンを隠し持っていたのは十分考えられますよねぇ。

キャスリンは亡くなったものとすっかり思い込んでましたけど、考えてみれば、レジーナが心臓を取り出したとしても、握りつぶさない限りは、生きられるんだもんね。
ハンツマンみたいに何も感じなくなっちゃうけども。



ゴールドさん(ロバート・カーライル)は暴行罪を免除してもらう代わりに、レジーナに取引を持ち掛けていたことが判明しましたが、キャスリン復活となると、この取引をどうまとめるおつもりかしら?

ロバート様ウォッチャーといたしましては(こちらが本業)、この流れも楽しみだな~



あと、今回、オーガスト(アイオン・ベイリー)が、気になる言動をしてたなぁ。

心臓が入った箱が見つかった現場にエマと行った時には、なにやら足を痛そうにしていましたし、スコップのこと話したでしょ!と問い詰められた時には、「嘘がつけないんだ」とな。

これ、なんかの伏線っぽい~。

なんだろ、今後の展開に絡んでるものなのか、オーガストのキャラヒントなのか・・・。

未だにオーガストの正体が明かされていないっつうのが、期待を大きくさせるよなー。
どうしよ、これで全然知らないキャラクターだったら ( ̄▽ ̄)







ちょびっとでも参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

いつもクリックありがとうございます!

「ワンスアポンアタイム」シーズン1 第17話「帽子の男」感想♪

「ワンスアポンアタイム」シーズン1、第17話「帽子の男(Hat Trick)」感想です♪


帽子の男?
そんなキャラ、おとぎ話にいたかいな?

と思って鑑賞をスタートさせたのですが、冒頭のタイトルバックが今回はキノコ・・・。

ますます分からんっ( ̄▽ ̄)

あらすじは基本的に読まずに、まっさらな状態で鑑賞したいタイプなもんですから、こういう事態に陥ることがたまにございます。

特にワンスは、“この人、なんのキャラクターだろ?”っていうのが楽しくてねぇ



はて、帽子の男とは・・・?



※「ワンスアポンアタイム」S1
感想ネタバレ記事一覧はコチラです。



以下、ネタバレあります>








んあぁ~~~

そうかぁ~~~


“不思議の国のアリス”のマッドハッター(セバスチャン・スタン)かーっ


レジーナ(ラナ・パリラ)とマッドハッターであるジェファーソンが、ワンダーランドに到着して、ようやく分かったぞいっ( ̄▽ ̄)


ワンダーランド到着
開始23分頃、スッキリっ



ふいぃ~、時間かかったー。
鈍感すぎっ( ̄▽ ̄)?



なんらかの理由でハートの女王の人質になっていたレジーナパパ(トニー・ペレス)を取り戻すため、ワンダーランドにやって来たレジーナ。


そのパパが囚われていたのは、、、


おやっ?!
今レジーナが使っている心臓収納ボックスではないかっ!


ワンダーランド
どこに靴を入れたか酔って忘れてしまい、
居酒屋の靴箱前で立ち尽くすレジーナさん



元々はハートの女王の持ち物だったんっすかね?

こりゃあ、のちのちハートの女王との対決もありそうだなぁ。



結局レジーナは、ワンダーランドに来るためにジェファーソンを利用しただけで、、、なんか企んでるとは思いましたけど、まさか置いてけぼりにするとはっ!

相変わらず、ひっでぇ~なぁ~


でもさ、レジーナが元の世界に戻る時、ジェファーソンが娘・グレース(アリッサ・スコビー)の話をし出したら、切なそうな表情してましたよね?

「娘が大事なら、そばを離れたのが間違いだ」と言いながら、なんだかちょっとお辛そうなレジーナさん。
“あんたの気持ちは痛いほど分かるわよっ”みたいなねぇ。

おとっつぁんの件以外にも、壮絶な過去があったりするのかしら?

でも、後に、おとっつぁんすら呪い作りのために殺しちゃうっつうね。
お辛そうな顔も、ただのポーズだったりしてっ( ̄▽ ̄)





さて、一方ストーリーブルックでは、、、。

今回は、なんといってもジェファーソン(マッドハッター)が、ガッツリおとぎの国の記憶を持ってるのがポイントですよねぇ。

第7話のイケメン保安官・グレアムも途中からブリブリ思い出していったけども(あぁ、そして悲しい結末を思い出す~)、そのグレアム以来となる記憶保持者!

しかも、完全記憶!

(あ、レジーナとゴールドさんは除いております。)


あれかい?
ワンダーランドまでは呪いが完全に届いてなかったとか( ̄▽ ̄)?


すっかりマッドハッターなジェファーソンが、おとぎの国の話ばっかりするもんだから、エマ(ジェニファー・モリソン)は彼を完全にクレイジー扱い。


そりゃそうだよねぇ。
監禁されて、しかも、メアリー(ジニファー・グッドウィン)まで捕まえてて、、、そんな男からあんな話聞かされたら、普通はクレイジーだと思うわー。


ジェニファー元カレ
あぁん、こんなところでアカンってば~



あ。

プライベートでは昔ラブラブだったお2人さんなので、うっかり変な見方をしてもうた。

てへっ。



でも、暴れん坊姫を監禁したのが運の尽きでしたね( ̄▽ ̄)

メアリー、見事なケリをジェファーソンにお見舞い~!
いやっほぉ~いっ

「キックボクシングいつ習ったの?」って聞いたエマに対して、「とっさに出たの」とサラっと答えてるメアリーがツボでございました( *´艸`)


はて、ジェファーソンはどこに消えてもうたんかな。
もしかして、帽子使えるようになっちゃって、ワンダーランドにお帰りになったとか?!

この先も、マッドハッターさんは出番があるようなので、次なる動きが楽しみでございますっ



んで、メアリーは、エマの言葉もあって、罪状認否に備え保安官事務所にご帰還。

あんだよぉ~、留置場に鍵置いたのゴールドさん(ロバート・カーライル)かいっ!

んもぉ~、相変わらずミステリアスなんだからぁ~。

ゴールド保安官事務所
あはぁ~ん



エマの保安官選挙の時みたいに、裏の裏をかく戦略なのか、今回はレジーナとの取引を遂行するつもりなのか?

レジーナと何を取引したのかも気になりますのぉ。





いやはや、この回はアリスのお話を知ってると倍楽しめる内容だったっすね。

ワタクシ、おおまかなストーリーしか知らないので、結構スルーしちゃったところあったけども。

なにしろ、レジーナとジェファーソンがワンダーランドに行くまで、アリスの世界観だと気づかずに観てたもんですから、グレースが欲しがったのが白いウサギちゃんのぬいぐるみだったり、グレースがお茶会ごっこしてたり、、、っつうのを流して観てもうたよー。

知ってて観てたら、「あっ!今のは!」みたいな感動もあったろうに。

あ、でも知った後も、レジーナがキノコでパパを大きくするところをスルー・・・。

( ̄▽ ̄)

だってさー、アリスが大きくなるのって、ケーキとかじゃなかったっけ?
ワタクシのもうろくした記憶ではそうだったんですけどねぇ。

キノコの効能なんて、まったく記憶にないぞいっ
(アリスの物語の中に、キノコの片方を食べると大きく、もう片方を食べると小さくなる、、、と、イモムシが教えてくれるクダリがあるとはっ!)

ま、アリス知識が一つ増えたと、前向きに考えるとするかっ( ̄▽ ̄)




最後にはようやくエマがおとぎ本を信じるような流れが出てきまして、終盤へと向かっていく流れも感じさせて終了~。

これでますます救世主としてエマたんが力を発揮してくれるといいなぁっ


はっ!

っつうかさ、あと5話っ?!

ひゃぁ~~~!

やだぁ~、ロバート様に会えなくなっちゃうぅ~!
ぬぉぉぉぉぉ~~~!

由々しき事態でございますので、あまり考えないでおこう(現実逃避っ)。







ちょびっと参考になりましたでしょうか?
よろしければポチッと応援お願いいたします
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村